このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

3.モンスターパーク(イーエルブロッサムの05)の近況

Posted at 07/11/23 Comment(1)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

3.モンスターパーク(イーエルブロッサムの05)の近況

---------------------------------
07/11/22
松山康厩舎
21日は美浦南Wコースでの追い切り(53秒1-38秒8-13秒1)。「中1週ということを考慮して感触を確かめるように乗りました。状態は変わらずよく、疲れは感じられません。追い切った後のソエの状態ですが、おそらく大丈夫でしょう。テンションの高揚だけは避けたいので、急がす競馬よりは1400mあたりで使っていく方がいいでしょう。相手もあることなので強気には言えませんが、初戦の勝ちっぷりからも楽しみにしています」(松山康師)23日の東京競馬(2歳500万下・ダ1400m)に後藤騎手で出走。
---------------------------------
07/11/15
松山康厩舎
「15日に馬場入りして軽く乗りましたが、感触は変わらず良好です。ソエが出た馬だし、これからの馬なので来週までの状態をしっかり見た上でになりますが、中1週で向かうことも検討していきたいと思います」(松山康師)馬の状態次第だが、23日の東京競馬(2歳500万下・ダ1400m)もしくは25日の東京競馬(2歳500万下・ダ1600m)のいずれかを目標にする可能性もある。
---------------------------------
07/11/14
松山康厩舎
「ソエで一度止めて、その後じっくりやってきただけに、最初からいい結果を出すことが出来てホッとしています。競馬もスピード任せに行くのではなく、デビュー戦としては競馬を教えることもできましたし、内容も良かったです。今の感じからするとソエの出た両前や膝の状態は問題なさそうですが、腰がまだパンとしていないのもあるので、まずは今週一杯しっかり状態を見てから次を考えて行きます」(松山康師)
---------------------------------
07/11/12
松山康厩舎
10日の東京競馬では道中先団直後を追走。4角から外目を回って仕掛けると、直線粘る先行馬をまとめて交わし優勝。「速い展開になりそうだったので、あえて中団から行きました。馬場は乾いたダートの方がいいかと思っていたくらいでしたので、それを思うといい内容でした。ダートの短距離が良さそうな馬ですが、こういった競馬ができるのなら距離はもう少し延びても大丈夫だと思います。現時点でも完成度は高い馬ですが、まだまだよくなっていきますよ」(後藤騎手)「快勝でしたね。レースが近づくと自分で体を作ってしまう馬なので、出走が延びたことで仕上がりすぎを心配しましたが何の問題もなかったですね。まだ、ソエが完治していないのですが、気性がすごく素直なのでこれだけ走ってしまうんですよ。この後は馬の状態次第ですが、まずは脚元をしっかり固めてからですね。しばらくはダートの短いところを使うことになると思います」(松山康師)
---------------------------------
07/11/8
松山康厩舎
7日は美浦南Wコースでの追い切り(66秒0-50秒8-38秒0-13秒0)。「7日は古馬と併せて、しっかりと追い切りました。まずまずの動きではないでしょうか。ソエのこともあるので直前までしっかり見た上で判断したいと思っていますが、このまま順調に行けば今週デビューの予定です。テンションは高めですが、パニックになるようなこともなく、芯がしっかりしています。いいモノを持っていると思いますし、何とか今回こそはスムーズに送り出したいですね」(松山康師)10日の東京競馬(2歳新馬・ダ1300m)に後藤騎手で出走。
---------------------------------
07/11/1
松山康厩舎
1日は美浦南Wコースでの追い切り(69秒1-53秒0-38秒6-12秒9)。「1日は、不安が出た後初めての追い切りを行い、先週に続いて後藤騎手に跨ってもらいました。今日はまだ再スタートということですし、6~7割の調教で気持ちの確認をするものです。後藤騎手も『程よく気持ちが乗ってきているし、先週と同様にいい感触でしたよ』と言ってくれています。ただし、脚元が敏感な馬ですし、この後も注意はしていかなければなりませんね。いい方向に変わってきてくれればと思います」(松山康師)
---------------------------------
07/10/25
松山康厩舎
「25日もダクから軽めの運動を行いましたが、以前との比較をしながら馬の状態を確認してもらう意味で、後藤騎手に跨ってもらい感触を確かめてもらいました。彼も『脚取りはしっかりしているし、脚元の感じも大丈夫なのでは。ただし以前と比べると、気持ちの面でちょっとピリッした面を見せるようになりましたね』と言っていました。今のテンションを考えると、初戦から短いところも視野に入れていくことになるかもしれませんね。まだ時計も出していませんし、はっきりとした予定は立てていませんが、早ければ週末あたりから徐々に時計を積んでいければと思います」(松山康師)
---------------------------------
07/10/24
松山康厩舎
24日は馬場入りし軽めのキャンター調整。「先週に引き続き、軽めの運動を行い継続して乗り運動を行えています。今のところ脚元も安定していますし、徐々に負荷を掛けていこうと思います。楽をさせたことで、運動時にかなりテンションが上がるようになってきました。心身ともにじっくりケアをしながら進めなければいけませんね」(松山康師)
---------------------------------
07/10/17
松山康厩舎
17日は馬場入りし、軽めの運動。「右膝のほうは、楽をさせていることで痛みも和らいで、気にする素振りもなく、現時点では心配は要らなさそうです。ソエの方は左前だけでなく若干右前のほうにも見られましたが、両前ともしっかり治療していますし、良化傾向にあるのは何よりです。今日も休み明けとはいえ元気な姿を見せていますし、このまま在厩で進めていくことが出来るでしょう。本格的な乗り込みは、もう1~2週ほど様子を見てからになるでしょう」(松山康師)
---------------------------------
07/10/10
松山康厩舎
10日は軽めの運動のみ。「先週と比べても悪化したところは見られませんが、触ると痛がり、気にしてしまうのは変わりありません。ソエが出ると少なくとも1ヶ月はじっくり取り組まなければいけませんし、無理はさせないつもりです。近いうちにショックウェーブ治療を行うつもりです。その後の状態次第で必要であれば放牧に出すかもしれません」(松山康師)
---------------------------------
07/10/4
松山康厩舎
予定していた7日の東京競馬(2歳新馬・ダ1600m)は出走回避。「今朝の状態を確認したところ若さ故に左前脚に若干ソエが出ていますし、僅かながら右膝にも痛みを感じているようです。レースを使えなくもないのですが、無理して使って新しい芽を摘むようなことはしたくなかったので、楽しみにしていた会員さんには申し訳ありませんが、今週は出走を止めることにしました。この後は予定を全くの白紙にした上で、脚元のケアを入念に取り組みながら馬を固めていくようにしたいと思います」(松山康師)
---------------------------------
07/10/3
松山康厩舎
3日は美浦Wコースでの追い切り(66秒7-51秒1-38秒0-13秒0)。「今日は後藤騎手を背に追い切りをしました。ジョッキーも『前から乗りたいと思っていて、その時にイメージしていた通りにスムーズな走りをしていた。道中ムキになることもなく落ち着いて調教をこなしてくれるし楽しみですね』と言っていました。馬場が重たいことを考えても、いい時計で走っていますし、実際の動きも良かった。気持ちは整っていると思いますし、今日の追い切りでテンションが極端に上がらなければと思います。若駒だけに直前までしっかり状態を見なければいけないところはあるでしょうが、このまま問題なく出走できれば楽しみですね」(松山康師)7日の東京競馬(2歳新馬・ダ1600m)に後藤騎手で出走予定。
---------------------------------
07/9/27
松山康厩舎
27日は美浦南Wコースでの追い切り(66秒3-52秒0-39秒1-14秒1)。「若干輸送の疲れは残っている感じですが、体調を崩すこともなく、良くなってきているのは間違いないので心配は要らないでしょう。今週から再度時計を出し始めて、5ハロン66秒チョットの時計でしたが、若干重たいWコースでの時計と考えるとまずまずといったところですね。動きには多少モタモタしたところが見られましたが、併せた相手が1000万下の馬だったので仕方ないと思います。今日の追い切りで更に変わってくるはずです。目標のレースに向けて、更に状態を上げていければと思っています」(松山康師)10月7日の東京競馬(2歳新馬・ダ1600m)に出走予定。
---------------------------------
07/9/19
松山康厩舎
17日に美浦帰厩。19日は調整程度。「輸送熱もなく体調面に問題はありませんが、初めての長旅ということもあり若干疲れが感じられるので無理はしていません。数日楽をさせればすぐ元気になると思うので、今のところ今週末あたりからリスタートするつもりです。状態にもよりますが、今のところ東京開幕週でデビューさせたいと考えています」(松山康師)今のところ10月7日の東京競馬(2歳新馬・ダ1600m)に横山典騎手で出走予定。
---------------------------------
07/9/13
函館競馬場
13日は函館Wコースでの追い切り(51秒1-38秒7-13秒0)。「入念に乗ってきた甲斐あって、身のこなしが良くなり、それに伴いフットワークも良化してきましたね。毎週併せている相手も徐々に動くようになってきているから日によって苦しいときもありますが、切磋琢磨して成長してくれています。今のところ週末に函館を出発し、美浦に戻す予定ですが、その後の具体的な予定はまだ決めていません。美浦に戻ってきてからの馬の状態を見つつ決めるつもりですが、本馬場での追い切りから芝でも面白そうですし、ダートだけではなく芝も含めて考えていこうと思っています」(松山康師)
---------------------------------
07/9/5
函館競馬場
5日は函館芝コースでの追い切り(68秒6-52秒2-39秒0-12秒6)。「今週は馬場が湿っていたのもありましたが、実戦のスピードに対応していけるように、意識して本馬場に入れての追い切りを行いました。時計自体もこの時期にすれば評価出来るものですし、動きも先週に引き続きいいですね。まだ確定ではありませんが、今のところ函館で閉場ギリギリまで滞在して調整を行い、その後美浦に持ってきて、中山開催でのデビューを第一に考えています」(松山康師)
---------------------------------
07/8/29
函館競馬場
29日は函館Wコースでの追い切り(55秒8-41秒0-13秒0)。「今週は入厩して初めて水曜日に追い切りを行いました。横山典騎手が跨っての調教で徐々に本格的な調教にシフトしましたが、動く相手に併せてもまったく引けをとらなかったですし、及第点を付けることが出来るほどのいい動きでした。素直で仕上げやすいですし、今のいい雰囲気を維持しながらデビューに向けて進めて行きたいですね」(松山康師)


---------------------------------
07/8/23
函館競馬場
23日は調整程度。「一週間前は疲れを心配していましたが、その後数日で回復してきたので普段どおり週末に時計を出しました。まだまだ軽い時計を出している段階なので大きいことは言えませんが、良くなってきているのは確かですよ。このあとも馬の状態に合わせつつ、週末に時計を出して行く調教を積み重ねていきます」(松山康師)
---------------------------------
07/8/16
函館競馬場
16日は調整程度。「先週、実にスムーズにゲートをクリアしてくれました。元々、大人しく人に従順だったので心配はしていませんでしたが、まずは第一段階を突破してくれてホッとしています。その後に3ハロンから軽く時計を出し始めましたが、週が空けてから若干疲れているように感じたので、中間は軽めの調整に留めています。初めての環境とゲート練習によるストレスの影響があったのでしょう。この後も状態を見ながら調教を進めていこうと思っています」(松山康師)
---------------------------------
07/8/10
函館競馬場
10日にゲート試験合格。「何の問題もなくスムーズなゲートで無事合格しました。今のところ今後は在厩のままデビューへ向けて進めていく予定です」(松山康師)
---------------------------------
07/8/9
函館競馬場
9日は馬場入りし、軽めのキャンター調整とゲート練習。「先週末にも改めて函館に行き、馬の状態を確認して来ました。まだ入厩したてですが、まずまずの動き、雰囲気を保っていますね。ゲート練習を行っていますが、普段から大人しい馬で稽古自体はスムーズに来ています。今の感じならそう遠くならないうちに一度受験することが出来るのではないでしょうか。受験に関しては馬の状態を見て、決めていきます」(松山康師)
---------------------------------
07/8/1
函館競馬場
1日は馬場入りし、軽めのキャンター調整とゲート練習。「まだ入厩して間もないですし、軽めのキャンターとゲート練習を始めたところです。まだまだ初期段階なので今の調教を中心に継続していくことになると思いますが、馬場のいい時を選んで少しずつ時計を出していく調教を取り入れていくことも考えています」(松山康師)
---------------------------------
07/7/30
函館競馬場
28日に函館競馬場へ入厩。


---------------------------------
07/7/24
NF空港
屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本。週2回は周回でキャンターを行った後、屋内坂路でハロン15秒を計時している。日程は未定も近々函館競馬場へ入厩予定。「すこぶる順調です。併せ馬で調教を行っていますが、跳びの大きい、迫力ある走りを見せています。血統的にはダート寄りだと思いますが、走りを見る限り芝でも十分やれそうな感じです。馬体の造り等、総合的に見るとマイル~中距離くらいに高い適性を示しそうな感じですね」(空港担当者)
---------------------------------
07/7/19
NF空港
「産地馬体検査を受けた後も順調に調教を重ねているようでホッとしています。今の感じなら、入厩して調教を積んでいっても問題ないでしょう。今のところ、来週あたりに函館競馬場へ入厩させたいと思っています」(松山康師)
---------------------------------
07/7/13
NF空港
屋内坂路でハロン15~16秒のキャンター2本を行い、週2回は周回コースでのキャンターを織り交ぜています。ここにきての進展には目覚しいものがあり、フットワークはスピード感に溢れ、男馬らしい馬力を感じさせるものになってきました。コース以外で歩かせる際でも脚取りはとても力強く、馬体に一本芯が通ってきたことを実感することができます。今のところ7月中に函館もしくは札幌競馬場へ入厩予定です。
---------------------------------
07/7/4
NF空港
「順調に調教も進んでいるようですね。予定通り産地馬体検査も受け終えましたし、改めて牧場スタッフと話をして感触を確かめてから、函館競馬場へ入厩させたいと考えています。今の感じからすれば、遅くても今月中には入厩することになると思います」(松山康師)
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:479kg
○周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン15~16秒のキャンター1本を行っている。
○ソエもすっかり治まったことで思い通りの調整を行うことができるようになった。
○ここ最近の進展には目覚しいものがあり、余分な脂肪が削げ落ち、見るからに筋肉質の馬体造りに変貌を遂げた。
○本馬は今夏の札幌競馬場への入厩を目指し、27日に第2回産地馬体検査を受検した。


---------------------------------
07/6/21
NF空港
○ 「ソエの状態も緩和されてきているみたいですし、徐々にではありますが、動きも良くなってきて順調に来ていますね。このまま順調に行くのであれば、予定の産地馬体検査を受けたあと、函館もしくは札幌に直接入厩させるプランも持っています」(松山康師)
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:462kg
○これまで悩まされた両前管骨のソエもすっかり固まり、色々なコースでの調教が可能となった。
○現在は屋内坂路でハロン15秒前後のキャンター1本と屋外直線坂路でハロン17秒程度のキャンター1本を行っている。
○速めの調教を課すことで馬体にシャープさが出てきており、理想的な造りに近づいてきた。
○なお、本馬は6月末に行われる第2回産地馬体を受検し、今夏の札幌競馬でのデビューに備えることになった。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○周回ダートでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行っている。
○ソエはまだ若干残るものの、徐々に快方に向かっていることは間違いない。
○本馬特有の、柔らか味溢れる歩様は更に目立ってきており、今のペースでは物足りないと言わんばかりに楽々と坂路を駆け上がっている。
○今のところ6月末に行われる第2回産地馬体検査を受検予定で、今後も順調ならば夏の北海道開催でのデビューも十分可能だろう。
---------------------------------
07/5/2
NF空港
○周回ダートでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター調整。
○今のところ6月末に行われる第2回産地馬体検査を受検予定。
○「馬体や血統からも非常に楽しみにしています。現在はソエが残っているようで速いところまでは行っていませんが、落ち着けばすぐにでもペースアップできると思います。順調に行けば札幌開催でのデビューも視野に入れていきたいと考えています」(松山康師)
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:465kg
○左前脚のソエは若干残るものの、継続して水冷を行っていることで落ち着いている。
○屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を基調に、時に周回ダートコースでのキャンター1800mを織り交ぜている。
○乗り運動を継続することで全体的に無駄肉が削げ落ち、その一方で臀部の筋肉の張りが増し、馬体に一本芯が通ってきた印象。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っている。
○左前脚のソエはまだ残るが、悪化はなく、いい具合に落ち着いている。
○乗り運動を重ねることで上体の筋肉は立派さが増し、更に見栄えするものとなってきた。
○ただし、今しばらくはソエの状態を考慮し、ゆったりと乗り進め、身体の成長を待つこととする。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:464kg
○周回ダートコースではハロン20秒のキャンター1800m、屋内坂路ではハロン20秒のキャンター2本を行っている。
○まだ左前にソエが出たりと幼さが目立ちますが、徐々に良化を見せている。以前は小さく見せた身体も、ここ最近はいい具合に成長してきているし、すべてがいい方向へ向かっている。このまま順調に行けば、6月の第2回産地馬体検査を受験させたい(松山師)


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター2本を行っている。
○ケアを行っていることで左前脚のソエは徐々に良化傾向にあるが、まだ完全に治まったとは言い切れない状態。ただし、痛みはそうなく、乗り運動を行うには支障ないため、今後もゆったりとしたペースで基礎固めを行っていくことになる。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:470kg
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○一定のペースで継続した乗り込みを行えてはいるが、まだ化骨が進みきっていないことから、ソエが幾分残っている感じ。
○今後の水冷やショックウェーブ等の治療を行い、脚元が落ち着くのを待つことになるが、状態を見つつ登坂本数を2本に増やすタイミングを図りたい。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○左前にソエは残るもののだいぶ快方に向かっており、少しずつペースを上げている。
○現在は屋内坂路でハロン22~23秒程度のキャンター1本を行っている。
○ゆったりとした乗り込みを行っていることから、馬体に傷みはなく、この馬なりにいい成長を遂げている感じ。
○フットワークのよさからも素質の一端を見ることができるので、今後も成長に見合った負荷をかけ、成長を促していく。
---------------------------------07/1/31
NF空港
馬体重: 468kg
○屋内坂路でハロン18~20秒のキャンターまで進めてきたが、左前脚がソエ気味になったため、一旦屋内周回コースでダクにペースを落とした。
○現在はだいぶソエが落ち着いてきたこともあり、屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター1400mまでペースを戻している。
○徐々に成長は進んできている感じだが、今しばらくは強い負荷をかけず、地道に乗り進めていくことになる。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内周回コースでのダクと軽めのキャンター1600mで身体をほぐした後、屋内坂路でハロン24秒程度のキャンター1本を行っている。
○柔軟性溢れる馬体ら繰り出されるしなやかな身のこなしはスローペースながらも坂路で目立つ存在となっている。
○遅れ気味だった脚元の化骨状況も徐々に追いついてきており、今後は順当にペースを上げられそうだ。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 464kg
○屋内周回コースでダクと軽めのキャンター1600mを基調に、日によっては屋内坂路に入れて、ハロン27~30秒のキャンター1本を行っている。
○乗り運動を継続していることで筋肉の張りが増し、一段と競走馬らしくなってきた。
○ただし、脚元の化骨状態が遅れているので、今しばらくは調教をセーブ気味に進め、また化骨を促進するため、ショックウェーブをあてていく。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内坂路でハロン30秒程度のキャンター1本を行っている。
○まだスロー調整ですが、脚捌きはとても軽快で相変わらず質の高い走りを見せている。
○今後も乗り運動を継続するには何ら問題ないが、1歳馬全頭に課す定期のレントゲン検査で脚元の化骨状態が少々遅れ気味という診断が出ているため、今しばらくは成長具合に即した調教負荷をかけていく。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 457kg
○ここまでは屋内周回コース主体で進めてきたが、動き・状態ともに上向いてきたため、この中間から屋内坂路でハッキング1本を行っている。
○まだ馬場見せの意味も兼ねての軽めの調整だが、バネの利いた軽快な脚捌きを見せている。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○周回コースでダクと軽めのキャンター1600m
○柔軟性溢れる動き
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 468kg
○初期馴致完了
○周回コースでダクと軽めのキャンター1200m
○大型馬らしいフットワークの大きな見栄えのする脚捌き


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○背慣らし馴致+厩舎内廊下で常歩
○素晴らしい柔らか味と力強い踏み込み
○古馬のような安定感
○芝・ダート兼用か
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 454kg
○サイドレーンを装着して馴致
○人に対しては従順
○腰高なので更なる成長の可能性大


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 454kg
体高: 154cm
胸囲: 176cm
管囲: 19cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"3.モンスターパーク(イーエルブロッサムの05)の近況"へのコメント

CommentData » Posted by ハーパー at 07/04/07

いつも楽しく拝見させていただいています。
初心者の私にはかなり参考にさせてもらっています。

さて、既にお気づきかと思いますが、モンスターパークのコメントが
3/15から他馬のものが添付してあるので、一応お知らせしておきます。

今後とも楽しみに拝読させてもらいます。

"3.モンスターパーク(イーエルブロッサムの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門