このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ

22.クラトス(サイレントビーナスの05)の近況

Posted at 07/04/30 Comment(0)» Trackback(0)»

---------------------------------

22.クラトス(サイレントビーナスの05)の近況

【楽天馬の戯言】
ずいぶんと良い筋肉がついてきましたが、背中の筋肉はやはり物足りないですね。今のままだと早いところに入っても、手足だけで走る感じで、すぐに故障してしまうでしょう。走るフォーム自体が、あまり背中をつかっていないのだと思います。こういう馬はやっかいなんですよね。調教が実にならないタイプです。
整体治療を施すようですが、以前整体治療でかなりよくなって帰ってきた馬がいましたので、本馬もそのようになってくれれば良いですね。
引き手の位置を見ても相変わらずかなりうるさそうですが、以前よりは多少周りを気にしなくなっているようです。
【これまでの成長過程評価:★★☆☆☆☆☆】
---------------------------------
07/4/27
クローバーF
馬体重:442kg
○ショックウェーブ治療を行いつつ乗り込みを進めてきたが、一向に背腰に筋肉がついてこないため、調教主任と古賀史師で検討を行った結果、整体治療を行うため、門別クローバーファームへ移動した。
○現在はパドック放牧のみを行っている。
○「背腰の筋肉が足りないことで脚元に負担がかかり、左前脚にハリが出ています。またトモも少々傷んでいる感じです。こちらでは全身に笹針を施した上で、週1回の整体治療を行っています。少しずつ骨格を整え、いい筋肉が乗ってくればと思いますが、今の状態からして矯正には結構時間がかかるかもしれませんね」(牧場担当者)


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター2本を行っている。
○調教中はまだ集中し切っていなく、物見をするシーンが見られる。
○ただし、身体の上手い使い方をマスターし切っていないことから、無駄な動きがあるので、このあたりが今後の改善すべき点として挙げられる。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:431kg
○深いダートコースでは負荷が大きすぎる感じなので、現在は屋内坂路でハロン18秒を計時している。
○見た目や馬体重は細めの印象ですが、ここ最近は着実に成長を遂げており、しっかりとした脚取りでキャンターを行えるようになってきた。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○周回ダートコースでハロン20秒程度のキャンター1800mを行っている。
○牡馬としては華奢な印象が残るので、今しばらくはしっかりと負荷をかけ、実が入ってくるのを待ちたい。
○本馬は4月に行われる第一回産地馬体検査を受検する。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:426kg
○ここまでは坂路主体のメニュー構成だったが、馬体全体を使って走ることを身体に覚えさせるため、現在は周回ダートコースでハロン20秒程度のキャンター1800mを行っている。
○徐々に走りの質は上向いているが、もう少し首を使って全身で走るようになれば、全体的にいい筋肉が付いてくるだろう。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20~22秒のキャンター2本を行っている。
○相変わらず背肉が物足りない印象を受けるが、他の部位は順調な成長を見せており、特に体高が伸びてきていることは喜ばしい限り。
○ここまでの過程から成長力に富んでいそうな感じなので、これから春に向けて変わり身を見せてくれればと思っている。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 436kg
○屋内坂路でハロン20~22秒のキャンター2本を行っている。
○体調面はすこぶる良好で連日乗り運動を行っているが、背中の肉付きの物足りなさは解消できていない。
○いかにも芝向きの素軽い脚捌きにはいいものがあるが、やはり男馬らしい筋肉がついて欲しいところである。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20~22秒のキャンターを行っている。
○男馬としてはやや小柄ではあるが、馬体全体のバランスはとても良く、柔軟な身のこなしを見ていると芝に高い適性を示しそうな感じがする。
○体調、馬体とも健康そのもので、今後も順調にペースを上げていけるだろう。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 432kg
○屋内坂路でハロン21秒のキャンターを行っている。
○普段は大人しく、無駄な力を使う馬ではないが、乗り運動時はチャカチャカするところがあり、乗り込んでいる割には幾分薄手の馬体造りとなっている。
○今後はこの点を解消していくことが課題となる。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内周回コースでダク400m、ハロン23秒程度のキャンター1200mを行っている。
○馬体が細身に映るが、これはまだ気性が若く、乗り運動を行うと多少チャカつくことが影響しているのだろう。
○今後は気性面の成長を待つのと併行して、基礎体力造りに重点を置いていく。
---------------------------------06/11/30
NF空港
馬体重: 433kg
○ハミ受けも徐々に上達
○現在は屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター1200m
○安定感のあるスラッとした馬体は見栄えがするが、幾らか寂しい感じも受け、もう少々肉付きが欲しいかなという印象。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○この中間から馬場入りを開始し、現在は屋内周回コースでダクを踏んでいる。
○素直ではあるが、ややチャカつく面があり、馬体がやや細くなっている点が気掛かり。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 407kg
○目に負った外傷も回復し、馴致調教を進めている。
○空港牧場の環境にもしっかり適応できており、現在は厩舎内での背慣らしとサイドレーンを装着してウォーキングマシン調整


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○ウォーキングマシン調整
○馬房内で目を擦り、その治療を行っているが、軽いもので心配は要らない。
○状態が良化するまでは背慣らし程度に留める。
---------------------------------
06/10/2
NF空港
○30日に空港牧場へ移動。今後は環境に慣らしつつ、初期馴致を行う。
---------------------------------
06/9/29
早来F
馬体重: 415kg
○空港牧場への移動に備え、現在は毎日放牧とウォーキングマシン調整
○9月の初めに左頬を打撲したため、まだ腫れが残っているが、日々の運動には支障ない。


---------------------------------
06/9/8
早来F
馬体重: 416kg
体高: 157cm
胸囲: 171cm
管囲: 19.5cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"22.クラトス(サイレントビーナスの05)の近況"へのトラックバック

トラックバック先URL

"22.クラトス(サイレントビーナスの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門