このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

47.プラチナベール(オーベルゲイドの05)募集馬診断レポート

Posted at 06/09/10 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

47.プラチナベール(オーベルゲイドの05)

◆プラチナベール Platina Veil
馬名由来:内に秘めた輝き。ターフで輝きを放つ存在になるように。(英語)

父アグネスタキオン
母アグネスタキオン(母父Kaldoun)
牝 芦 2005/3/22生まれ ノーザンファーム
価格2800万円(一口7万円)

[カタログのコメント]
本馬は初年度産駒からGⅠ勝馬を輩出するなど、次代のトップサイアーの呼び声高い父と、本邦でSS系との可能性をさらに飛躍させるべく導入された欧州屈指の牝系の流れを汲む母との間に誕生しました。父からは内臓面の強さをひしひしと感じさせる前後躯のバランスのとれた好馬体を、そして母からは薄く滑らかな皮膚が物語る名牝系ならでは気品を受け継ぎました。乾燥した四肢は、柔らかく理想的な角度の繋に支えられ、跳びの大きなゆったりとした身のこなしは躍動感に溢れています。人間には従順ということもあり今後の調整もスムーズに進められそうで、2歳デビューからクラシックへひた走る姿が今から目に浮かぶようです。
---------------------------------
[募集馬診断レポート]
---------------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
・母オーベルゲイドは、1996年生まれで、本馬は9歳の時の産駒。
・現役時代仏2勝、重賞戦線で活躍。
・2002年に初仔。走った産駒がまだ1頭で、まだ実績と呼べる段階にはない。
・初仔グッドネイバーはSS産駒で2勝。金子さんの持ち馬です。
・走った産駒は1頭だが、今年デビューの馬も入厩間近で、これまでの傾向では比較的早熟という感じ。
・初仔のグッドネイバーは、芝の中距離-長距離。

【評価】:★★★★☆☆☆
まだ繁殖としての底を見せておらず、SS系種牡馬とは好相性を感じさせます。2番仔(父フレンチデピュティ)もデビュー間近です。

ここをクリックすると牝系図を表示

---------------------------------
2.血統診断
・5代アウトブリード
・母はグレイソヴリン系×ノーザンダンサー系、母系Graustark。
・初仔グッドネイバーがSS産駒で、SS系種牡馬アグネスタキオンとも相性が良さそう。

【評価】:★★★★★☆☆
アウトブリードで丈夫そうですね。初仔の成績からSS系とも相性がよさそうな感じがします。さらに母のノーザンダンサーの血が良い方に働きそうな気がします。牝系を四代母まで遡るとなかなかすごいですね。その下も、世代に1頭づつは重賞勝ち馬が出ているという感じですね。

ここをクリックすると血統図を表示

---------------------------------
3.種牡馬診断
【アグネスタキオン】
【評価】:★★★★★★☆
サンデー系種牡馬にしては珍しく?初年度産駒から活躍しました。新潟2歳Sでショウナンタキオンが勝って、早くも重賞制覇。まさに順風満帆という感じです。昨年は結局2歳サイアーランキング2位という成績でした。それも父サンデーサイレンスと争った2位ですから立派です。新種牡馬リーディングでも見事クロフネ以下を抑えてフレッシュマンサイアーに輝いています。早い時期から勝ち上がる馬が出ているということは種牡馬としての人気に良い影響を与えるでしょう。しかし、一方で2勝目を上げる馬が意外に少ないという有難くない状況も指摘されています。今年は是非その辺を払拭して欲しいものです。
---------------------------------
4.厩舎診断
厩舎診断を入れたのは、牧場で話を聞いたときに、募集馬の厩舎を牧場側が選ぶと知ったこと、そしてやはり走りそうな馬を良いトレーナーのところに入れるようにしていると聞いたことからです。ということで参考にしてください。

【角居厩舎】
【評価】:★★★★★★☆
1964年生まれ。昨年のリーディング13位。開業1年目から19勝を上げ、ここ2年連続30勝以上しています。カネヒキリ、デルタブルース、ハットトリック、シーザリオ、ディラデラノビアとわずか2年半でG1を勝ちまくり、海外G1まで取ってしまいました。今一番乗っている厩舎ですね。既に多くの書籍でも、キャロットクラブと角居厩舎のホットラインが取り上げられ、有名になっていますので、この点でも牧場側は角居厩舎に変な馬は預けられない?のではないでしょうか。騎手は、四位、川田、岩田、福永、武豊騎手をまんべんなく使っています。
---------------------------------
5.馬体診断
【評価】:★★★★☆☆☆
目は凛としていますね。気性はまずまずではないでしょうか。馬体は迫力があり、首がちょっと短めですが、前躯、後躯は筋肉がしっかりついて立派です。繋ぎはまずまず良い角度で、腕っ節が強そうです。後躯も厚みと幅があります。腰が高いのでまだ成長途上でしょう。タキオンですが、なんとなくダートっぽくも見えますね。
(測尺)問題なし

<DVD診断>
【評価】:★★★★★☆☆
後躯はほとんどブレなく、馬体もまずまず上手に使っています。クッションがよく利いて足もとは良い感じです。前躯は少し遊びますが、許容範囲内です。
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"47.プラチナベール(オーベルゲイドの05)募集馬診断レポート"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門