このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

12.クロワッサンルナ(ササファイヤーの05)の近況

Posted at 07/11/30 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

12.クロワッサンルナ(ササファイヤーの05)の近況

---------------------------------
07/11/27
NF空港
周回でダク400m、ハロン20秒のキャンター2000m。「左前脚の状態は徐々に良化している感じで、乗り進めても腫れが来ることはありません。ただし太めが残っているので、今しばらくはペースを上げず、身体を絞りつつ、下地を作っていく必要があるでしょう」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/20
NF空港
周回でダク400m、ハロン20秒のキャンター2000m。「左前脚の状態は安定していますが、太目の現状で大幅にペースを上げるとぶり返す可能性もあるので慎重に進めています。この馬なりにいい負荷がかかっているようで徐々に馬体は絞れてきています。今後は身体をすっきりさせることに主眼を置き、その上で速めの調教に移行できればと思っています。馬体重は532キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/13
NF空港
周回でダク400m、ハロン22~23秒のキャンター1000m。「左前脚の状態は悪化もせず、安定しています。ペースアップを図りたいところではありますが、これまでの経緯からも油断は禁物です。もうしばらくはスローキャンターで様子を見て、体を絞り、また体を支える筋肉を養ってから次のステップへ進めていきたいと思います。その方が脚元にかかる負担も軽減されることでしょう」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/6
NF空港
周回でダク400m、ハロン22~23秒のキャンター1000m。「継続して乗り込んでいますが、左前脚の状態は良化している感じです。ただし、まだスローペースということで安定している可能性もあるので、近日中に検査を行うことも検討しています。馬体重は546キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/30
NF空港
周回でダク800m。「まだ軽めではありますが、この馬なりに順調に乗り進めることができています。負荷がかかっても、懸念された左前繋ぎに熱を帯びることがないことは何よりです。ただし、完全に不安が払拭できたわけではないので、出来る限りのケアを行った上で少しずつ負荷を高めていきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/23
NF空港
常歩運動を開始した。「左前繋ぎの腫れは治療を行うことでだいぶ良化したので、今週から乗り運動を開始しました。ただし、100%不安が払拭できたわけではありません。当面は試し乗り程度に留め、症状に変化があった際はすぐに乗り運動を休止することになります。馬体重は559キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/16
NF空港
ウォーキングマシン調整。「左前繋ぎの状態はほぼ平行線といった感じですが、腫れは若干緩和されているように思えます。ただし乗り運動を再開するには時期尚早と思われるので、今しばらくはマシンで様子を見ていくことになります」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/9
NF空港
ウォーキングマシンのみの調整。「左前繋ぎの腫れはまだ残るものの、ショックウェーブを行うことで徐々に緩和されてきている感じです。まだ休養と治療が必要と思われますが、様子を見ながら乗り運動の再開を検討していきたいと思います。馬体重は554キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/2
NF空港
ウォーキングマシンのみの調整。「左前繋ぎの腫れはまだ残るものの、先週よりは確実に良化しています。休んでいるので多少太くなっていますが、脚元のためにも必要最小限に留めたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/25
NF空港
ウォーキングマシンのみの調整。「左前脚繋ぎには疲れから来る腫れが残っています。この馬は元からのんびり屋さんで運動量の割には代謝が良くなく、その結果馬体重がすぐに増えてしまいます。今回の休養でもすぐに馬体重の増加が見られたので、飼料管理を再考する等対策を練っています。今後はできるだけ上体が増えないようにし脚元への負担を軽減していきたいと思います。馬体重は536キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/18
NF空港
ウォーキングマシンにペースダウン。「先週まではハロン17秒でいい感じに乗ってきましたが、今週になって左前脚に疲れが溜まったのか、少々ボーっとしたところが出たのでペースを落としました。乗り運動を取り止めたことで悪化こそありませんが大事な箇所に間違いはないので、しばらくは楽をさせて経過を観察していくことになります」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/11
NF空港
屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本。「飼料管理を徹底していますが、太り易い体質ということもあり、どうしても太目が残ってしまいますね。ただし、ここ最近は前向きさが出てきて、とても乗りやすくなってきました。今後は太目を絞るべく、現状に見合った負荷をかけていきたいと思います。馬体重は542キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/30
NF空港
馬体重: 528kg
屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行い、週3日は登坂本数を2本に増やしています。馬体重に変動はありませんが、ここ最近の気温上昇でいい汗をかいており、見た目に馬体に引き締まりが出てきました。それに呼応するように毛ヅヤにも冴えが増しているように内面の健康状態のよさを窺うことができます。ただし、前向きさに欠けるということにおいてはそう変わり身が見られず、まだ精神的に未成熟な面が残ることは否定できません。


---------------------------------
07/8/15
NF空港
屋内坂路でハロン18秒のキャンターを行っており、1日おきに登坂本数を2本にしています。春先は心身ともに成長途上な面が目立っていた馬ですが、ここにきて馬体には実が入ってきた感じです。ただし、精神面にはまだ幼いものが残っているので、今後もこの点に注意しながら調整を行っていきたいと思います。
---------------------------------
07/7/31
NF空港
馬体重: 528kg
屋内坂路でハロン18~20秒のキャンターを行っていますが、1日おきに1本、2本と交互に登坂本数に変化をもたせています。調教負荷を増やしたことで、いい感じに馬体が成長しており、腰の位置が随分高く見えるようになってきました。また最近は気温の上昇も手伝って、いい汗をかいており、次第に馬体も絞れてきました。大型馬でもあり、今の雰囲気からして今夏を境に大きな変わり身がありそうな感じです。


---------------------------------
07/7/13
NF空港
屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター1本を行い、週2回は登坂本数を2本に増やしています。調整パターンを変えてしばらく経ちますが、まだ目立った変わり身は見られません。ただし、少しずつではあるものの成長の跡は窺えるので今後もゆったりと乗り込み、成長を促していきます。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:535kg
○馬の気持ちにピリッとしたメリハリをつけるため、ここまで様々な調教場で乗る等、工夫を行ってきたが、いまひとつ変化が見られないため、この中間からは成長を促すべく、ゆったりと乗り進めるパターンに変更した。
○現在は屋内坂路のみでハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○夏を越えるまでははやる気持ちを抑えて、基礎的な調教を積み上げ、変わり身を引き出していく予定。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○以前よりも身体全体を使った動きに変わっていることもあり、トモ脚の力が弱いような感じが出てきたので、今後は上手い身体の使い方を教えつつ、全身を大きく使って走れるように矯正を行っていく。
○体調自体は高い次元で推移しているので、今後も安定した乗り込みを行っていけるだろう。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:520kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○継続して乗っている割には気持ちの面にピリッとしたところが足りない感じだが、幾分性格の改善が見られ、調教時の常歩では随分シャキシャキ歩けるようになり、覇気も徐々に感じられるようになってきた。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内周回でキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○順調に乗り進めているが、気性面は相変わらずおっとりとしており、もう少々荒々しいところが欲しい感じ。
○ただし、常にリラックスした姿勢で調教に臨めており、走りには滑らかさがありますので、今後は元来の気性を上手く活かした上で身体を造っていきたい。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:506kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○これまでは骨格がしっかりしている割に筋肉が伴っていなく、どことなく頼りない印象があったが、トレーニングを継続していることでいい筋肉がついてきており、次第に各所のバランスが取れてきた。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内坂路でハロン18秒のキャンターを行っている。
○乗り出してからは右前捻挫の違和感が出ることなく、今後も心配することはないだろう。
○まだ気合乗りに物足りないところはあるが、馬体の充実にはいいものがあり、いい筋肉がつき、バランスのよい造りとなってきた。
○今後の乗り込みで大きな変わり身がありそうで、更なるペースアップが今から楽しみ。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:500kg
○この中間、右前球節に捻挫を負い、ウォーキングマシンにペースを落としたが、軽度だったため乗り運動を再開した。
○現在は屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター1200mを行っている。
○乗り出し以降も歩様は安定しており、後遺症を気にする必要はなさそう。
○体調自体はよく、また頓挫する前には屋内坂路でハロン17秒と結構な乗り込みを行えていたことから、そう時間もかからず元のペースに戻すことができるだろう。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター1本を行っている。
○動き自体に問題はないが、いまひとつ覇気に欠ける感じ。
○ただし、馬によってはハロン15秒を行う前はこういったところが見られるので、内面的な体力がついてくれば自ずと自発的に前へ進んでくれるだろう。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:497kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター1本を行っている。
○乗り込み量、ペースともに十分なものがあるが、相変わらずのんびりしたところがあり、思うように気合が乗ってこない。
○大型馬ということも少なからず影響していると思われるので、今後も時間をかけて変わり身を引き出していきたい。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内周回コースでハロン25秒のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン20-18秒のキャンター1本を行っている。
○いい筋肉がつき、体力もだいぶついてきたことで、ペースアップには楽に対応できているが、性格的なものもあるのか、気合乗りに乏しいところがある。
○今後は元からの真っ直ぐな気性にプラスアルファを加えるような調教を課していきたい。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 503kg
○屋内周回コースでハロン25秒のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○この中間から更にペースを上げているが、涼しい顔でこなしている姿には頼もしさを感じることができる。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン21~22秒のキャンター1本を行っている。
○ペースを速めても以前と変わらず、落ち着きをもって調教に臨めているが、若干おっとりしすぎているきらいもあるので、今後は気持ちを乗せるように意識しながら、調教を行っていく。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 482kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mを行った後、屋内坂路でハロン22秒のキャンター1本を消化している。
○順当にペースを上げているように脚元はスッキリ見せており、馬体もいい負荷がかかっていることを証明するようにシャープさが増し、必要なところにハリのある良質な筋肉がついてきている。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1200mと屋内坂路でハロン23~24秒のキャンター1本を行っている。
○走りには徐々に力強さが見られるようになり、坂路を堂々と駆け上がっている。
○時に他馬に歩調を合わせ、前向き過ぎる走りを見せることがあるが、今後精神面の成長がなされれば自ずとマイペースでの調整ができるようになるだろう。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 480kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1200mと屋内坂路でハロン25秒のキャンター1本を行っている。
○運動量を徐々に増加してきたことで、集中力が高まり、落ち着きのある真面目な走りができるようになった。
○また、馬体の筋肉も徐々に厚みを増しており、坂路を駆け上がる際には力強さが見られるようになってきた。

---------------------------------
06/11/15
NF空港
○屋内周回コースと屋内坂路を併用して軽めのキャンターを実施
○まだ乗り込み量が少ないのと、気温が下がってきたので腹回りはポテッと映るが、皮膚は薄く、見所のある馬体造り
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 485kg
○以前は周回コースでダク1500m+ハミ受け→現在軽めのキャンターを開始
○大人しく素直な馬
○半兄が10月の東京で圧勝


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○周回ダートコースでダク1500m
○やや細身に映るが、少しずつ筋肉がついてきている。
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 494kg
○初期馴致を無事終了
○周回ダートコースにてダク
○しっかりとした骨格を有している割にまだ馬体が寂しい


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 474kg
体高: 156cm
胸囲: 179cm
管囲: 19.8cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"12.クロワッサンルナ(ササファイヤーの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門