このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

3.モンスターパーク(イーエルブロッサムの05)の近況

Posted at 07/07/01 Comment(1)»

---------------------------------

3.モンスターパーク(イーエルブロッサムの05)の近況

【楽天馬の戯言】
良いですね。文句なしです。理想的な馬体ですね。これは間違いなく上に行くでしょう。
飛節の上とか、尾の周りとか、普通はつきにくいところにも筋肉がついています。繋ぎが短めで、回転の速い迫力あるキャンターが想像できます。背中も良い感じで、早くレースが見てみたいですね。
【これまでの成長過程評価:★★★★★★☆】
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:479kg
○周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン15~16秒のキャンター1本を行っている。
○ソエもすっかり治まったことで思い通りの調整を行うことができるようになった。
○ここ最近の進展には目覚しいものがあり、余分な脂肪が削げ落ち、見るからに筋肉質の馬体造りに変貌を遂げた。
○本馬は今夏の札幌競馬場への入厩を目指し、27日に第2回産地馬体検査を受検した。


---------------------------------
07/6/21
NF空港
○ 「ソエの状態も緩和されてきているみたいですし、徐々にではありますが、動きも良くなってきて順調に来ていますね。このまま順調に行くのであれば、予定の産地馬体検査を受けたあと、函館もしくは札幌に直接入厩させるプランも持っています」(松山康師)
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:462kg
○これまで悩まされた両前管骨のソエもすっかり固まり、色々なコースでの調教が可能となった。
○現在は屋内坂路でハロン15秒前後のキャンター1本と屋外直線坂路でハロン17秒程度のキャンター1本を行っている。
○速めの調教を課すことで馬体にシャープさが出てきており、理想的な造りに近づいてきた。
○なお、本馬は6月末に行われる第2回産地馬体を受検し、今夏の札幌競馬でのデビューに備えることになった。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○周回ダートでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行っている。
○ソエはまだ若干残るものの、徐々に快方に向かっていることは間違いない。
○本馬特有の、柔らか味溢れる歩様は更に目立ってきており、今のペースでは物足りないと言わんばかりに楽々と坂路を駆け上がっている。
○今のところ6月末に行われる第2回産地馬体検査を受検予定で、今後も順調ならば夏の北海道開催でのデビューも十分可能だろう。
---------------------------------
07/5/2
NF空港
○周回ダートでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター調整。
○今のところ6月末に行われる第2回産地馬体検査を受検予定。
○「馬体や血統からも非常に楽しみにしています。現在はソエが残っているようで速いところまでは行っていませんが、落ち着けばすぐにでもペースアップできると思います。順調に行けば札幌開催でのデビューも視野に入れていきたいと考えています」(松山康師)
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:465kg
○左前脚のソエは若干残るものの、継続して水冷を行っていることで落ち着いている。
○屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を基調に、時に周回ダートコースでのキャンター1800mを織り交ぜている。
○乗り運動を継続することで全体的に無駄肉が削げ落ち、その一方で臀部の筋肉の張りが増し、馬体に一本芯が通ってきた印象。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っている。
○左前脚のソエはまだ残るが、悪化はなく、いい具合に落ち着いている。
○乗り運動を重ねることで上体の筋肉は立派さが増し、更に見栄えするものとなってきた。
○ただし、今しばらくはソエの状態を考慮し、ゆったりと乗り進め、身体の成長を待つこととする。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:464kg
○周回ダートコースではハロン20秒のキャンター1800m、屋内坂路ではハロン20秒のキャンター2本を行っている。
○まだ左前にソエが出たりと幼さが目立ちますが、徐々に良化を見せている。以前は小さく見せた身体も、ここ最近はいい具合に成長してきているし、すべてがいい方向へ向かっている。このまま順調に行けば、6月の第2回産地馬体検査を受験させたい(松山師)


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター2本を行っている。
○ケアを行っていることで左前脚のソエは徐々に良化傾向にあるが、まだ完全に治まったとは言い切れない状態。ただし、痛みはそうなく、乗り運動を行うには支障ないため、今後もゆったりとしたペースで基礎固めを行っていくことになる。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:470kg
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○一定のペースで継続した乗り込みを行えてはいるが、まだ化骨が進みきっていないことから、ソエが幾分残っている感じ。
○今後の水冷やショックウェーブ等の治療を行い、脚元が落ち着くのを待つことになるが、状態を見つつ登坂本数を2本に増やすタイミングを図りたい。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○左前にソエは残るもののだいぶ快方に向かっており、少しずつペースを上げている。
○現在は屋内坂路でハロン22~23秒程度のキャンター1本を行っている。
○ゆったりとした乗り込みを行っていることから、馬体に傷みはなく、この馬なりにいい成長を遂げている感じ。
○フットワークのよさからも素質の一端を見ることができるので、今後も成長に見合った負荷をかけ、成長を促していく。
---------------------------------07/1/31
NF空港
馬体重: 468kg
○屋内坂路でハロン18~20秒のキャンターまで進めてきたが、左前脚がソエ気味になったため、一旦屋内周回コースでダクにペースを落とした。
○現在はだいぶソエが落ち着いてきたこともあり、屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター1400mまでペースを戻している。
○徐々に成長は進んできている感じだが、今しばらくは強い負荷をかけず、地道に乗り進めていくことになる。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内周回コースでのダクと軽めのキャンター1600mで身体をほぐした後、屋内坂路でハロン24秒程度のキャンター1本を行っている。
○柔軟性溢れる馬体ら繰り出されるしなやかな身のこなしはスローペースながらも坂路で目立つ存在となっている。
○遅れ気味だった脚元の化骨状況も徐々に追いついてきており、今後は順当にペースを上げられそうだ。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 464kg
○屋内周回コースでダクと軽めのキャンター1600mを基調に、日によっては屋内坂路に入れて、ハロン27~30秒のキャンター1本を行っている。
○乗り運動を継続していることで筋肉の張りが増し、一段と競走馬らしくなってきた。
○ただし、脚元の化骨状態が遅れているので、今しばらくは調教をセーブ気味に進め、また化骨を促進するため、ショックウェーブをあてていく。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内坂路でハロン30秒程度のキャンター1本を行っている。
○まだスロー調整ですが、脚捌きはとても軽快で相変わらず質の高い走りを見せている。
○今後も乗り運動を継続するには何ら問題ないが、1歳馬全頭に課す定期のレントゲン検査で脚元の化骨状態が少々遅れ気味という診断が出ているため、今しばらくは成長具合に即した調教負荷をかけていく。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 457kg
○ここまでは屋内周回コース主体で進めてきたが、動き・状態ともに上向いてきたため、この中間から屋内坂路でハッキング1本を行っている。
○まだ馬場見せの意味も兼ねての軽めの調整だが、バネの利いた軽快な脚捌きを見せている。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○周回コースでダクと軽めのキャンター1600m
○柔軟性溢れる動き
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 468kg
○初期馴致完了
○周回コースでダクと軽めのキャンター1200m
○大型馬らしいフットワークの大きな見栄えのする脚捌き


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○背慣らし馴致+厩舎内廊下で常歩
○素晴らしい柔らか味と力強い踏み込み
○古馬のような安定感
○芝・ダート兼用か
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 454kg
○サイドレーンを装着して馴致
○人に対しては従順
○腰高なので更なる成長の可能性大


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 454kg
体高: 154cm
胸囲: 176cm
管囲: 19cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"3.モンスターパーク(イーエルブロッサムの05)の近況"へのコメント

CommentData » Posted by ハーパー at 07/04/07

いつも楽しく拝見させていただいています。
初心者の私にはかなり参考にさせてもらっています。

さて、既にお気づきかと思いますが、モンスターパークのコメントが
3/15から他馬のものが添付してあるので、一応お知らせしておきます。

今後とも楽しみに拝読させてもらいます。

"3.モンスターパーク(イーエルブロッサムの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門