このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

31.チョコクランチ(ホッカイカレンの05)の近況

Posted at 07/07/21 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

31.チョコクランチ(ホッカイカレンの05)の近況

【楽天馬の戯言】
この馬もデビューですね。これが最後のコメントになると思います。
当初母の繁殖ポテンシャル診断で、「母は、繁殖としてはこれからの馬です。現役引退後あまり期間を経ていない点はマイナスなのですが、あまり使われていないということでそれほどのマイナスではない気がします。母父サクラバクシンオーのBMSとしての可能性にも注目です。」というコメントをつけましたが、実際にこの時期に産駒がデビューできるということは、ポテンシャルはある程度高いと思って良いですね。母は、これからの繁殖ですから、本馬ももちろんですが、兄弟にもこれから活躍馬が出てくる可能性は十分にありますね。まずは、チョコクランチにしっかり勝ち上がってもらいましょう。
【これまでの成長過程評価:★★★★★★★】
---------------------------------
07/7/18
田中清厩舎
○18日は美浦南Dコースでの追い切り(65秒8-51秒6-38秒9-13秒3)。
○「今朝もいつものように坂路で追い切る予定でしたが、馬場があまり良くなかったのでDコースで追い切りました。全体で68秒くらいの時計を馬なりで出せていましたし、いい動きを見せれくれていますね。体調面も安定しているので、今の感じなら新潟の最終週あたりでデビューできるかもしれません。状態を見ながらになりますが、4週目を目標に取り組んでいきたいと思います」(田中清師)
○今のところ8月4日の新潟競馬(2歳新馬・芝1400m)を目標に調整されている。
---------------------------------
07/7/12
田中清厩舎
○11日は美浦坂路での追い切り(54秒3-40秒1-26秒9-13秒2)。
○「今週もまずまずの時計を出しましたし、動きも悪くなかったですね。スクミも変わらず見せていませんし、ここ数週間体調が落ち着いているのはいいことだと思います。ただし、急がすことは良くないと思いますし、今後も慎重に進めていきます」(田中清師)
---------------------------------
07/7/4
田中清厩舎
○4日は美浦坂路での追い切り(55秒8-40秒8-26秒9-13秒3)。
○「スクミが出た当初は、馬もけっこうキツそうでしたが、今はすっかり落ち着いています。実際に先週の週中と週末に時計を出した後は問題ありませんでした。今週は4日に追い切りましたが、動きはまずまずです。ただし、体質面の弱さが解消されたわけではないので、今後も特に調教後の状態をしっかり見ながら取り組んでいくことになるでしょう」(田中清師)
---------------------------------
07/6/27
田中清厩舎
○ 27日は美浦坂路で15-15程度。
○「元々素直な馬なので、すぐにゲートは合格できると思っていましたが、その期待通りに受かってくれました。今はレースに向けて徐々に負荷を増やしていますが、坂路で15-15程度を行った後にスクミの症状が出てしまいました。以前から、そのような気配はあったのですが、やはりまだ体質面で若干の弱さが残っているようですね。今後も焦らせないようにして、じっくり取り組んでいくことにします」(田中清師)


---------------------------------
07/6/22
田中清厩舎
○22日にゲート試験合格。
---------------------------------
07/6/20
田中清厩舎
○20日はゲート練習と美浦坂路での軽めのキャンター調整。
○「馬の状態を把握しながら調整を行っています。入厩当初は若干神経質なところが見られましたが、調教を重ねても変にカリカリするところはないですし、割と素直なタイプのように思えます。環境に慣れるのも早かったですし、輸送で減った体もすっかり回復しました。この後はゲートを中心にした調教を重ね、徐々に進めていきたいと考えています」(田中清師)
---------------------------------
07/6/14
田中清厩舎
○14日に美浦入厩。
○「14日に入厩しました。牧場でも順調に乗り込めていましたし、動きからトレセンでの調整ができそうだったので早期入厩の運びとなりました。まずは馬の状態を把握していく必要があるので、じっくり進めていきます。当面はゲート合格が目標になります」(田中清師)
---------------------------------
07/6/12
山元TC
○12日に山元トレセンへ移動。
○14日に美浦入厩予定。
○「輸送熱もなく、順調に輸送をこなせたようです。14日の入厩に向けて明日には出発する予定なので、こちらでは体調の維持に努めるだけです」(山元担当者)
---------------------------------
07/6/11
山元TC
○入厩前調整のため、11日に山元トレセンへ移動。
○14日に美浦入厩予定。
○「ここ最近は速めのところを継続していることで太めは解消されつつあります。動きも良化し、ハロン14秒でも余裕たっぷりの走りを見せています。気性も素直ですし、父に似た部分も多いので距離の融通性は結構ありそうです。すぐに動かせる態勢までもってこれたので、トレセンでもスムーズに調教を行えるでしょうし、夏競馬でのデビューも十分可能だと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:440kg
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2000mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行っている。
○また週1回は坂路でのペースを14-14まで上げているが音を上げることなく、しっかりとした脚取りで楽々と登坂できている。
○まだ太め残りだが、速めのペースを難なく消化できているように仕上がり状態はよく、それに耐えられるだけの体力をつけつつある感じ。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
屋内周回でキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行い、また週2回は屋内坂路でハロン14秒を計時しています。速めのところを継続していることで走りの質が向上し、ここ最近は乗り役の指示に瞬時に反応できる高い完成度を示しています。まだ多少の余裕が残る馬体造りですが、速めの調教を開始すればすぐにすっきりとしてきそうなタイプなので、早期デビューも十分視野に入れられるでしょう。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:442kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、また週2回は屋内坂路で15-15を継続している。
○基礎固めの冬場のトレーニングも問題なく消化でき、体調面も脚元も高い次元で推移している。
○牝馬とは思えないほどのどっしりとした性格で、15-15を重ねても全く堪えた様子はない。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、週2回は屋内坂路で15-15を消化している。
○時計を詰めた調教を重ねることでこれまで以上に筋肉が盛り上がってきており、いかにも競走馬らしくなってきた。
○ここ最近は気負いすぎることもなくなり、グイグイ前へ押し出すいい気合を見せるようになってきた。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:434kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、週2回は屋内坂路で15-15を消化している。
○速めのキャンターを開始した後も元気いっぱいで良好な体調を維持しており、競走馬に必要な基礎体力が出来つつあることが分かる。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○普段から何事においても前向きの見られる馬で、調教にも真面目に取り組んでいる。
○乗り込みが浅いこともあり、馬体全体がすっきりしているとは言い切れないが、弛みなく乗り込んでいることから徐々に絞れてきた感じ。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:425kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○以前は真面目すぎるが故に気負いが目立っていたが、乗り運動に慣れが出てきたことで、乗り役とのコンタクトも上手くなり、だいぶリラックスして走れるようになってきた。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内周回コースと屋内坂路を併用し、屋内周回ではハロン25秒のキャンター1200m、屋内坂路ではハロン20-18秒のキャンター1本を行っている。
○調教中に見せる力みは徐々に解消してきており、走るフォームは徐々に良化している。
○気持ちの高揚や飼葉喰いの減退は見られないので、今後も順当にペースを上げていくことができるだろう。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 430kg
○屋内周回コースと屋内坂路を併用し、屋内周回ではハロン25秒のキャンター1200m、屋内坂路ではハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○真面目に調教に取り組んでいるが、幾らか力んで走る傾向にあるので、今後は力みを取ることが課題となるだろう。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mを行っている。
○またこの中間からスクーリング程度に屋内坂路に入れている。
○当初懸念されていたペースアップに伴う気性面の煩さが見られないことは好印象。
○飼葉喰いがいいことから、馬体の細化もなく、日に日に成長していることがしっかりと感じられる。
○今伸び盛りの一頭。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 427kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mを行っている。
○今何をすべきかを理解できる優等生タイプで、調教の積み重ねで上手く馬体が使えるようになってからは、自ら積極的にグイグイと走るようになった。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1200mを行っている。
○現時点では落ち着いて調教に臨むことができているが、スペシャルウィーク牝馬ということもあり、ペースアップと同時にカリカリしたところが見られるようになると思うので、今後はその点に注意した調整を行っていく。
---------------------------------06/11/30
NF空港
馬体重: 431kg
○この中間から馬場入りし、屋内周回コースで軽めのキャンター800m
○普段も運動時も大人しく、とても人当たりのよい馬。
○短期間で馴致をマスターしたように頭の賢さは群を抜くものがある。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○空港牧場の環境にもすっかり慣れ、順調に馴致調教を開始。
○現在は厩舎内での馴致を済ませ、厩舎周りで常歩を実施。
○普段から悪さ一つしない優等生タイプ。
---------------------------------
06/11/9
NF空港
○この中間に空港牧場へ移動。
---------------------------------
06/10/31
NF-Y
馬体重: 442kg
○夜間放牧+1日30分のウォーキングマシン調整
○育成厩舎へ移動する前段階として帯締めと背中にダルマ(馴致用の布製の鞍)を載せている。
○飼い喰いも良好で夏場は幾らか寂しく見えた馬体もだいぶフックラ見せるようになってきた。


---------------------------------
06/10/13
NF-Y
○ウォーキングマシン調整+背慣らし+放牧
○ボリューム感溢れる馬体は筋肉質ながら柔軟性に富んでおり、肩の出が大きな力強い掻き込みと安定感ある脚捌きでグイグイ前へと伸びていく。
---------------------------------
06/9/29
NF-Y
馬体重: 430kg
○NFイヤリング在厩。430㌔。
○ウォーキングマシン調整+背慣らし
○併行して夜間放牧
○放牧の効果で馬体造りはとてもしっかりしてきている。


---------------------------------
06/9/8
NF-Y
馬体重: 424kg
体高: 148cm
胸囲: 177cm
管囲: 20cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"31.チョコクランチ(ホッカイカレンの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門