このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

21.モレーンレイク(フリーヴァケイション)の05の近況

Posted at 07/07/15 Comment(0)»

---------------------------------

21.モレーンレイク(フリーヴァケイションの05)の近況

【楽天馬の戯言】
入厩しましたね。いよいよですね。私のコメントもこれが最後かもしれません。
馬体は充実しています。トモの筋肉はパンパンで、しかも脚の置く位置が良いですね。しっかりしている証拠です。これなら、いきなり勝ち上がりも当然あるでしょうね。
【これまでの成長過程評価:★★★★★★★】
---------------------------------
07/7/12
札幌競馬場
○11日は札幌競馬場ダートコースに入り、軽めのキャンター調整。
○「入厩後数日はスクむところが見られましたが、週末には落ち着いて、今週も問題ありませんでした。11日は私が直接跨って感触を確かめました。いいキャンターを見せてくれますし、いいモノを持っていそうですよ。若干右トモに甘さがあるものの、まだ若い馬ですし、気にならない程度です。今後は週末あたりから、ゲートからダク程度で出していく練習を行っていこうと思っています。その後の練習状況を見つつ、ゲート試験を受けていく流れになるでしょう」(小島茂師)
---------------------------------
07/7/5
札幌競馬場
○5日に札幌競馬場へ入厩。
○「5日に札幌競馬場へ入厩しました。到着した当初は微熱気味なところがありましたが、夕方厩舎に戻ってきた時は落ち着いていました。牧場でもかなり順調に乗り込んできたようですし、奥が深そうな馬だと聞いています。まずは馬の特徴を把握しつつ、ゲート合格を目指していきますが、今から楽しみですね」(小島茂師)
---------------------------------
07/7/3
NF早来
○周回でキャンター2400mの後、屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター1本。
○週2回は登坂本数を2本にし、最速ハロン13~14秒を計時。5日に札幌競馬場へ入厩予定。
○「速いところを始めてからの良化には目を見張るものがあります。厩舎長も『他馬との比較でスピードも十分で走る馬。距離の融通性もありそうで楽しみは大きい』と期待をかけています。本当に楽しみですね。馬体重は506キロです」(早来担当者)
---------------------------------
07/6/29
NF早来
馬体重: 514kg
○周回コースでハロン18秒(終いハロン17秒)のキャンター2000mの後、屋内坂路でハロン15~16秒のキャンター1本を行っている。
○また週2回は屋内坂路のみで2本目に15-15を消化している。
○6月中旬には初めてハロン13秒で登坂したが、以前より頭を下げた理想形に近いフォームで駆け上がっていた。
○芯が徐々にしっかりしてきていることで、ここ最近は馬体のシルエットにシャープさが増し、大きなアクションを実現することができている。
○なお、本馬は27日に行われた第2回産地馬体検査を受検した。今のところ7月頭の入厩を予定している。


---------------------------------
07/6/15
NF早来
○周回コースでキャンター2400mの後、屋内坂路でハロン16~17秒のキャンターを行っている。
○また週2回は登坂本数を2本に増やし、ハロン13~14秒と速目を消化している。
○「順調にきているので、6月下旬に行われる第2回産地馬体検査を受けることにしました。問題ないようであれば、札幌競馬場開場時期の7月頭あたりに入厩させて、北海道シリーズでのデビューも視野に入れています」(小島茂師)
---------------------------------
07/5/31
NF早来
馬体重:522kg
○周回コースでハロン18秒のキャンター2000mを基調に、週3回は屋内坂路でのハロン17~18秒のキャンター1本を行っている。
○隔日で坂路に入れていることもあり、幾らか馬体に緩みがあるが、身のこなし自体はとても柔らかく、伸びのあるフォームは実に見栄えがする。
○なお、本馬は6月末に行われる第2回産地馬体を受検し、早期デビューに備えることになった。


---------------------------------
07/5/24
NF早来
○早期デビューや函館・札幌競馬場への入厩を視野に入れ、今のところ6月末に行われる第2回産地馬体検査を受検する予定。
---------------------------------
07/5/15
NF早来
○屋内周回コースでのキャンター2400mを基調に週3回は屋内坂路に入り、ハロン16~17秒のキャンター1本を行っている。
○まだ本格的な調教には移行していないが、調教負荷が確実に実になっていることを証明するように、攻めを強化しながら馬体重が増加していることは好材料で、今後もいいサイクルの中で調教を行うことができそう。
---------------------------------
07/4/27
NF早来
馬体重:524kg
○屋内周回コースでハロン17~18秒のキャンター2000mを基調に、この中間から週2回屋内坂路に入り、その日の気配によってハロン17~20秒で1本登坂している。
○徐々に身体全体を使った柔軟性に富んだ走りができるようになり、大型馬らしい伸びのあるフットワークへと変貌を遂げてきた。


---------------------------------
07/4/13
NF早来
○屋内周回コースでハロン17~18秒のキャンター2100mを行っている。
○調教内容に変化はないが、連日入念な乗り込みを消化できており、牝馬らしからぬ迫力ある馬体と動きを見せている。気性はとても素直で与えられたメニューにも難なく取り組めている。
---------------------------------
07/3/30
NF早来
馬体重:510kg
○屋内周回コースでハロン17~18秒のキャンター2100mを行っている。
○ここ最近の成長は目覚しく、父の姿を思わせるような雄大な馬体造りとなってきており、特に前躯の発達が目につくようになった。
○近々、屋内坂路入りも予定しており、気温の上昇と比例して良化していく気配が濃厚な好状態をキープできている。


---------------------------------
07/3/15
NF早来
○屋内周回コースでハロン17~18秒のキャンター2100mを行っている。
○徐々に臀部に丸みを帯びてきていることから、距離はマイルくらいがよさそうで、ダート競馬に向きそうな雰囲気がある。
○気性面も着実な成長を遂げているが、時に物見をするところが残るため、常に3頭で運動を行い、改善に努めている。
---------------------------------
07/2/28
NF早来
馬体重:508kg
○屋内周回コースでハロン17~18秒のキャンター2100mを行っている。
○ペース自体にそう変化はないが、徐々に馬体が絞れてきたことで動きに余裕が感じられるようになってきた。
○実際に常歩時から四肢の送りはキビキビとしており、身のこなしに素軽さが加わってきた。


---------------------------------
07/2/15
NF早来
○屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2100mを行っている。
○ペース自体に変化はないが、明らかに馬体の使い方が変わってきた印象を受ける。
○ただし、本来の力強さにはもう一歩といった感じもあるので、今後も成長度合を見定めながら、効果的な調教負荷をかけ、更なる前進を狙いたい。
---------------------------------
07/1/31
NF早来
馬体重: 516kg
○屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2100mを行っている。
○正月休みがあったことから、馬体に余裕が見られるが、馬体重の数値ほど太目感はない。
○現時点でも柔らかな身のこなし、基礎体力にいいものがある。


---------------------------------
07/1/15
NF早来
○屋内周回コースでハロン22秒程度のキャンター2000mを行っている。
○集団調教では番手に控えるよりは、マイペースで先頭に立ち、後続をグイグイ引っ張っていく方が得意としている感じ。
○今後は成長曲線が落ち着きを見せてくるのを見計らって、ペースアップを図っていきたい。
---------------------------------
06/12/27
NF早来
馬体重: 510kg
○ここ最近は成長著しい馬体への負担を考慮し、屋内周回コースのみで軽めのキャンター2000mを継続。
○元からの素直な性格、1歳馬とは思えないような高水準の精神面を持ち合わせていることもあり、走りに対する集中力は見るべきものがある。


---------------------------------
06/12/15
NF早来
○屋内周回コースで軽めのキャンター2000m。
○軽めの調整ながら、相変わらずダイナミックかつ機敏さ溢れるキャンターを見せており、また乗り役の指示にもしっかり従い、操縦性の高さにも定評がある。
○今後は成長度合を見つつ、屋内坂路入りするタイミングを図る。
---------------------------------06/11/30
NF早来
馬体重: 513kg
○屋内周回コースを主体に軽めのキャンター2000m
○到底牝馬とは思えないような雄大な馬体をおしみなく使った動きはとてもダイナミック。
○身のこなしには俊敏さも兼ね備えている。


---------------------------------
06/11/15
NF早来
○屋内周回コースでダク600m、軽めのキャンター1500m
○父の産駒としては大柄な牝馬
○運動を進めたことで更に骨格がしっかりとし、安定感も出てきた。
---------------------------------
06/10/31
NF早来
馬体重: 510kg
○現在は放牧地で口向きを作るためにダク+屋内周回コースでダクと軽めのキャンター
○外見に似合わぬ素軽さを持ち合わせており、温和な気性と飲み込みの早さも長所


---------------------------------
06/10/13
NF早来
○ロンギ場でダクと1日1時間のウォーキングマシン調整
○現況から今後の伸び代はかなりのものがあると思われ、大きく変貌を遂げる可能性は大
---------------------------------
06/9/29
NF早来
馬体重: 489kg
○鞍付け等の初期馴致を終了
○現在は人が跨ってロンギ場でダク15~20分+1日1時間のウォーキングマシン調整
○大型馬特有の重心の高い馬体造り。
○背中、腹袋共に十分な発育を見せ、動きに重苦しさはなく、むしろシャープさが感じられる。


---------------------------------
06/9/8
NF早来
馬体重: 503kg
体高: 161cm
胸囲: 183cm
管囲: 20cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"21.モレーンレイク(フリーヴァケイション)の05の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門