このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ

48.トールポピー(アドマイヤサンデーの05)の近況

Posted at 07/06/17 Comment(0)»

---------------------------------

48.トールポピー(アドマイヤサンデーの05)の近況

【楽天馬の戯言】
思わぬ難敵が表れましたね。敵といってもゲートですがね。順調に来ても本当に何かあるもんですよね。生き物だからしかたがないとよく牧場の方が言いますが、その気持ちがよくわかります。
馬体は変わりなく良いです。ゲートは早いにこしたことがないので、変な癖がつかないように、じっくり教えていって欲しいですね。私は今年のPOGの応募全てに、愛馬であるこの馬を入れました。もう後戻りはできませんので、とにかくがんばって欲しいです。
【これまでの成長過程評価:★★★★★★★】
---------------------------------
07/6/13
角居厩舎
○13日は栗東坂路からゲート練習。
○「まだゲートから出るときに後ろに沈んでしまうので、今合格するのは難しそうです。扉を開けるタイミングが分かって下がってしまうようなので、後ろ扉を先に開けて、その音で下がらせないようにしてみて、明日も練習してみます。
○ゲート試験については練習の具合を見てから受けるかどうか決めたいと思います」(角居師)
---------------------------------
07/6/6
角居厩舎
○6日は栗東坂路からゲート試験を受けたが、不合格。
○「どうもスタートの瞬間に後ろに体重が乗って、遅くなってしまうようです。あまり攻めすぎず、金曜にまたゲートから出してみてどう直すか確認してから、来週再試験という形になるでしょう。スピードに乗ったキャンターには素晴らしいものがあるように能力は高いので、何とか早めに受からせたいですね」(角居師)
---------------------------------
07/5/30
角居厩舎
○30日は栗東坂路からゲート試験を受けたが、不合格。
「ゲートの開くタイミングも悪く、出があまりよくありませんでした。出入りや駐立は問題ないので、そう遠くなく再試験を受けられると思います」(角居師)
○「ゲートは練習を始めてから間もないので、モッサリしているのは仕方ない部分もあります。乗り味は抜群にいいですよ」(池添騎手)
○7月8日の阪神競馬(2歳新馬・芝1800m)に池添騎手で出走予定。


---------------------------------
07/5/23
角居厩舎
○23日はゲート練習。
○「まだフワッとするところがあって、頭が上がったりしていますが、ここまでおおむね順調にきていますね。近々一度試験を受けるかもしれません。環境にも慣れ、カイバもしっかり食べてくれています」(角居師)
○7月8日の阪神競馬(2歳新馬・芝1800m)に池添騎手で出走予定。
---------------------------------
07/5/17
角居厩舎
○7月8日の阪神競馬(2歳新馬・芝1800m)に池添騎手で出走予定。
○「池添騎手が普段の調教から手伝ってくれています。今夏は北海道で乗る予定の池添騎手がこの馬のために阪神に戻ってきてくれるといってくれています。何か感じ取っているのかもしれませんね」(角居師)
---------------------------------
07/5/16
角居厩舎
○10日に栗東入厩。
○16日はゲート練習。
○「ゲート中心の調教ですが、ハッキングなど交えて、あまり疲れの残らないように注意して進めています。環境にもすぐに慣れましたし、まずはゲート合格を目標に進めます」(角居師)
---------------------------------
07/5/10
角居厩舎
○10日に栗東入厩。
---------------------------------
07/5/8
山元TC
○8日に山元トレセンへ移動。
○10日に栗東入厩予定。
○「まだ2歳と幼く、輸送も含め心配な面もありましたが、到着後の今の感じからすると、輸送熱もなく、スムーズに輸送をクリアしてくれたようです。山元ワンクッションで入厩する予定ですので、こちらにいる間は体調の維持に努めます」(山元担当者)
---------------------------------
07/5/7
山元TC
○7日に山元トレセンへ移動。近日中に栗東トレセンもしくはグリーンウッドへ移動予定。
○「速いところを継続して行えたことがいい方向に出て、調教負荷がしっかり実になり、理想的な馬体重の増加が見られます。この分ならいい形で入厩を迎えられるでしょう」(早来担当者)
---------------------------------
07/5/1
NF早来
○屋内周回でキャンター2400mの後、屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター1本。週1回はハロン13秒を計時。7日に山元トレセンへ向けて移動予定。
○「仕上がりも順調に進み、移動の態勢が整ってきました。今のところ山元での滞在は短期間を予定しており、その後はグリーンウッドもしくは栗東への直接入厩を行う予定です。ゲート試験等もありますが、今のところ新馬開幕の阪神開催でのデビューも視野に入れています。動きもいいですし、楽しみです」(早来担当者)
---------------------------------
07/4/27
NF早来
馬体重: 496kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1500mの後、屋内坂路でハロン16秒程度のキャンター1本を行い、週2回はハロン14~15秒を計時している。
○速めの時は併せ馬を行っているが、臆することもなく、馬なりで軽々と好時計を叩き出している。
○ここ最近はメリハリのついた筋肉が増える等、着実な成長を遂げており、走りには力強さ、ダイナミックさ、柔らかさ、いずれにおいても次元の高いものがある。


---------------------------------
07/4/13
NF早来
○屋内周回コースで軽めのキャンター1500mの後、屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター1本を行い、週2回は坂路でハロン15秒を計時している。
○とても2歳馬とは思えないダイナミックなフォームを見せており、他馬とは何か違う乗り味を感じ取ることができる。
○今後も15-15を継続し、体力アップを図っていけば、現在の牝馬離れしたボリュームのある馬体が更に大きく成長してくれることだろう。
---------------------------------
07/3/30
NF早来
馬体重:482kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1500mの後、屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター1本を行い、週2回は坂路でハロン15秒を計時している。
○とても2歳馬とは思えないダイナミックなフォーム、乗り味を披露しており、乗り役の評価もグングン鰻上りになってきた。


---------------------------------
07/3/15
NF早来
○屋内周回コースで軽めのキャンター1500mの後、屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター1本を行っている。
○動きの面では狙った通りの成長を見せているが、馬体は欲を言えばもう一回り腹回りが出てくればと思う。ただし、牝馬ながら全兄と瓜二つのフォルムに成長してきている。
○完成度の高さも目立っており、夏競馬でのデビューにも対応できそうな雰囲気がある。
○本馬は4月に行われる第一回産地馬体検査を受検する。
---------------------------------
07/2/28
NF早来
馬体重:488kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1500mの後、屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター1本を行っている。
○また週2日はハロン16秒にペースを上げる等、意欲的なメニューをこなしている。
○ペースを速めていくことで動きにも変化が見られ、ここ最近はしなやかにパワフルさがプラスされてきた。


---------------------------------
07/2/15
NF早来
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン19~20秒のキャンター1本を消化している。
○見た目に背に伸びが出てきて、また立派な腹回りの馬ですが、太いと言うよりはいい意味で容積があると言った方が当てはまる感じ。
○冬場は大柄な体格を考慮し、じっくり乗り込んでいく。
---------------------------------
07/1/31
NF早来
馬体重:495kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○馬体重が示す通り、牝馬としては雄大な馬体を有しているが、踏み込みが柔らかく、なかなかの動きを見せており、また走りにも前向きさが出てきた。


---------------------------------
07/1/15
NF早来
○屋内周回コースで軽めのキャンター1200mの後、屋内坂路でハロン22~23秒のキャンター1本を行っている。
○素直でクセがないことからとても乗りやすく、また走りに対してはとても積極的で牝馬らしからぬパワーを感じさせる動きを見せている。
○他馬と比較してもこの時期としては相当ハイクラスな馬体と動きを示しており、一冬越してからの成長が今から待ち遠しい。
---------------------------------
06/12/27
NF早来
馬体重: 498kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1200mの後、屋内坂路でハロン24秒のキャンター1本を行っている。
○外傷による休養が功を奏した様子で、今まで以上に前向きな姿勢で調教に臨めている。


---------------------------------
06/12/15
NF早来
○左前の膝と球節前面の外傷も回復し、現在は屋内周回コースで軽めのキャンター1200mの後、屋内坂路で軽めのキャンター1本を行っている。
○乗り運動時の背中の感触はとても良く、現時点では他馬より一歩抜けた素質を感じることができる。
---------------------------------
06/11/30
NF早来
馬体重: 505kg
○ウォーキングマシン調整を行っている。
○転倒した際に負った左前の膝と球節前面に軽い擦り傷は徐々に回復を見せている。ただし、まだ腫れを伴っているため、今しばらくは運動のみで様子を見ることになる。


---------------------------------
06/11/15
NF早来
○屋内周回コースで軽めのキャンターを行ってきたが、この中間、左前膝と球節に擦り傷を負ったため、ウォーキングマシンにペースを落としている。程度としては軽度なので、そう時間もかからず乗り運動を再開できるだろう。
---------------------------------
06/10/31
NF早来
馬体重: 505kg
○放牧地で口向きを作るためにダクを踏んだ後、屋内周回コースでダクと軽めのキャンターを行っている。
○すでに500㌔を超えたように牝馬としては馬格に恵まれ、その動作はこの時期としてはとてもダイナミックで一際目につく一頭といえる。


---------------------------------
06/10/13
NF早来
○ロンギ場でダクを15~20分踏み、併せて1日1時間のウォーキングマシン調整を行っている。
○元から見栄えのする馬体造りですが、ここ最近は特に首から胸前へかけての発育が進み、馬体に余裕が出てきた。
---------------------------------
06/9/29
NF早来
馬体重: 477kg
○初期馴致もスムーズにこなし、現在はロンギ場でダクを15~20分踏み、併せて1日1時間のウォーキングマシン調整を行っている。
○ロンギ場では主にハミ受けの練習を行っているが、全般的にスムーズに馴致を消化している。


---------------------------------
06/9/8
NF早来
馬体重: 444kg
体高: 159cm
胸囲: 182.5cm
管囲: 19cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"48.トールポピー(アドマイヤサンデーの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門