このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

56.ケイティーズベスト(ケイティーズファーストの05)の近況

Posted at 07/08/13 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

56.ケイティーズベスト(ケイティーズファーストの05)の近況

【楽天馬の戯言】
タイミング的にはちょっと不可思議なトレセンへの移動ですね。調教師が入厩させたいと言ったのでしょうか。
確かに一時期ハロン14秒まで進んでいたので、ハロン15秒くらいには比較的早く戻ると思います。
しかしながら、骨瘤が治まって間もないので、トレセンで時間をかけるつもりならまだわかるのですが、23日入厩はちょっと早い感じですね。大丈夫かな?
馬体は、前後躯はしっかりしていて、良い筋肉がついてきていますが、まだ若干背腰が弱い印象を受けます。いきなり早いところをやると疲れが出てきそうな感じです。
良血馬なので、いきなり勝ち上がれるくらいの良い状態でデビューさせたいですね。
【これまでの成長過程評価:★★★★★★☆】
---------------------------------
07/8/10
NF空港
○19日に山元トレセンへ向けて移動予定。移動後は今のところ23日に栗東入厩予定。
---------------------------------
07/8/1
NF空港
○ 「来週、北海道で馬の状態を確認した上で山元トレセンに移動させるプランをもっています」(石坂師)
---------------------------------
07/7/31
NF空港
馬体重: 498kg
○屋内坂路でハロン18~20秒のキャンターを行い、1日おきに登坂本数を2本に増やしている。
○まだ水冷によるケアは必かと思われるが、左前脚骨瘤は乗り進めても馬が気にするところもなく、見た目にも脚元の状態に悪化はないところを見ると、今後も順次ペースを上げられそう。


---------------------------------
07/7/13
NF空港
○楽をさせたことで左前脚管骨の骨瘤は治まってきた。
○現在は乗り運動を開始しており、屋内坂路でハロン18~20秒のキャンターを行っている。
○現状において骨瘤は落ち着いているが、固まりきっていないことで再度痛みが出る可能性もあるので、調教後には入念にケアを行っていきたい。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重: 492kg
○ウォーキングマシン調整を行っている。
○「華奢に見えた馬体が一気に成長したのは良かったのですが、それが原因で脚元に負担がかかったようです。左前管骨の骨瘤が大きくならないようにしばらくの間、ウォーキングマシンで様子を見ていました。馬も気にしなくなったので6月中旬に試し乗りを行いましたが、若干歩様に違和感があったので、再度ウォーキングマシンにペースを落としました。休養はそう長引かないと思いますが、当面の目標を今秋に切り替え、慎重に進めていきます」(空港担当者)


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○左前脚骨瘤を考慮し、しばらくウォーキングマシンのみで様子を見てきたが、熱感、痛みともに治まってきたため、6月中旬より乗り運動を再開した。
○現在は常歩やダク調整を行っている。
○6月入厩を目指していただけに今回の休養は残念だが、元気な姿を見るといい意味でガス抜きになったようだ。
○現時点では試し乗りの段階だが、問題なければすぐにキャンターを開始し、夏以降の入厩をも目標にペースを上げていくことになる。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:474kg
○ウォーキングマシンにペースダウン。
○「6月中の栗東入厩を視野に、屋内坂路でハロン15秒のキャンターまで進めてきましたが、左前脚を気にする面があったため、26日にレントゲン検査を実施しました。その結果、左前管骨にごく小さな骨瘤が形成されていることが分かりました。大きくなるのは困るので、腫れ、熱感が引き、馬が気にしなくなるまではウォーキングマシンで様子を見る予定です。今後は秋デビューに切り替え、進めていくことになります」(空港担当者)


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内周回でハロン20秒程度のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行っている。
○また週1回はハロン14秒のキャンターを消化している。
○継続して高い負荷をかけていることでますます力強さが増しており、更に充実した調教を積める状態を維持できている。
○これまでの過程から十分な基礎体力を有していることは明らかで、これから速めの調教を開始した際、相当な馬に変貌を遂げる可能性は大といえる。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:456kg
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○また週2回はハロン14~15秒のキャンターを意欲的に乗り進めている。
○ハロン15秒を切るペースを始めて暫く経つが、疲れは一切なく、坂路の最後までしっかりとした脚取りで駆け上がっている。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、週2回はハロン15秒を計時している。
○ペースアップを行ってからもテンションの高揚は見られず、飼葉喰いも安定していることから、いい基礎体力がついてきたことがありありと分かる。
○馬体面、健康面とも高い次元で推移しており、今後も予定通りのペースアップを行うことができそうだ。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:462kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、週2回は屋内坂路でハロン15秒を計時している。
○15-15を開始してから、そう時間は経っていませんが難なくこなしており、手応えには余裕があり、卓越したいいフォームを見せている。


---------------------------------07/3/15
NF空港
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○元から精神面、馬体面のよさは目立っていたが、ここにきて馬がグンと良化し、牝馬ながらに質のよいしっかりとした筋肉がついてきていることは褒めてもいいだろう。
○本馬は4月に行われる第一回産地馬体検査を受検する。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:473kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○全ての面において強調点が多い馬ですが、最近では坂路を登坂する際、ただ一生懸命に走るだけではなく、しっかりとハミを取り、我慢が必要なところは我慢するような、頭を使って運動することを覚えてきた。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン20-18秒のキャンター1本を行っている。
○本馬はキャンターの質の向上には素晴らしいものがあり、しっかりとハミを取り、真一文字に坂路を駆け上がることができている。
○走りの随所に持てるパワーを感じさせる馬で今後の成長がとても楽しみ。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重:475kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○ここにきて随分ペースを上げているが、疲れも皆無で体調の変動もなく、元気いっぱいの毎日を過ごしている。


---------------------------------07/1/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン21~22秒のキャンター1本を行っている。
○精神面に逞しさが出てきていることから、物事に動じることも少なくなり、ゆったりとしたペースでも落ち着いて走ることが出来ている。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 478kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン22秒のキャンター1本を行っている。
○継続した乗り込みを行っていることで、馬体の随所にいい筋肉がついてきており、それに伴い力強い走りが実現できるようになってきた。
○ここまで狙った通りの成長を遂げていることもあり、更に速いペースを課しても涼しい顔でこなしてくれることだろう。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○この中間も順調に乗り進め、現在は屋内周回コースで軽めのキャンター1200mの後、屋内坂路でハロン23秒程度のキャンター1本を行っている。
○徐々にペースアップを図っていますが、キャンターに力みは一切なく、ゆとりをもった走り方を会得できている。
○馬体に見合った力強い脚捌きを見せるようになっており、狙った通りの成長を遂げていることがありありと分かる。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 480kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1200mの後、屋内坂路でハロン25秒程度のキャンター1本を行っている。
○乗り運動を継続していることから、精神面の成長も著しく、以前見られた頑固な性格もだいぶ影を潜め、落ち着きが目立つようになってきた。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○屋内周回コースでダクとハロン25秒程度のキャンターを行っている。
○普段はおっとりとして一見重苦しい感じを受けるが、調教ではとてもキビキビとした動きを見せている。
○まだ走りに集中し切っていない感じもあるが、今後精神面が成長すれば、自ずと解消してくるだろう。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 470kg
○乗り運動も順調に進み、現在は屋内周回コースでダクとハッキングを行い、併せて1日50分のウォーキングマシン調整を行っている。
○相変わらず気が強く、頑固なところを見せているが、物覚え自体はとてもよく1つ1つ納得しながら調教をこなしており、その姿は頼もしい限り。


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○周回ダートコースでダクとハッキングキャンターを行っている。
○骨太で骨格がとてもしっかりしていることから、現時点においても桁外れのパワーを披露している。
○ダートコースでの脚捌きも見るべきものがあり、今後の調教負荷が活力溢れる母系の血を存分に引き出してくれることだろう。
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 469kg
○初期馴致も無事終了し、コースでの乗り運動を開始している。
○現在は周回ダートコースでダクを毎日行っている。
○多少気の強い面があり、時にわがままなところを見せることがあるが、日々の調教に影響するほどのものではなく、調教を進めていくうちに自ずと解消するだろう。


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 454kg
体高: 161cm
胸囲: 185cm
管囲: 20cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"56.ケイティーズベスト(ケイティーズファーストの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門