このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

1.ジャングルビジット(レディブロンドの05)の近況

Posted at 07/11/23 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

1.ジャングルビジット(レディブロンドの05)の近況

---------------------------------
07/11/20
NF早来
ウォーキングマシン調整。「両トモのツメはいい回復を見せていますが、相変わらず左前ツメの状態が芳しくありません。ここまでの回復状況からしても最低でも年内は休養させる必要があるでしょう」(早来担当者)
---------------------------------
07/11/13
NF早来
ウォーキングマシン調整。「両トモ脚のツメは、間もなく乗り運動を開始出来るくらいの回復を見せていますが、左前ツメにはまだ痛みが残ります。随分削蹄を行ったこともあり、まだ回復までに数ヶ月単位の時間を要すると思います。しばらくの間は、体の緩みを最低限にとどめるためにもしっかり歩かせていきたいと思います」(早来担当者)
---------------------------------
07/11/6
NF早来
ウォーキングマシン調整。「両トモ脚のツメはいい感じに伸びており、仮に乗り出しても問題ない程度まできました。ただし、左前ツメには熱と痛みが残っています。程度的にも完治にはまだまだ時間がかかりそうです。早くても乗り出しは来年になってからになるでしょう」(早来担当者)
---------------------------------
07/10/30
NF早来
ウォーキングマシン調整。「両トモ脚のツメはいい具合に回復していますが、左前ツメは相変わらず熱感が残っています。ここまでの回復状況からしても完全に良くなるまでにはまだまだ時間がかかりそうです」(早来担当者)
---------------------------------
07/10/23
NF早来
ウォーキングマシン調整。「左前ツメには変わらず熱感が残っています。先週と状態は平行線ですね。まずはツメが伸びるのを待たなくてはいけないので当面は休養することになりそうです」(早来担当者)
---------------------------------
07/10/16
NF早来
ウォーキングマシン調整。「両トモ脚のツメはいい具合に伸び、1ヶ月以内には乗り運動を行える目処が立っていたのですが・・・。今度は左前ツメにザ石を負ってしまいだいぶ熱をもってしまいました。内部に膿が溜まっていたので削蹄を行って膿を出して上げました。現状熱は残るものの程度は軽くなっています。ただし、結構な体積のツメを削ったので伸びるまでには相当時間がかかると思われ、それまではマシン運動を継続していくことになります。馬体重は474キロです」(早来担当者)
---------------------------------
07/10/9
NF早来
ウォーキングマシン調整。「両トモ脚のツメに痛みもなく、マシン調整を問題なく進められています。割れ方もそう酷いものではないので、乗り運動の再開までにそう時間はかからないでしょう。今のところ1ヶ月先くらいに目処を置いています」(早来担当者)
---------------------------------
07/10/2
NF早来
ウォーキングマシン調整。「両トモ脚の裂蹄の割れはそう酷いものではありませんでしたが、痛みがかなりあったので様子を見ていました。しばらく歩かせていますが、歩様も通常に戻っており、痛みは完全になくなったようです。この分なら2ヶ月もかからず乗り運動を再開できると思います。馬体重は466キロです」(早来担当者)
---------------------------------
07/9/25
NF早来
25日からウォーキングマシン調整を開始。「両トモ脚の裂蹄の痛みもなくなり、歩様にも安定が見られたのでマシンを開始しました。まずはマシンで1週間程度様子を見ることになります。その時の状態次第で運動時間を延ばす等を考えたいと思います。いずれにしても乗り運動の再開には1~2ヶ月はかかると思います」(早来担当者)
---------------------------------
07/9/18
NF早来
屋内坂路で週2回はハロン15秒を計時していたが、両トモ脚に裂蹄を発症してしまった。現在は舎飼で様子を見ている。「裂蹄を起こし、歩様に乱れが生じたため乗り運動を休止しました。割れが大きいので回復には少々時間がかかるかもしれません。最低でも1週間程度は舎飼で様子を見て、マシンの開始時期を検討していくことになります」(早来担当者)
---------------------------------
07/9/11
NF早来
周回でキャンター2000mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本。週2回はハロン15秒を計時している。「徐々にペースを上げている段階ですし、乗り込み量自体も少ないので、まだ仕上がるまでには時間がかかると思います。しばらくはこちらでの調整が続きますが、焦らないことが後々にはいい影響を及ぼすでしょう。まだ速いところを行っていないので、目立ったものはありませんが、いいモノはもっていそうな感じですね」(早来担当者)
---------------------------------
07/8/30
NF早来
馬体重: 466kg
ウォーキングマシンで身体をほぐした後、屋内坂路で1本目ハロン24~25秒、2本目ハロン18秒のキャンターを行っています。相変わらず前向きな気性を示しており、ハロン18秒では物足りないといった良好な動きを見せています。走りには柔軟性があり、これから速いところを行った際に見栄えのするキャンターを見せてくれることは間違いないでしょう。


---------------------------------
07/8/15
NF早来
屋内坂路でハロン18秒程度のキャンターを2本行っています。順調にペースアップできており、コースに入ると抑え切れないほどの手応えを示し、手綱を緩めれば飛んでいってしまいそうな勢いを感じることができます。馬体は馬体重の増加ほど緩くは見せず、首差しには逞しさが増してきました。
---------------------------------
07/7/31
NF早来
馬体重: 466kg
屋内坂路で1本目はダク、2本目はハロン22~23秒のキャンターで登坂しています。乗り運動を休止する前は15-15まで消化していた馬なので、現状のペースでは物足りない感じもします。今後は体力と気力が共に安定してくる毎に段階を踏んでペースを上げていくことになります。


---------------------------------
07/7/13
NF早来
乗り運動開始後も右前ツメは問題なく、現在は屋内坂路でごく軽めのキャンター調整を行っています。休養期間を挟んだことで馬体がやや増えているので、まずは脚元への負担を軽くするためにも絞ることに重点を置いていくことになります。
---------------------------------
07/6/29
NF早来
馬体重:470kg
○ここまで右前脚の裂蹄箇所の良化を待つため、1日1時間のウォーキングマシン調整に終始していたが、裂蹄線もほぼ消えてきたので25日から乗り運動を開始した。現在はダクのみを行っている。
○久々の乗り運動になるので、当面はツメの状態も見つつ、ゆったりと進めていく。


---------------------------------
07/6/15
NF早来
○1日1回のウォーキングマシン調整を行っている。
○歩くことがツメにいい刺激を与えており、右前脚の裂蹄箇所は順調な回復を見せている。
○ただし、まだ乗り運動を行えるまで裂蹄線が下がっていないので、いましばらく様子を見ることになる。
○馬体重は470キロと増加傾向にあるが、馬体に目立った緩みは見られない。
---------------------------------
07/5/31
NF早来
馬体重:456kg
○右前脚の裂蹄のため、1日1回のウォーキングマシン調整を行っている。
○乗り運動を休止していることで馬体重の数値は増加傾向にあるが、目立って緩んだ感じはない。
○ツメが伸びるのを待つため、もう暫くは休養が必要かと思われるが、程度は軽いので夏頃には順調な乗り運動を行えることだろう。


---------------------------------
07/5/15
NF早来
○右前裂蹄を考慮し、現在はウォーキングマシン調整を行っている。
○程度は軽度なので、今後は経過を見つつ乗り運動の開始時期を検討していく。
---------------------------------
07/5/8
NF早来
○先週末の調教時に右前裂蹄を発症。
○「症状は比較的軽めではありますが、更に裂けても困るので、現在は曳き運動程度に留めています。装蹄師にもう一度ツメの状態をチェックしてもらい、ケアを施した上でマシン調整等を開始したいと思います。いずれにしてもしばらくは乗り運動を休止することになるでしょう」(早来担当者)
---------------------------------
07/4/27
NF早来
馬体重:448kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンターを行い、週2回は15-15を消化している。
○調教メニューは周回での距離延長を図った以外は変わりないが、楽に時計をマークできるようになってきた。


---------------------------------
07/4/13
NF早来
○屋内周回コースでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター1本を行い、週2回は15-15を計時している。
○15-15を継続することでだいぶ走りにいいものが出てきた。
○気性面にはまだ幼さがあり、時にテンションの高揚が見られるが、以前と比べると調教時の発汗が少なくなる等、着実な成長を見て取ることができる。
---------------------------------
07/3/30
NF早来
馬体重:450kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター600mの後、屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター1本を行い、また週2回は15-15を消化している。
○速めの調教でも軽々とこなしていることから基礎体力の充実が手に取るように分かり、またここ最近は積極性が目立つようになってきた。


---------------------------------
07/3/15
NF早来
○屋内周回コースで軽めのキャンター1500mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○フットワークはいかにも男馬らしい力強いもので、前向きな気性ということもあり、常に乗り役をグイグイ引っ張っていくような手応えを示している。
○仕上がりも徐々に進んでおり、間もなく15-15を取り入れることになる。
---------------------------------
07/2/28
NF早来
馬体重:439kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター1本を行っている。
○若干小柄に映る馬体造りだが、要所要所に良質の筋肉が付き始め、良血が覚醒し始めた感がある。


---------------------------------
07/2/15
NF早来
○屋内周回コースで軽めキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○随所に幼さは残るものの、継続した乗り込みを行っていることで、スピード感のあるキャンターを見せるようになってきた。
○馬体も徐々に引き締まりを見せており、これから春に向けてペースを上げていける態勢が整いつつある。
---------------------------------07/1/31
NF早来
馬体重: 453kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○基礎体力の向上は確かだが、まだ器用さに欠ける面があるので、今後はこの点の解消が課題となる。


---------------------------------
07/1/15
NF早来
○屋内周回コースでのダクと軽めのキャンター1200mで身体をほぐした後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○450キロとそう大きくない馬体ですが、その割にしっかりとした体格を有しているので、気温の低い冬場は基礎体力作りに専念していく予定。
---------------------------------
06/12/27
NF早来
馬体重: 448kg
○屋内周回コースでダクと軽めのキャンター1200mを行った後、屋内坂路でハロン20~22秒のキャンター1本を消化している。
○他馬と比べると冬毛が目立つが、調教時の動きは柔らか味溢れるもので、これから徐々に力強さも加わってくる気配がある。


---------------------------------
06/12/15
NF早来
○屋外周回コースでダクと軽めのキャンター800mを行った後、屋内坂路でハロン24秒程度のキャンター1本を行っている。
○ここにきての精神面の成長には見るべきものがあり、また走法もだいぶ良化してきた。
○背中から感じられるバネはさすが血統馬といったものがあり、今後の成長が益々楽しみになってきた。
---------------------------------
06/11/30
NF早来
馬体重: 438kg
○屋外周回コースでダク800m、軽めのキャンター800mを行った後、屋内坂路で軽めのキャンター1本を行っている。
○馬体重自体に変化はないが、狙った通りの成長を遂げており、見た目に馬体をより大きくみせるようになった。


---------------------------------
06/11/15
NF早来
○ダク+軽めキャンター+屋内坂路にて軽めキャンター
○身のこなしが柔らい。
○物見をする。
---------------------------------
06/10/31
NF早来
馬体重: 440kg
○ダク+軽めキャンター+屋内坂路にてダク
○1ヶ月で馬体重が約20㌔増加して、馬体良化。


---------------------------------
06/10/13
NF早来
○背慣らし
○1日1時間ウォーキングマシン+常歩+速歩
○首から背中そして体高が伸びてきている。
○トモの踏み込みは力強い。
---------------------------------
06/9/29
NF早来
馬体重: 424kg
○背慣らし
○1日1時間ウォーキングマシン+常歩
○慣れないせいか動きは安定性を欠く。


---------------------------------
06/9/8
NF早来
馬体重: 413kg
体高: 159cm
胸囲: 169cm
管囲: 19.5cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"1.ジャングルビジット(レディブロンドの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門