このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ

64.ミルフルール(カタリストの05)の近況

Posted at 07/05/26 Comment(0)» Trackback(0)»

---------------------------------

64.ミルフルール(カタリストの05)の近況

【楽天馬の戯言】
入厩のタイミングをはかるだけになってきました。
馬体は、調教が進んでいるだけあって、良いところに筋肉がついてきています。特に飛節の上の筋肉が良いですね。坂路調教が実になっているのだと思います。
【これまでの成長過程評価:★★★★★★☆】
---------------------------------
07/5/23
NF空港
○屋外直線坂路でハロン16秒前後のキャンター2本。
○「週を追う毎に調子が上向いています。小柄な馬体ですが、身体を一杯に使った素軽いキャンターを見せていますし、今から夏のデビュー戦が楽しみです」(空港担当者)
○山元トレセン経由で30日に栗東入厩予定。
---------------------------------
07/5/17
NF空港
○26日もしくは27日に山元トレセンへ移動し、30日に栗東入厩予定。
○「牧場でもかなり乗りすすめてもらっていますし、いいものを持っていそうです。ちょうど一緒に入ってくる2歳馬もいるので、一緒に進めて行けそうです。元気いっぱいのようなので入厩が楽しみですね」(松永幹師)
---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内坂路と屋内直線坂路でハロン15~16秒のキャンター1本ずつ。
○「現状で8~9分程度仕上がってきた感じです。この分なら5月中の入厩は十分可能でしょう。あとは小さな馬なので輸送が堪えないかどうかですね。そこさえスムーズに運べれば仕上がり早の新馬向きのタイプですし、実戦でいい走りができると思います」(空港担当者)
○今のところ5月中に栗東入厩予定。
---------------------------------
07/5/1
NF空港
○屋内坂路でハロン15~16秒のキャンター2本。
○週2回は周回ダートでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン15秒のキャンター1本。
○今のところ5月末くらいに栗東入厩予定。
○「速めのところでも小気味いい動きを見せています。バネのある、身体を一杯に使った走りはなかなかのものがあり、小柄ながら迫力に満ち溢れています。このところの基礎体力の充実も顕著で、仕上がりも思惑通りに進んでいるので夏競馬でのデビューを視野に近々移動させる予定です。ここまでの動きから短距離に適性がありそうで、芝ダート兼用のタイプに育ってくれそうです」(空港担当者)
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重: 395kg
○屋内坂路でハロン15~16秒のキャンター2本を基調に、週2回は周回ダートコースでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン15秒のキャンター1本を行っている。
○父譲りの気性なのか、とても前向きな姿勢を見せており、一気に坂路を駆け上がれるだけのパワーを兼ね備えてきた。
○スクミの症状はクーリングダウンの時間を多く確保することでだいぶ解消されている。
○飼葉喰いもよく、体調も良好、また仕上がりも早そうなタイプなので、今後も夏競馬でのデビューを目標に進めていく。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本を行っている。
○気持ちのオンオフを上手く切り替えられる馬で、平素は大人しく、調教ではいい気合乗りを見せている。
○健康状態もいいことから、今後は早期入厩を目指し、順次ペースを上げていくことになる。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:402kg
○屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を主体に、週4回は登坂本数を2本に増やしている。
○現状のペースにも難なく対応できているが、元気がよく、自分から行きたがる性格で、求めている以上の頑張りを見せてしまうこともしばしば。
○実際に調教後、スクミの症状が見られることがあるので、今後はテンションの高揚をできるだけ抑えていきたい。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター1本を行っている。また週2~3回は登坂本数を2本に増やしている。
○馬体が小さいが、日に日に力をつけていることがありありと分かり、仕上がりも確実に進んでいる。
○いい素軽さが目立つ馬で、仕上がりも早そうだ。
○今後は夏競馬でのデビューを一つの目標として進めていくが、適性は短~中距離くらいにありそう。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:402kg
○屋内周回コースでキャンター800mの後、屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター1本を行っている。
○週2回は登坂本数を2本とし、徐々に負荷を増やしている。
○400㌔そこそこの馬体重からして、か弱いイメージがあるかもしれないが、芯はとても強く、馬体、脚元ともに健康優良児といえる。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○相変わらず400キロを切る小柄な馬体造りだが、必要なところに筋肉がついてきており、この馬なりにいい成長を遂げている。
○馬体、健康状態に一点の曇りもないことから、近々登坂本数を2本に増やし、更に鍛え上げていく予定。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 395kg
○屋内周回コースでの慣らしを終え、この中間から屋内坂路入りを果たしている。
○現在は屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター1本と比較的速めのペースで乗り込んでいる。
○元々小柄な馬ということもあり、馬体重の数値自体は軽量となっているが、ガレた印象は一切なく、むしろいい具合に引き締まり、必要なところに筋肉がついてきた感じを受ける。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内周回コースでハロン22~23秒のキャンター1600mを行っている。
○馬体は400キロに満たないように小柄ではあるが、コンスタントに運動を続けていることで余分な脂肪も落ちて、いかにも競走馬らしい馬体造りになってきた。
○近々、屋内坂路に入れて、さらに鍛え上げていく。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 393kg
○現在は1日2回、ウォーキングマシン内で常歩運動と屋内周回コースで軽めのキャンター1200mを行っている。
○まだ軽めの調整だが、乗り役との呼吸もピッタリと合っており、しなやかで素軽いキャンターを披露している。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター1200mを行っている。
○小柄でまだ頼りない面は残るが、軽快な質のいいキャンターを見せる馬なので、今後も焦らずじっくり育てていきたい。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 396kg
○1日1時間のウォーキングマシンと屋内周回コースでダク400m軽めのキャンター800mを行っている。
○骨格も小柄な造りということもあり、なかなか馬体重に増加が見られないが、徐々に乗り運動の効果が出てきている感じなので、来春までには大きく成長してくれることだろう。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○NFイヤリングで馴致調教を進めていたこともあり、空港牧場ではスムーズに乗り運動に移行することができた。
○現在はウォーキングマシンと屋内周回コースでダクを行っている。
○骨格からそう大きな馬にはならないと思うので、まずは良質な筋肉をつけていけるよう考えた調整を積み重ねていくことになる。
---------------------------------
06/11/9
NF空港
○この中間に空港牧場へ移動。今後は環境に慣らしつつ、初期馴致を行うことになる。
---------------------------------
06/10/31
NF-Y
馬体重: 442kg
○この中間も夜間放牧と1日30分のウォーキングマシン調整を行っている。
○近々、空港牧場へ移動し馴致調教を開始することになるので、その前段階として現在は人を背中に乗せた上で厩舎内廊下を力まず歩く練習を行っている。
○これまでの自由が多かった生活から管理された生活に変わったこともあり、今後は適度な息抜きも考えていきたい。


---------------------------------
06/10/13
NF-Y
○背慣らし馴致と日中放牧、ウォーキングマシン調整を行っている。
○小柄ではあるが、しっかりと実の詰まった張りのある好馬体を誇っている。
○体力、精神力、気力は他馬より上回っており、ここまで疲労やストレスを見せず、一挙手一投足にタフさを感じ取ることができる。
---------------------------------
06/9/29
NF-Y
馬体重: 409kg
○調教を開始する前に更なる成長を促すため、現在は鞍付け等の初歩的な馴致と日中放牧、ウォーキングマシン調整を行っている。
○常にキビキビとした活発な気性の持ち主ということで、馴致調教は手こずりそうな気配があるので、じっくり接していきたいと思う。態勢が整い次第、空港牧場へ移動予定。


---------------------------------
06/9/8
NF-Y
馬体重: 403kg
体高: 147cm
胸囲: 170cm
管囲: 18.5cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"64.ミルフルール(カタリストの05)の近況"へのトラックバック

トラックバック先URL

"64.ミルフルール(カタリストの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門