このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

2.オフリミッツ(マンファスの05)の近況

Posted at 07/11/23 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

2.オフリミッツ(マンファスの05)の近況

---------------------------------
07/11/20
NF空港
屋内坂路でハロン15~17秒のキャンター2本。「当初は段階を踏んでペースを上げることも検討していましたが、乗り込み量は豊富ですし、脚元の状態、体調ともにすこぶる良好なので今週からペースを上げました。ハロン15秒を計時しても歩様の滑らかさに変化はありません。動きのよさも目立ってきたので、このまま進めたいところです。馬体重は487キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/13
NF空港
屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター2本。「先週と変わりない調整ですが、至って順調です。以前は脚元に痛みが出た馬なので順調だからといって一気に行くことはしません。段階を経て、一歩一歩階段を登るように進めていきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/6
NF空港
屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター2本。「ハロン20秒を切るところを始めてしばらく経ちますが、左前を始め、脚元はすっきり見せています。6日に師も状態を確認していますが、今後も順調に進められれば年内には速めのキャンターを行うことができるでしょう。馬体重は483キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/30
NF空港
屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター1本。「左前の状態に翳りは見られないので、少しずつハロンペースを上げています。まだスローなので見栄えのする動きとまではいきませんが、順調にステップアップできていることには好感がもてます。年内には速めのところを行い、入厩を視野に入れた乗り込みができればと思っています」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/23
NF空港
屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本。「左前脚の状態は良好ですが、これまでの経緯もあるのでゆったり目に乗り進めています。まずはしっかりと筋肉を鍛えた上で、体にかかる衝撃を緩和していきます。馬体重は467キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/16
NF空港
屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本。「左前繋ぎも安定しており、休みなく乗り込むことができています。まだペースは緩いものですが、継続して乗り込めていることは何よりです。乗り始めてからの経緯を見る限り、今後も思い通りのペースアップができると思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/9
NF空港
周回でダク400m、軽めのキャンター800mの調整。「徐々に負荷を強めていますが、懸念された左前繋ぎの状態は安定しています。軽めなのでまだ分からないところはありますが、この分なら今後も順調に乗り進めることができるでしょう。馬体重は476キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/2
NF空港
周回でダク1000mの調整。「左前脚繋ぎの状態は安定しており、継続して馬場入りすることができています。ただし、不安が出たことに違いはないので、しばらくは様子を見ながら進めていくことになります」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/25
NF空港
先週末から乗り運動を再開し、現在は周回でダク1000m程度を行っている。「懸念された左前脚繋ぎの腫れは、思ったよりもいい回復を見せ、今では腫れも痛みも引いています。歩様もスムーズですね。ただし、腫れが出たことに違いはないので、しばらくは試しの意味で軽く乗っていきたいと思います。馬体重は459キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/18
NF空港
屋外直線坂路でハロン20秒のキャンター1本まで進めていたが、左前繋ぎに腫れが出たためウォーキングマシンにペースダウン。「乗り運動開始以降、順調に来ていましたが今後は繋ぎに腫れが出てしまいました。若干ながら熱感と痛みを伴い、歩様にも出ているので無理はできません。違和感が消滅するまでは楽をさせて、必要であれば検査を行なうことも検討しています」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/11
NF空港
屋外直線坂路でハロン20~22秒のキャンター1本。「9月から乗り運動を再開しました。それ以降も左トモの状態は安定しており、歩様も実にスムーズです。大事を取って大目に休みを取った甲斐がありました。今後はいいテンポでペースアップできそうです。馬体重は453キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/30
NF空港
馬体重: 444kg
ウォーキングマシンのみの調整を行っています。乗り運動を休止してから時間が経ちますが、筋肉を傷めた左トモ脚の歩様はまだ不安定なため、今しばらくは様子を見ていく必要があるでしょう。ただし、程度としてはそう酷いものではないので、そう遠くなく乗り運動を開始できるでしょう。


---------------------------------
07/8/15
NF空港
ウォーキングマシンのみの調整を行っています。「左トモ脚にショックウェーブをあてていますが、状態は平行線といった感じです。実際に本来の歩様にはないので、今しばらくは楽をさせた上で筋肉のケアを行っていく必要があるでしょう」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/7
NF空港
3日に左トモ脚の歩様が乱れたため、ウォーキングマシンにペースダウン。「おそらく軽い捻挫か、寝違いだと思いますが、骨折箇所を気にして後肢の筋肉痛を起こした可能性があります。治療としてショックウェーブを行っていることで症状自体は徐々に良化している感じです。いずれにしても歩様が安定するまではマシン程度で様子を見ていくことになります」(空港担当者)
---------------------------------
07/7/31
NF空港
馬体重: 446kg
周回コースでダク1000mを行っています。まだ身体をほぐすことに主眼を置いた軽めの調整ではありますが、歩様もスムーズで問題なく調教を進めることができています。定期的に右前膝のレントゲン検査を行っていますが、状態に変化は見られないので今後も順調にペースアップを行うことができるでしょう。


---------------------------------
07/7/13
NF空港
この中間に右前膝のレントゲン検査を行ったところ、順調な回復が見られたので、乗り運動を開始しました。現在は厩舎周りで人が跨り、常歩を行っています。馬体は骨折休養していた馬としては緩みが少なく、比較的いい状態で乗り運動に繋げることができました。今後は順次コースに入り、デビューへ向けた調整を進めていくことになります。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:454kg
○1日2回のウォーキングマシン調整を行っている。
○右前膝の骨折箇所は順調に回復しているが、万全を期す意味でも乗り運動の開始はもう少々様子を見てからと考えている。
○馬体にはだいぶ緩みが見られる。ただし、本馬は乗り運動を行えば絞るに苦労しないタイプなので、乗り運動開始後もスムーズなペースアップを行うことができるだろう。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○1日1回のウォーキングマシン調整を行っている。
○定期的に骨折を負った右前膝のレントゲン検査を行っているが、日増しに良化していることが確認できている。
○この分ならそう遠くなく、乗り運動を再開することができるだろう。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:446kg
○この中間に右前膝のレントゲン検査を行ったところ、順調な回復が見られたため、現在は1日1回のウォーキングマシンを開始した。
○今後も定期的にレントゲン検査を行い、乗り運動の再開につなげていくことになる。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○右前膝の術後の経過も順調で、この中間から短時間ではあるが、厩舎内廊下での曳き運動を開始した。
○今後は2~3週間後のウォーキングマシン開始を目標に身体をほぐしていく。
○この分なら遅れは最小限で済みそう。
---------------------------------
07/4/25
NF空港
馬体重:429kg
○23日に右前膝(トウ側手根骨)の骨片摘出手術を行い、無事終了。
○「しばらくは舎飼で回復を促し、回復状況と相談した上で曳き運動~ウォーキングマシンを開始することになります。軽い骨折なので2ヶ月程度で乗り運動を再開できるでしょう」(空港担当者)


---------------------------------
07/4/19
NF空港
○右前膝の関節液の増大が見られたため、レントゲン検査を行った結果、右前膝(トウ側手根骨)を骨折していることが判明。
○「おそらく調教中に骨折したものと思われます。ハ行を起こしたわけではなく、関節液の増大が見られたため、念のため行った検査で判明しました。剥離していることもあり、近日中に手術で骨片を摘出する必要がありますが、程度しては軽いものです。7月には乗り運動を再開できる見込みです。元から晩成型と踏んでいただけにそう大きな遅れとはならないでしょう。休養期間中に身体が成長してくれればと思っています」(空港担当者)
○「骨折は残念ですが、今までバリバリやっていたので、成長を促す意味でも、いい休養期間になってくれればと思います。身体を見ても、まだまだ本格化は先だと思いますし、産地馬体検査を受けたとは言っても、秋以降の始動を考えていたので、支障はないでしょう。大きな心配は要らないと思います」(堀師)
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:438kg
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、週2回は屋内坂路でハロン15秒を計時している。
○速めを開始してから間もないこともあり、手応え自体はいまひとつといった感があるが、調教後の息の入りは早く、心肺機能の高さは疑いようがない。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行っている。
○調教を開始する際のスタートダッシュが速く、このあたりに類稀なる瞬発力が感じられる。
○徐々に馬体の中身が詰まってきており、また毛ヅヤも冴えていることから体調面のよさを実感できる。
○なお、本馬は4月に行われる第一回産地馬体検査を受検する。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:444kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○牡馬としては小柄なタイプですが、馬体の使い方がとても上手く、ダイナミックかつ素軽い走りを実現できている。
○今後も徐々にペースを上げていくが、春を迎えることには全ての面でもう一回り大きく成長してくれることだろう。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20-17秒のキャンター2本を行っている。
○徐々に終いのペースを上げているが、難なく対応できており、常に楽々と坂路を駆け上がっている。
○フットワークも実に力強く、一歩一歩着実に成長を遂げていることがありありと分かる。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 450kg
○屋内坂路でハロン20秒(終いハロン18秒)のキャンター2本を行っている。
○正月休み明けは力が有り余っている印象でこれまでにない煩さを見せていたが、現在では十分な負荷をかけていることもあって、だいぶ落ち着いた雰囲気の中で乗り運動を行えるようになった。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン19~20秒のキャンター1本を行っている。
○坂路で見せる動きは秀逸で、素軽さがあり、また伸びやかでダイナミックなものがある。
○いかにもダービー馬の弟といった面を見せており、奥行きの深さを随所に感じることができる。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 446kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○ここまでと変わりないメニュー構成ですが、軽めの馬体重や見た目からも大柄に見えない体格が示す通り、動きにはとても素軽いものがある。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1200m~1600mを行った後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○乗り込みを進める毎に馬体は成長を遂げ、胴回りや首差しには厚みが出てきた。
○気性面も大人びており、いかなるケースでも動じることはなく、随所にいい意味の気持ちの強さを見せている。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 450kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1200m~1600mを行った後、屋内坂路でハロン22秒程度のキャンター1本を行っている。
○この時期としては十分な運動量をこなしているが、調教後も全く応えた様子はなく、常にケロッとしている。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○屋内周回コースと屋内坂路で軽めのキャンター
○乗り運動を行うまでは線の細さがありましたが、徐々に牡馬らしい馬体に変わってきた。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 448kg
○屋内周回コースでダク1600m
○普段から強い性格。(この時期のこのコメントは、うるさい可能性がある。)
○近々キャンターを開始予定。


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○周回ダートコースでダク1000m
○貫禄は1歳馬離れしている。
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 432kg
○鞍付け、帯締め、ハミ受け等の初期馴致を消化。
○現在、周回ダートコースでダク。
○まだまだ成長する兆しが随所に見られる。
○風貌は世代の頂点に君臨した兄を彷彿とさせる。


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 432kg
体高: 152cm
胸囲: 171.5cm
管囲: 20cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"2.オフリミッツ(マンファスの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門