このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

29.ピーカブー(マラブーの05)の近況

Posted at 07/07/21 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

29.ピーカブー(マラブーの05)の近況

【楽天馬の戯言】
これまでキャロットで募集されたマラブーの産駒の中ではこの時期一番ではないでしょうか。馬体は非常に良い感じです。まだゆるいところが随所にありますが、速い調教に入っても疲れがでているわけでもなく、ピリッとした目をして、良い感じですね。このまま15-15に進められればデビューがいよいよ見えてきますね。
【これまでの成長過程評価:★★★★★☆☆】
---------------------------------
07/7/13
NF空港
○屋外直線坂路でハロン15秒のキャンター2本を行っている。
○幾分力みは残るものの走りの質が向上しているように様々な面で成長していることは間違いない。
○神経質な気性がまだ残っているので今後も真っ直ぐ育てていくよう気をつけていきたいと思う。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:440kg
○屋外直線坂路でハロン16秒のキャンター1本を行い、週2回は登坂本数を2本に増やして乗り込んでいる。
○気合乗りが素晴らしく、常に乗り役をグイグイ引っ張っていく手応えのよさがあるが、そういった面が腰の疲れにも繋がっている可能性があるので、余計な力みが出ないよう、リラックスして走らせるように注意を払っている。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○屋外直線坂路でハロン15~16秒のキャンター1本を行い、週2回は登坂本数を2本に増やしている、
○休まず乗り込んでいることで手応えはどんどん良化しており、仕上がってくればくるほど気合が乗るタイプのようで、ここ最近はいい意味で煩い面が見られるようになってきた。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:441kg
○腰に若干の疲れが見られたため、幾分ペースを落としたこともあったが、現在ではすっかり回復し、屋外直線坂路でハロン16~17秒のキャンター2本を行っている。
○ここ最近は仕上がりも進んでいることから、スピード感溢れるいい動きを示すようになっており、この分なら比較的早いデビューも可能だろう。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内坂路と屋外直線坂路でハロン16~17秒のキャンター1本ずつを行っている。
○ゆったりとしたペースで乗り進めてきた頃は神経質な面が気になったが、最近ではそれが併せ馬での闘争心に転化され、乗り役をガンガン引っ張っていくような手応えを示している。
○馬体重の数値は小さいもののフックラとした好馬体を有していることで小さく見えることはない。
---------------------------------
07/5/2
NF空港
馬体重:433kg
○屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本を行っている。
○また週2回は周回ダートコースでハロン20秒のキャンター1800mを消化している。
○これまでは時にハミにもたれて走る癖が見られたが、調教ピッチが上がったことで今ではしっかりとハミを取り、流れるようなきれいなフォームで上手く首を使って走れるようになってきた。
○「以前見に行ったときは一度ペースを落として成長を促しているときだったのですが、またピッチを上げてからは、様々な課題はあるものの、いい具合に成長してきているようですね。小柄な割に、中身の詰まったいい体をしているし、均整のとれた馬体は好感を持てます。トレーニングを積むことによって更に弾ける走りを見せてくれそうです。近々、見に行く予定ですし、非常に楽しみにしています」(大江原師)
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:433kg
○屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本を行っている。
○週2回は周回ダートコースでハロン20秒のキャンター1800mを消化している。
○これまでは時にハミにもたれて走る癖が見られたが、調教ピッチが上がったことで今ではしっかりとハミを取り、流れるようなきれいなフォームで上手く首を使って走れるようになってきた。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本を行っている。
○乗り出し当初から矯正ポイントに挙げられていたハミ受けはだいぶ慣れが出てきたが、頭を下げすぎる癖が見られるので、今後は首を上手く使ったフォームで走れるように訓練していきたい。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:424kg
○屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本を行っている。
○ここまで休みなく乗り込めているように基礎的な体力も豊富で、ハロン16秒でも手応えに随分余裕が出てきた。ただし、神経質な面は残っており、軽めに乗っている時は行き過ぎるきらいがあるので、今後はその点を課題に挙げて調教に臨んでいく。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター2本を行っている。
○走りの質自体も徐々に良化を見せ、現状のペースにも十分対応できるものになってきた。ただし、牝馬らしい神経質な気性が時に顔を覗かせることがあるため、常に馬の気分を損ねないように注意しながら調教に臨んでいる。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:430kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1200mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○この中間、疲れが見られたため、一時期調教ペースを落としたが、すぐに改善が見られたため、元のペースに戻している。
○以前気になっていたハミ受けも継続して乗り込んでいることもあり、だいぶ良化してきた。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内坂路でハロン18秒のキャンター1~2本を行っている。
○父の産駒としては細身ですが、これから筋肉がついてきそうな馬体造りで、新陳代謝が進む春以降にガラッと変わってきそうな雰囲気がある。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 419kg
○屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○元から勝気な気性で今でも馬房内で壁を蹴ったりしているが、それでも以前よりは自分の気持ちをコントロールできるようになって来ている感じ。
○2歳馬の中でもハロン18秒のキャンターは速い方で、このあたりからも潜在的な基礎体力の高さを垣間見ることができる。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内坂路でハロン19~20秒のキャンターを行っている。
○馬体全体に力がついてきており、坂路ではかなりの行きっぷりを見せている。
○勝気な気性も徐々に抑えが利くようになってきたが、あまり抑えつけてしまうとストレスが溜まる原因となってしまうので、今後もソフトに接し、良好な精神面の成長を促していきたい。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 416kg
○屋内坂路でハロン20秒のキャンターを行っている。
○ハロンペースはこの時期としては速いものだが、全く堪えた様子はなく、このところの基礎体力の底上げには著しいものがある。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20秒のキャンターを行っている。
○他馬に比べて気が強く、時折元気を持て余すような仕草があるが、それが前向きな走りに活かされているようだ。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 415kg
○このところの成長にはいいものがあり、ドンドン乗り進めている。
○屋内坂路でハロン22秒程度のキャンター
○自らしっかりとハミを取って軽快な走りをするようになってきた。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○屋内坂路で軽めのキャンターを連日消化
○課題だったハミ受けにも進展が見られる。
○まだ幼い面は残るが、着実なステップアップを踏めている。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 413kg
○中間から馬場入りを開始。現在はウォーキングマシン調整+周回コースでダクと軽めのキャンター
○馴致調教の際は幾分気の悪さが見受けられたが、慣れてきてからは素直に走っている。


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○厩舎内廊下で常歩
○放牧地での走りから卓越したスピード能力が感じられ、柔軟な脚元から繰り出される安定感のある歩様には優れた瞬発力を感じる。
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 405kg
○ロンギ場での背慣らしを経て、現在は厩舎内廊下での常歩
○やや我の強い性格の持ち主でスタッフが手を焼くシーンも時にあるが、学習能力がとても高い。


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 398kg
体高: 155.5cm
胸囲: 175cm
管囲: 19.2cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"29.ピーカブー(マラブーの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門