このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

39.グレースチャーチ(チャールストンハーバーの05)の近況

Posted at 07/07/21 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

39.グレースチャーチ(チャールストンハーバーの05)の近況

【楽天馬の戯言】
いろいろあって調教ペースは抑え気味で進められていますが、馬体は相変わらず良い状態を保っています。ちょっと背腰が弱そうなのは、調教ペースが上がらないことと関係あるのだと思います。
坂路でバンバン乗れるようになってくれば、背腰にも筋肉がついてくるでしょう。
歩様はちょっと心配ですね。
【これまでの成長過程評価:★★☆☆☆☆☆】
---------------------------------
07/7/13
NF空港
○口内の傷は治ったが、キャンターに行く前にダクを行うとやや歩様に違和感があるため、現在はウォーキングマシンにペースを落としている。
○念のためその原因があると思われる左前膝のレントゲン検査を行ったたが、異常は見られなかった。
○ただし、原因の特定ができていないので、いましばらくは乗り運動を休止し様子を見ていくことになる。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:454kg
○四肢のソエもほぼ治まり、一時期、屋外直線坂路でハロン16秒程度まで進めていたが、程度は軽いものの口内に傷を作ってしまったこともあり、現在はややペースを落とし、周回コースでダク400m、ハロン20秒程度のキャンター2000mを行っている。
○傷自体は順調に回復し、乗り運動を行うに問題ないが、完治するまではハミをかけすぎないように注意していく。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター1本と屋外直線坂路でハロン18~20秒のキャンター1本を行っている。
○四肢のソエはまだ残るが症状は安定しており、乗り進めるに何ら問題ない。
○相変わらず走りに対して前向きな面を示しており、心身ともに充実期に入ってきている感じなので、今後も徐々に直線坂路での運動量を増やし、仕上げを進めていくことになる。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:451kg
○屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター1本と屋外直線坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○一時は治まっていたソエが再度四肢に出てきたため、乗り運動と併行して水冷、ショックウェーブ等の治療を行っている。ただし、程度は軽く、日々の調整に支障をきたすことはない。
○ここ最近は気持ちの面の充実が著しく、少し乗っただけでも前に進みたがるところがあるので、抑えるのに苦労することがしばしばある。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内坂路と屋外直線坂路でハロン17~18秒のキャンター1本ずつを行っている。
○少しずつ調教負荷を増やしているが、ソエをそう気にする素振りは見られず、安定したキャンターができている。
○走りからはスピードを武器に勝負するタイプであることが窺え、2歳戦から楽しめそうな雰囲気が出てきた。
○大変真面目な性格で乗っていても見た目通りの力強い動きを感じることができ、速めを乗り出す時期が今から楽しみ。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:451kg
○この中間、ソエが気になり、幾分ペースを抑えた時期もあったが、大事には至らず、再度ペースアップを図っている。
○屋内坂路ではハロン17秒前後のキャンター1本、周回ダートコースではハロン20秒のキャンター1800mを行っている。
○乗り進めながら馬体重が増加傾向に転じたことは好ましく、筋肉量が増しており、一段と見栄えのする馬体造りとなってきた。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本を行っている。
○ペースこそ変わらないが、走りに対する集中力も増しており、他馬を気にして怯んだり、物見をすることもない。
○馬体重は減少傾向にあるが、飼葉喰いはとても旺盛で細くなった感じはなく、運動量に比例して締まるところは締まり、筋肉が付くべき所に付いてきた印象。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:448kg
○屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本を行っている。
○徐々にペースを上げているが、飄々とした表情で日々の調教をこなしており、体力の底上げが着実になされていることが分かる。
○牡馬に勝るとも劣らないパワー溢れる走りで、動きにはリズミカルで小気味よいものがある。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を行っている。
○父の影響から前躯が勝った馬体造りが色濃く出てきており、いかにもスピードタイプといった雰囲気を受ける。
○体調もすこぶるよいため、今後も順当にハロンペースを上げていけるだろう。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:459kg
○左前脚のソエもだいぶ落ち着き、現在は屋内周回コースでキャンター800mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○坂路を登坂する時はとても軽やかな脚取りを見せており、積極的に前へ前へと真一文字に駆け上がっている。
○状態が上り調子ということもあり、近々登坂本数を2本に増やし、更に攻め上げていく予定。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○ソエも落ち着いており、現在は屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター1本を行っている。
○馬体には元からいいものがあったたが、ここ最近は更にいい筋肉がついてきており、張りが増してきた。
○馬体造り、動き、健康状態、飼い喰いとどれをとっても他馬の一歩先を行くものがあり、今後もドンドン進めていくことができそうだ。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 451kg
○屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター1本を行っている。
○この中間、左前脚にソエが出たが、歩様の乱れもないようなごく軽いもので、数日様子を見ただけで元のペースに戻すことができた。実際に念のため行ったレントゲン検査でも異常は見られなかった。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター1~2本を行っている。
○元から完成度の高かった馬ではあるが、乗り運動を継続していることで、筋肉にいいメリハリがついてきており、一段と見栄えのする馬体造りとなってきた。しかし、まだトモ高であることを考えると更なるスケールアップを望むことができそうだ。
---------------------------------06/12/27
NF空港
馬体重: 456kg
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本
○この中間から1日おきに登板本数を2本に増やしている。
○かなり運動負荷が増えているが、へこたれることは全くなく、常にグイグイと力強い走りを見せており、また脚捌きも高いレベルで安定している。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○現在は屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本
○キャンター時に見せるハミをしっかりと取った、自発的に前へ前へと進んでいく、踏み込みの深い力強い走りには牡馬顔負けの頼もしささえ感じる。
○ここにきてだいぶハロンペースが上がりましたが、堪えた様子は一切見られない。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 454kg
○現在は屋内坂路でハロン22秒のキャンター1本
○普段はおっとりとしており、馬房内では大人しく過ごしているが、調教コースでキャンターに下ろした瞬間に気合がグッと乗るように、競走馬として必要不可欠な気持ちの切り替えが出来る点は高く評価している。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○この中間から屋内坂路に入り、軽めのキャンターを実施
○まだゆったりとしたペースで乗り進めているが、日に日に走る気持ちが増してきている。
○脚捌きにも力強さが増しており、同期の牡馬と比べても何ら劣らないものがある。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 451kg
○この中間から馬場入りを開始
○現在はウォーキングマシン調整+周回コースでダクと軽めのキャンター
○まだ軽めのメニューだが、前向きな気性やバランスの取れた好馬体も相まって、すでに1歳馬の走りとは到底思えないようなどっしりとした脚捌きを見せている。


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○馬房内での背慣らしと厩舎内廊下での歩行練習
○中サイズの馬体造りだが、父の産駒らしく、トモの張りには特筆できるものがある。
○現状の馬体から、早期デビューは可能と思われ、スピード競馬への高い適性を示すに十分なものがある。
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 448kg
○馴致を開始
○現在は馬房内と厩舎内廊下での背慣らし
○性格は全体的に幼さが残るが、気持ちには牝馬らしからぬどっしり感があり、何事にも動じない芯の強さを備えている。
○駆け足を行うまでに至っていないが、跨った背中の感触は他の馬のそれと一線隔すものがある。


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 435kg
体高: 154cm
胸囲: 182cm
管囲: 19cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"39.グレースチャーチ(チャールストンハーバーの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門