このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

33.ヘディキウム(ジンジャーリリーの05)の近況

Posted at 07/07/21 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

33.ヘディキウム(ジンジャーリリーの05)の近況

【楽天馬の戯言】
左前脚の調子が良くないようで、また調教ペースを落としています。
疲れがどっと出たりして、どうも体調が安定しませんね。もうしばらくは辛抱のようです。
【これまでの成長過程評価:★★☆☆☆☆☆】
---------------------------------
07/7/13
NF空港
○ウォーキングマシンのみの調整を行っている。
○一時期人を背に運動を行っていたが、左前脚の違和感が見られたため、再度マシンのみとしている。
○馬体全体の疲れも感じられるが、左前脚の深管に痛みがあるようなので、今後はショックウェーブをあてて、回復を促していく。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:434kg
○疲れから来る左前脚の歩様の乱れがあったため、ウォーキングマシンで様子を見てきたが、歩様も安定してきたので乗り運動を再開している。
○現在は屋内周回コースでダク400m、ハロン25秒のキャンター1000mを行っている。
○まだ絶好の覇気の感じられる動きとまではいかないが、現状を見る限り、日一日とその状態に近づいてきている感じ。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○この中間から毎日、屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を行うまで進めていたが、身体に疲れが溜まったようで左前脚の歩様に違和感が生じた。
○現在はウォーキングマシンのみを行い、疲れを癒すことに専念している。
○ペースを上げていた際は覇気の感じられる絶好の動きを示し、見た目にも筋肉の盛り上がりが出て成長著しい状態だっただけに乗り運動の休止は残念だが、歩様も徐々に解消してきているので、そう遠くなく乗り運動を再開できるだろう。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:429kg
○両前脚と右後脚のソエも治まり、現在は屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っている。
○まだ速めのキャンターを行っていないこともあるが、イライラする様子は全く見られず、常に落ち着いて調教に臨むことができている。
○週を追う毎に脚捌きが良化し、大きなストライドを実現できており、一段と馬体を大きく見せるようになってきた。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っている。
○両前脚と右後脚のソエは落ち着いており、登坂本数を2本に増やした後も順調に乗り進めることができている。
○乗った感じは力強く、伸びのあるキャンターをしており、数字以上に大きく感じさせるタイプ。
○現時点では他馬に遅れをとっているが、本馬の豊かな成長力をもってすれば、すぐに追いつき、追い越してしまう感じがする。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:433kg
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路にも入れて、ハロン17~18秒のキャンター1本を行っている。
○ここまでは絶対的な運動量が不足していたことでキャンターを行うとすぐに前脚に疲れが見られたが、ここ最近はしっかりと負荷をかけていることで、そういった面はなくなった。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内周回コースでダク400m、キャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本をプラスして乗り込んでいる。
○ここまで線の細さが目立つ馬体造りだったが、最近は筋肉にメリハリが出て、毛ヅヤも冴え渡っていることから、実際の馬体重よりも大きく見せるようになってきた。
○普段からとても柔らかい動きをしているように、随所にこれは、と思わせるような要素が出てきたので、馬体に一本芯が通ってくれば面白い存在になってくるだろう。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:424kg
○屋内周回コースでのダク400m、キャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路でのハロン18秒のキャンター1本を付加して乗り込んでいる。
○調教ペースは他馬よりゆったり目ですが、冬場の入念な乗り込みが功を奏し、集中力の素晴らしい向上等、着実なレベルアップが見て取れる。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内周回コースでダク400m、ハロン25秒のキャンター1600mを行い、週3回は屋内坂路でハロン20秒程度のキャンター1本を行っている。
○走りには徐々に柔らかさが出てきたが、これまでの運動量が少ないことから、しっかりとした脚取りとまではいかない感じ。
○ただし、常に真面目に調教に臨む姿勢を見せていることから、ペースを上げていけば自ずと走りの質は向上してくるだろう。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:434kg
○屋内周回コースでダク400m、ハロン25秒のキャンター1600mを行っている。
○馬体重が増加しているように身体はだいぶ大きくなってきたが、筋肉のつき方にまだ物足りなさがあり、線の細さを感じる。
○右前脚に若干の疲れが残っていることもあり、今後もゆったりとしたペースアップを図っていく。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内周回コースでダク400m、ハロン25秒程度のキャンター1600mを行っている。
○右前脚にまだ若干の疲れが見られるため、ハロンペースを変えず、少々の距離延長で対応している。
○成長はまだまだといった感じでトモが薄い等、心身ともに伸びしろはたっぷりある感じ。小柄でそう筋肉量が多くない馬体造りは父の走る産駒の特徴でもあるので、今後もじっくり時間をかけて素質を引き出してあげたい。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:422kg
○屋内周回コースでダク400m、ハロン25秒程度のキャンター1200mを行っている。
○右前脚に見られた疲れは徐々に抜けつつあるが、大事を取って今しばらくはスロー調整に終始する。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○右前脚に見られた疲れは徐々に解消してきてはいるものの、まだ完全ではないため、ペースアップせずに乗り込んでいる。
○現在は屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター800mを行っている。
○まだ余裕があるのか、遊びながら走ったり、馬房内でバタバタしたりと気性面に幼さを見せている。
○トモはまだ寂しく映るが、肩や首回りにはいい筋肉がついてきており、順調な成長過程を踏んでいることがありありと分かる。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 413kg
○屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター800mを行っている。
○右前脚に疲れが溜まっている印象を受けるため、ゆったりとしたペースで進めているが、乗り始めた馬によく見られる症状なのでそう心配は要らないだろう。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○初期馴致も問題なく消化し、現在は屋内周回コースでダク400mを開始した。
○馬場入りしてからも飼葉喰いは良好で健康面に翳りはないが、まだ全体的に頼りないところが残っている。ただし、随所に成長の余地を残していることから、調教を重ねていけば自ずと逞しさが増してくるだろう。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 407kg
○以前はチャカつくシーンが見られたが、ここ最近は落ち着きを見せており、厩舎内での初期馴致も問題なくクリアできた。
○現在は人が背中に跨り、ロンギ場でダクを踏んでいる。
○乗り運動の最中は無駄な動きがなく、乗り役からは扱い易いと評判になっている。


---------------------------------06/12/15
NF空港
○パドック放牧+1日60分のウォーキングマシン調整+馬房内で背慣らし馴致
○環境に慣れ、徐々に平静を取り戻してきた感じ。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 420kg
○環境に慣れないのか、落ち着かない仕草が見られる。
○徐々に大人っぽい面も見せるようになってきた
○現在はパドック放牧、1日60分のウォーキングマシン調整、馬房内での簡単な背慣らし。


---------------------------------
06/11/15
NF空港

現在は環境に慣らすため、パドック放牧とウォーキングマシンを行っています。まだ落ち着かない様子ということもあり、馴致調教を開始するには至っていませんが、徐々に環境への慣れが出てきている様子ということもあり、近日中に馬房内で背慣らし等を開始する予定です。
---------------------------------
06/11/8
NF空港
○8日に空港牧場へ移動。
---------------------------------
06/10/31
早来F
馬体重: 425kg
○放牧+ウォーキングマシン調整
○父の産駒特有の小柄で華奢な馬体
○放牧地で俊敏な脚捌きを見せている。


---------------------------------
06/10/13
早来F
○放牧+ウォーキングマシン調整
○前向きで活動的な芯の通った気性
○今後はもう少々成長を促した上で空港牧場へ移動し、馴致調教を開始する予定。
---------------------------------
06/9/29
早来F
馬体重: 422kg
○毎日放牧とウォーキングマシン調整
○ステイゴールド産駒らしい小柄な馬体には素軽さが満ち溢れている。
○ひと夏越したことで実の入りも良くなってきている。


---------------------------------
06/9/8
早来F
馬体重: 400kg
体高: 152cm
胸囲: 170cm
管囲: 18.2cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"33.ヘディキウム(ジンジャーリリーの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門