このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

13.インディゴライト(ブルーラスターの05)の近況

Posted at 07/11/30 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

13.インディゴライト(ブルーラスターの05)の近況

---------------------------------
07/11/27
NF空港
周回でダク400m、ハロン20秒のキャンター2000m。「まだ緩いペースではありますが、継続して乗れているのは何よりです。トモ脚の状態、歩様ともに先週より良化しています。ここまでの経緯から油断はできませんが、今後もいいテンポでペースを上げていけそうです」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/20
NF空港
周回でダク400m、ハロン20秒のキャンター2000m。「まだ乗り運動を再開してから日は浅いですが、ショックウェーブをあてたことが良かったようで、いい感じのキャンターを踏めています。実際にトモ脚の状態、歩様はだいぶシャンとしてきました。この分なら冬場も密度の濃い運動を消化できるでしょう。馬体重は490キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/13
NF空港
周回でダク400m、ハロン22~23秒のキャンター1000m。「11月頭にショックウェーブをあてたことがいい方に出たようで両トモ脚の状態はだいぶよくなりました。これを受けて12日から乗り運動を開始しました。まだスローで様子見の調整ですが、このペースで1週間程度問題がなければ次のステップへ進めていきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/6
NF空港
ウォーキングマシン調整。「3日に両トモにショックウェーブをあてました。その甲斐もあって状態は少しずつ良化傾向にあります。この分なら1~2週間で乗り運動を再開できそうです。馬体重は501キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/30
NF空港
ウォーキングマシンにペースダウン。「段階を踏んでペースを上げてきましたが、27日に右トモ脚にハ行を発症してしまいました。以前と同様の症状ということもあり一過性のものと思いますが、まだ馬体に弱さが残るようです。乗り運動の再開は十分馬体をチェックしてからと考えています」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/23
NF空港
屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本。週3回は登坂本数を2本に増やしている。「ショックウェーブを行っている効果が出ており、馬体に痛いところがなくなってきた感じです。ペースこそ控え気味ですが、とてもスムーズな走りができています。登坂本数を増やしても堪えた様子はありません。今後は様子を見つつ、毎日の登坂本数を2本に増やすタイミングを図ることになります。馬体重は497キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/16
NF空港
屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本。「馬体の状態をできるだけよくするため、両前球節とトモ脚にショックウェーブをあてました。ここ最近は坂路でしっかりとした乗り込みを行えているように歩様は安定しています。今後もゆったりとしたテンポにはなると思いますが、いい形でペースアップができると思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/9
NF空港
屋外直線坂路でハロン18~20秒のキャンター1本。「左前脚のハ行は数日楽をさせたことですっかり良化しました。その後にハロン20秒を切る調教を開始していますが、何ともないところを見ると疲れから来るものだったようです。元から腫れによるハ行ではありませんでしたし、乗り運動を休止したわけではないので、今後はスムーズにペースを上げていくことができるでしょう。馬体重は496キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/2
NF空港
調教後に左前脚のハ行を発症したため常歩運動にペースダウン。「乗り運動を休止するほどのものではありませんですが、歩様が通常と少々異なったのでペースを落としました。現在は常歩で様子を見ていますが、回復状況もよく、程度も軽いので今後も乗り進めることができそうです」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/25
NF空港
屋外直線坂路でハロン22~23秒のキャンター1本。「この中間から坂路入りを再開しました。右トモ脚の状態に翳りはないように一時期の不調からは脱した感じです。今後も念のためショックウェーブ治療を交えながら進めていくことになります。馬体重は494キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/18
NF空港
今週から常歩を開始。「右トモ脚のハ行も治まってきたので、試し乗りを開始しました。まだ分からない点もありますが、ここまでの一連の流れを見ると一過性だった可能性が強いと思います。今後も状態を見つつ、徐々に進めていきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/11
NF空港
ウォーキングマシンにペースダウン。「右トモ脚にハ行を起こしたので乗り運動を休止しました。飛節のレントゲン検査を行いましたが、特に異常は見られませんでした。ハ行は残りますが、そう酷いものではなく一過性の可能性も十分あるので、今しばらくは経過を観察していきたいと思います。馬体重は488キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/30
NF空港
馬体重: 474kg
屋内坂路でハロン18秒(終いハロン17秒)のキャンター2本を行っています。休むことなく乗り続けていることで、体つきにはだいぶ逞しさが増しており、走り自体もかなりしっかりしてきました。キャンター時の身体の使い方も上手くなってきており、それに連れてフォームも大きく見せるようになりました。


---------------------------------
07/8/15
NF空港
屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター2本を行っています。調教に対する積極性も目立っており、また毛ヅヤの良さからも体調の良さを垣間見ることができます。ただ、父似と言ってしまえばそうなのですが、見た目に太め感があり、全体的に余裕残しの馬体造りとなっています。
---------------------------------
07/7/31
NF空港
馬体重: 470kg
周回ダートコースでしっかりとした下地を作り、基礎体力もだいぶ備わってきたので、この中間からは毎日坂路入りしています。現在は屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター2本を行っています。ここ最近はますますトモ脚が発達してきており、坂路をキャンターで駆け上がる際の力強さに磨きがかかってきた印象です。馬体は少し緩めに見えますが、これからペースを上げていくことを考えれば、いい意味でおつりがあるいい状態とも言えるでしょう。


---------------------------------
07/7/13
NF空港
周回ダートコースでハロン20秒程度のキャンター2000mを基調に、週2回は屋内坂路に入れ、ハロン16~17秒のキャンター2本を行っています。動きは日を追う毎に良化していますが、現状において腰高な姿勢で、まだまだ成長の余地を残していることは明白なので、今後もその時々に見合った負荷をかけ、良好な成長を促していきます。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:465kg
○ここまで砂の深い周回ダートコースで乗り進めてきた甲斐あって、徐々にトモの筋肉に厚みが増し、力強い脚捌きを見せるようになってきた。
○現在は周回ダートコースでダク400m、ハロン20秒程度のキャンター2000mを基調に、週2回は屋内坂路にも入れ、ハロン16~17秒のキャンター2本を行っている。
○ここ最近の成長には目を見張るものがあり、胴が伸びてきて、キャンター時のアクションがだいぶ大きくなってきた。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○周回ダートコースでダク400m、ハロン20秒のキャンター2000mを基調に、週2回は屋内坂路でハロン20秒のキャンター2本を行っている。
○走りの質自体も良化傾向にあるが、気持ちの乗りにもいいものがあり、実際に先頭を走っても物見をすることはなくなり、グッと集中してキャンターを行うことができるようになった。
○体調も安定し、毛ヅヤも良化しており、内臓面の健康状態も良好なようです。現時点において不安な点はないが、ここまでの過程を考慮し、今後も脚元には十分注意を払っていくことになる。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:457kg
○周回ダートコースでダク400m、ハロン25秒のキャンター2000mを行っている。
○これまで不安のあった左前脚球節の状態は安定しており、最近の調教では精神面の成長が随所に見られ、かなり前向きな気持ちが感じられるようになった。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○この中間は徐々に負荷を増やし、屋内周回コースでダク400m、ハロン25秒のキャンター2000mを行っている。
○調教を進めているように大きな問題はないが、若干ながら左前脚球節に疲れが見られるため、大幅なペースアップは控えている。
○当面はゆったりとしたペースでの乗り込みを継続し、しっかりした走りを教え込んでいきたい。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:460kg
○屋内周回コースでダク400m、ハロン25秒のキャンター800mを行っている。ただし、球節には若干ながら疲れが残るため、運動と併行してショックウェーブをあててケアに努めている。
○ここ最近は休みを挟んで乗り運動を行っていることで、ハミ受けやコースでの走り等を少々忘れがちなところがあるので、ハロンペースを上げる前に一つ一つ確認しながら進めていきたい。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター800mを行っている。
○左前脚球節の疲れは100%なくなったとは言い切れないが、ショックウェーブを定期的にあてていることでゆったりとしたペースならば乗り進められる状態にある。
○まだ身体能力の高さに身体がついていかない感じなので、当面はゆったりとしたペースで、基礎を作っていく。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:452kg
○左前脚球節に疲れが見られたため、2週間程度、ウォーキングマシンに留めていた。
○現在は状態が良化してきたことを受けて、屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター800mを再開している。
○身体能力の高さ故、身体にかかる負担が大きく、今回の症状が出たものと思われる。
○今後もゆったりとしたペースアップを心がけ、能力に見合った筋肉が身体全体につき、釣り合いが取れるのを待ちたい。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○右前脚球節の状態はかなり上向き、一時期、屋内坂路でハロン20秒程度のキャンターまで進めている。
○しかし、今度は左前脚球節に疲れが見られるようになったため、現在は1日2回のウォーキングマシンにペースを落としている。
○念のため検査を行ったが、目立って悪い箇所は見られないので、そう遠くなく乗り運動を再開する予定。
○なお、本馬は4月に行われる第一回産地馬体検査を受検する。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:453kg
○右前脚球節の症状が随分改善してきたことを受けて、ショックウェーブ治療を終了した。
○現在は屋内周回コースにてダク400m、ハロン25秒のキャンター1200mを行っている。
○まだ運動が軽いこともあって、馬体造りは良化途上で筋肉がつき始めるのはこれからといった感じだが、皮膚の薄さは同期の中でも群を抜くものがあり、素質の高さを垣間見ることができる。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター1200mを行っている。
○右前脚球節には定期的にショックウェーブ治療を行っているが、ここ最近はだいぶ落ち着いてきており、乗り進めても症状は良化の一途にある
○まだ油断はできないが、脚元も徐々に固まりつつある現状を加味して、少しずつ調教負荷を増やしていきたいと思う。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 449kg
○右前脚球節へのショックウェーブ治療を行いつつ、乗り運動を継続している。
○現在は屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター800mと少々ペースを上げて乗り込んでいる。
○ここまで課題の球節の状態は安定しており、キャンターを開始した後も悪化することはない。

---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内周回コースでダクと軽めのキャンター800m程度を行っている。
○ハミ受けや口向きにだいぶ上達が見られるようになった。
○この中間から軽めのキャンターを開始したように右前脚球節に悪化は見られない。
○ただし、まだ万全の状態とは言い切れないので、今後も慎重に調教メニューを組んでいきたいと思う。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 453kg
○右前脚球節の外側に相変わらず熱感が残っている。
○治療としてショックウェーブをあてているが、そう状態に変化が見られないため、現在は大事を取って、屋内周回コースでダク1200mを継続している。
○ペースアップできないのは残念だが、逆にこの期間を利用し、ハミ受けや口向きを徹底的に教え込んでいきたいと思う。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内周回コースでダク1200mを行っている。
○依然として右前脚球節に若干の熱感を帯びているため、軽めの調整に終始している。
○ただし、歩様には安定感があり、休養させるほどのものではない。
○馬体はいい感じに成長し、胸前やトモの筋肉には1歳馬離れした迫力すら感じることができる。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 451kg
○屋内周回コースでダク1200m
○乗り運動開始当初は前脚の球節に若干の熱感があったため、今はショックウェーブをあてている。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○厩舎周りで人が跨り、常歩
○脚取りはとても安定している。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 461kg
○ウォーキングマシン調整+馴致調教+厩舎内廊下で背慣らし
○馴致自体はスムーズにこなしているが、時折煩いところが見られる。


---------------------------------
06/10/25
NF空港
○24日に空港牧場へ移動
---------------------------------
06/10/13
NF-Y
○日中放牧+ウォーキングマシン調整+背慣らし
○短めの管や重心の低い馬体造りは丈夫さを約束させるに十分なもの
---------------------------------
06/9/29
NF-Y
馬体重: 455kg
○近々空港牧場へ移動
○日中放牧+ウォーキングマシン調整+背慣らし
○まだ人が跨っての調整を行っていない。
○放牧地で見せる走りはとても力強く、見た目以上に素軽い
○胸の深さにはいいものがあり、優れた心肺能力を兼ね備えている証拠


---------------------------------
06/9/8
NF-Y
馬体重: 451kg
体高: 148cm
胸囲: 174cm
管囲: 20cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"13.インディゴライト(ブルーラスターの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門