このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

16.シンセサイザー(ハーモナイザーの05)の近況

Posted at 07/11/30 Comment(1)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

16.シンセサイザー(ハーモナイザーの05)の近況

---------------------------------
07/11/27
NF空港
屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本。「至って順調ですね。テンポよくペースを上げることができています。今のところ年内に15-15を開始し、体調を整えた上で年明けくらいに移動態勢が整えばと思っています」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/20
NF空港
屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター2本。「寒い時期にさしかかっても体調に狂いはなく、予定通りのペースアップを行えています。おなかの手術による休養を挟んだだけで脚元に何ら問題はないので、今後も15-15の開始を目指していい形で乗っていけるでしょう。馬体重は462キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/13
NF空港
屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本。「馬体のどこにも不安がないので1週間ごとにペースを上げることが出来ています。休んでいた期間があったので本来の動きとまではいきませんが、着実な良化を見せています。この分ならそう時間もかからず速めのキャンターを取り入れることができそうです」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/6
NF空港
屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本。「腹部の手術を行った以外は問題ない馬で、順当にペースを上げています。実際に久々のハロン18秒にも難なく対応できています。この分なら15-15までスムーズに進めることができるでしょう。馬体重は473キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/30
NF空港
屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本。「全体的な状態もよく、思った通りのペースアップを図れています。動きも徐々に良化しており、手術の影響はこれっぽちも感じられません。遅れはしましたがこの分なら年末に向けて内容の濃い乗り込みを行えそうです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/23
NF空港
周回でダク800mを開始。「術後一定の期間を経過したこともあり乗り運動を開始しました。元から脚元等に違和感があっての乗り運動休止ではないので、今後は順調に進めることができるでしょう。まずは調教に慣らすことに重点を置き、ゆっくり進めていくことになります。馬体重は456キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/16
NF空港
常歩運動。「人が背に跨ってからもいい状態をキープできています。術後ということもあり、普段より慎重にならざるを得ませんが、今の感じなら10月中にはコース入りを果たせるでしょう」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/9
NF空港
この中間から常歩運動を開始。「術後の経過も良好でこの中間から人を背にした調教を開始しました。この分ならそう時間もかからず馬場入りを果たせるでしょう。馬体重は452キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/2
NF空港
1日2回のウォーキングマシン調整。「体調自体もよく、しっかりと運動を行うことができています。状態次第にはなりますが、今のところ10月中旬くらいから乗り運動を再開しようと思っています」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/25
NF空港
1日2回のウォーキングマシン調整。「セン痛が再度出ることもなく体調は安定しています。今後も徐々に運動量を増やして乗り運動の再開に繋げていきたいと思います。馬体重は442キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/18
NF空港
1日2回のウォーキングマシン調整を開始。「健康状態も問題ないので予定通りのステップアップを図っています。今しばらくはマシンで体力をつけ、10月中の乗り運動の再開につなげたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/11
NF空港
1日3回の曳き運動。「開腹手術を行った後の回復状況もよく、徐々に運動の時間を延ばしています。この分なら今月中にはウォーキングマシンを開始できるでしょう。馬体重は433キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/28
NF空港
曳き運動を開始。「22日に入院馬房から退院しました。まだ本格的なトレーニングへは移行できないので、患部の回復を待つことにします。当面はセン痛を起こさない程度に軽めの運動を行っていきます。馬体重は466キロです」(空港担当者)


---------------------------------
07/8/20
NF空港
先週末、セン痛を発症したため検査を行った結果、腸ねん転を起こしていることが判明した。「社台ホースクリニックですぐに開腹手術を行いました。腸に壊死している箇所はあったものの発見が早かったので最悪の事態は避けることができました。術後は入院馬房の中で大人しくしており、予後もいいようです。今後は回復状況を見た上で通常馬房に移すことになります」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/15
NF空港
この中間はややペースアップを図り、現在は屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター2本を行っています。最近は少しずつ落ち着きが出て真面目さが目立つようになっており、坂路調教でも悪さをすることがないように、確実に良化しているのが分かります。
---------------------------------
07/7/31
NF空港
馬体重: 460kg
噛み付き癖があるため、調教で矯正すべく常に馬群に入れていましたが、その際に他馬と接触し、両トモ脚球節に外傷を負ってしまいました。関節部の怪我ということもあり、1週間程度の休養を挟みましたが、現在はすっかり回復し屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っています。一息入ったことは残念ですが、元々本質的には脚元がしっかりしているタイプなので、今後は順調に乗り進めることができるでしょう。


---------------------------------
07/7/13
NF空港
両トモ脚の球節に負った外傷は治まり、乗り運動を再開しています。現在は周回コースでダク400m、軽めのキャンター1000mを行っています。乗り運動を休止する前は負けず嫌いな性格で調教では他馬に並ばれると決して抜かされまいと闘争心を剥き出しにし、動きにも一層キレが増してくる感じでした。前向きな気性と適度に筋肉質の馬体から現時点ではスピードタイプの印象を受けますが、四肢のバランスのよさや父マンハッタンカフェを考慮すると成長とともに距離の融通性が出てきそうな感じがあります。
---------------------------------
07/7/13
NF空港
○両トモ脚の球節に負った外傷は治まり、乗り運動を再開している。
○現在は周回コースでダク400m、軽めのキャンター1000mを行っている。
○乗り運動を休止する前は負けず嫌いな性格で調教では他馬に並ばれると決して抜かされまいと闘争心を剥き出しにし、動きにも一層キレが増してくる感じだった。
○前向きな気性と適度に筋肉質の馬体から現時点ではスピードタイプの印象を受けるが、四肢のバランスのよさや父マンハッタンカフェを考慮すると成長とともに距離の融通性が出てきそうな感じがある。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:464kg
○屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を行っていたが、両トモ脚の球節に外傷を負ったため、現在は1日2回の曳き運動で様子を見ている。
○本馬は幾分噛み付き癖があるため、調教で矯正すべく常に馬群に入れていた。その際に他馬と接触し、外傷を負ってしまった。傷自体はそう大げさなものではないが、関節部の傷なので状態が回復するまでは軽めで様子を見ていくことになる。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○両前脚のソエはだいぶ落ち着いてきたが、脚元への負担を考慮し、坂路主体の調整を続けている。
○現在は屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター2本を行っている。
○まだスロー調整だが、馬にはやる気が感じられ、常歩でもキャンターでも自らハミを取り、鞍上をグイグイ引っ張り、前へ前へと進んでいる。
○今後もソエの状態と相談しながら順次ペースを上げていく予定。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:443kg
○両前脚のソエの状態は徐々に落ち着いており、現在は屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を基調に、週2~3回は登坂本数を2本に増やして乗り込んでいる。
○若干のペースダウンはあったが、継続して乗り込んでいることもあり、ここ最近の成長は著しく、上手い身体の使い方を会得しつつある感じ。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○両前脚が若干ソエ気味ではあるものの乗り運動を行うには問題ない。
○現在は屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター1本を行っている。
○継続して乗り込んでいることで身体の緩みはだいぶ解消され、随分と競走馬らしくなってきた。
○いい成長を遂げているが、ここまでの経緯からも早期デビューを目指すタイプではないので、今後も更なる変わり身を引き出すべく、じっくり進めていくことになる。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:450kg
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○ここまでは意識的にペースを抑えてきたこともあり目立たないタイプだったが、ここ最近はピリッとしたところが見受けられるようになる等、いい意味で気性の強さを前面に出すようになってきた。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内坂路でハロン20~22秒のキャンター2本を行っている。
○乗り進めても骨折箇所を始めとする脚元は落ち着いており、今後不安が出ることはなさそう。
○ペースを上げても体調は高い次元で推移しており、今後も順当に乗り込みを進められそう。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:447kg
○周回ダートコースで軽めのキャンター1800mの日と、馬場見せを兼ねて屋内坂路でハロン25秒のキャンター2本の日を設けて乗り込んでいる。
○馬自身が今やるべきことを徐々に理解してきているようで、以前ほど周囲を気にしたり、チャカついたりするところは少なくなってきた。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○周回ダートコースでダク400m、軽めのキャンター1800mを行っている。
○まだ乗り込みが浅いこともあり、馬体造りは緩めとなっている。
○これから筋肉がついてくると思うが、現時点において馬体は大きすぎず小さすぎず、これから乗り進めるに丁度いいコンパクトな造りとなっている。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:443kg
○入念にダクを踏むことで身体もいい具合にほぐれてきた。
○この中間は順当にペースアップを図り、屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター1000mを行っている。
○自分から何か悪さをしようとする面はないが、周囲の状況が気になるらしく、課せられた調教内容に集中するまでにはあと一歩といった感じ。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内周回コースでダク800m、軽めのキャンター800mを行っている。
○乗り始めても左トモ球節に熱感等はなく、思った通りのペースアップを図れている。
○まだスローペースで動き自体に目立つところはないが、気性面はいい成長を遂げており、ここ最近はいい落ち着きが出てきた。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 449kg
○左トモ脚球節の回復を待つため、しばらくはウォーキングマシンでの調整に終始していたが、順調な回復を見せていることもあり、1月中旬から乗り運動を開始した。
○現在は屋内周回コースでダク800mを行い、身体をほぐしている。
○十分に時間をかけてきたこともあり、手術を行った箇所に不安は全くなく、この後は順次ペースアップを行い、進んでいる他馬に追い付いていく。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○左トモ脚球節は順調に回復している。
○現在は乗り運動を開始する前段階として、1日2回のウォーキングマシン調整を行っている。
○負荷を強めてもへこたえる様子はなく、日々運動にしっかりと取り組めている。
○検査の結果次第ではありますが、そう遠くなく乗り運動を再開できるだろう。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 444kg
○左トモ脚球節は徐々に回復傾向にある。
○現在はウォーキングマシン内での常歩30分を継続している。
○10月から乗り運動を休止しているが、大幅な馬体重の増加がないように目立って馬体が緩んだ様子はない。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○ウォーキングマシン調整を行っている。
○左トモ脚球節は順調に回復しているが、術後からの一定期間が経過していないため、今しばらくは現状の運動に留める予定。
○今後も順調ならば年明けには乗り運動を再開することができるだろう。
---------------------------------06/11/30
NF空港
馬体重: 441kg
○左トモ脚球節は順調に回復
○1日1回のウォーキングマシンを開始
○適度な運動を行っていることでだいぶ落ち着きが出てきた。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○曳き運動開始
○運動を控えているので若干煩い。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 437kg
○舎飼休養
○回復も順調で今のところ精神的にも落ち着いている。
---------------------------------
06/10/10
NF空港
○左トモ球節にごく小さな骨片があることが判明
○外見で腫れ、熱感、痛みはなく、歩様も通常で、このまま調整を進めることもできるが、将来骨片が悪さをする可能性があるため、内視鏡による摘出を実施。
○今後数週間は、舎飼休養
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 424kg
○周回コースでダク
○気性面は大人しく扱い易いが、やや内気な面がある。


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 410kg
体高: 151cm
胸囲: 175cm
管囲: 19.2cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"16.シンセサイザー(ハーモナイザーの05)の近況"へのコメント

CommentData » Posted by はまる at 07/05/01

楽天馬さんこんばんは。サイトもいろんな内容あって更新大変でしょうが楽しませてもらってます。さて本馬ですが馬体的には母父のブライアンが出てるんでしょうかね?ブライアンズタイム系の特徴が出てる気がするんですが、母父ブライアンズタイムですがブルーコンコルドなんかはモロに母父の影響受けた印象があります。この系統は母父に入っても強く出るんですかね?種牡馬実績からしたら母父としてはこの系統あまり成功してない感じはしてるんですが影響力が強すぎるのも一つあるんかなと考えたりもしますが楽天馬さんは母父ブライアンズタイム及びその系統にどう印象ありますか?

"16.シンセサイザー(ハーモナイザーの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門