このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

35.マゼラン(ポトリザリスの05)の近況

Posted at 07/07/21 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

35.マゼラン(ポトリザリスの05)の近況

【楽天馬の戯言】
脚元は芝馬のそれなのに、馬体自体はダート馬のようなボリューム感ですね。580キロは競走馬の馬体重ではありません。550キロを切るくらいまでは、牧場でも早いところはやらないでしょう。それにしてもこの馬体重は、ポトリザリスの産駒の中ではちょっと異例ですね。硬い日本の馬場にあっては、かなり脚に負担がかかると思います。
【これまでの成長過程評価:★★★★☆☆☆】
---------------------------------
07/7/13
NF早来
○周回コースでハロン18秒のキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○ここまでは大柄な馬格を考慮し、脚元に優しい調整を行ってきましたが、上体の成長と比例するようにだいぶしっかりしてきた感があるので、夏場に向け思った通りのペースアップを行うことが出来そう。
○また無駄な脂肪を蓄えないように常歩の時間を長めに取る等、トータルの運動時間を増やし、馬体を絞っていきたい。
---------------------------------
07/6/29
NF早来
馬体重:580kg
○周回コースでハロン18秒のキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○調教負荷を増やしているが、馬体重が増加傾向にあるように前月よりもより大柄な馬体造りとなった。しかし、動きは機敏さを増しており、またトモの力強さが出て、この血統特有のバネのあるキャンターが実現できるようになってきた。


---------------------------------
07/6/15
NF早来
○周回コースでハロン20秒のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター1本を行っている。
○ここ最近はトモの成長も著しく、馬体に見合った力強いフットワークを繰り出せるようになった。
○かなりの大型馬ながら着実に馬体重は減少しており、見た目も引き締まってきた。
---------------------------------
07/5/31
NF早来
馬体重:556kg
○周回コースでハロン20秒のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○徐々にペースを上げていることがいい効果を生み出しているようで、ここ最近は動きに機敏さが出てきており、乗り味に柔らか味が出てきた。


---------------------------------
07/5/15
NF早来
○屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○馬体重は増加傾向にあるが、その割に見た目に腹回りが絞れ、トモに良質の筋肉がついている。
○大柄な上体を支える脚元も、徐々に安定感が増してきた。
○これからの時期はいい汗をかき、減量も進むと思うが、とにかく大柄な馬なので、迫力ある動きを維持しつつ、じっくり進めていくことになる。
---------------------------------
07/4/27
NF早来
馬体重:560kg
○屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1200~1500mの後、屋内坂路でハロン19秒のキャンター1本を行っている。
○工夫した調整を行っていることでスムーズな成長が続いており、動きに柔らか味が出たことでフットワークにも良化が見られ、リズミカルに首を上下できるようになった。


---------------------------------
07/4/13
NF早来
○屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1500mの後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○馬体の成長が著しく、特に体高が伸びてきている感じ。
○上体の成長のみに目が行きがちだが、それを支える脚部の安定性にも重きを置いていきたい。
○今後も馬の成長を阻害しないようにバランスの取れた緩やかなペースアップを図っていく。
---------------------------------
07/3/30
NF早来
馬体重:544kg
○屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1500mの後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○以前は前躯だけで走るフォームだったが、ここ最近は身体全体を上手く使って走れるようになる等、着実に前進している。


---------------------------------
07/3/15
NF早来
○屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1500mの後、屋内坂路でハロン20秒のキャンターを行っている。
○まだ成長途上の感はありますが、継続して乗り進めていることで調教中の集中力が増している。
○走法も変化を遂げ、頭をグッと下げた理想的なフォームを見せるようになり、乗り味に柔らかさが出てきた。
○今後も成長度合に併せた調教を課し、良好な成長を促していく。
---------------------------------
07/2/28
NF早来
馬体重:542kg
○屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1500mの後、屋内坂路でハロン20秒程度のキャンターを行っている。
○このところの馬体重の推移からも今だ成長期にあるといえるが、馬体造りに太め感はそうなく、欲を言えば更にトモ脚に筋肉がついてくればといった感じ。


---------------------------------
07/2/15
NF早来
○屋内周回コースでハロン22秒のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン19秒のキャンター1本を行っている。
○ペースアップと並行するように走りに対する前向きさが出て、首を上手く使った安定感あるフォームを繰り出せるようになってきた。ただし、本当に良くなるのはまだまだ先と思われるので、冬場は基礎固めに重点を置き、乗り進めていくことになる。
---------------------------------
07/1/31
NF早来
馬体重: 536kg
○屋内周回コースでハロン22秒のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○馬体重は増えているが、いい負荷がかかっていることを証明するように馬体は幾分スッキリしてきた。
○トモの張りもよく、同時期の兄よりも逞しく力強いものとなっている。


---------------------------------
07/1/15
NF早来
○屋外周回コースでダク800mを行った後、屋内坂路でハロン24秒のキャンター1本を登坂している。
○成長期真っ只中ということもあり、幾分加減した調整となっているため、かなり余裕残しの馬体造りではあるが、ここにきての腰周りの張りなどはさすが血統馬と思わせるものがある。
---------------------------------
06/12/27
NF早来
馬体重: 532kg
○屋外周回コースでダク800mを行った後、屋内坂路でハロン25秒のキャンター1本を登坂している。
○この時期の半兄クルサードと比べると幾らか煩さがあるが、男馬らしいいい気の強さと捉えている。
○今後も馬体に一本芯が通るようになるまでは、ゆったりとしたペースで基礎を作っていくことになる。


---------------------------------06/12/15
NF早来
○屋内周回コースでダクのみ
○軽めの調製ながら父の影響からか、パワータイプの競走馬へと成長を遂げており、常歩でも乗り役が抑えるのに苦労するシーンに遭遇することもしばしば。
○ドンドン進めたいところですが、まだ馬体に緩さがある。
---------------------------------
06/11/30
NF早来
馬体重: 520kg
○今がまさに成長期の真っ只中。このため、やや手控えた調教を行っている。
○現在は毎日、屋内周回コースでダクのみを消化
○馬体はダクのみということもあり幾らか太めが残るが、一ヶ月前に比べると明らかに背丈も伸び、成長を感じられる。


---------------------------------
06/11/15
NF早来
○屋内坂路と屋内周回コースを併用し、ダクを踏んでいる。
○とても素直な学習能力の優れた馬で、また大型馬の割にはきびきびとした動きを見せており、ダクのフットワークには大きさを感じる。
○現状、著しい成長期に入っている感があるので、意識的にペースを抑え目に乗り進めている。
---------------------------------
06/10/31
NF早来
馬体重: 512kg
○日によって強弱をつけた調整を行っている。
○現在は屋内坂路と周回コースを併用しダク
○これまでは腹回りに余裕が見受られたが、飼料管理や適度な負荷で理想的な体型に変化してきた○特に乗り役を背に運動を開始してからはトモに良質の筋肉が付いてきた。


---------------------------------
06/10/13
NF早来
○厩舎内廊下で常歩からダク+1日1時間のウォーキングマシン調整
○父の影響もあり、母の産駒としては今までにない馬格の持ち主となったが、端整な顔つきと奥行きのある体型が醸し出す雰囲気には大物感が漂う。
---------------------------------
06/9/29
NF早来
馬体重: 489kg
○素直な性格なこともあり、初期馴致はスムーズに進んだ。
○現在は厩舎内廊下で常歩からダク+1日1時間のウォーキングマシン調整
○歩行時の首や馬体全体の使い方が上手で大型馬特有の重苦しさは皆無。


---------------------------------
06/9/8
NF早来
馬体重: 486kg
体高: 168cm
胸囲: 184cm
管囲: 20.5cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"35.マゼラン(ポトリザリスの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門