このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

9.バイヨン(ティエッチダンサーの05)の近況

Posted at 07/11/30 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

9.バイヨン(ティエッチダンサーの05)の近況

---------------------------------
07/11/27
山元TC
周回と坂路でハロン14~18秒のキャンター調整。「スクミが再発することもなく、順調に乗り込めていますね。継続してハロン14秒くらいで乗り込んでいます。よりストレスの強い環境のトレセンでスムーズさを欠いてしまっているので、今回はさらに乗り込み、強い基礎体力を培っていきます」(山元担当者)
---------------------------------
07/11/20
山元TC
周回と坂路でハロン14~18秒のキャンター調整。「念のため血液検査の結果を改めて確認しましたが、数値からもスクミの症状は落ち着いてきています。これなら問題ないと判断して、今週から若干ペースを上げました。体力強化を図り、出来るだけいい状態で送り出せるようにしていきます」(山元担当者)
---------------------------------
07/11/13
山元TC
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。週2回15-15。「スクミの症状自体は落ち着いて見せています。今の感じからすれば血液検査は併行して行かなくても良さそうです。脚元も心配ないですね。このまま乗っていき体力強化を図っていきます」(山元担当者)
---------------------------------
07/11/6
山元TC
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。週2回15-15。「スクミの症状はだいぶ落ち着いていて、状態を見ながら調教を進めています。今週より15-15も取り入れ始めました。以前疲れの出た前脚の状態は、今のところ安定していますね」(山元担当者)
---------------------------------
07/10/30
山元TC
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。「先週末に出た血液検査の数値を見ると、スクミの症状は少し良くなっている状態でした。まだ本格的な乗り込みをするまでにはいたりませんが、少しずつ負荷を掛けていければと思います」(山元担当者)
---------------------------------
07/10/23
山元TC
周回と坂路で軽めのキャンター調整。「先週までは周回コースだけの運動を行っていましたが、馬はだいぶ楽になっているようなので、今週から坂路でも乗り始めています。しかし、スクむ気配はまだありますし、軽めのペースに留めています。近いうちに血液検査の結果が出ますので、数値を比較して、検査上でも状態が良くなっているようであれば、ペースアップしていきたいですね」(山元担当者)
---------------------------------
07/10/16
山元TC
周回で軽めのキャンター調整。「先週に引き続き軽めの運動を行っています。移動後すぐに血液検査を行いましたが、若干高めということはありますが、何とも言えない状況なのでもう一度検査を行い、数値でも比較をしながら取り組んでいこうと思っています」(山元担当者)
---------------------------------
07/10/10
山元TC
7日に山元トレセンへ放牧移動。周回で軽めのキャンター調整。「短期間でこちらに帰ってきたのは残念ですが、こればかりは生き物ですし仕方ありません。今のところスクミの症状はだいぶ落ち着いていますし、移動する前もトレセンで軽めには乗っていたようなので、こちらでも軽めの運動は行っています。山元でも改めて血液検査を行い状態を確認する予定で、その結果を見た上で今後の調教方針を決める予定です」(山元担当者)「先週末に念の為エコー検査を行いました。検査の結果、疲れはあるものの致命的なダメージがあるわけではありませんでした。しかし、今の疲れが大きくなっていくと、大きな怪我につながりかねないので無理はさせないほうがいいでしょう。まだ体が出来ていないだけに脚元に負担が掛かってしまうのでしょう。現在の脚元の状況はそう心配ではなかったのですが、スクミが連日続いてしまい、こちらの症状の方がキツイかったですね。軽めに運動し、改善の方向に向かいかけていましたが、症状が酷かっただけに無理すると筋肉に痛みが残ってしまい、後々に悪い影響を与えかねないので、無理せず放牧に出しました。再度放牧という形になってしまい残念ですが、今は楽をさせてしっかりリセットしてもらいたいと思います」(萩原師)
---------------------------------
07/10/3
萩原厩舎
3日は軽めの運動のみ。「帰厩後、状態を見ながら調教を行っていました。しかし、運動を行うにつれて左前脚に疲れが出ており、馬自身が気にしているので無理をしないようにしています。またスクミの症状も見せているので、血液の流れを良くするために適度な運動を行っています。おそらく環境が変わったことと、馬がまだ幼いことで疲労が溜まっているのでしょう。脚元を含め、今後も様子を見た上でになりますが、必要であれば再度放牧に出さざるを得ないかもしれません」(萩原師)
---------------------------------
07/9/27
萩原厩舎
27日に美浦帰厩。「予定を前倒しして27日に帰厩させました。まだ帰ってきたばかりなので、運動を開始しつつ状態を確認していく必要があるでしょう。ゲート試験は合格しているので様子を見つつデビューに向けて進めていきます」(萩原師)
---------------------------------
07/9/25
山元TC
周回と坂路でハロン14~17秒のキャンター調整。まだ未定も29日に美浦帰厩するプランもある。「継続して乗り込んでいることで、以前に比べると徐々に動けるようになってきました。今週末に検疫の申込はしてありますが、まだ確定ではなく、直前の状態を見て師と相談した上で最終的な入厩日を決めることになると思います」(山元担当者)
---------------------------------
07/9/18
山元TC
周回と坂路でハロン15~17秒のキャンター調整。「15-15前後の調教を取り入れて、土台強化に取り組んでいます。徐々に動けるようにはなっていますが、急激に変わるものでもないので、継続して鍛えていくことに専念していかなければならないでしょう」(山元担当者)
---------------------------------
07/9/11
山元TC
周回と坂路でハロン15~17秒のキャンター調整。「15-15を継続して、より負荷をかけた調教を行っていますが、まだ幼さを随所に見せていることは変わりありません。まだ強い調教に耐えうる体力が付ききっていないようなので、暫くはこれまで同様に乗り込んで成長を促がしていかざるを得ないでしょう」(山元担当者)
---------------------------------
07/9/4
山元TC
周回と坂路でハロン15~17秒のキャンター調整。「先週から15-15も取り入れていて、より負荷を掛けた状態で土台強化を行っています。しかし、やはり速いところに行くとアゴが上がってくるように、まだ調教内容に体が追いついていない状況ですね。引き続き今の調教を積み重ねていくことになると思います」(山元担当者)
---------------------------------
07/8/28
山元TC
周回と坂路でハロン17秒のキャンター調整。「継続して調教を行っていますが、まだ幼さが見られるのは変わりありません。馬体重は450キロ台と以前に比べればだいぶ増えてきてはいますが、まだ中身が伴っていないといった感じです。見た感じ太め感もないですし、この後もじっくり乗り込んで体力強化を図り、更なる成長を促がしていきたいと思います」(山元担当者)


---------------------------------
07/8/21
山元TC
周回と坂路でハロン17秒のキャンター調整。「体調面の不安はないのですが、まだ随所に幼さが残るので、体力強化に励んでいるところです。すぐに競馬に向かうことも可能ですが、中身が伴わすために暫くは今の調教を継続して成長を促がす必要があるでしょう」(山元担当者)
---------------------------------
07/8/14
山元TC
坂路でハロン17秒のキャンター2本。「問題なく与えられたメニューを消化できていますが、まだまだ幼い面が見られますね。見た目には僅かながらキ甲が抜けてきているように感じますが、ハロン15秒を切る調教を行うとまだ付いて行くのにやっとといった感じです。今後も体力強化に取り組んでいきます」(山元担当者)
---------------------------------
07/8/7
山元TC
坂路でハロン17秒のキャンター2本。「体が小さく、まだ随所に幼さが残るのが現状ですが、暑い時期にも関わらず体調面の変動は見られません。腰には引き続きケアを行っていますが、ひどいものではないので心配いりませんよ。今後の成長を促がしながらの調整を行っていきます」(山元担当者)
---------------------------------
07/7/31
山元TC
周回でキャンターを踏んだ後、坂路で15-15を1本。「腰をはじめまだ疲れが見られますが、まだ馬が若く、体力が不足しているためのものでしょう。そう酷いものではありませんよ。師も言っているように、今は焦る時期でもないでしょうし、成長を促がしながら取り組んでいきます」(山元担当者)


---------------------------------
07/7/25
山元TC
周回でキャンターを踏んだ後、坂路で15-15を1本。「腰に若干の疲れは残りますが、15-15を行えているように大きな問題ではありません。師が状態を確認し、『キ甲が抜けていないようにまだ幼いところがある。ゲート試験も受かっているし、当面はしっかり成長させ、体力をつけた上で入厩を考えたい。そのほうが馬のためにいいと思う』と話していました。今後も現状に見合ったいい負荷をかけ、良好な成長を促していきたいと思います」(山元担当者)
---------------------------------
07/7/17
山元TC
坂路でハロン16秒のキャンター調整。「今のところ脚元にもそう目立った疲れは見られませんし、順調に調教を積むことが出来ています。腰に若干疲れやすい面は見られますが、上手くケアしながら進めていくつもりです」(山元担当者)
---------------------------------
07/7/10
山元TC
坂路でハロン16秒のキャンター調整。「山元に移動してきてからは脚元を含め特に疲れを見せることはありません。すでにゲート試験は受かっているので、あとはデビューに向けて進めるのみです。今後はいつ帰厩の声がかかっても良いように乗り進めていきます」(山元担当者)
---------------------------------
07/7/3
山元TC
○坂路で軽めのキャンター調整。
○「先週山元トレセンへ移動してきました。まだ移動してきて日が浅いのもあるので、軽めの調教で様子を見ています。目立った疲れがあるようであれば回復に専念するつもりですが、今のところ脚元含め大きな疲れはなさそうなので、スムーズに進めていけるのではないでしょうか」(山元担当者)
---------------------------------
07/6/29
山元TC
○29日に山元トレセンへ移動。


---------------------------------
07/6/28
萩原厩舎
○28日にゲート試験を受け、無事合格。
○「27日の段階では28日もゲート練習のみにしようと考えていたのですが、練習の感じから良さそうだったので、試験を受けてみたところ、無事に合格してくれました。これで第一の目標はクリアですね。しかし、まだ体に幼さの残る馬なので、無理をさせず一旦放牧に出すことにします。早い時期から走れる馬だと思いますが、ただ出走するだけの馬ではなく、活躍できる馬にしたいと考えているので、今無理に押していく必要はないでしょう。ゲート練習のストレスもあるでしょうし、29日か30日に山元に出して、一息入れてあげたいと思います」(萩原師)
○29日もしくは30日に山元トレセンへ放牧予定。
---------------------------------
07/6/27
萩原厩舎
○27日は馬場入りし軽めのキャンター調整とゲート練習。
○「引き続きゲート中心の調整を行っています。脚元の疲れもしっかりケアを行っていることで、いい意味で状態は変わりなくきています。明日以降もゲート練習を行っていき、状態に合わせて試験日を選んで行くつもりです」(萩原師)
---------------------------------
07/6/20
萩原厩舎
○20日は軽めのキャンター調整とゲート練習。
○「ゲート練習と乗り込みを並行して行っていますが、まだ幼く、馬体に負担が掛かりやすい感じです。まだゲートに合格していないので、検討段階ではありますが、合格後の状態によっては一旦放牧へ出すことも視野に入れています」(萩原師)
---------------------------------
07/6/13
萩原厩舎
○13日は馬場入りし軽めのキャンター調整とゲート練習。
○「じっくりと乗り運動を行って、ゲートも徐々に進めていますが、まだ反応が鈍く、もう一息の状態ですね。まだ入厩して日も浅いですし、馬も若いので、体力面からも焦らずに進めていくことが大事でしょう」(萩原師)
---------------------------------
07/6/6
萩原厩舎
○6日は馬場入りし軽めのキャンター調整とゲート練習。
○「先週入厩してからは早速乗り運動を行っています。ゲート練習も行っていますが、6日からはゲートから出していく内容を取り入れています。まだ思ったほどの反応がありませんが、まだ始めたばかりですし、じっくりやって行き、一つずつ課題をクリアしてくれればと思います」(萩原師)
---------------------------------
07/6/4
萩原厩舎
○2日に美浦入厩。
---------------------------------
07/5/31
山元TC
馬体重:421kg
○29日に空港牧場を出発し、30日に山元トレセンへ到着。
○6月2日に美浦入厩予定。
○「屋内坂路等で週2回はハロン14秒を計時し、仕上がりも随分進みました。かなりいい出来で送り出せたと思います。スピードタイプで父の産駒としては比較的早めに馬が出来ている感じです。入厩後の状態にもよるでしょうが、十分夏デビューを果たせると思います」(空港担当者)


---------------------------------
07/5/25
NF空港
○6月2日に美浦入厩予定。
---------------------------------
07/5/15
NF空港
○回ダートでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン15秒のキャンター1本を行っている。
○毎日ハロン15秒をマークしているように状態はすこぶるよく、走りにキレが出てきた。
○精神面の充実も顕著で、調教中の集中力、やる気には見るべきものがある。
○全ての面において、いかにも仕上がりが早そうなタイプなので、今後も早期デビューを目標に乗り進めていく。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:409kg
○常歩時もキビキビとした歩様を見せているように右前脚のソエはかなり良化してきた。
○状態の良さを反映するようにペースアップを図り、現在は周回ダートコースでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行っている。
○小柄な馬体造りであることを忘れさせるような勢いのある走りを見せており、坂路では常に前を行く馬を追い越さんと乗り役をグイグイ引っ張っている。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○右前脚のソエは落ち着き、順当にペースアップを図っている。
○現在は屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター1本を行っている。
○馬体にはまだ緩さが残るが、継続して密度の高いキャンターを消化できており、自ら前に進む気持ちに溢れている。
○今の雰囲気から気温の上昇とともに更なる大きな変わり身が見られるだろう。


---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:424kg
○右前脚のソエは若干残るものの痛みや歩様の乱れはなく、予定通りのメニューを消化できている。
○現在は周回ダートコースでハロン20秒のキャンター1800mと屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○ここにきての進展振りにはいいものがあり、特にハロン18秒を切ったあたりから、前向きな気性を常に前面に押し出すようになり、いいキャンターを繰り出せるようになってきた。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○周回ダートコースでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン18秒程度のキャンター1本を行っている。
○体調も良好で少しずつペースを上げているが、足腰がまだパンとしておらず、跨っていても緩さを感じる走りとなっている。
○ただし、普段の身のこなしにはいいものがあるので、馬体に一本芯が通るようなれば、卓越した動きを披露してくれることだろう。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:423kg
○屋内周回コースでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン20秒前後のキャンター1本を行っている。
○週2回は登坂本数を2本に増やし、負荷を高めている。
○一時期右前脚にソエが出たが、ペースを控えたことで、ほぼ気にならない程度まで回復してきた。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○右前のソエを考慮し、調教を控えてきたが、徐々に落ち着いてきたことから、再度ペースを上げている。
○現在は屋内周回コースで脚慣らしを行った後、屋内坂路でハロン23秒程度のキャンターを行っている。
○まだ馬体に緩みは見られるが、今後の乗り運動で解消する程度のものなので特段心配はしていない。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 425kg
○屋内坂路でハロン20秒を切るキャンターまで進んでいたが、右前脚にソエが出たため、ペースを落として乗り込んでいる。
○現在は屋内周回コースでダク800mのみを行っている。
○本格的な調教開始に向けてようやく軌道に乗りかけた矢先のことでとても残念だが、毎日巣入れ治療を行っていることもあり、熱感、痛みともに和らいできたようだ。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター2本を行っている。
○乗り運動を継続していることで筋肉の盛り上がりも増しており、また無駄肉も取れて、引き締まった好馬体に変貌を遂げてきた。
○気性面は順当に成長しており、調教中も落ち着きがあり、走りに集中できるようになってきた。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 428kg
○屋内坂路でハロン20~22秒のキャンター2本を行っている。
○動きの機敏さが目立つ馬で、いかにも瞬発力のある馬に育ちそうな印象を受ける。
○馬体重自体にそう変化は見られないが、順調な調整過程を踏んでいることもあって、見た目に良質な筋肉がついてきた。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内坂路でハロン25秒程度のキャンター2本を行っている。
○まだ、多少臆病な面は見られるが、調教を積み重ねることで、そういった面は解消してきている。
○ゲートを見せたり、中を通したりと初歩的なゲート訓練も併行して行っており、最初は物怖じすることもあったが、今ではだいぶ慣れが見られるようになってきた。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 422kg
○屋内坂路で軽めのキャンター2本を行っている。
○キャンターへ移行後も乗り役の指示に忠実に従い、小気味いい脚捌きを見せているが、時に物見をする等、まだ幼い面が残っている。
○また周囲にいる他馬が暴れるとそれに怯むようなところがあるように若干臆病な感じがする。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○屋内坂路にてダク
○脚元すっきり。
○体調良好
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 419kg
○馴致を消化
○ロンギ場でダク
○素直な性格


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○1日1時間のウォーキングマシン調整+馴致
○小柄だが骨量は豊か
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 410kg
○ウォーキングマシン調整+鞍付け・帯締め(まだ人が跨るところまで進んでいない)
○落ち着きがあり、常に堂々としている姿が印象的


--------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 416kg
体高: 149cm
胸囲: 173cm
管囲: 19cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"9.バイヨン(ティエッチダンサーの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門