このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

2.オフリミッツ(マンファスの05)募集馬診断レポート

Posted at 06/09/03 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

2.オフリミッツ(マンファスの05)

◆オフリミッツ Off Limits
馬名由来: 「聖域の」の意。 他馬を寄せ付けない強さを見せて欲しいという願いを込めて。(英語)

父ジャングルポケット
母マンファス(母父ラストタイクーン)
牡 鹿 2005/3/5生まれ ノーザンファーム
価格5000万円(一口12.5万円)

[カタログのコメント]
偉大なる大王の弟として早くから注目されていた本馬ですが、ここまで期待通りの成長を見せています。馬体はやや小柄に映るものの、ガッチリとした体格、薄い皮膚、はち切れんばかりの体の張りは特筆できるものがあり、緊張感を漂わせるシルエットには偉大な兄と同様の雰囲気を感じることができます。また放牧地で見せる柔らかな身のこなしには思わずうっとりとさせられるものがあります。何事においても我慢が利く精神面の強さも長所のひとつで、これから始まる厳しい調教も難なくクリアしてくれるでしょう。全てにおいてスケールが大きく、可能性はまさに無限大といえます。
---------------------------------
[募集馬診断レポート]
---------------------------------
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
・母マンファスは、1991年生まれで、本馬は14歳の時の産駒。
・現役時代英入着。
・1996年の初仔は死産。
・2001年10歳の時に産んだキングカメハメハが代表産駒。
・2歳時あるいは、3歳になってすぐデビューしている産駒が多い。
・産駒の馬場・距離適性は、種牡馬の特徴そのままに伝えていると考えて良い。

【評価】:★★★★★☆☆
本来であれば、もう上積みはないと考えて良い繁殖で、2003年産の父フレンチデピュティの成績を見て、この繁殖はピークを終えたと判断するのが正常です。しかし、繁殖後半に代表産駒を出しているということ、ダンシングキイのように“晩期でも活躍馬を出す名繁殖”である可能性が残されているということなどを加味して、少し高い評価にしてみました。活躍馬が出る確率は低いと考えて、本馬の馬体を慎重に検討する必要があります。馬体に活力が感じられないなどの場合には、むしろ全く走らない可能性さえありますので、要注意と言えます。

ここをクリックすると牝系図を表示

---------------------------------
2.血統診断
・ノーザンダンサーの4×4、Hornbeamの4×5のクロスがある。
・母はノーザンダンサー系×トゥルビオン系。
・本馬はグレイソヴリン(ゼダーン)系×ノーザンダンサー系。
・代表産駒キングカメハメハはミスプロ系種牡馬、レースパイロットは父サンデーサイレンスで、ヘイルトゥリーズン系の産駒。

【評価】:★★★★★☆☆
ノーザンダンサーの4×4はトレンドで、好感が持てます。父ジャングルポケットで、距離にも不安が無く、繁殖の傾向を考えても芝の中〜長距離を得意としそうです。トニービンの血が良い方に働くと種牡馬並みの馬が出てもおかしくありません。

ここをクリックすると血統図を表示

---------------------------------
3.種牡馬診断
【ジャングルポケット】
【評価】:★★★★★☆☆
新種牡馬ジャングルポケットは、母父サンデーとの相性という点で非常に注目されている1頭です。特に父サンデーサイレンス、母父トニービンは、すでにリンカーン、ハーツクライ、アドマイヤベガ、アドマイヤグルーブなど活躍馬を多数輩出し、ここ数年間だけでもすばらしい成績です。その逆であるサンデー系牝馬との配合は非常に興味深いところです。今年はジャングルポケットにとって良質繁殖牝馬のオンパレードですので、ここで活躍馬を出せるかどうかは、本馬の種牡馬生活を左右するといっても過言ではないでしょう。血統的には、母父にノーザンダンサーのヌレイエフを配し、日本ではNDのクロスが発生する可能性が高いですが、最近の傾向から言うとむしろ悪くありません。そしてヘイルトゥリーズンの血を持たないというのもプラスであると考えて良いでしょう。ただ気になる点が2つあります。一つは母ダンスチャーマーの産駒がジャングルポケット以外はあまり走らなかったことです。こういう種牡馬は、あまり繁栄していないという現実があります。もう一つは“気性”です。レース後にもあれだけ気性を表に出す馬はあまりいません。その気性が良い方向、すなわち気合いとして働いている分には問題ないのですが、例えばサンデー系のように、うるさい血統との配合で、それが悪く働く可能性があるということです。これは多くのPOG本でほぼ一致した見方です。では、産駒は気性がおとなしい方が良いかというとこれも一概には言えません。ジャングルポケットが気性で走った馬ということであれば、おとなしい馬は父の良いところが出ない可能性もあるのです。すなわち長い直線でどこまでも前の馬を追い、そして抜こうとするジャングルポケットの闘争心こそ、トニービンの血の持つスピードと切れを活かし切るのに好都合であったとも言えるのです。いずれにしても、本馬を種牡馬として成功させたいという意識がノーザンファームにある以上、“走る馬”がでる可能性は、かなり高いと見て良いでしょう。今回のキャロットクラブの募集馬についても、ジャングルポケットの産駒はすごい繁殖牝馬の仔ばかりです。
---------------------------------
4.厩舎診断
厩舎診断を入れたのは、牧場で話を聞いたときに、募集馬の厩舎を牧場側が選ぶと知ったこと、そしてやはり走りそうな馬を良いトレーナーのところに入れるようにしていると聞いたことからです。ということで参考にしてください。

【堀厩舎】
【評価】:★★★★★☆☆
1967年生まれ。開業4年目ですが、昨年はリーディング40位と躍進しています。まさに新進気鋭のトレーナーです。騎手は、藤田、内田、柴山、武豊騎手などが多いですね。所属馬にはビーナスラインなどがいます。久保田貴士調教師と同じ年に調教師試験に合格していて、美浦では注目株の一人という感じですね。
---------------------------------
5.馬体診断
【評価】:★★★★★★★
顔は非常に賢そうでハンサムですね。目は芯の強さを表しており、それでいて、手綱は緩く、耳は持ち手の方に寝ていて非常に人に対しては従順そうです。首差しもよく、肩から胸前も柔らかそうな筋肉が覆っています。前足はまっすぐで、繋ぎの角度は芝向きですね。トモも張りがあり、幅もまずまずでしょう。馬体がやや小柄とのことですが、測尺を見てそれほど小さくなければ問題ないと思います。
(測尺)問題なし

<DVD診断>
【評価】:★★★★★★☆
足取りもしっかりしています。前後肢の出も良く、この時期としてはぶれも気にならない程度です。繋ぎも柔らかく結構バネがありそうです。臀部の幅もまずまずですね。
---------------------------------
[相馬眼のXのコメント]
肩、腕の筋肉はとても良いです。飛節、球節も大きくとても良いですが、背中から尻までのラインは少し硬そうです。球節が小さい、後ろ足の繋ぎたっているのが気になります。
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"2.オフリミッツ(マンファスの05)募集馬診断レポート"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門