このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ

25.カーラプリマ(プリマの05)の近況

Posted at 07/06/09 Comment(0)»

---------------------------------

25.カーラプリマ(プリマの05)の近況

【楽天馬の戯言】
緩さはあるものの、先月より背腰を含めて良くなってきました。牝馬らしい軽さが無い馬で、胴もしまりが今ひとつで、見た目にかなり重たそうですが、このまま調教が進んで絞れてくれば、雰囲気も変わってくるでしょう。前向きさが出てきたようですので、この調子で順調にいって欲しいですね。
【これまでの成長過程評価:★★★★☆☆☆】
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:518kg
○屋内周回コースでハロン18~20秒のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本をプラスして乗り込んでいる。
○気難しい一面はまだ残りますが、ここ最近は調教にしっかりと向き合い、真面目にキャンターを消化できるようになってきた。
○また、落ち着きが増す一方で走りに対する前向きさが感じられるようになってきた。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内周回でハロン18~20秒のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を追加して乗り込んでいる。
○上背のあるしっかりとした馬体造りは父のよさを継承している証とも言え、また以前は跨るとクタッとした腰の甘さがあったが、乗り込みを進めることで随分パンとしてきた。
○この分ならこの先更なる変わり身を見せてくることは必至だろう。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:518kg
屋内周回コースでハロン18~20秒のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本をプラスして乗り込んでいます。気難しい一面はまだ残りますが、ここ最近は調教にしっかりと向き合い、真面目にキャンターを消化できるようになってきました。また、落ち着きが増す一方で走りに対する前向きさが感じられるようになってきました。
---------------------------------
07/5/15
NF空港
屋内周回でハロン18~20秒のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を追加して乗り込んでいます。上背のあるしっかりとした馬体造りは父のよさを継承している証とも言え、また以前は跨るとクタッとした腰の甘さがありましたが、乗り込みを進めることで随分パンとしてきました。この分ならこの先更なる変わり身を見せてくることは必至でしょう。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:505kg
○屋内周回コースでのハロン18~20秒のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路でのハロン18秒のキャンター1本を追加して乗り込んでいる。
○やや気難しさのある馬だが、ここ最近は自分がやるべきことを理解してきた感じで、乗り役とのコミュニケーションも上手く取れるようになり、同時にだいぶ落ち着きが出来てきた。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内周回コースでのハロン20秒のキャンター1600mをメインに、週3回は屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター1本を行っている。
○持てる素質にはいいものがあるが、乗り込み量が浅いことでトモに甘さが残り、キャンター時の脚の運びが物足りない感じなので、坂路でじっくり乗り込み、身体全体の筋力強化を図っていくことになる。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:494kg
○屋内周回コースでのハロン20秒のキャンター1600mをメインに、週3回は屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を取り入れている。
○ペースを上げたことが影響しているのか、やや入れ込むようなところも出てきているので、今後はこのあたりの解消が課題となる。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mを行い、週2回程度は屋内坂路でハロン20秒程度のキャンターを行っている。
○まだ乗り込みが浅いことから余裕のある馬体造りだが、当面は基礎体力の充実を図るため、乗り運動の継続に重点を置き、軌道に乗った後、馬体を絞っていきたい。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:492kg
○屋内周回コースでハロン25秒程度のキャンター1200mを行っている。
○相変わらず幼い気性が目に付くが、以前と比較するとだいぶ落ち着きをもって調教に臨めるようになってきた。
○脚元を始めとする馬体の健康状態はとてもよく、今後も徐々に距離を延ばしたり、ペースに強弱をつけたりと休みなく乗り進めていく予定。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内周回コースでダク400m、ハロン28~30秒のキャンター800mを行っている。
○元から気難しい性格だが、連日乗り運動を行っていることで、徐々にではあるが、走りにしっかりとしたものが備わってきている。
○今後もハミ受けや走るフォームをしっかりと教え込みつつ、じっくり進めていく。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 489kg
○屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター800mを行っている。
○やや調整が遅れ気味で本格的な調教が始まったばかりということもあり、パワー不足は否めず、牡馬勝りの雄大な馬体を持て余している感じ。
○多少気難しい性格で、まだまだ子供っぽくヤンチャで頑固な気性が先行している印象。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○頑固な性格で初期馴致にやや時間はかかったが、以前と比べると幾分人の指示に従うようになってきた。
○現在は馬場入りを果たしており、屋内周回コースでダクを行っている。
○今後も性格を考慮したメニューを組み、良好な精神面の成長を促していきたい。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 504kg
○現在は馬房内で背馴らしと帯締めの馴致を行っている。
○頑固な性格ということもあり、なかなか人間の指示に従おうとしないところが見られるので、今後も人間に従うということをしっかりと教える必要がありそう。
○こういう馬は初期こそ苦労するものの、時間をかけてあげれば納得するものなので、根気よく接していきたい。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○現在は馬房内で背慣らしや帯締めといった初期の馴致を行っている。
○我が強く、人間の指示に従わない面も見られるため、今後は調整と併行して、人とのコンタクトが上手く取れるように導いていきたい。
○こういったタイプの馬は根気よく接していけば、走る方に気が向いてくるケースが多いため、じっくり進めていく予定。
---------------------------------
06/12/6
NF空港
○打撲した右トモ脚も良化してきたので、育成を進めるため、空港牧場へ移動。
---------------------------------
06/11/30
NF-Y
馬体重: 517kg
○1日30分のウォーキングマシン調整
○まだ打撲箇所が完治していない。
○背慣らしはダルマ付けまでに留めている。
○普段から気の強さを前面に押し出すタイプですが、馴致調教中は悪さをすることはなく、与えられたメニューをしっかりと消化。


---------------------------------
06/11/15
NF-Y
○右トモ脚飛端と管の内側の打撲は快方に向かい、現在は1日30分のウォーキングマシン調整。
---------------------------------
06/10/31
NF-Y
馬体重: 506kg
○空港牧場への移動に備え、昼間放牧、ウォーキングマシン、背慣らし馴致を進めてきたが、放牧中に右トモ脚飛端と管の内側を牧柵にぶつけたことから外傷を負った。
○程度としては軽いものだが、腫れと痛みを伴った時期があったため、現在は調整を取り止め、パドック放牧のみを行っている。


---------------------------------
06/10/13
NF-Y
○日中放牧と併行して、ウォーキングマシン調整と背慣らし
○以前はやややんちゃで気性の勝った面を見せていたが、今は気性を内面に押さえ込めている感じ。
---------------------------------
06/9/29
NF-Y
馬体重: 500kg
○空港牧場への移動に備え、日中放牧と併行してウォーキングマシン調整と背慣らし
○比較的奥手の血統


---------------------------------
06/9/8
NF-Y
馬体重: 492kg
体高: 159cm
胸囲: 181cm
管囲: 20cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"25.カーラプリマ(プリマの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門