このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ

9.バイヨン(ティエッチダンサーの05)の近況

Posted at 07/06/02 Comment(0)» Trackback(0)»

---------------------------------

9.バイヨン(ティエッチダンサーの05)の近況

【楽天馬の戯言】
ダンス産駒でありながら早期デビューというのはすばらしいですね。馬体の張りはすばらしく、欠点らしい欠点はありません。気性も良さそうで、長めの距離も血統的にもちろんOKでしょう。
【これまでの成長過程評価:★★★★★★★】
---------------------------------
07/5/31
山元TC
馬体重:421kg
○29日に空港牧場を出発し、30日に山元トレセンへ到着。
○6月2日に美浦入厩予定。
○「屋内坂路等で週2回はハロン14秒を計時し、仕上がりも随分進みました。かなりいい出来で送り出せたと思います。スピードタイプで父の産駒としては比較的早めに馬が出来ている感じです。入厩後の状態にもよるでしょうが、十分夏デビューを果たせると思います」(空港担当者)


---------------------------------
07/5/25
NF空港
○6月2日に美浦入厩予定。
---------------------------------
07/5/15
NF空港
○回ダートでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン15秒のキャンター1本を行っている。
○毎日ハロン15秒をマークしているように状態はすこぶるよく、走りにキレが出てきた。
○精神面の充実も顕著で、調教中の集中力、やる気には見るべきものがある。
○全ての面において、いかにも仕上がりが早そうなタイプなので、今後も早期デビューを目標に乗り進めていく。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:409kg
○常歩時もキビキビとした歩様を見せているように右前脚のソエはかなり良化してきた。
○状態の良さを反映するようにペースアップを図り、現在は周回ダートコースでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行っている。
○小柄な馬体造りであることを忘れさせるような勢いのある走りを見せており、坂路では常に前を行く馬を追い越さんと乗り役をグイグイ引っ張っている。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○右前脚のソエは落ち着き、順当にペースアップを図っている。
○現在は屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター1本を行っている。
○馬体にはまだ緩さが残るが、継続して密度の高いキャンターを消化できており、自ら前に進む気持ちに溢れている。
○今の雰囲気から気温の上昇とともに更なる大きな変わり身が見られるだろう。


---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:424kg
○右前脚のソエは若干残るものの痛みや歩様の乱れはなく、予定通りのメニューを消化できている。
○現在は周回ダートコースでハロン20秒のキャンター1800mと屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○ここにきての進展振りにはいいものがあり、特にハロン18秒を切ったあたりから、前向きな気性を常に前面に押し出すようになり、いいキャンターを繰り出せるようになってきた。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○周回ダートコースでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン18秒程度のキャンター1本を行っている。
○体調も良好で少しずつペースを上げているが、足腰がまだパンとしておらず、跨っていても緩さを感じる走りとなっている。
○ただし、普段の身のこなしにはいいものがあるので、馬体に一本芯が通るようなれば、卓越した動きを披露してくれることだろう。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:423kg
○屋内周回コースでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン20秒前後のキャンター1本を行っている。
○週2回は登坂本数を2本に増やし、負荷を高めている。
○一時期右前脚にソエが出たが、ペースを控えたことで、ほぼ気にならない程度まで回復してきた。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○右前のソエを考慮し、調教を控えてきたが、徐々に落ち着いてきたことから、再度ペースを上げている。
○現在は屋内周回コースで脚慣らしを行った後、屋内坂路でハロン23秒程度のキャンターを行っている。
○まだ馬体に緩みは見られるが、今後の乗り運動で解消する程度のものなので特段心配はしていない。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 425kg
○屋内坂路でハロン20秒を切るキャンターまで進んでいたが、右前脚にソエが出たため、ペースを落として乗り込んでいる。
○現在は屋内周回コースでダク800mのみを行っている。
○本格的な調教開始に向けてようやく軌道に乗りかけた矢先のことでとても残念だが、毎日巣入れ治療を行っていることもあり、熱感、痛みともに和らいできたようだ。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター2本を行っている。
○乗り運動を継続していることで筋肉の盛り上がりも増しており、また無駄肉も取れて、引き締まった好馬体に変貌を遂げてきた。
○気性面は順当に成長しており、調教中も落ち着きがあり、走りに集中できるようになってきた。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 428kg
○屋内坂路でハロン20~22秒のキャンター2本を行っている。
○動きの機敏さが目立つ馬で、いかにも瞬発力のある馬に育ちそうな印象を受ける。
○馬体重自体にそう変化は見られないが、順調な調整過程を踏んでいることもあって、見た目に良質な筋肉がついてきた。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内坂路でハロン25秒程度のキャンター2本を行っている。
○まだ、多少臆病な面は見られるが、調教を積み重ねることで、そういった面は解消してきている。
○ゲートを見せたり、中を通したりと初歩的なゲート訓練も併行して行っており、最初は物怖じすることもあったが、今ではだいぶ慣れが見られるようになってきた。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 422kg
○屋内坂路で軽めのキャンター2本を行っている。
○キャンターへ移行後も乗り役の指示に忠実に従い、小気味いい脚捌きを見せているが、時に物見をする等、まだ幼い面が残っている。
○また周囲にいる他馬が暴れるとそれに怯むようなところがあるように若干臆病な感じがする。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○屋内坂路にてダク
○脚元すっきり。
○体調良好
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 419kg
○馴致を消化
○ロンギ場でダク
○素直な性格


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○1日1時間のウォーキングマシン調整+馴致
○小柄だが骨量は豊か
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 410kg
○ウォーキングマシン調整+鞍付け・帯締め(まだ人が跨るところまで進んでいない)
○落ち着きがあり、常に堂々としている姿が印象的


--------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 416kg
体高: 149cm
胸囲: 173cm
管囲: 19cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"9.バイヨン(ティエッチダンサーの05)の近況"へのトラックバック

トラックバック先URL

"9.バイヨン(ティエッチダンサーの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門