このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

4.ロビュスト(スルーオールの05)の近況

Posted at 07/11/28 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

4.ロビュスト(スルーオールの05)の近況

---------------------------------
07/11/27
NF空港
屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本。「登坂本数を1本に減らしたことで左前脚の深管を気にする素振りはなくなってきました。この中間からは2本の調整に戻しましたが、歩様に翳りはなくスムーズなキャンターができています。骨瘤を気にする必要はないでしょうが、大柄な馬なので万全を期してしっかりケアしていきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/20
NF空港
屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本。「若干ではありますが、左前深管を気にする素振りを見せたので、坂路1本にペースを落として様子を見ています。あくまでも大事を取ってのもので、歩様にも出ていないので心配することはないでしょう。坂路では併せ馬を行っていますが、なかなかの動きを見せてくれています。馬体重は540キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/13
NF空港
屋外直線坂路でハロン16秒のキャンター2本。「左前骨瘤が落ち着いていることもあり、動きが良化し見た目にも持ち前の力強さが甦ってきました。いかにもダート志向といった脚捌きです。今後速めを行った際、恵まれた馬体を目一杯活かした秀逸な動きを見せてくれることでしょう」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/6
NF空港
屋外直線坂路でハロン16秒のキャンター2本。「左前骨瘤の状態は安定しており、思うような調教を積むことができています。ただし、大型馬ですし、軽めの調整に終始してきたので、下地がまだできていない感じもあります。もうしばらくは16秒程度で乗り込み、15-15の開始に備えていきたいと思います。馬体重は540キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/30
NF空港
屋外直線坂路でハロン16秒のキャンター2本。「先週あたりから徐々にペースを上げていますが、左前骨瘤の状態は安定しています。この分なら脚元を気にせず、体を絞ること、体を鍛えることに専念できそうです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/23
NF空港
屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター2本。「左前骨瘤はだいぶ固まってきて、チクチクしなくなってきました。これなら問題ないとの判断で若干のペースアップを図りました。その後も脚元を気にするところはありません。この分なら徐々に負荷を増やしていけそうです。馬体重は538キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/16
NF空港
屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本。「ケアは十分に行っていますが、左前骨瘤には相変わらずチクチクしたところが残っているようです。走りの質はとてもよく、しっかり仕上げてくれれば実戦でいい結果を残せそうな馬なので、ここが我慢のし時と思い、辛抱強く接していきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/9
NF空港
屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本。「ペースこそ変わりませんが、いい雰囲気の中で乗り進めることができています。ただし、左前骨瘤が完全には固まりきっていないので当面は速目を行わないで体を造っていくことになります。馬体重は542キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/2
NF空港
屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本。「左前骨瘤はいい具合に安定しており、問題なく乗り運動を行うことができています。状態的にはペースアップできますが、固まりきっていない状態で骨瘤をこじらせると後が厄介なので、もうしばらくは現状のペースで良化を待ちたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/25
NF空港
屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本。「左前骨瘤はいい具合に固まってきています。ゆったりと走る馬ではありますが、もう少し走りに対する前向きさが欲しいところです。こういったところを見るとレースでは急がせない中距離戦あたりがよさそうな感じです。馬体重は538キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/18
NF空港
屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター2本。「左前脚の骨瘤はだいぶいい感じに固まってきました。ここで焦ってペースを上げてぶり返しても仕方ないので、今しばらくは現状のペースで様子を見ていくことになります。1ヶ月程度、現状のペースで乗って問題がなければ次のステップへ向かえると思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/11
NF空港
屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター2本。「じっくり治療を行っていることで左前脚の骨瘤は固まってきた感じです。馬自身もほぼ気にしませんが、時にチクチクすることがあるようなので、その際は水冷等で対処しています。完全に良くなるまでは大幅なペースアップを図らず様子を見ていくことになります」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/30
NF空港
馬体重: 518kg
屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っています。また週1回は意識的にペースを上げ、ハロン17秒(終いハロン16秒)のキャンター1本を開始しました。これまでは左前脚の骨瘤を考慮し、幾らか手控えた調整を行ってきましたが、徐々に固まってきているようで、ペースを上げた後も脚元を気にする仕草を見せることはなくなりました。


---------------------------------
07/8/15
NF空港
屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター2本を行っています。この中間から登坂本数を2本に増やしていますが、骨瘤部は調教後に入念に水冷していることもあり、悪化は見られません。ボディーコンディションも良好で、相変わらず筋肉量の多い逞しい体付きを維持しています。
---------------------------------
07/7/31
NF空港
馬体重: 496kg
屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本を行っています。骨折明けの乗り出しから調教自体は順調に進めることができていますが、左前脚に骨瘤が出掛かっていることもあり、骨瘤が固まりきるまでは強めの調教は意識的に控えて、常歩運動の時間を長く、そして速度を速めて積極的に歩かせる等で運動量の調節を行っていきます。


---------------------------------
07/7/13
NF空港
屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター1本を行っています。ペースを上げているように課題だった左前脚の深管は落ち着いており、歩様もだいぶスムーズになってきました。乗り込みを進めることで本馬特有の力強い捌きが戻ってきたことは嬉しい限りです。ただし、大型馬なので飼葉量の調節も並行して行い、理想的な成長を促していきたいと思います。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重:496kg
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○脚元の違和感で休養した馬なので、現状においても様子見の要素が強い乗り運動となっているが、幸いなことに深管は落ち着いている感じ。
○もうしばらくは大事を取ってゆったりと乗り進め、調教に身体がなじむのを待ち、その上でペースを上げたり、様々な調教場に入れたりと変化をもたせていく。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○乗り運動を再開してからは深管も落ち着いており、順調にペースアップを図れている。
○現在は屋内坂路でハロン20~22秒のキャンター1本を行っている。
○暖かくなってからの馬体の良化は顕著で、乗り運動を再開したことも相まって更にいい筋肉がついてきた感じ。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:504kg
○ショックウェーブ治療の効果が出て、深管の痛みや熱感はほぼ解消してきた。
○ここまでは1日2回のウォーキングマシンのみを行っていたが、現在は乗り運動を再開し、屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター800mを行っている。
○休みの間にも馬体は理想的な成長を見せており、骨量や筋肉がたっぷりとあるにもかかわらず、徐々に伸びが出て、窮屈さを感じさせない造りになってきた。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○1回30分のウォーキングマシンを1日2回行っている。
○楽をさせていることと、しっかりとショックウェーブをあてていることで、深管の痛みや熱感はほぼ解消してきた感じだ。
○今回の休養は残念だが、馬体は理想的な成長を遂げており、骨量や筋肉がたっぷりとあるにもかかわらず、徐々に伸びが出て、窮屈さを感じさせない造りになってきた。
○今のところ5月中に乗り運動を再開できる見通しとなっています。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:509kg
○深管の熱感、痛みとも軽いものだが、完全には治まりきっていないため、1回30分のウォーキングマシンを1日2回行っている。
○休ませたことでハ行は随分治まってきたが、こじらせると厄介なことから痛みと熱感が引くまでは乗り運動を行わず、様子を見ていくことになる。
○運動量が減ると体重が増えてしまう体質ということもあり、今後はカロリーの調整をしていく必要がある。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内坂路でハロン16秒のキャンターまで進んできたが、この中間、左前脚の深管を気にする感じでハ行を発症したため、ウォーキングマシンにペースを落として様子を見ている。
○深管はそうきついものではないが、若干の熱感があり、こじらせると長引く可能性もあるため、当面は楽をさせて、回復に努めることになる。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:502kg
○周回ダートコースでハロン20秒のキャンター1800mと屋内坂路でハロン16~17秒のキャンター1本を行っている。
○ここ最近の馬体の進歩には目覚しいものがある。
○屋内坂路で速めの時計をマークしているが、まだ自発的な走りができていない感じ。ただし、育成段階にはどの馬にもこういった壁があることを考えると、速目を反復することで持ち前の力強さに加え、いいスピードが身についてくるだろう。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○周回ダートコースでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン18~19秒のキャンター1本を行っている。
○乗り出し時期が他馬と比べて遅れたこと、ハロンペースがまだ緩いこともあって、完全に納得のいく動きとまではいかないが、確実に上向いてきている。
○継続した乗り込みがしっかりと形となって現れ、馬体自体は良化しており、更に見栄えのするものになってきた。
○本馬は4月に行われる第一回産地馬体検査を受検する。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:502kg
○この中間から砂が深く、高い負荷の得られる周回ダートコースでダク400m、ハロン20秒のキャンター2000mを行っている。
○馬体重が示す通り、大柄な馬だが、大き過ぎるといった印象はなく、いかにもパワータイプといった力強さを感じることができる。
○この寒い時期にあっていい汗をかいているように代謝も良いようで、動きも日増しに良化している。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
屋内周回コースでハロン23秒程度のキャンター1000mを行っている。
○まだ乗り込みが浅いことと、元来からおっとりした気性ということもあり、やや覇気に欠ける感があるが、この点は今後の乗り込みで解消する部分と思うので、今後も成長度合に合わせた負荷をかけ、持てる高い素質を最大限に引き出してあげたい。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 502kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1000mを行っている。
○素質の一端を示す2歳馬離れした骨太な立派な骨格には惚れ惚れするものがあり、一見太めに見える馬体も良質の筋肉を纏っているもので無駄なものはほぼない。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○脚元に不安な点はないが、乗り始めて間もないこともあり、ゆったりと調整を進めている。
○現在は引き続き、屋内周回コースでダクと軽めのキャンター800mを行っている。
○まだ乗り込みの絶対量が不足していることもあり、覇気に乏しい感じはあるが、動きや乗り味にはいいものがあり、素質の一端を十分に感じ取ることができる。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 506kg
○屋内周回コースでダクと軽めのキャンター800mを行っている。
○乗り始めてからも手術を行った左トモ脚はすっきりしており、何ら問題ない。
○まだスクーリング的な要素の強い軽めのメニューではあるが、とても真面目に取り組めており、乗り役の指示に忠実に従っている。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○馴致調教もスムーズに進み、現在はロンギ場でダクを踏んでいる。
○まだ軽めの調整だが、術後の後遺症もなく、スムーズな脚捌きを見せている。
○成長半分、太め半分という馬体造りだが、乗り運動を開始すれば、元から備わっているメリハリの利いた筋肉が更に盛り上がってくることだろう。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 514kg
○左トモ球節の術後の経過は順調で厩舎内廊下での常歩まで進めている。
○歩様も外見も問題ないが、本格的な乗り込みを行う前にしっかりとした下地を作る意味合いで1回40分のウォーキングマシンを2回行っている。
○徐々に負荷が増しているが、おっとりとした性格で人に対する従順さに変わりない。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○左トモ脚の回復状況は良好
○中間から初期馴致を開始
○馬房内で背慣らし+ウォーキングマシン調整
○しばらくは人が背に跨らない調整を行う
---------------------------------
06/11/9
NF空港
○空港牧場へ移動
○脚元の回復状況を見つつ、初期馴致を開始予定
---------------------------------
06/10/31
NF-Y
馬体重: 510kg
○左後肢第一趾骨の骨折箇所は関節液も溜まらず順調に回復
○現在は舎飼休養+曳き運動1日20分


---------------------------------
06/10/13
NF-Y
○舎飼休養
○10月末に曳き馬程度の運動開始予定
---------------------------------
06/9/29
NF-Y
馬体重: 504kg
○化骨検査で、左後肢第一趾骨の骨片が見つかり、内視鏡による摘出手術を実施
○10月下旬までは舎飼の予定


---------------------------------
06/9/8
NF-Y
馬体重: 508kg
体高: 154cm
胸囲: 180cm
管囲: 21cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"4.ロビュスト(スルーオールの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門