このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

15.フォーカライズ(フォーカルスターの05)の近況

Posted at 07/11/30 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

15.フォーカライズ(フォーカルスターの05)の近況

---------------------------------
07/11/28
山元TC
「レース後も早速軽めの運動を行い、ひいらぎ賞に向けて調整を進めていました。しかし左前の出が悪く、歩様があまり良くありません。念の為レントゲンを撮って状態を確認しましたが、骨には異常がありませんでした。元々脚元に敏感なところがある馬ですし、おそらくレースの疲れが脚元に出てしまったのでしょう。今無理をしても得なことはありません。これからの馬ですから一旦放牧に出し、休ませてあげたいと思います」(萩原師)12月15日の中山競馬(ひいらぎ賞・芝1600m)は回避。28日に山元トレセンへ放牧移動。
---------------------------------
07/11/26
萩原厩舎
23日の東京競馬ではスタートはひと息も、すぐに好位へ取りつく。直線は馬群を割って抜け出し優勝。「調教で少し掛かるようなところがあると聞いていたので、そのあたりを注意して乗りました。スタートは速くありませんでしたが、一気に脚を使って好位に取りつくことができました。道中は掛かるところもなく、落ち着いていましたし、スムーズな競馬ができました。直線は少し狭くなりましたが、馬群を割ってきたように、いい勝負根性がありますね。まだまだ良くなる馬ですから、これから先が楽しみです」(津村騎手)「スタートはひと息でしたが、調教とは違いレースででは掛かるところもなく、いい競馬ができました。この後は中山のひいらぎ賞あたりを目指したいですね。一度使われて馬体は締まっていましたが、まだ原形が変わってきません。完成するのはもっと先でしょうから、これからも成長を促しながら大事に使っていきたいと思います」(萩原師)12月15日の中山競馬(ひいらぎ賞・芝1600)を目標に置いている。
---------------------------------
07/11/22
萩原厩舎
21日は美浦南Wコースでの追い切り(54秒4-40秒3-12秒7)。「ダートの適性云々もあるでしょうが、前走の走りからも素質は確かだと思っているので前進は十分に期待できるでしょう。前回同様落ち着いてレースが出来れば楽しみです」(萩原師)23日の東京競馬(2歳未勝利・若手騎手限定・ダ1600m)に津村騎手で出走。
---------------------------------
07/11/15
萩原厩舎
14日は美浦坂路での追い切り(55秒2-39秒5-計時不能-12秒1)。「今週は終いを伸ばす調教でした。デビュー後から体調、動きは変わりなく来ていますし、いい状態を維持できていると見ていいでしょう。今週の競馬も視野には入れていましたが、間隔を詰めて使うことによって馬の負担も出てくるでしょうから、今週には向かわず来週の競馬を予定しています」(萩原師)今のところ来週の東京競馬を目標に調整されている。
---------------------------------
07/11/7
萩原厩舎
「レース後も状態は変わりありませんし、このまま在厩のままで次走に向かっていくつもりです。可能であれば中1~2週で次走を、と考えていますが、早い段階に適性を見たいこともあり、次はダートを試すつもりです。初戦は不完全燃焼でしたので、何とか巻き返したいですね」(萩原師)早ければ17日の東京競馬(2歳未勝利・ダ1400m)もしくは18日の東京競馬(2歳未勝利・ダ1600m)のいずれかに出走予定。
---------------------------------
07/11/5
萩原厩舎
4日の東京競馬では、スタートで大きく出遅れて後方2番手の位置に。直線いい脚で伸びてくるも届かず6着。「気持ちが入りやすいタイプで稽古の時からテンションが高めの馬でした。道中引っ掛かる可能性があったのであたりの強いハミを使ったのですが、もしかしたら効き過ぎてスタートが遅れたのかもしれません。次はそのあたりを工夫し、微調整して臨みたいと思います。今日はスタートがすべてで悲観する内容ではないでしょう。レース後の状態にもよりますが、このまま在厩で同じような条件に向かえればと考えています」(萩原師)「初めての競馬ということもあってか、かなりゆっくりとしたスタートになってしまいました。流れに乗れなかったのだから今日の結果も仕方ないと思います。遅れたものの、道中で馬自身が慌てるような面はなく、むしろ気合いを付けながらの追走でした。普段はテンションが若干高いとは聞いていましたが今日はそういった面も見られませんでしたし、一度競馬を経験したことで気持ちの面もピリッとしてくるでしょう。ガラッと変わってきてもいい馬だと思います」(田中勝騎手)
---------------------------------
07/11/1
萩原厩舎
10月31日は美浦南Wコースでの追い切り(68秒4-52秒9-39秒4-12秒9)。「週末は坂路でサッと乗りましたが、今週は先週と同じくウッドチップでの追い切りでした。併せた相手があまり調教掛けするタイプではないこともありますが、経験馬相手にしっかり先着していますし、デビュー前の馬としては合格点をあげられると思います。当初は1600mあたりを考えていましたが、気持ちが乗ってきているのもあるので、今週の1400m戦からデビューしたいと思います。以前から素質を感じていましたし、まずはいい形で初戦をクリアしてほしいですね」(萩原師)4日の東京競馬(2歳新馬・芝1400m)に田中勝騎手で出走。
---------------------------------
07/10/24
萩原厩舎
24日は美浦南Wコースでの追い切り(68秒9-54秒2-40秒7-14秒3)。「週末から徐々に平坦コースでの調教も取り組み始めました。まだ慎重に判断しながらにはなりますが、今のところ脚元は安定していますし、この調子で進めて、次の東京開催中のデビューに向かって行きます」(萩原師)
---------------------------------
07/10/18
萩原厩舎
18日は美浦坂路での追い切り(51秒2-37秒5-24秒9-12秒6)。「競馬に向かっていく為にも、18日は今までより意識的に時計を出す追い切りを行いました。脚元が敏感なところもあるので、まだ坂路のみでの追い切りしか行えていない状態です。できれば平坦コースでの調教も積んでいった上でデビューするのが理想です。時期についてははっきりとは決まっていませんが、馬の状態によって5回東京の前半に向かえればいいですね。現時点で考えているのは芝の1600~1800mをと思っています」(萩原師)今のところ5回東京開催中のデビューを目指している。
---------------------------------
07/10/11
萩原厩舎
11日は美浦坂路での追い切り(58秒1-42秒0-26秒6-12秒6)。「馬を落ち着かせる調教を中心に取り組んでいるので、坂路入りする前に南の馬場でじっくりキャンターを踏ませて、その後坂路での調教を行いました。前半はゆっくり入り、最後だけ脚を伸ばすという内容で行いましたが、先週と比べても徐々に落ち着きが出てきて、良化していることは間違いないでしょう。今の感触をキープしながら乗り込んで行きます」(萩原師)
---------------------------------
07/10/3
萩原厩舎
29日に美浦入厩。3日は馬場入りし15-15程度。「先週末に帰厩しました。馬は元気が良すぎてテンションの高さが目立っていますね。2日にも坂路入りし15-15程度の調教を行いましたが、その際も元気すぎるところがありました。さらに乗り込んでいきますが、気持ちのコントロールを上手くつけることが、この馬の今後の課題でしょう」(萩原師)
---------------------------------
07/9/27
NF空港
29日に美浦帰厩予定。
---------------------------------
07/9/25
NF空港
屋内坂路でハロン14~15秒のキャンター2本。26日に空港牧場を出発し、山元トレセン経由で29日に美浦入厩予定。「元からいい馬でしたが、ここ最近は状態が上向いてきたこともあり、素晴らしい動きを示すようになりました。今の状態なら何の不安もなく送り出すことができるでしょう。今からデビュー戦が楽しみです。馬体重は457キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/18
NF空港
屋内坂路でハロン14~15秒のキャンター1本。「状態もだいぶ良化してきたことを受けて、調教量を増やすため屋外調教に変えました。18日は師も状態を確認し、『この分なら思ったよりも早く美浦へ連れてこれるかもしれない。10月中の移動も頭に入れたいと思う』と話していました。今後も早期入厩を目標に入念に乗り進めていきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/13
NF空港
「先日北海道に行って馬の状態を見てきました。馬体の傷みはだいぶ解消されてきたようですが、一頃に比べると疲れが残るのか雰囲気がいまひとつに感じますね。もっと飼葉の食いが良くなってくれば全体的に良化してくると思いますし、しばらくは引き続き牧場で乗り込んでもらう必要がありそうです」(萩原師)
---------------------------------
07/9/11
山元TC
屋内坂路でハロン15~16秒のキャンター2本。「これまでに見られた身体の傷みは解消してきました。今後は入厩を目指し、基礎体力を更に養っていきたいと思います。馬体重は464キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/4
NF空港
屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本。「ここまで調教をセーブしたきた甲斐あって右前上腕の状態はだいぶ良くなってきた感じです。今週からは登坂本数を2本に増やしました。徐々に若さが抜けつつあるので、今後しっかりと乗っていけば上積みは相当大きなものがあると思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/28
NF空港
屋外直線坂路でハロン18秒のキャンター1本。「ペースアップを図っていないように、立て直しながらの調整を続けています。しっかりとケアを行っていることで、右前上腕の状態は先週よりもだいぶ良くなってきた感じです。今後もじっくり乗り込み、その時の状態に見合った負荷をかけていくことになります。馬体重は476キロです」(空港担当者)


---------------------------------
07/8/21
NF空港
屋外直線坂路でハロン18秒のキャンター1本。「先週見られた右前上腕部のハリはショックウェーブをあてたことで一定の回復を見ることができます。実際にペースを上げても違和感が出ることはありません。ただし、馬体の随所に若さが感じられるので、今後も成長に見合った負荷をかけ、まっすぐに伸ばしてあげたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/14
NF空港
周回でダク400m、ハロン25秒程度のキャンター800m。「乗り運動を行うには問題ありませんが、右前の歩様がギクシャクするので、右前上腕の筋肉にショックウェーブをあてました。そのため、現在は身体をほぐす程度の運動に留めています。どこが悪いというのではなく、身体が若いことが起因だと思うので、今後もゆったりとしたペースで乗り進め、秋競馬でのデビューに備えていきたいと思います。馬体重は464キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/8
NF空港
ウォーキングマシンのみの調整。「ゲート主体の調整を行ってきたことで身体全体に疲れが見られるので、まずは体調を戻すことに専念しています。いいものを持っている馬ではありますが、まだ成長途上なところもあるので、今後もゆっくり進めてあげたいと思います」(空港担当者)「馬はまだ若いですし、しっかり馬の状態を見ながらになりますが、順調に進めていくことが出来れば、涼しくなった頃の帰厩をイメージしています」(萩原師)
---------------------------------
07/8/6
NF空港
4日に空港牧場へ放牧。
---------------------------------
07/8/3
函館競馬場
3日にゲート試験合格。「まずはゲートを合格させるために進めてきたので、無事クリアしてくれてホッとしています。今のところ空港牧場へ放牧に出し、秋に備える予定でいます」(萩原師)
---------------------------------
07/8/1
函館競馬場
1日はゲート練習。「入厩後、体調も問題なく、早速ゲート練習を中心に進めています。まだ馬も若く、脚元を含め、負担も掛かりやすい感じなので、まずはゲート試験合格を目標に取り組んでいきます。普段から大人しい馬で、スムーズに練習を行えています。試験は状態を見つつ受けていこうと考えています」(萩原師)
---------------------------------
07/7/26
函館競馬場
26日に函館競馬場へ入厩。「予定通り本日入厩しました。牧場にいる頃から状態は確認していますが、入厩後も乗りながら状態を確認していき、まずはゲート合格を目標に進めて行きたいと思います」(萩原師)


---------------------------------
07/7/24
NF空港
屋外直線坂路でハロン15秒のキャンター2本。26日に函館競馬場へ入厩予定。「非常に鋭い動きを見せています。日々の調教からいいスピードがあることは間違いないでしょう。短いところにも対応できるでしょうし、距離の融通性もかなりあると思います。いずれにしてもとてもいい状態で送り出せそうです」(空港担当者)
---------------------------------
07/7/19
NF空港
「先日も北海道に行き、馬を見てきましたが、順調に調教が進んでいますね。まだ未定ですが、早ければ来週あたりに函館もしくは札幌に入厩させることも考えています」(萩原師)
---------------------------------
07/7/13
NF空港
屋外直線坂路でハロン15秒のキャンター2本を行っています。ここ最近は15-15をコンスタントにこなせているように調教疲れはすっかり抜けたようです。スピードに乗った際のキャンターでは身体を上手く使っており、このまま進めていければ、入厩までにそれほど時間はかからないでしょう。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:462kg
○屋外直線坂路でハロン15~16秒のキャンター2本を行っています。
○春先は早期入厩を睨んでいただけに休養は確かに残念ではあるが、馬体は明らかに成長を遂げており、ますます雰囲気が良化してきた。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○乗り運動を再開してからの右前脚と左トモ脚の歩様は安定しており、現在は屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター2本を行っている。
○日を追う毎に以前の力強い走りが戻ってきており、この分ならそう遠くなく15-15を開始できるだろう。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:448kg
○屋外直線坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っている。
○右前脚と左トモ脚の歩様の違和感は疲れによる一過性のものだった可能性が高く、楽をさせたことですっかり通常歩様に戻ってきた。
○この分なら速めの調教を取り入れられる日はそう遠くないだろう。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○早期デビューを目標に屋内坂路でハロン15秒程度のキャンターまで進めてきたが、右前脚と左トモ脚の歩様に違和感が生じたため、一旦ハロンペースを落とした。
○その甲斐あって現在は完全に持ち直し、屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター2本を行っている。
○歩様の違和感はその後の経過からも軽度の疲れかと思われるので、今後のペースアップに支障をきたすことはないだろう。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:444kg
○周回ダートコースでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン16秒(終いハロン15秒)のキャンター1本を行っている。
○痛いところがなくなったことで馬に活気が戻り、しっかりとした脚取りのキャンターが出来ている。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○左前脚のソエも落ち着いてきたので、この中間は順当にペースを上げている。
○現在は屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行っている。
○馬体は牡馬としては小さめかもしれませんが、スッキリとして無駄がないくらいまで仕上がってきているので問題ない。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:448kg
○屋内坂路で速めのキャンターを継続してきたが、左前脚にソエが出始めたため、現在はペースを落とし、同所でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○その後はソエも順当に治まり、痛みも失せてきた感じなので、そう遠くなく元のペースに戻せると思う。
○ここまで休みなく乗り進めてきたことを考えるといい意味でガス抜きにもなると思われる。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○周回ダートコースでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン15~16秒のキャンター1本を行っている。
○飼葉喰いが旺盛にもかかわらず、無駄肉がつき難い体質ということもあり、仕上げに苦労はしないタイプだろう。
○馬体が細化し過ぎる可能性もあるため、その点に用心しながら乗り進めていくことになる。
○本馬は4月に行われる第一回産地馬体検査を受検する。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:444kg
○屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行っている。
○ここまで至って順調にきており、ハロンペースの向上と歩調を合わせるように走りに一段と迫力が増してきた。
○馬体重の減少が示す通り、馬体はかなり引き締まってきており、夏競馬でのデビューも検討できるくらいの態勢が整ってきている。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内坂路でハロン17~19秒のキャンター2本を行っている。
○この時期にしては新陳代謝が良好で、いい具合に馬体が絞れてきている。
○普段から俊敏な動きを見せているが、調教でも同様で、このあたりにも高い素質の一端を垣間見ることができる。
○現状においても更に速いところを行える出来にあるが、ペースアップは良好な成長を促す意味でも一歩ずつと考えている。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 453kg
○屋内坂路でハロン17~20秒のキャンター2本を行っている。
○大幅なペースアップを図ったが、戸惑うことは一切なく、飄々とした表情で日々の調教をこなせている。
○坂路では前へ前へと積極的に進んでおり、乗り役をグイグイ引っ張っているが、行き過ぎる面は許容範囲に留まってきた感じ。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン20秒(終いハロン19秒)のキャンター1本を行っている。
○まだまだな面もあるが、徐々に馬体に成長が見られ、以前よりも柔らか味のあるキャンターができるようになってきた。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 455kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mを行った後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○とても前向きな気性はこの馬の長所といえるが、調教時は少々気合が乗り過ぎる面があり、鞍上の意思に反して行きたがることもあるので、今はそういった気持ちをしっかりと抑えて、無駄な負荷が馬体にかからないように工夫して毎日の調教に臨んでいる。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内周回コースでダク400m、ハロン23秒程度の1600mを行っている。
○もう暫く周回コースのみで基礎体力を養った上で屋内坂路に入れる予定。
○まだ乗り込み量が不足していることもあり、走りに力強さを欠く面があるが、トモがパンとしてくれば骨格からして見映えのする体になってきそうだ。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 458kg
○屋内周回コースでダク400m+軽めのキャンター1600m
○乗り運動を行っている際はとても大人しく、前向きな性格


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○この中間から馬場入り。
○屋内周回コースでダク
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 445kg
○順調に初期馴致を消化
○ウォーキングマシン調整+馬房内で鞍を乗せたり、ハミに慣らしたりといった基本的な馴致を実施


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○ウォーキングマシン調整
○環境にも慣れ、ダルマを背中につける背慣らし馴致を実施
○感情を上手くコントロールできる気性。
---------------------------------
06/10/2
NF空港
○30日に空港牧場へ移動
---------------------------------
06/9/29
早来F
馬体重: 458kg
○放牧+とウォーキングマシン調整
○早生まれということもあり、放牧地では他馬を引っ張る兄貴分
○空港牧場へ移動後、初期馴致を開始予定


---------------------------------
06/9/8
早来F
馬体重: 464kg
体高: 153.5cm
胸囲: 178cm
管囲: 19.3cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"15.フォーカライズ(フォーカルスターの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門