このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

73.オペラセリア(プリティタイディの05)の近況

Posted at 07/06/24 Comment(0)»

---------------------------------

73.オペラセリア(プリティタイディの05)の近況

【楽天馬の戯言】
馬体は張りツヤとも申し分ありません。ちょっとまだ背腰の筋肉が足りない感じですが、バネと胴の収縮力、そして長い脚をつかって走るタイプなのでしょう。脚元が軽そうで、いかにも芝向きですね。いよいよデビューが近づいてきたという感じですね。
【これまでの成長過程評価:★★★★★★★】
---------------------------------
07/6/20
大根田厩舎
○20日は馬場1周からゲート練習。
○「かなり行きたがる面があるので、週に何日かは坂路だけの日を設けてテンションを上げないように気をつけています。牧場でも乗り込んでいるし、体の小さい馬なので、息さえ作っていけば、ゲート合格後それほど時間をかけずにレースに使えるのではないでしょうか」(大根田師)
---------------------------------
07/6/13
大根田厩舎
○8日に栗東入厩。
○13日は栗東坂路で調整程度。
○「牧場で15-15まで乗ってきているので、体も小さいぶん仕上がりは早そう。今のところ問題なくきていますね。本格的なゲート練習はこれからですが、まずはゲート試験合格に向けて進めていきます」(大根田師)
---------------------------------
07/6/7
山元TC
○当初は来週の入厩を予定していたが、状態もよく、急遽入厩検疫が取れたため、明日8日に栗東入厩予定。
○「小柄な馬ですが、牧場ではいい動きを見せていたので楽しみです。仕上がりも早そうなので夏競馬から期待できると思います」(大根田師)
---------------------------------
07/6/5
山元TC
○入厩前調整のため、4日に山元トレセンへ移動。
○今のところ来週中に栗東入厩予定。
○周回で軽めのキャンター調整。
○「先日山元に移動してきましたが、輸送で体調を崩すようなこともありませんでした。まだ具体的な入厩日は決まっていませんが、そう遠くなく移動することは間違いないでしょうから、いつ移動になっても大丈夫なように取り組んでいきます。テンションが上がりそうな雰囲気があるのでそこを注意していきます」(山元担当者)
---------------------------------
07/6/1
NF空港
○入厩検疫の都合で来週の栗東入厩は取り止めになった。
○早ければ来週末に山元トレセンへ移動し、再来週に栗東入厩予定。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重: 430kg
○楽をさせたこともあり、すっかり馬体が回復してきた。
○現在は屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mの後、屋外直線坂路でハロン16~17秒のキャンター1本を行っている。
○「430キロまで増えた馬体は攻めを強めても減ることはないように、ペースを落としたことがいい一服になったようです。飼葉喰いもいいですし、どんどん体質が強くなっている感じです。素直な気性で、単走でも物見はなく、しっかりとしたキャンターを見せていますし、併走でも相手に喰らい付く強い気持ちをもっています。小柄ではありますが、力強い脚捌きを見せますし、楽しみが多い馬です。仕上がりも早そうなので夏競馬から使っていけるでしょう」(空港担当者)
○6月3日に空港牧場を出発し、山元トレセンへ移動予定です。その後は入厩検疫の都合にもよるが、6月第2週目の栗東入厩を予定している。


---------------------------------
07/5/23
NF空港
○「いい感じに進んでいますね。まだはっきりとはしませんが、暑くならないうちに山元トレセンに運んで、そこでみっちり乗り込むプランをもっています。そうすれば仕上がり次第、栗東に連れて来れますからね」(大根田師)
---------------------------------
07/5/15
NF空港
○ここまではハロン15秒を切るキャンターを継続してきたが、馬体重が410キロとなかなか増えてこないため、若干手控えたメニューを行っている。
○現在は屋内周回でダク400m、ハロン22~23秒のキャンター1600mを行っている。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:405kg
○ここまで屋内坂路2本というメニューを継続してきたが、この中間は更なるパワーアップを目指し、屋内坂路でハロン15~16秒のキャンター1本の後、周回ダートコースで軽めのキャンター1800mを追加している。
○馬体重の数値や見た目からは非力な印象を受けるが、実際に跨ると評価は一変し、みなぎるパワー、抜群の手応えが手綱を通してひしひしと伝わってくる。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内坂路でハロン15秒のキャンター2本を行っている。
○乗り役が抑えるのに必死になるシーンも数多く見られ、400キロそこそこしかない馬とは思えないくらいパワフルな脚捌きを見せている。
○疲れも見られないように体力の充実も著しく、今後さらによくなってきそうな手応えを感じることができる。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:407kg
○屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本を行い、週1回はハロン15秒を計時している。
○元から下地の強さには定評のあった馬ではあるが、速めの調教を開始した後も手こずる面は一切なく、常に楽な手応えを見せている。
---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター2本を行っている。
○懸念された疲れを全く感じさせないことから、内面の強さをうかがい知ることができる。
○飼い喰いのよさと調教負荷が上手くミックスされ、更にいい筋肉がついてきた感じ。ただし、馬体重は減少傾向にあるので、その点にしっかり注意を払って乗り進めていくことになる。
○馬体的に仕上がりは早そうで、この分なら十分夏競馬に使えそうな感じ。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:411kg
○屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を行っている。
○調教が進むにつれて坂路を駆け上がる脚取りに力強さが増し、比較的速い現在の調整も軽々とこなしている。
○そろそろ背腰に疲れが見られてもいい頃なので、予防策としてショックウェーブを断続的に行っている。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内坂路でハロン18秒のキャンター1~2本を行っている。
○旺盛な前進気勢は変わらず、今後後躯に筋肉が付いてきた際は相当良くなりそう。
○脚元もとてもスッキリしているので、遠慮なくドンドン進めていく。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 424kg
○屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター1本を行っている。
○また時に屋内周回コースでのキャンターをプラスしたり、登坂本数を2本にするなど調教負荷を増やしている。
○馬体重の数値だけを見ると小さい印象を受けるかもしれないが、軽そうな馬体の割には力強い動きを見せており、いい意味で見た目を裏切る馬と言える。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○徐々に闘争心が芽生えてきているのか、キツイ面を見せるようになっているが、許容範囲内で却って好印象を与えている。
○現時点で十分な負荷をかけているはずですが、馬自身に堪えた様子は全くなく、調教中にふざける余裕すら見せている。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 417kg
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○馬体重が示す通り、馬体は細めで小柄だが、キャンター時はとても大きな跳びを見せており、馬体の小ささを感じさせない。
○性格面も徐々にキツイところを見せてきているが、度を越すようなものはなく、競走馬として有利に働く材料ではないかと考えている。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○馬体は小柄ではあるが、ハロン20秒でも楽々と坂路を駆け上がっているように内に秘める体力は相当なものがありそうだ。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 419kg
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○飼葉喰いの良さが目立ち、現状においても更に速いキャンターを行えそうな状態の良さをキープしている。
○この分なら、冬場に密度の濃い調教を重ねることで、大きな変わり身を引き出せそうだ。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○屋内坂路で軽めのキャンター調整を行っている。
○一見、細身の体付きで頼りなさを感じることもあるが、骨格はしっかりしており、今後の調教でいい筋肉がついていけば自ずと解消していくことだろう。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 409kg
○厩舎内での初期馴致を順調に消化し、現在はウォーキングマシンと併行して、周回コースでダクを行っている。
○馴致の開始が他馬よりも若干遅かったため、調教を行っている他馬に付いていけないところがあるが、日を重ねて行くにつれ少しずつ確実に追いついてきている。


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○厩舎周りやロンギ場でダクを行っている。
○馬体はまだ小さく、いかにもこれからという感じだが、父譲りのタフさが随所に垣間見れることから、これから乗り進めることでどんどん変わってくれるだろう。
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 404kg
○初期馴致を徐々に進めており、現在は背慣らしの一環として厩舎内廊下で常歩程度の乗り運動を行っている。
○馴致を継続していることでやや煩い面も見られるが、まだ幼さが抜けきっていないので致し方ないところもある。
○ただし、普段はとても大人しく、人に対して素直で、物覚えもいい性格なので馴致・調整自体はプラン通り進められるだろう。


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 397kg
体高: 156cm
胸囲: 172cm
管囲: 19cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"73.オペラセリア(プリティタイディの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門