このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

60.ミスティーレイン(ミスティーミスの05)の近況

Posted at 07/11/23 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

60.ミスティーレイン(ミスティーミスの05)の近況

---------------------------------
07/11/20
NF空港
ウォーキングマシン調整。「先週、左前球節に薬を注入しましたが、今のところ目立った変化はありません。じわじわ効いてくるものなのでもう少々様子見が必要でしょう。馬体重は473キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/13
NF空港
ウォーキングマシン調整。「左前球節の状態に目立った進展が見られないので、患部に薬を注入しました。これで変化が見られればと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/6
NF空港
ウォーキングマシン調整。「休んでいる割には左前脚球節の熱感、腫れともに良化が見られません。ここまでの経過、2度目の不安発症ということを考えると乗り運動の再開までには結構な時間がかかってしまうかもしれません。馬体重は474キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/30
NF空港
ウォーキングマシン調整。「先週から休ませていますが、左前球節の状態に変化はなく、依然として熱感と痛みが感じられます。乗り運動休止からの時間経過を考えても乗り運動の再開までにはまだ時間を要しそうです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/23
NF空港
ウォーキングマシンのみにペースダウン。「試し乗り以降、左前球節は安定していたのでゆったりとしたテンポでペースを上げていましたが、再度球節に痛みと熱感が出てしまいました。症状は前回と変わらぬものですが再度の休養になるので、今回は更に慎重に様子を見ていくことになります。馬体重は477キロです」(空港担当者
---------------------------------
07/10/16
NF空港
屋内坂路でハロン18~20秒のキャンター1本。「試し乗りを行ってきましたが、懸念された左前球節の状態は安定しているのでこの中間から坂路に入れています。ただし、100%回復したとは言い切れない部分もあるので、もう1週くらいは様子見の意味で乗り進めていきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/9
NF空港
この中間から乗り運動を再開し、周回でダク800mの調整。「ショックウェーブを重ねてきたことで、左前球節の状態はだいぶ安定してきました。現在は試し乗りの段階ですが、患部が悪化することはありません。しばらくはダクで様子を見て、キャンターへの移行時期を探っていきたいと思います。馬体重は465キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/2
NF空港
ウォーキングマシン調整。「左前球節は楽をさせている割には回復が遅い感じです。ここまでの傾向からすると今しばらくの休養が必要かと思われます」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/25
NF空港
ウォーキングマシン調整。「先週末にセン痛を起こしましたが、今ではすっかり治まっています。元からある左前球節の状態と合わせて今しばらく経過を見ていこうと思います。馬体重は461キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/18
NF空港
ウォーキングマシン調整。「左前球節には若干の腫れと熱感が残っているので、14日にショックウェーブ治療を行いました。これで状態が改善してくれればと思っています」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/11
NF空港
ウォーキングマシン調整。「左前球節には疲れがまだ残っているようで、若干の腫れと熱感を伴っています。今後もショックウェーブ治療を行い、状態の改善に努めていきたいと思います。馬体重は486キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/30
NF空港
馬体重: 462kg
ウォーキングマシンのみの調整を行っています。「この中間ショックウェーブ治療を施し状態の改善を図っております。乗り運動を休ませることで歩様は徐々に良化していますが、まだ完全ではありません。以前も左前球節には疲れから熱感が出たことがあるので、今後も慎重に状態を見極めていくことに変わりありません。ただし、状態は以前よりうんとましになっているので、近々ダク程度を開始することも検討しています」(空港担当者)


---------------------------------
07/8/15
NF空港
ウォーキングマシンのみの調整を行っています。「左前脚の歩様は若干良化傾向にあるものの、ほぼ平行線といった状態です。ここ最近はゆったりとしたペースではありましたが乗れていましたし、少しずつ体質にいい変化がみられただけに休養は残念です。以前と同じ左前脚の歩様の乱れなので、乗り運動の再開は慎重にジャッジを行った上でと考えています」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/7
NF空港
乗り運動後、左前脚の歩様に違和感が出たため、ウォーキングマシンにペースダウン。「歩様に翳りが見られたためペースダウンし、様子を見ることにしました。休ませることで歩様は徐々に良化していますが、まだ完全ではありません。以前も左前球節には疲れから熱感が出たことがあるので、慎重に状態を見極めていきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/7/31
NF空港
馬体重: 443kg
この中間から坂路主体のメニューに変え、現在は屋内坂路でハロン18~20秒のキャンターを1~2本行っています。しっかりと乗れているように体調自体はすこぶるいいものがありますが、馬体はまだパンとしておらず、腰に疲れが溜まり易い感じです。乗り運動を休止するほどではありませんが、万全とはいえないため電気針での治療を併行して行っていきます。


---------------------------------
07/7/13
NF空港
周回ダートコースでハロン20秒のキャンター1800mを基調に、週2回は屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っています。休まず乗り込んでいることから精神的にだいぶ大人になっており、いい落ち着きが出てきました。坂路では集団の先頭に立っても物見をすることはなくなり、真っ直ぐに坂路を駆け上がることができるようになりました。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重: 441kg
周回ダートコースでハロン20秒のキャンター1800mを基調に、週2回は屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っています。この中間から登坂本数を2本に増やしたように、着実に基礎体力は向上しており、調子自体も上向き加減ではありますが、まだ身体の芯からの強さが感じられないこともあり、速めは行わずゆったりとしたペースで進めることにします。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1600mを基調に、週2回は屋内坂路に入り、ハロン18秒のキャンター2本を行っている。
○ペースこそ変わらないが、走りの質自体は確実に向上している。
○現状においても高い評価を与えられるが、心身のバランスが取れてくれば、更に磨きがかかった走りを実現できるだろう。
○ここまで休みなく乗っていることで時に疲れが見られるので、今後はそのあたりにも注意しなら進めていく。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:439kg
○屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路に入り、ハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○調教中は走る気を前面に出しているが、まだ精神面に幼いところが残っているようで周囲を気にしてきょろきょろする素振りを見せることがある。
○ただし、走りの質は元から高く、相変わらず身体を大きく使った跳びの大きい見栄えのするキャンターを見せている。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内周回でハロン20秒のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○まだ軽めの調整だが、スピード能力を垣間見れる、質の高いキャンターができるようになってきているので、速めの調教を開始するのがとても楽しみになってきた。ただし、ここまでもゆっくりきたので、今後も無理することなく進めていくことに変わりない。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:430kg
○屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路でのハロン18秒のキャンター1本をプラスしている。
○徐々にトモの力強さが増してきたことで小柄な馬の割には跳びが大きくなり、前へ前へと進む推進力が強くなってきた。
○調教に向かう姿勢には素晴らしいものがあり、常に全力で与えられた課題にあたっている。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mを主体に、週3回は屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○左前脚球節の疲れが抜けてからは充実一途で、ここ最近は走りに対する集中力がグンと増し、またキャンター時の脚捌きに力強さが出てきた。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:428kg
○ここ最近は左前脚球節の疲れもだいぶ良化していることから、主に屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mを行い、週3回は屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を消化している。
○前向きさには定評があるが、頑張りすぎてしまう面もあるので、今後はそういった気性を上手く制御するような工夫をしていきたい。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内周回コースでダク400m、ハロン25秒のキャンター1600mを行い、週1回は屋内坂路でハロン22秒程度のキャンター1本を行っている。
○左前脚球節の状態は確実に上向いており、順当なペースアップが実現できています。調教時は積極的で元気いっぱいの姿を見せているが、今後のためには現状のスローペースの中で我慢することを覚えさせていきたい。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:432kg
○屋内周回コースでダク400m、ハロン25秒のキャンター1600mを行っている。
○左前脚球節に相変わらず疲れがくると思われる熱感が見られるため、この中間は周回コースのみとし、併せてショックウェーブ等の治療を行っている。ただし、症状自体は徐々に良化傾向にあるので、これから春に向けて、少しずつペースを上げていけそう。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mを主体に、週3回は屋内坂路に入り、ハロン25秒のキャンター1本を行っている。
○左前脚球節に熱感は日によって程度が異なるため、当面は大事を取ってゆったりとしたペースで進めていくことになる。
○気性面は徐々に成長を見せているものの、物見をする等、周囲に気を取られるところが残っている。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重:421kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mを主体に、週3回は屋内坂路に入り、ハロン25秒のキャンター1本を行っている。
○左前脚球節に熱感を帯びたため、前月より手控えた調教メニューとなっているが、ショックウェーブを行っていることで徐々に快方へ向かっているようだ。
○集団調教では相変わらず力強いキャンターを見せており、中団につけても臆病な面を見せずに走っている。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mを行った後、屋内坂路でハロン20秒程度のキャンター1本を行っている。
○前向きな気持ちは相変わらずで前を行く馬を追う姿には感心させられるものがある。
○当面は春先から開始予定の速めの調教を意識して、下地を作ることに専念していきます。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 424kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mを行った後、屋内坂路でハロン22秒程度のキャンター1本を行っている。
○小柄な牝馬ではあるが、芯の強さがあるようで現状のペースにも全く戸惑うことはない。
○気性も前向きで常に行く気に溢れるキャンターを見せている。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1200mの後、屋内坂路でハロン22~23秒のキャンター1本を行っている。
○前へ前へと進んでいくキャンターには見るべきものがあるので、今後もその前向きな気性を上手く伸ばしつつ、また乗り役の意思を確実に汲み取れるように適度な落ち着きを教えていくことになる。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 426kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1200mの後、屋内坂路でハロン25秒のキャンター1本を行っている。
○やや神経質な面を見せることがあるものの、特段問題視するほどのものではなく、キャンターで走っている最中はきわめて真面目で、前の馬を全力で交わしに行こうとするほど、自らハミを取ってグイグイ前に進んでいく。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○屋内周回コースと屋内坂路で軽めのキャンターを行っている。
○まだ小柄で成長途上ではありますが、じわじわ成長している感じなので、競走する頃にはもう少し大きくなるだろう。
○キャンター時は行く気に溢れ、乗り役が抑えるのに一苦労する一幕もある。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 414kg
○屋内周回コースでハッキングを行っています。相変わらずいい走りを見せているが、やや緊張しながら走っているので、今後はその点をほぐし、力まずに走らせることを念頭に置いた調整を行っている。


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○ウォーキングマシンで身体をほぐした後、周回ダートコースでダクとハッキングキャンターを行っている。
○乗り始めてからの成長には目を見張るものがあり、特にここ最近は他馬とは一味違う良質な筋肉を纏うようになってきた。
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 421kg
○鞍付け、帯締め、背慣らしといった初期馴致も難なくこなし、すでにコースでの乗り運動を開始している。
○現在はウォーキングマシン調整を1時間行った後、周回ダートコースでダク1000mを行っている。
○コースに初めて入った時から一切物見をせず堂々としており、またとても素直なことから与えられたことを瞬時に吸収する賢さを持ち合わせている。


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 408kg
体高: 152cm
胸囲: 173cm
管囲: 20cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"60.ミスティーレイン(ミスティーミスの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門