このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

9.バイヨン(ティエッチダンサーの05)募集馬診断レポート

Posted at 06/09/07 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

9.バイヨン(ティエッチダンサーの05)

◆バイヨン Baiao
馬名由来:軽快かつはずみのついた二拍子のダンスリズムの一つ。父名、母名から連想。(葡語)

父ダンスインザダーク
母ティエッチダンサー(母父Dixieland Band)
牡 栗 2005/2/18生まれ ノーザンファーム
価格1800万円(一口4.5万円)

[カタログのコメント]
ポストSSの地位を磐石なものにしつつある父と、クロフネなどの活躍馬を多数輩出する名門牝系出身の母との間に生を受けた本馬は、生まれながらに活躍を約束されていると言えます。比較的小柄な馬格ですが、しっかりとした骨格からなるバランスの良い馬体は、充実した柔らかな筋肉をまとっており、また皮膚は薄く、常に見る者を魅了しています。放牧地で見せる軽快で回転の速い脚捌きからスピード能力の高さは疑いようがなく、収牧後も息の入りが早いことから高次元の心肺機能も兼ね備えていそうです。大人しい気性ということもあり、距離の融通性もありそうで、父の代表産駒と同様に幅広い距離への適性が見込めます。
---------------------------------
[募集馬診断レポート]
---------------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
・母ティエッチダンサーは、1996年生まれで、本馬は9歳の時の産駒。
・現役時代32戦3勝、2004/2に引退。
・2005年に初仔で、現役引退後わずかで繁殖入り。
・本馬が初仔なので特に繁殖成績はない。

【評価】:★★★★☆☆☆
何せ繁殖入りするまでの期間が短すぎます。母は8歳まで走って、32戦もしているので、早く繁殖入りさせたかったのでしょう。しかし、体力が回復しないまま受胎しているのは大きなマイナスです。これまでのデータでは、POG期間中に活躍する仔が出る可能性は極めて低いと見ます。しかし、晩成型のダンスを付けたので、古馬になって活躍する可能性は残っていると考えたいです。これからの繁殖なので、ちょっとだけ期待を込めて★を4つ付けてみました。ただし、本馬が小さかったり、体質的に弱い感じのする馬体であった場合には、かなりリスキーな選択になると見ます。

ここをクリックすると牝系図を表示

---------------------------------
2.血統診断
・本馬はノーザンダンサーの4×3、ニアークティックの5×4×5、Almahmoudの5×5、レイズアネイティブの5×5などきめ細かいクロスが入っています。
・母はノーザンダンサー系×レイズアネイティブ系で底力を感じさせる血統です。本馬は、ヘイルトゥーリーズン系×ノーザンダンサー系というメジャーな血統。

【評価】:★★★★★☆☆
祖母のブロードトゥーマインドは、米11勝、G1を2勝してます。母父ディキシーランドバンドは、デルタブルースやアメリカンボスの母父ですね。BMSとしてなかなかの成績を収めています。父ダンスインザダークでデルタブルースと同じ母父ということは3/4兄弟ということになりますね。これはおもしろいかもしれません。

ここをクリックすると血統図を表示

---------------------------------
3.種牡馬診断
【ダンスインザダーク】
【評価】:★★★★☆☆☆
この種牡馬は、今年一番試される種牡馬と言って良いでしょう。何故ならば、4億9000万円で落札されたあのエアグルーブの04が今年いよいよデビューというのもありますが、なんと言っても今年の2歳ほどダンスインザダークに良い繁殖が集まった年は無いからです。菊花賞馬を2年連続して輩出するなど、近年の活躍には目を見張るものがあります。ポストSSの最有力という記事をよく見ますが、その可能性は大いにあると思います。
一方で、悪いデータもいくつかあります。
近年のPOG時期の成績が、落ちる一方というデータです。POGと言って馬鹿にしてはいけません。POGこそホースマンの夢であるダービーまでの軌跡を追うゲームなのです。
POG成績が落ちている理由の一つには、基本的にステイヤー血統だというのがあるようです。そして、期間中の勝ち上がり率が低いというのもあります。近年は登録総数の約8割がPOG期間で未勝利あるいは未出走となっています。また、2勝馬は期間内に片手もいないという惨状です。
さらに2歳戦に限定すると、ここ3年のランキングは、5位、9位、10位と下がる一方です。
ここで“晩成”といういやな言葉が出てきてしまいます。世界で繁栄した名種牡馬には“晩成”という遺伝子を伝える種牡馬はいません。それは馬主達に嫌われる言葉であるからです。早くに活躍し、そしてホースマンの夢であるダービー馬になるような仔を出すのが名種牡馬の条件なのです。
もう一つ言えば、トレーナーや育成側に“ダンスの仔は晩成”という固定観念ができてしまう懸念があります。“ダンスの仔は奥手だから3歳からゆっくり仕上げた方がよい”と勝手に決めつけられると、早くデビューできる馬も遅いデビューになってしまいます。
しかし、今年の産駒が皐月賞あるいはダービーを取ったらどうでしょうか。ダンスは、ポストSSの一番手だという評価が本当に現実味を帯びてくるのではないでしょうか。そして、来年もまたダンスを中心に繁殖牝馬が揃えられることになると思います。
というわけでダンスインザダークにとって、いろいろな意味で、まさに今年は正念場の年なのです。この種牡馬診断では、その辺のリスク、すなわちダンスの仔の特性を考慮して上手に使ってくれるトレーナーが少ないということ、共同馬主クラブの持ち馬は自分で始動時期や引退時期を選べないということ、そして特に牝馬は競走期間などが限定されるため、ダンスの様なステイヤー血統は不利であるということなどを考えて、ちょっと辛く評価を付けました。
---------------------------------
4.厩舎診断
厩舎診断を入れたのは、牧場で話を聞いたときに、募集馬の厩舎を牧場側が選ぶと知ったこと、そしてやはり走りそうな馬を良いトレーナーのところに入れるようにしていると聞いたことからです。ということで参考にしてください。

【萩原厩舎】
【評価】:★★★★★★★
1959年生まれ。昨年のリーディング7位。この調教師も開業して10年くらいですが、この5-6年ですっかりリーディング上位の常連になっています。騎手は、横山、後藤、松岡騎手を使っています。所属馬にはプリサイスマシーン、メテオバーストなどがいます。
---------------------------------
5.馬体診断
【評価】:★★★★☆☆☆
物静かな顔ですが、芯の強さを感じますね。足下は軽そうで、それでいてよく乾燥し、力強さすら感じます。飛節から臀部にかけてしっかり下から筋肉がついていて、トモの張りもなかなかです。カタログでは比較的小柄とのことですが、骨格は非常にしっかりしていて、多少小さくても十分走る感じがします。体質は皮膚の感じからも強そうです。これは現役を使いすぎた繁殖にたまにある初仔が走るパターンかもしれませんね。早生まれなので、始動さえ無事にいければ結構おもしろいかもしれません。
(測尺)この時期としては小さいですね。早生まれですし、体高も無いですので、★2つ減点します。

<DVD診断>
【評価】:★★★★★☆☆
足下のクッションがよく効いて、歩様が柔らかいですね。前後肢ともよく出ています。気性も素直そうですね。
---------------------------------
[相馬眼のXのコメント]
全体的に良い感じですが、トモなどはこれからの成長次第ですね。
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"9.バイヨン(ティエッチダンサーの05)募集馬診断レポート"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門