このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

32.アーリーレナ(ノンストップラブの05)の近況

Posted at 07/07/21 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

32.アーリーレナ(ノンストップラブの05)の近況

【楽天馬の戯言】
骨折の回復具合はまずまずのようですね。馬体はそれほどゆるんでおらず、調教を開始したら、そう時間もかからず戻ってくるでしょう。まずは、調教ができるようになるまで、しばし辛抱ですね。
【これまでの成長過程評価:★★☆☆☆☆☆】
---------------------------------
07/7/13
社台F
○1日2回のウォーキングマシン運動を行っている。
○左トモ脚脛骨の骨折箇所は順調に回復しているが、外見上依然として腫れが残っているので乗り運動の再開には至っていない。
○加重がかかる箇所の骨折ということもあり、今しばらくはマシンのみで更なる回復を促し、夏場の乗り運動開始に繋げていきたい。
---------------------------------
07/6/29
社台F
馬体重:430kg
○適度な運動を行っていることで体調自体はいい意味で安定している。
○現在は1日2回のウォーキングマシン運動を行っている。
○レントゲン検査で骨折箇所は確実に良化しているが、患部の腫れはまだ残り、見た目にはそう変わってこない感じ。
○ここまでの経過を見ると腫れは今後も慢性的に残る可能性もあるため、現状からそう変化はなくとも骨の付き具合をレントゲンで確認した上で夏場に乗り運動を開始することになるだろう。


---------------------------------
07/6/15
社台F
○1日2回のウォーキングマシン調整を行っている。
○左トモ脚脛骨の骨折箇所の腫れは確実に引いてきているが、幾分回復のスピードが遅い感じがする。
○ただし、レントゲン検査ではいい回復が見られるので夏場には乗り運動を再開できると見込んでいる。
---------------------------------
07/5/31
社台F
馬体重:430kg
○左トモ脚の骨折箇所の腫れもだいぶ引いてきたように経過は良好で、現在は1回30分のウォーキングマシンを1日2回行っている。
○今後は定期的にレントゲン検査を行い、ウォーキングマシンを継続するか、アエロホースを取り入れるか検討を行っている。
○乗り運動の開始はおおよそ8月くらいを予定している。


---------------------------------
07/5/15
社台F
○舎飼休養を行っている。
○手術を行った左トモ脚の骨折箇所も順調に回復し、腫れ自体もだいぶ治まってきた感じ。
○この分ならそう遠くなく、曳き運動を開始することができるだろう。
---------------------------------
07/4/26
社台F
馬体重:423kg
○定期のレントゲン検査を行ったところ、骨折箇所の周囲に小さな骨片があることが判明。
○「これまでの経過観察で思ったよりも腫れが引かなかった原因とも考えられます。25日に骨片摘出手術を行い、無事終了しました。従来の骨折箇所は順調に融合しています。これで腫れが引いてくれば2週間後くらいから曳き運動を開始できるでしょう」(社台担当者)


---------------------------------
07/4/13
社台F
○この中間も左トモ脚脛骨の骨折を考慮し、舎飼休養しています。痛みはさほどないようだが、患部の腫れが残る。
○現状を見ると、あと2~3ヶ月は様子を見る必要がある。
---------------------------------
07/3/30
社台F
馬体重:421kg
○左トモ脚脛骨に負った骨折を考慮し、舎飼にて休養している。
○休ませている割に馬体重が減っているが、これは脚にかかる負担を軽減するため、飼葉を調整していることに起因しているので心配は要らない。
○今のところ4月くらいまでは休養させ、その上でレントゲン検査を行い、その後の調整方法を検討していくことになる。


---------------------------------
07/3/15
社台F
○右飛節上部に負った骨折のため舎飼休養を行っている。
○腫れは徐々に曳いてきている感じだが、まだ経過期間が短いこともあり、完全休養となっている。
○回復具合にもよるが、1ヵ月半~2ヵ月後に運動を開始できればと思っている。
---------------------------------
07/2/28
社台F
○舎飼休養。
○競走能力に何ら問題ないが、骨折箇所が飛節上部ということで慎重に対応している。骨折は軽度でごく僅かにヒビが入った程度。今後は2ヵ月後くらいを目処に曳き運動を開始しようかと思っているが、これはあくまでもレントゲン検査の結果次第となる。(社台担当者)


---------------------------------
07/2/13
社台F
○10日の調教後、歩様に乱れが見られたため、レントゲン検査を行った結果、左飛節頚骨を骨折していることが判明。
「レントゲン検査で飛節上部の骨折が判明しました。現在、経過観察中ですが、手術は行わず、自然治癒を目指すことになりそうです。まだ全治等ははっきりしませんが、部位的に3~4ヶ月は休養させる必要がありそうです」(社台担当者)
---------------------------------
07/1/31
社台F
馬体重: 428kg
○これまで直線ダートコースでの乗り込みを進めてきたが、小柄な馬体を考慮し、この中間は緩急をつけた調整を行っている。
○現在は周回コースでダク1200m、軽めのキャンター2500mを行っている。
○若干ペースを落とした形ですが、継続した乗り込みを行えているように体調自体はとても良好。


---------------------------------
07/1/15
社台F
○周回コースでダク等の前運動を行った後、全長1000mの直線ダートコースでハロン20秒のキャンターを行っている。
○安定した乗り込みを行っているが、まだ馬体に幼さが残っている。ただし、現状から体高ももうひと伸びありそうで、随所に成長の余地が残されている。
○今後もしっかりと正しい負荷をかけて、全体的に幅を持たせていきたい。
---------------------------------
06/12/27
社台F
馬体重: 422kg
○周回コースでダク等の前運動を行った後、全長1000mの直線ダートコースでハロン20秒のキャンターを行っている。
○ペースが上がっても精神面は安定しており、常に落ち着いて調教に臨めている。
○まだ線の細さは見られるものの体型的にまだ伸びしろを感じられるので、今後もいい負荷をかけて良好な成長を促していく。


---------------------------------
06/12/15
社台F
○放牧地での自由運動+周回コースでのハッキング1500m
○馬体は数字が示す通り現状軽めの造り
○しかし、飼葉喰いがとてもよいことから、運動負荷をかけていくことで幅がでてくるだろう。
---------------------------------
06/11/30
社台F
馬体重: 416kg
○放牧地での自由運動+周回コースでのハッキング1500m
○前向きな気性で乗り運動は難なく進み、間もなく直線ダートコースでの調教を開始する予定。


--------------------------------
06/11/15
社台F
○ブルーグラスFで初期馴致をしっかりこなしていたため、移動後も与えられたメニューを難なくこなす
○現在は馬場でダクを踏んでいる。
○まだ馬体が小さいため、一気のペースアップはせず、着実に基礎体力を養うメニューを組んでいく。
---------------------------------
06/10/31
社台F
馬体重: 420kg
○10月26日に社台Fへ移動
○毎日ウォーキングマシン調整
○馬体が小さめの造りなので、精神面で必要以上に追い込まないように用心しながら馴致を進める。


---------------------------------
06/10/13
社台ブルーグラスF
○放牧と帯締め、サイドレーンを装着してのウォーキングマシン調整
○まだ線の細さが目立つ馬体造り
○日高ではできるだけ放牧を行う。
---------------------------------
06/9/29
社台ブルーグラスF
馬体重: 422kg
○夜間放牧を継続中
○日中は初期馴致を進めており、現在は帯締め、サイドレーンを装着してのウォーキングマシン調整
○元から素直な気性ということもあり、すんなり物事を受け入れている。


---------------------------------
06/9/8
社台F
馬体重: 410kg
体高: 150cm
胸囲: 167cm
管囲: 19.8cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"32.アーリーレナ(ノンストップラブの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門