このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ

31.チョコクランチ(ホッカイカレンの05)の近況

Posted at 07/05/03 Comment(0)» Trackback(0)»

---------------------------------

31.チョコクランチ(ホッカイカレンの05)の近況

【楽天馬の戯言】
まず重厚な馬体ですね。
でも、これで15-15を重ねても大丈夫ということは、脚元は結構丈夫なのかもしれませんね。これから早いところをやってもこんな調子だと、かなりやれそうですが、馬体、特にトモにメリハリがないのが気になりますね。
走りのフォームが、あまり馬体全体を上手く使っていない可能性がありますね。前足のかき込みの強さだけでも能力のある馬は15-15を走れますからね。その点がちょっと心配です。
キ甲が抜けたので、これ以上は大きくならないでしょう。レースの時には絞って420キロ台でしょうか。
【これまでの成長過程評価:★★★★★★☆】
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:442kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、また週2回は屋内坂路で15-15を継続している。
○基礎固めの冬場のトレーニングも問題なく消化でき、体調面も脚元も高い次元で推移している。
○牝馬とは思えないほどのどっしりとした性格で、15-15を重ねても全く堪えた様子はない。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、週2回は屋内坂路で15-15を消化している。
○時計を詰めた調教を重ねることでこれまで以上に筋肉が盛り上がってきており、いかにも競走馬らしくなってきた。
○ここ最近は気負いすぎることもなくなり、グイグイ前へ押し出すいい気合を見せるようになってきた。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:434kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、週2回は屋内坂路で15-15を消化している。
○速めのキャンターを開始した後も元気いっぱいで良好な体調を維持しており、競走馬に必要な基礎体力が出来つつあることが分かる。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○普段から何事においても前向きの見られる馬で、調教にも真面目に取り組んでいる。
○乗り込みが浅いこともあり、馬体全体がすっきりしているとは言い切れないが、弛みなく乗り込んでいることから徐々に絞れてきた感じ。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:425kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○以前は真面目すぎるが故に気負いが目立っていたが、乗り運動に慣れが出てきたことで、乗り役とのコンタクトも上手くなり、だいぶリラックスして走れるようになってきた。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内周回コースと屋内坂路を併用し、屋内周回ではハロン25秒のキャンター1200m、屋内坂路ではハロン20-18秒のキャンター1本を行っている。
○調教中に見せる力みは徐々に解消してきており、走るフォームは徐々に良化している。
○気持ちの高揚や飼葉喰いの減退は見られないので、今後も順当にペースを上げていくことができるだろう。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 430kg
○屋内周回コースと屋内坂路を併用し、屋内周回ではハロン25秒のキャンター1200m、屋内坂路ではハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○真面目に調教に取り組んでいるが、幾らか力んで走る傾向にあるので、今後は力みを取ることが課題となるだろう。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mを行っている。
○またこの中間からスクーリング程度に屋内坂路に入れている。
○当初懸念されていたペースアップに伴う気性面の煩さが見られないことは好印象。
○飼葉喰いがいいことから、馬体の細化もなく、日に日に成長していることがしっかりと感じられる。
○今伸び盛りの一頭。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 427kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mを行っている。
○今何をすべきかを理解できる優等生タイプで、調教の積み重ねで上手く馬体が使えるようになってからは、自ら積極的にグイグイと走るようになった。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1200mを行っている。
○現時点では落ち着いて調教に臨むことができているが、スペシャルウィーク牝馬ということもあり、ペースアップと同時にカリカリしたところが見られるようになると思うので、今後はその点に注意した調整を行っていく。
---------------------------------06/11/30
NF空港
馬体重: 431kg
○この中間から馬場入りし、屋内周回コースで軽めのキャンター800m
○普段も運動時も大人しく、とても人当たりのよい馬。
○短期間で馴致をマスターしたように頭の賢さは群を抜くものがある。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○空港牧場の環境にもすっかり慣れ、順調に馴致調教を開始。
○現在は厩舎内での馴致を済ませ、厩舎周りで常歩を実施。
○普段から悪さ一つしない優等生タイプ。
---------------------------------
06/11/9
NF空港
○この中間に空港牧場へ移動。
---------------------------------
06/10/31
NF-Y
馬体重: 442kg
○夜間放牧+1日30分のウォーキングマシン調整
○育成厩舎へ移動する前段階として帯締めと背中にダルマ(馴致用の布製の鞍)を載せている。
○飼い喰いも良好で夏場は幾らか寂しく見えた馬体もだいぶフックラ見せるようになってきた。


---------------------------------
06/10/13
NF-Y
○ウォーキングマシン調整+背慣らし+放牧
○ボリューム感溢れる馬体は筋肉質ながら柔軟性に富んでおり、肩の出が大きな力強い掻き込みと安定感ある脚捌きでグイグイ前へと伸びていく。
---------------------------------
06/9/29
NF-Y
馬体重: 430kg
○NFイヤリング在厩。430㌔。
○ウォーキングマシン調整+背慣らし
○併行して夜間放牧
○放牧の効果で馬体造りはとてもしっかりしてきている。


---------------------------------
06/9/8
NF-Y
馬体重: 424kg
体高: 148cm
胸囲: 177cm
管囲: 20cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"31.チョコクランチ(ホッカイカレンの05)の近況"へのトラックバック

トラックバック先URL

"31.チョコクランチ(ホッカイカレンの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門