このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

42.トゥリオーニ(キタノオゴジョの05)の近況

Posted at 07/07/21 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

42.トゥリオーニ(キタノオゴジョの05)の近況

【楽天馬の戯言】
とりあえず乗り運動が再開されてホッと一息ですね。私が思ったよりは、乗り運動の開始が早いと思います。
馬体は、さすがに長いことまともに調教していないので、見栄えは保っていますが、筋肉がゆるみ、力強さが感じられなくなってきました。

しかし、調教が再開されましたので、これからはどんどん変わってくるでしょう。
骨折箇所のこともあり、慎重に進めると思いますが、幼さが少しづつ抜けて、馬体にシャープさが出てきたら、また以前のようなピッカピカの好馬体に変わっていくと思いますし、デビューも見えてくると思います。
【これまでの成長過程評価:★★☆☆☆☆☆】
---------------------------------
07/7/13
NF空港
○右後脚球節のレントゲン検査を行ったところ、いい回復が見られたので7月から乗り運動を再開している。
○現在は周回コースでダク400m、軽めのキャンター1000mを行っている。
○乗り運動を開始したことで脚捌きもだいぶ柔らか味が出てきた。
○今後も骨折箇所に骨膜が形成されないようにゆったりと負荷をかけていくことになる。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:477kg
○継続して行っている右後脚球節のレントゲン検査で、思った通りの良化を認めることができた。
○現在は運動量を増やし1回30分のウォーキングマシン調整を1日2回行っている。
○気温の上昇と適度な負荷をかけていることで馬体重は前月比でマイナス2キロと太め感なく推移することができている。
○今の感じからして夏場には乗り運動を再開することができるだろう。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○1日2日のウォーキングマシン調整を行っている。
○この中間もレントゲン検査を行ったが、右トモ脚球節の骨折箇所も順調に回復している。
○さすがに筋肉の張りは落ちてきたが、運動を進めればすぐに回復するものなので心配は要らない。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:479kg
○現在は曳き運動とウォーキングマシンを併行して行っている。
○定期的に行っているレントゲン検査でも、右トモ脚球節(第一指骨)の骨折箇所も順調に回復しており、触診した感じでも熱感はない。
○乗り運動を休止している割には馬体の崩れもなく、比較的大人しく日々を過ごせている。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○右トモ球節の骨折箇所も順調に回復し、現在は1日2回の曳き運動を開始した。
○歩様にも安定感が出てきているが、まだ完全に骨折線は消えていないので、今しばらくの間は軽めの運動に留め、ウォーキングマシン調整の開始に備えていくことになる。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:461kg
○右トモ球節の骨折を考慮し、舎飼にて休養。
○運動を取り止めてからしばらく経つが、目立った煩さはなく、平穏な毎日を過ごしている。
○もうしばらくは完全休養で患部の回復を促し、状態を見た上で軽めの運動から始めていくことになる。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○周回ダートコースでハロン20秒のキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行っている。
○走りに目覚しい進展が見られ、キャンターに下ろすと乗り役が抑えるのに苦労するほどの手応えを感じることができる。
○坂路でも左右にぶれることなく真っ直ぐに登坂しており、現時点の力強さは2歳馬としては図抜けたものがある。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:465kg
○周回ダートコースでハロン20秒のキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○バランスのよさを保ちつつ、全身にいい筋肉がついてくる理想的な成長過程を踏んでいる。
○健康状態のよさも特筆できる点で不安な要素は皆無と言える。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○周回ダートコースでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター1本を行っている。
○徐々に運動量は増えているが、疲れを見せることは皆無です。前後躯のバランスが取れた馬で、立ち姿の美しい見栄えのする馬体造りに変わってきた。
○本馬は4月に行われる第一回産地馬体検査を受検する。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:468kg
○周回ダートコースでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター1本を行っている。
○脚捌きの軽快さは群を抜いており、芝に向きそうな走りを見せている。
○また何事に対しても即座に順応できる賢さがあり、随所に大物感をひしひしと感じることができる。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20-18秒のキャンター2本を行っている。
○脚捌きはとても素軽く、いかにも芝向きといった印象を受ける。
○物事をすぐに理解できる聡明さを兼ね備えていることもあり、ここまで調教で苦労したことはない。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 462kg
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター2本を行っている。
○馬自身にやる気が漲っており、調教に対する前向きさ、真面目さにはとてもいいものがある。
○軽い脚捌きを見せる馬なので、今後更にペースが上がっても難なく対応できるだろう。


---------------------------------07/1/15
NF空港
○屋内周回コースではハロン20秒のキャンター1600m+屋内坂路ではハロン20秒のキャンター2本
○左飛節の状態は安定しており、乗り運動を継続するに支障はない。
○徐々に必要な箇所に良質の筋肉がついてきており、父譲りの好馬体に変貌を遂げてきている。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 469kg
○屋内周回コースではハロン22秒のキャンター1600m+屋内坂路でハロン22秒のキャンター2本
○まだ馬体が固まりきっていないこともあり、左飛節は日によって熱感を帯びることがあるが、現状のペースで乗り進めても悪化することはないので、休養させる必要はないと判断。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内周回コースでダク400m+ハロン25秒程度のキャンター1200m
○まだ基礎体力の充実を第一に考えた控えめな調教メニューではあるが、動き自体には随所にいいものが見られる。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 462kg
○屋内周回コースでダク400m+ハロン30秒程度のキャンター800m
○まだコース入りして間もないこともあり、屋内馬場に慣れないようで多少ビクビクする等、集中し切れていない面も見られるが、元来気性のいいタイプなので、慣れさえ出てくればそういった面も解消してくることだろう。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○初期馴致も無難にこなし、現在は屋内周回コースでダクを踏んでいる。
○温厚な性格で乗り役に対して反抗することもないことから、近々開始予定の坂路調教にもスムーズに対応してくれるだろう。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 462kg
○ウォーキングマシン内での常歩1時間、並行して初期馴致を開始
○現在は馬房内での鞍付け等を経て、厩舎内廊下で人が跨った上で常歩やダクを踏んでいる。
○馴致を進めても常に平常心を保っており、暴れることは一切なく、人の指示を的確に聞く頭の良さを持っている。


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○日中放牧と1日30分のウォーキングマシン調整
○普段から穏やかな性格で人の言うことを素直に聞いていることから、間もなく開始する馴致もスムーズにこなしてくれるだろう。
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 453kg
○馬体重が示す通り、中型サイズで現状においても見栄えのする馬体造り
○馴致~調教を開始する前にもう一回りの成長を促すことを念頭に置き、現在は日中放牧と1日30分のウォーキングマシン調整
○放牧地では常に元気いっぱいの動きを見せており、いかにも牡馬らしい力強い走りを披露している。


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 453kg
体高: 155cm
胸囲: 175cm
管囲: 21cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"42.トゥリオーニ(キタノオゴジョの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門