このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

44.ヴェンダバール(ストーミーマターズの05)の近況

Posted at 07/07/21 Comment(1)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

44.ヴェンダバール(ストーミーマターズの05)の近況

【楽天馬の戯言】
調教を再開したばかりということで、もちろん馬体はまだゆるいですが、キ甲も抜け切れておらず、体の代謝もあまりよくなさそうに見えます。
これから調教ペースが上がっていって、どのように変わってくるかですね。
脚元が弱い馬のようですので、今後も一筋縄ではいきそうにないですが、なんとかこの馬なりの調教ペースをつかんで、デビューに向かっていって欲しいですね。
【これまでの成長過程評価:★★★☆☆☆☆】
---------------------------------
07/7/13
NF空港
○乗り運動を開始してからは右トモ脚の歩様は落ち着いており、じわじわペースを上げている。
○現在は周回コースでダク400m、軽めのキャンター1600mを行っている。
○ここ最近のペースダウンは骨や腱に異常があってのものではないので、今後もゆったりとしたペースで負荷を強めていくことができるだろう。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:498kg
○右トモ飛節の上部を打撲箇所の筋肉の炎症もほぼ治まり、歩様に違和感がなくなったことを受けて、乗り運動を再開している。
○現在は屋内周回コースで軽めのキャンター程度を行っている。
○乗り運動を行っていた時はハロン14秒を楽に計時できたように仕上がりも進んでいただけに歯がゆいところもあるが、このまま問題がなければ徐々にペースを上げていくことになる。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○1日2回のウォーキングマシン調整を行っている。
○運動を軽くしていることと、時間を経ていることで、右トモ飛節の上部を打撲箇所の筋肉の炎症は治まってきているが、まだ完全ではない。
○筋肉の炎症は癖になると再発し易く、後々厄介なものになる可能性もあるため、当面はマシン程度に留め、患部の回復を第一に考えていく。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:495kg
○1日2回のウォーキングマシン調整を行っている。
○右トモ飛節の上部の筋肉の炎症はだいぶ治まってきたが、まだ完全ではないので、もう暫くは乗り運動の開始を見合わせることになりそうだ。ただし、骨等には問題ないので、炎症さえ治まれば思った通りのペースアップを行うことができるだろう。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○右トモ脚の歩様に違和感が生じたため、乗り運動を休止し、1日2回のウォーキングマシンを行っている。
○検査を行った結果、右トモ飛節の上部を打撲したことによる筋肉の炎症が認めらた。
○予後は問題ないが、筋肉の炎症は癖になると厄介なので、今しばらくは楽をさせて、状態の回復を第一に考えていく。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:482kg
○屋内周回コースでハロン18~20秒のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、週2回はハロン14~15秒を計時している。
○徐々に調教負荷を増やしているが、疲れを見せることはなく、常にいい手応えを示している。
○気性は穏やかで乗り役とのコンタクトも上手く取れているが、もう少しピリッとしたところが欲しいかなと感じることもある。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内周回でキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、週1回はハロン14~15秒を計時している。
○いかにもクロフネ産駒らしい力強い脚捌きからはダート競馬への高い適性が感じられ、パワーで圧倒する走りを得意としそう。
○健康状態も優れていることから、今後も早期デビューを目標にどんどんペースを上げていく。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:482kg
○屋内周回でキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、また週1回は屋内坂路でハロン14~15秒を計時している。
○気温の上昇に歩調を合わせてペースを上げたが、手応えのよさに変わりはなく、速めの時計でも難なく対応できている。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行っている。
○クロフネ産駒らしいストライドの大きな伸びのある走りが目立つようになっており、馬自身が我慢することをだいぶ覚えてきたようで終いまでしっかりと走ることができるようになった。
○体調も高い次元で推移していることから、近々ハロン15秒を切る速い調教を課す予定。
○本馬は4月に行われる第一回産地馬体検査を受検する。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:492kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○まだ若さは残るが、全体的な進捗度合は素晴らしいものがあり、力強さや基礎体力の充実にはいいものがある。
○このまま進められれば夏後半~秋競馬でのデビューが一つの目標となる。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター2本を行っています。このところドンドンペースを上げている。
○音を上げることはなく、しっかりとした脚取りで坂路を駆け上がっている。
○馬体にはまだ余裕が残っており、幼児体型に映りますが、現状のペースで乗り進めていけば自ずとシャープな馬体造りに変わってくるだろう。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 490kg
○屋内坂路でハロン20~22秒のキャンター2本を行っている。
○普段の性格は男馬にしては少々おっとりし過ぎているかなと感じることもあるが、いざ調教場に入るといい気合を前面に押し出し、安定感のあるいいキャンターを見せている。


---------------------------------07/1/15
NF空港
○屋内周回コースでダク1600mを実施。
○精神的に大人びた性格の持ち主ということもあり、人に対しとても従順で、集団調教の際は後続馬を上手く先導できる前向きな気性も持ち合わせている。
○乗り運動にも慣れが見られるようになってきているので、近々キャンターを取り入れられるだろう。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 492kg
○屋内周回コースでダク1600mを毎日踏んでいる。
○父の産駒らしくトモの造りはとてもしっかりしており、一歩一歩の踏み込みには安定感と力強さを感じることができる。
○雄大な馬体ではあるが、脚元はとてもすっきりしており、今後のペースアップにも難なく対応できるだろう。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○腹回りの皮膚病も治まり、乗り運動を開始
○現在は屋内周回コースでダク800mを行っている。
○普段からどっしりと構えて物怖じしない性格ということもあり、今後の乗り運動もスムーズに進められるだろう。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 491kg
○厩舎内での初期馴致、サイドレーンを装着してのハミ受け馴致まで問題なくこなし、乗り運動を開始できる態勢が整いつつあったが、腹帯を締める付近に皮膚病が出て、乗り運動の開始を見送った。
○現在は治療を最優先に、1日2回ウォーキングマシン内で常歩を行っている。
○帯が締められるようになり次第、屋内周回コースでのダク、キャンターを開始することになるだろう。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○この中間も馴致調教を進めており、現在はサイドレーンを装着し、ハミ受けを覚えさせている。
○学習能力も高いようで、日に日に上手になってきている。
○この分なら近日中に馬場入りを果たせそうだ。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 475kg
○この中間、放牧中に右前膝に外傷を負い、腫れが生じたため、パドック放牧のみとしていた時期もあるが、すっかり回復してきた。
○現在は昼間放牧とウォーキングマシン内での常歩運動を1日1時間。併行して馴致を行っている。
○馴致はスムーズに進み、馬房内での背慣らし、帯締め等の馬装練習を難なく消化し、現在は厩舎内廊下で人が背中に跨って歩く練習を行っている。
○スムーズで力強い脚捌きには見るべきものがあります。


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○1日30分のウォーキングマシン調整と日中放牧
○いかにも父クロフネの産駒らしい雄大な造りの馬体から繰り出される軽快かつパワフルな走りは、芝・ダートといった垣根のない万能ランナーとしての活躍を約束するに十分なものがある。
○今後は成長度合を見極めつつ、馴致を開始することになる。
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 476kg
○馴致を開始する前に更なる成長を促すため、ゆったりと毎日を過ごさせている。
○現在は1日30分のウォーキングマシン調整と日中放牧
○脚元に不安はなく、体調も高い次元で安定していることから、放牧地ではスムーズな脚捌きを見せている。


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 463kg
体高: 157cm
胸囲: 176cm
管囲: 21cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"44.ヴェンダバール(ストーミーマターズの05)の近況"へのコメント

CommentData » Posted by はまる at 07/03/01

楽天馬さんどうもです。このストーミーの姉が初ダートで楽勝してましたね。相手がかなり弱いので楽観視はできませんが母系の影響が強そうでしたね。クロフネの本馬はさらにダートでの期待ができそうですね。

"44.ヴェンダバール(ストーミーマターズの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門