このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

43.ピアレスベル(ラスティックベルの05)の近況

Posted at 07/07/21 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

43.ピアレスベル(ラスティックベルの05)の近況

【楽天馬の戯言】
馬体は、まだゆるいですし、背腰の筋肉もついてきていませんが、トータルで先月より良くなってきています。
ちょっと覇気が感じられないのが気になっていましたが、牧場のコメントからは、その点が改善されていっているようで、良いことですね。
血統馬ですので、POGでも注目されています。
これからどんどん進めていって、早くデビューして欲しい1頭ですね。
【これまでの成長過程評価:★★★★☆☆☆】
---------------------------------
07/7/13
NF空港
○左前ツメの違和感も程なく治まり、現在は屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター1本と元のペースに戻して乗り込んでいる。
○本馬なりに順調に乗り進めることが出来ていることもあり、やる気満々の姿勢で調教に臨めており、自発的に前へ前へと出て行くようになった。
○また走りの質にも変化が見られ、ストライドの大きな、理想的な走法を次第に身に付けつつあるようだ。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:478kg
○装蹄療法を行っていることで脚元はいい感じに落ち着き、屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター1本まで進めていたが、この中間、左前ツメに違和感が出たため、現在は若干ペースを落とし、屋内周回コースで軽めのキャンター程度を行っている。
○今回の件からも乗るには問題ないものの、随所に弱さが残っていることは間違いないので、今後も様子を見ながらゆっくり進めていくことになる。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○この中間から屋内坂路に入り、ハロン18~20秒のキャンター1本を連日消化している。
○少しずつハロンペースを上げているが、脚元は安定しており、歩様も徐々にしっかりしてきた感がある。
○ただし、随所に若さが見られ、成長途上であることに変わりはないので、今後も状態に見合った負荷をかけ、仕上げを進めていくことになる。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:478kg
○周回ダートコースでダク400m、ハロン25秒のキャンター1000mを行っている。
○脚元は装蹄療法を施していることもあり、以前より歩様が安定し、柔らか味が出てきているが、相変わらず疲れが溜まり易い感じ。
○また馬体も頼りなく、背腰に疲れが溜まり易いので定期的にショックウェーブをあて、ケアを行っている。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内周回でダク400m、ハロン25秒のキャンター1000mを行っている。
○徐々に調教負荷を増やしているが、両前脚球節の疲れに悪化はなく、順調に調教を積むことができている。
○ただし、体質が完全に強くなったわけではないので、今後もゆったりと進めていくことになる。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:483kg
○屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター800mを行っている。
○休養時に行った装蹄療法も効いたようで、冬場と比べると格段に歩様に柔らか味が出て、ゆったりとした窮屈さの一切ない、大きなフォームで走れるようになった。
○ただし、休養の原因が正しい姿勢が取れないことにあるため、本格的に体質が強くなるまでは加減した調整を行っていくことになる。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○装蹄療法を行ったことで両前脚球節の疲れはだいぶ抜けてきた。
○現在は乗り運動を再開しており、屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター400mを行っている。
○乗り始めた後も脚元の状態は安定しているが、まだ随所に弱いところが残っているので、急激なペースアップは図らず、ゆったりと進めていくことになる。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:478kg
○1日2回のウォーキングマシン調整を行っている。
○脚元の疲れはすぐに解消するものではないので、装蹄療法で負担を軽減しつつ、ゆっくり運動を行うことで体質強化を図っていく。
○仕上がって上体が軽くなれば疲れも解消すると思われるので、今しばらくは我慢の日々が続くだろう。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○ここまでペースを落として乗り込んできたが、依然として両前球節に疲れが見られるため、現在は1日2回のウォーキングマシンのみを行っている。
○本馬の母系はどちらかというと育成期には正しい姿勢を取れない馬が多く、本馬にもそういったところが見受けられる。
○脚元の疲れは姿勢からきていると思われ、すぐには解消しそうにないので、ゆっくり乗り運動を行うことで体質強化を図っている。
○仕上がって上体が軽くなれば疲れも解消すると思われる。
○本馬は4月に行われる第一回産地馬体検査を受検する。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:475kg
○これまでは軽めながらもキャンター調整を取り入れていたが、疲れから依然として両前脚球節に関節液が溜まり、ムクミが見られるため、若干手控えたメニュー構成となっている。
○現在は屋内周回コースでダク800mのみを行っている。
○ペースを落として暫く経ったが、症状に改善は見られないため、少なくとも春までは現状の調整に終始することになりそう。


---------------------------------07/2/15
NF空港
○屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター800mを行っている。
○左前脚の疲れはまだ残っているため、今しばらくは軽めの調整に終始し、状態の改善を待つことになる。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 458kg
○これまで見られた両前脚球節のムクミは随分解消してきているが、今後は左前脚に疲れが溜まってきた感じがあるため、現在は屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター800mと少々手控えて乗り込んでいる。
○冬場はゆったりとしたペースで乗り進め、基礎固めに終始していきたい。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内周回コースでハロン30秒程度のキャンター1200m
○両前脚球節に見られる関節液の増大はまだ残っており、ムクミが出ている。
○このため急激なペースアップはできないが、毎日休みなく乗れているようにそう心配は要らないだろう。冬場は焦らず乗り進め、一冬越えての良化を待ちたい。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 447kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1200m
○両前脚球節は関節液の増大が原因となってムクミが出ているようだが、この中間も調教負荷を強めているように、乗り進めても悪化はない。
○ムクミは成長期に見られるものと判断しており、今後もゆったりと成長を促しつつ、進めていく方針。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内周回コースでダクを踏んでいる。
○乗り運動を休止することなく、調整を進めているが、両前球節のムクミはこのところの成長度合から判断するに成長過渡期に出るものと思われ、また悪化はないため、間もなく軽めのキャンターを開始する予定。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 449kg
○両前球節に疲れからくるムクミが見られるため、引き続き屋内坂路コースでダクのみを行っている。
○これは乗り運動を開始した1歳馬によく見られる症状で、本馬も乗り運動は継続できているようにそう大きな問題ではないが、念のため調教後にはバンデージを巻いてケアを行っている。
○疲れが抜け次第、再度キャンターを取り入れた調整を再開することになる。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター
○若干両前脚に疲れが見られたため、現在はダクのみにペースを落としている。
○ペースダウンしてからは疲れも徐々に抜けてきているので、そう時間もかからず元のペースに戻せるだろう。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 442kg
○周回コースでダク+軽めのキャンター
○日常の生活で時折煩いところを見せることがあるが、調教中は集中力が増し、しっかりとハミを取った、いいキャンターを見せている。


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○周回ダートコースでダク+ハッキングキャンター
○馬体は若干薄手に感じるが、姉フサイチエアデールの育成自体とリンクする面が多く、今後の乗り込みで一変してくれることだろう。
○無駄肉がつきにくい体質ということもあって、仕上がりは早そう。
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 444kg
○8月から開始した馴致も実にスムーズに消化し、乗り運動に移行している。
○現在は周回ダートコースでダクを行っています。基本的に大人しい性格の持ち主だが、時折頑固な面を見せ、人の指示に反発するようなシーンに遭遇することもある。


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 435kg
体高: 159cm
胸囲: 178cm
管囲: 19cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"43.ピアレスベル(ラスティックベルの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門