このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

46.マリサット(ドラゴンマリーンの05)の近況

Posted at 07/07/28 Comment(2)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

46.マリサット(ドラゴンマリーンの05)の近況

【楽天馬の戯言】
ザ石ですね。そんなに気にすることは無いでしょう。せっかく調教ペースが上がってきたところなので、残念ではありますが、もともと体がパンとするまで時間がかかりそうな馬ですので、あせる必要はないでしょう。
アドマイヤベガの代表産駒になって欲しい馬なので、デビューが待ち遠しいですが、楽しみはまだ先に取っておきましょう。
【これまでの成長過程評価:★★☆☆☆☆☆】
---------------------------------
07/7/13
NF空港
○この中間も右前蹄冠部の傷口の回復を待つため、1日2回の曳き運動を行っている。
○熱感や痛みは全くないが、傷口が完全に塞がる前に乗り始めるとばい菌が入る可能性があるので、今しばらくはツメの回復を待つことになる。ただし、そう時間もかからず乗り運動を開始することができるだろう。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:483kg
○屋外直線坂路でと屋内坂路でハロン16~17秒のキャンターを行っていたが、右前蹄に熱を帯びたので、現在は1日2回の曳き運動のみで様子を見ている。
○「ザ石からツメの内部に膿が溜まってしまいました。すでに蹄冠部から膿は出切っており、痛みも熱感もなくなりました。今後は膿が噴いた箇所の回復を待つことになりますが、おそらく7月には元通りの乗り込みを行えていることでしょう」(空港担当者)


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○この中間は屋内坂路と屋外直線坂路を併用し、毎日ハロン16~17秒のキャンター1~2本を行っている。
○馬体が完全にパンとしていないことで、時に疲れが出たり、また口向きの悪さを見せたりと若さが残るが、徐々にその回数も減っているように確実な成長の跡を見ることができる。
○乗り込み量が他馬より少ない現状を考えるとこれからの伸び代は大きいと考えられるので、今後も丹念に乗り進め、良好な成長を促していきたい。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:473kg
○屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を行っている。
○これまで以上の負荷をかけていることで、両前脚の疲れが張りとなって現れたが、若干運動量を落とすことですっかり解消した。
○心身ともに幼く、口向き等に成長を待ちたいところもあるが、元々の乗り味は柔らかく、質の高いものがあるので、芯がしっかりしてくれば良化スピードはぐんぐん上がることだろう。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○ここまでは左後脚球節の状態を考慮し、周回でのキャンター主体に進めてきたが、不安もなくなったことから、この中間は坂路主体の調教を行っている。
○現在は屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター2本を消化している。
○普段は大人しく、人が跨るとピリッとした面を見せるように気持ちのオンオフの切り替えが上手く、無駄な力を使うことはない。
○ハロンペースを上げるごとに動きも良化しているので、これからの速い調教で大きな変わり身があることは間違いないだろう。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:469kg
○この中間は砂の深いコースで高い負荷を得るため、周回ダートコースでハロン20秒程度のキャンター1800mを行っている。
○元からきれいなフォームを見せる馬ですが、ダートコースを苦にすることなく、跳びの大きなダイナミックな走りが実現できている。
○ここ最近はだいぶ気温が上昇してきたこともあり、毛ヅヤが良くなり、馬体に張りが出て、一段と見栄えのする好馬体になってきた。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内坂路でハロン20~22秒のキャンター2本を行っている。
○まだ余裕残しの馬体造りだが、週を追う毎に引き締まりを見せており、動ける態勢が整いつつある。
○不安な材料も皆無なことから、今春はどんどんペースを上げ、これまでの遅れを取り戻していきたい。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:462kg
○屋内坂路でハロン25秒のキャンター2本を行っている。
○まだ坂路に入って間もないため、スクーリングを兼ねた軽めの調整に終始しているが、走るフォームの美しさは目立っており、ハミをきちんと受けた質の高い調教を行えている。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○周回ダートコースでダク400m、軽めのキャンター1800mを行っている。
○ここまで休養期間が長かったこともあり、馬体は余裕のある造りとなっている。
○今後も徐々にペースアップを図っていくことになるが、元から仕上げにじっくり時間をかけたほうがいいタイプと踏んでいただけに、一歩ずつ着実に進めていこうと思う。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:470kg
○左後脚球節は思った通りの回復を見せ、この中間から乗り運動を開始している。
○現在は屋内周回コースでダク800m、軽めのキャンター600mを行っている。
○乗り出し当初は煩くなる馬が多いが、本馬は常歩では集団の先頭を堂々と歩き、精神的にもどっしりとした安定感がある。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○この中間から馬場入りを開始し、現在は屋内周回コースでダク800mを行っている。
○まだ乗り込みを開始して日が浅いこともあり、馬体に緩みが見られるが、休養前の引き締まった馬体を見る限り、負荷をかけていけば、そう時間もかからず、元のスッキリしたいい感じに戻るだろう。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重:485kg
○1日2回のウォーキングマシン調整を行っている。
○このところの気配がいいことから、厩舎周辺での乗り運動(常歩)も併行して取り入れている。
○歩様も安定しており、今の感じなら、そう遠くなく調教場での乗り運動を開始できるだろう。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○左後脚球節の回復状況もよく、この中間からウォーキングマシン調整を開始。
○回復状況にいいものはあるが、正月休みを挟んだことと、厳寒期ということを考慮し、乗り運動の開始を意識的に遅らせている。ただし、現状から見てそう遠くなく跨ることができるだろう。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 475kg
○厩舎内廊下で1回15分の曳き運動を1日2回行っている。
○曳き運動を行うと走りたがる素振りを見せているように内面的な体調も良好なようだが、今しばらくは現状の調整を続け、ウォーキングマシン調整を開始につなげていく予定。
○今後も定期的にレントゲン検査を行い、その結果如何では年明けを目処に乗り運動を開始するプランももっている。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○厩舎内廊下で曳き運動を行っている。
○左後脚球節部は順当に回復しており、腫れや熱感も徐々に治まってきている。
○予防策的な手術であったため、今後の調教に影響することはなく、現在の回復状況から遅くとも年明けにはウォーキングマシンを開始できると思われる。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 468kg
○舎飼休養を行っている。
○骨片摘出を行った左後脚球節部はまだ熱感が残るものの、至って順調な回復を見せている。
○間もなく曳き運動を行い、ウォーキングマシン調整の開始に備えていくことになる。
○「調教負荷による骨折ではなく、あくまでも予防策的な手術です。術後1ヶ月程度は休養させることになりますが、3ヵ月後くらいには乗り運動を開始できるでしょう。まだ乗り始めから間もない時期の休養ということもあり、大きな遅れとはなりません」(担当獣医)


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○初期馴致もスムーズにこなし、馬場での乗り運動を開始したが、11月7日に左後肢球節に腫れが生じたため、レントゲン検査を行ったところ、骨片が見つかったため、11月14日に骨片摘出手術を行った。当面は舎飼にて経過を観察していくことになる。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 457kg
○良好な成長を促すため、パドック放牧とウォーキングマシンでの運動を1日1時間行っている。
○併行して馴致調教を進めており、現在は馬房内での背慣らしや腹締め等を経て、厩舎内廊下で人が跨って常歩とダクを踏ませている。
○初めて人を背にした際には一瞬煩くなりそうな素振りを見せたが、意外にも我慢強く、暴れることはなく、無難に調整をこなしてくれている。


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○日中放牧と1日1時間のウォーキングマシン調整
○肝が据わった性格ということもあり、多少のことで動じることはない。
○成長を見定めてからになるが、近々背慣らし等の初期馴致を開始する予定。
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 447kg
○牡馬としては現状やや薄手に見えるため、まずは成長を促す方針
○現在は日中放牧を行い、その合間に1日30分のウォーキングマシン馴致を行っている。
○放牧地で見せる走りにはいかにも牡馬らしいダイナミックさがあり、近い将来コースに入った際に豪快な脚捌きを見せてくれることは間違いなさそう。


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 424kg
体高: 157cm
胸囲: 176cm
管囲: 20cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"46.マリサット(ドラゴンマリーンの05)の近況"へのコメント

CommentData » Posted by はまる at 07/06/17

いつもわざわざコメントすいません。マリサットは自分的には一番気にいってる馬なんでいつも楽天馬さんのコメントも楽しみにしてます。やはり体質が気になりますか、僕はトモなんか随分良くなってきて更に楽しみにしてたとこですわ。やはり馬体の見方はいろいろ難しいですね。ただ無事にいけば本馬は兄弟や母から見て早いうちから能力出せる切れる馬になれると期待してます。お互い期待してまちましょう

CommentData » Posted by はまる at 07/07/31

楽天馬さんどうもです。どうもマリサットのコメントが先月と同じだと思うのですがどうでしょうか?さて新しい更新の近況も見ましたが正直ガッカリでした。よく言われる体質のせいなのかは断定できませんが年明けデビューも覚悟しないといけませんね。二ヶ月続けて写真は顔しか見れないとは思ってませんでしたよ。しいて言うなら眼が綺麗で男前なんがすくいですがね。本馬はじっくり待つ覚悟でおります。

"46.マリサット(ドラゴンマリーンの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門