このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

47.プラチナベール(オーベルゲイドの05)の近況

Posted at 07/07/28 Comment(1)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

47.プラチナベール(オーベルゲイドの05)の近況

【楽天馬の戯言】
馬体はいつも言うように申し分ないですね。初めて気にしますが、この馬は管が細いですね。そこだけ見ていると細すぎてドキッとしますね。さて、デビューが近くなってきました。本馬もデビュー時は注目されるでしょうね。今から楽しみです。
【これまでの成長過程評価:★★★★★★☆】
---------------------------------
07/7/13
NF早来
○屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行っている。
○また週2回は坂路でハロン14~15秒を計時している。
○攻めを強めても性格のよさはそのままで、日々心身の成長を感じることができる。
○毎週木曜日に行っているゲート練習も順調に消化できているので、今夏を境に更に飛躍を遂げてくれることだろう。
---------------------------------
07/6/29
NF早来
馬体重:463kg
○疲れの見られた背腰もすっかり回復し、現在は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行っている。
○週回は坂路でハロン14~15秒を計時する等、大幅にペースを上げている。
○「欲を言えばもう少々腰に力強さが欲しいところですが、ここにきて身体全体を上手く使ったキャンターが実現できるようになってきました。」
○本馬は27日に行われ第2回産地馬体検査を受検しております。


---------------------------------
07/6/15
NF早来
○周回コースでハロン20秒のキャンター2000mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、週2回は坂路でハロン15秒のキャンターを消化している。
○ペースアップ前に疲れはどの馬にも大なり小なり出るもので、本馬もそこを乗り越えることで一つ上のステージに上がれた雰囲気がある。
○今後もじっくりと進め、真の力強さを身につけていきたい。
○本馬は6月末に行われる第2回産地馬体検査を受検いたします。
---------------------------------
07/6/4
NF早来
○6月末に行われる第2回産地馬体検査を受検することになった。
---------------------------------
07/5/31
NF早来
馬体重: 456kg
○周回コースでハロン20秒のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行い、週2回は坂路でハロン17秒のキャンターを消化している。
○背中の疲れが取れたことでキャンターに柔軟さが戻っており、どのコースでもしっかりとした走りができるようになってきた。


---------------------------------
07/5/15
NF早来
○屋内周回でキャンター2000mの後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○これまではハロン16秒程度まで進めていたが、幾らか背中に疲れが溜まっている感じがあるため、ペースダウンし回復に努めてきた。
○その甲斐あって状態は上向いてきており、そう時間もかからず元のペースに戻すことができるだろう。
---------------------------------
07/4/27
NF早来
馬体重:457kg
○屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、週2回はハロン16秒を計時している。
○馬体重の増減はないが、見た目に身体が引き締まり、いい筋肉がついてきた。
○徐々に負荷を高めているが、最後までバテることなく、しっかりとした脚取りで走り抜けることができるようになった。


---------------------------------
07/4/13
NF早来
○屋内坂路でのハロン17秒のキャンターと屋内周回コースでのハロン18秒のキャンター1800mを基調に、週2回は屋内坂路でハロン16秒を計時している。
○乗り役からも首をしっかり使った走法が身についたことで背中のクッションに安定感が出てきたといい意見が挙がっているように走りは着実に進化しているだ。
---------------------------------
07/3/30
NF早来
馬体重:459kg
○屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本、屋内周回コースではハロン18秒のキャンター1800mを行い、週2回は屋内坂路でハロン16秒をマークしている。
○ここ最近はトモに筋肉がつくと同時に腹回りの脂肪が取れ、全体的にシャープな馬体造りに変わってきた。
○幾分神経質な馬ではありますが、徐々に落ち着きが増しており、確実な成長を見て取れる。


---------------------------------
07/3/15
NF早来
○屋内周回コースでキャンター2000mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○精神面の成長には目を見張るものがあり、ここにきて我慢強さも出て、登坂時には迫力のあるキャンターができるようになってきた。
○母系からジワジワ成長を遂げるタイプだと思われるので、今後の伸びしろはかなりのものがあるだろう。
---------------------------------
07/2/28
NF早来
馬体重:461kg
○屋内周回コースでダク300mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○見た目に幼さが残る馬体ですが、乗り進める毎にいい張りが増してきている。
○普段は多少神経質な面もありますが、ひとたび調教場に入るととても従順な姿勢を見せており、乗り役の指示にもスムーズな反応を示している。


---------------------------------
07/2/15
NF早来
○屋内周回コースでダク600mの後、屋内坂路でハロン18-17秒のキャンター1本を行っている。
○バランスの取れた理想的な成長を遂げていることから益々安定感のある体型となってきており、あとは父のよさを更に体現できれば、ケチの付け所のない好馬体となることだろう。
---------------------------------
07/1/31
NF早来
馬体重:452kg
○屋内周回コースでダク600mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○継続して乗り込んでいることもあり、ここ最近は以前に比べて力んで走ることがなくなり、脚捌きに柔らかさとスムーズさが増してきた。


---------------------------------07/1/15
NF早来
○屋外周回コースでダク300mの後、屋内坂路でハロン19~21秒のキャンター1本を行っている。
○キャンター時には卓越した柔らかさの中にもしっかりとした脚取りを感じることができ、また低速度の時でも鞍上の指示にしっかり従い、ムキになることはない。
---------------------------------
06/12/27
NF早来
馬体重: 450kg
○屋外周回コースでダク300mを行った後、屋内坂路でハロン21秒のキャンター1本を消化
○良好な代謝が進んでいる馬らしく、身体全体の肉付きはとても安定しており、ここにきて腰周りの発達も目につくようになった。
○ここまでの成長過程からまだ大きな伸びしろがあることは間違いなく、来春にはガラッと変わった姿を見ることができるだろう。


---------------------------------
06/12/15
NF早来
○屋内周回コースの外郭でダク600mを行った後、屋内坂路でハロン23~24秒のキャンター1本を行っている。
○このところの馬体重の増加はほぼ成長分と言え、見た目の太目感は全くない。
○今後は周回コースでの乗り込みを増やしていくことになるが、ここまでの成長過程から来春には大きな変わり身を期待できそうだ。
---------------------------------
06/11/30
NF早来
馬体重: 447kg
○屋内周回コースの外郭でダク600mを行った後、屋内坂路でハロン25秒のキャンター1本を行っている。
○まだ軽めではありますが、全身を使った柔らかなキャンターができる馬で、これから集中力が備われば更に良い動きに変わってくるだろう。


---------------------------------
06/11/15
NF早来
○屋内周回コースと屋内坂路で軽めのキャンター
○まだ集中力を欠く面はあるものの、動きの質の高さには定評がある。
○現在、グングンと成長している感じなので、今後も良好な成長を促すため、馬本位の調教メニューを組んでいきたい。
---------------------------------
06/10/31
NF早来
馬体重: 434kg
○この中間、帯ずれを起こしたこともあり、様子を見た時期もあったが短期間で良化し、現在は周回コースでダクとごく軽めのキャンターを行っている。
○幾分馬体重が減少したように馬体全体が引き締まりを見せ、余裕のあった腹回りも軽い身のこなしができるくらいにシャープなものとなりつつある。


---------------------------------
06/10/13
NF早来
○厩舎周りでの常歩と1日1時間のウォーキングマシン調整
○標準サイズの馬格ですが、ここ最近は背腰に伸びが出てきており、腹回りも十分なものに成長、まだ背丈は伸びそうで最終的には中型サイズの安定した馬体造りに収まりそうだ。
○身のこなしは柔軟性に富んでおり、いかにも成長力がありそうなタイプに思える。
---------------------------------
06/9/29
NF早来
馬体重: 441kg
○現在は鞍付け等を経て、毎日厩舎内廊下での常歩と1時間のウォーキングマシン調整
○当歳時から素直さが目立つ馬で、学習能力の高さは群を抜いており、飲み込みの早さには舌を巻くものがある。


---------------------------------
06/9/8
NF早来
馬体重: 445kg
体高: 151cm
胸囲: 175.5cm
管囲: 18.3cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"47.プラチナベール(オーベルゲイドの05)の近況"へのコメント

CommentData » Posted by きづき at 07/06/17

こんばんは。以前、コメントさせていただいた、きづきです。おかげさまで愛馬(フォーカライズ・プラチナベール)は2頭とも順調に成長しているようで何よりです。
自分としては、10月以降のデビューが希望なので何とかこのまま頓挫せず無事にデビューを迎え、あわよくばクラッシック戦線を騒がせる位の競走馬になって欲しいと願っています。実は、この前の世代でも『アルセイド』に出資しておりましたが、遅生まれな上、体質が弱かった為やっとデビューしたにもかかわらず骨折引退となってしまい、悔しい思い(特に調教はなかなかの時計を出していた様なので殊更に)をしており、一口馬主の難しさを痛感しています。今後も楽天馬さんの為になる情報(血統は名馬のエピソード何かも好きです。あと当たらないG1予想(笑)も)を楽しみにしておりますので宜しくお願い致します。

"47.プラチナベール(オーベルゲイドの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門