このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

61.フィックルベリー(フィックルフレンズの05)の近況

Posted at 07/11/23 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

61.フィックルベリー(フィックルフレンズの05)の近況

---------------------------------
07/11/22
大久龍厩舎
21日に栗東入厩。「体に張りがあって、いい状態で戻ってきてくれました。無理せず放牧に出したのがよかったようです。様子を見ながら徐々に進めていきます」(大久龍師)
---------------------------------
07/11/20
グリーンW
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。21日に栗東帰厩予定。「ようやく体の張りも出てきて、よりいい状態になってきたという印象をもっています。師とも話をして、タイミングもよく今週帰厩することになりました。頑張り屋な面があり、環境の変化に気持ちが参りやすいのかもしれませんが、これも経験によって成長してくれるでしょう」(GW担当者)
---------------------------------
07/11/15
グリーンW
「今のところ来週中に栗東へ入厩させる予定です」(大久龍師)
---------------------------------
07/11/13
グリーンW
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。「以前は気負いやすい馬でしたが、ここ最近は落ち着いていて気持ちの面はしっかり見せるようになってきました。飼葉の好き嫌いがあるがあるみたいですが、環境にも慣れた為か、食べた分だけ身になってきましたし、総合的に良化していることは間違いないですね。今後は師と相談しながら、帰厩に向けて徐々に進めていけばと考えています」(GW担当者)
---------------------------------
07/11/6
グリーンW
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。「いくらか体も増えてきて、徐々に馬っぷりが良くなってきていますね。この間までは飼葉の量と調教の量の割りに、毛ヅヤが良化してこない感じでしたが、最近は体の増加とともに良化傾向にあるかと思います。この調子で進めていき、状態を見ながら師とも相談していきたいと考えています」(GW担当者)
---------------------------------
07/10/30
グリーンW
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。「スムーズに調教は行えていますが、欲を言うともっと体が大きくなって欲しいですね。飼葉食いがいい割に実になってきません。牝馬ですし、季節からもなかなか増えてこないのでしょう。しかし、ガレてどうしようもないということではないですし、乗り込みながら少しでも改善していければと考えています」(GW担当者)
---------------------------------
07/10/23
グリーンW
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。「調教自体は順調に積むことが出来ていますし、問題はないのですが、欲を言えば体が『休養馬らしい体つき』になってほしいところですね。小柄ながらも牝馬らしからぬ骨太でガシッとした体つきなのですが、馬体のパーツをつなぐところに,もっと余裕が出てきて欲しいです。他には、移動時から見られたのですが、代謝があまり良くないのか毛ヅヤがいま一つで、体のハリも物足りない感じがするので、そう言った点が課題ではあるでしょう」(GW担当者)
---------------------------------
07/10/16
グリーンW
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。「軽めとはいえ、調教を重ねてもテンションが上がりすぎることもないですし、体もガレすぎていることもありません。しかし、調教をガンガンやると気持ちが高揚してきそうな気配はあるので、あまり攻め過ぎないように気をつけながら、じっくり取り組もうと思います。乗っているスタッフも『背中の感触が凄くいい。大事に行きたいですね』と誉めていました」(GW担当者)
---------------------------------
07/10/9
グリーンW
坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。「カリカリし過ぎて馬体に悪影響を与えることはないので、ホッとしています。調教中は結構一生懸命に走るのですが、普段は上手くオンオフがきいていて、馬房の中ではボーっとしていますよ。体はまだ420キロチョットで大きく増えたというわけではないですが、ガレているわけでもありませんし、このまま気持ちと体に余裕を作りつつ乗っていければと考えています」(GW担当者)
---------------------------------
07/10/2
グリーンW
坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。「移動してくる前に師より馬の特徴を聞いて、その話からどんな馬か想像していたのですが、カリカリもしていなくて、環境に慣れさえすればソワソワすることもないようですね。普段は大人しい馬だと思います。輸送で減った馬体も徐々に回復していますし、体と精神面をしっかり落ち着かせて再度帰厩出来るようにしていきたいですね」(GW担当者)
---------------------------------
07/9/27
大久龍厩舎
28日にグリーンウッドへ放牧予定。
---------------------------------
07/9/26
大久龍厩舎
26日は角馬場でハッキング。「元々体の細い馬でもあり、いきなりの長距離輸送がかなりこたえている様子です。いい素質を持った馬ですし、体高など見てもまだ筋肉がついてくる余地がありますので、いったん放牧に出すことも含めてゆっくりやっていきたいと思います」(大久龍師)
---------------------------------
07/9/21
大久龍厩舎
21日に栗東入厩。
---------------------------------
07/9/20
山元TC
20日に山元トレセンへ無事到着。21日に栗東入厩予定。「北海道から輸送してきましたが、輸送熱もなく体調は良さそうです」(山元担当者)
---------------------------------
07/9/18
NF空港
屋外直線坂路でハロン16秒のキャンター2本。週2回はハロン15秒を計時。19日に山元トレセンへ移動し、21日に栗東入厩予定。「体も維持できていますし、体調も良好です。18日には師が状態を確認し、移動にGOサインを出しました。移動さえ上手くこなせればいい形で競馬に向かえると思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/11
NF空港
屋外直線坂路でハロン16秒のキャンター2本。週2回はハロン15秒を計時。「徐々に負荷を高めていますが、いい具合に身体を維持できています。牧場では430~440キロくらいが適正と思われるので、万が一身体が減少傾向になった際は攻め量を加減することも考えています。体調自体は高い次元で推移しているので、今後も入厩を目標にした乗り込みを行っていきたいと思います。馬体重は431キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/4
NF空港
屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター2本。週1回はハロン15秒を計時。「入厩制限がある現状なのでいつとはいえませんが、入厩を視野に入れて速めのところを取り入れ始めました。速目をやってみても以前のような弱さはなく、どっしりと構えています。この分なら更に時計を上げても体が極端に減ることはないでしょう」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/28
NF空港
屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター2本。「乗りながら馬体を維持できていることは喜ばしい限りです。一歩一歩成長していることは明らかなので、速めのキャンターを行う日が今から楽しみです。馬体重は433キロです」(空港担当者)


---------------------------------
07/8/21
NF空港
屋外直線坂路でハロン17~18秒のキャンター1本。「戻ってきたばかりなので、まだゆったりとしたペースではありますが、明らかに馬が成長し、体質強化が図れている感じです。競馬場に送り出す前は馬体の維持が難しい馬でしたが、ここ最近は目立った馬体減りは見られなくなりました。速いところを行った際にそういった現象が起こるかもという一抹の不安はありますが、現状を見る限り、杞憂に終わると思っています」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/14
NF空港
周回でダク400m、ハロン22~23秒のキャンター1600m。「放牧の原因となった右前球節の腫れはすぐに引き、乗り運動を再開した後も落ち着いています。ここまでの経過を見る限り、疲れからくる一過性の腫れだった可能性が高いと思います。まだペースが遅く、目立った動きを示しているわけではありませんが、今後秋に向けてペースを上げていけば、一度競馬場を経験したことが分かるようないい動きを見せてくれることでしょう。馬体重は433キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/7
NF空港
6日から常歩を開始。「右前球節に軽い腫れが出たため放牧に出されましたが、とても軽度のもので今ではすっかり落ち着いています。これから試しの意味でダクを行うことになりますが、それで問題がなければキャンターに移行することになります。短期間ではありましたが競馬場でのトレーニングを積んだことで目に見えて馬体が逞しくなった感じです」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/6
NF空港
4日に空港牧場へ放牧。「センスもよく、入厩後間もない2日にゲート試験に合格しました。その後、歩様には問題ない程度ですが、右前球節に腫れが見られたため、放牧に出すことにしました。ここまで優秀でしたし、まだ体質が弱そうなので、この休みはプラスに出ると思います。元からゲートまでの予定でしたし、そう大きな問題ではなさそうなので、今秋には帰厩できるでしょう」(大久龍師)
---------------------------------
07/8/3
札幌競馬場
入厩後、ゲート中心の調整を行ってきたが、球節に違和感が出たため、4日に空港牧場へ放牧に出されることになった。
---------------------------------
07/8/1
札幌競馬場
28日に札幌競馬場へ入厩。1日はゲート中心の調整。「入厩からすぐにゲート練習を進めています。なるべく早めにゲートを合格させて、いったん放牧に出す予定です。体が小さいので、ここで成長をうながしてあげるのがベストでしょう」(大久龍師)
---------------------------------
07/7/27
NF空港
ここ最近は屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本を基調に、週2回は2本目にハロン14秒を計時し、仕上がりも進んできたため、28日に札幌競馬場へ入厩予定。「まだ速いところを行うと身体が若干減る傾向にありますが、ここにきてだいぶ馬体がしっかりしてきた印象を受けます。入厩後はまずゲート試験を目標にしていくことになるでしょう」(空港担当者)


---------------------------------
07/7/13
NF空港
屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本を行い、週2回はハロン15秒を計時しています。ここ最近は以前と比較して馬体を維持できているように肉体面、精神面ともにいい成長を遂げている感じです。ただし、神経質な面が完全になくなったわけではないので、今後も追い詰めないように気をつけながら負荷を増やしていきたいと思います。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重: 423kg
屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本と登坂本数を増やして乗り込んでいます。ただし、調教の積み重ねから腰に若干の疲れが感じられるため、15-15は控えています。今後はさらなるペースアップやトレセン入厩に備えて、体調と馬体重の維持に努めながらの調整となります。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。また週2回は坂路で15-15を消化している。
○馬体が細化する可能性もあるので、速めの回数はやや制限しているが、走り自体は素軽く、いかにもスピードタイプといった質の高さがある。
○身体の線が細く、全体的に力不足な感は否めないので、もう少し身体がパンとしてくるまで現状の調整を行い、基礎的なものを養っていくことになる。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:417kg
○屋内周回コースでハロン20秒のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。また週2回は坂路で15-15を消化している。
○現在の調整パターンは本馬の現状にマッチしているようで馬体減りは見られないが、これ以上の負荷をかけると飼い喰いが細くなり、身体が減ってしまう可能性もあるので、今しばらくは速目を週2回に留めて様子を見く。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内周回でハロン20秒程度のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、また週2回は坂路でハロン15秒のキャンターを開始した。
○ここまでは小柄な馬ということを考慮し、控えめに進めてきたが、だいぶ基礎体力もついてきたので速めのところを取り入れている。
○継続した乗り運動のおかげで脂肪は取れ、いい筋肉だけ残る理想的なフォルムを維持しているが、幾分トモが寂しい感じなので、今後はそのあたりの解消を目指す。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:414kg
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を素軽い脚取りで消化している。
○一時期、物見が酷いこともあったが、今では平静を取り戻し、しっかりと調教に向き合えている。
○脚元もスッキリとし、飼葉喰いも良好なので、何の心配もなくドンドンペースアップできる態勢にある。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○一時期、物見が激しい時期があったが、ここ最近は落ち着きが出て、しっかり調教に集中できている。
○キャンター時は素軽い脚捌きを見せており、いかにも芝で良さそうなタイプ。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:410kg
○この中間、調教疲れが見られましたが、少々楽をさせたことですっかり元のいい体調を取り戻している。
○現在は周回ダートコースでキャンター1800mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○乗り込みながら馬体重が増加しているように理想的な成長を見せているが、やり始めれば仕上がりは早そうなタイプですし、まだ変わってきそうな馬体造りなので、もうしばらくはゆったりとしたペースで乗り進めていくことになる。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター1本を行っている。
○調教中、真面目に走りすぎてしまう面がある。疲れが出やすい時期でもあるので、いつも以上に気を付けて乗り進めている。
○もう20~30キロ欲しい感があるので、乗り込みつつ馬体が増えてくるのを待ちたいと思う。
○本馬は4月に行われる第一回産地馬体検査を受検する。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:401kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○ペースを上げても飼い喰いが落ちることはないように内面、外面ともに丈夫な馬で、また馬格的にも仕上がりが早そうなタイプなので、今後は夏デビューを目標に乗り進めていく。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内周回コースでハロン25秒程度のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン20-18秒のキャンター1本を行っている。
○このところはトモ脚に力がドンドンついてきており、傾斜のきつい坂路を楽々と駆け上がっており、動きにも軽快さが増してきた。
○走りに没頭しすぎるのか、馬体が減り易いタイプなので、今後もその点には注意して乗り進めていきたい。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重:394kg
○屋内周回コースでハロン25秒程度のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○坂路調教を開始したことで、後ろ脚にいい負荷がかかっており、だいぶトモ脚に力がついてきた。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内周回コースでハロン25秒程度のキャンター1600mを行っている。
○間もなく屋内坂路での調教を取り入れる予定だが、そこでトモ脚がもう一つパンとしてくれば、更なる良化が見込めそうだ。
○厳寒期に差し掛かっていますが、毛ヅヤも良く体調面に不安は皆無なので、今後もしっかり乗り込んでいく。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 402kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mと距離を延ばして乗り込んでいる。
○新しい調教環境にも慣れが出て、力みが取れてきたこともあり、乗り運動を開始した頃と比べて背中の使い方が上手くなり、同時に柔らかさが出てきた。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内周回コースでダク800m、軽めのキャンター800mを行っている。
○徐々に馬体の使い方にしなやかさが出てきており、走りの質が良化してきた感じ。
○無駄なことを一切しない聡明な性格ということもあり、今後もスムーズに調教を行えることだろう。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 399kg
○初期馴致を問題なくこなし、現在は屋内周回コースでダクを行っている。
○まだ新しい調教場に対する緊張があるのか、幾らか捌きに硬さを感じるが、本来の動きは柔軟性に富んだものということもあり、慣れさえ出てくればバネの利いたいいキャンターを見せてくれることだろう。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○環境にもすっかり慣れが出て、順調に馴致調教を進めている。
○厩舎内廊下や厩舎周りで常歩を行っている。
○元から薄手の馬体造りだが、パワーというよりは素軽さが目立つ馬だけに調教を始める前としては好ましい造りといえる。
○後肢のバネにも見るべきものがあり、キャンターではどのくらいの瞬発力を見せてくれるかが楽しみ。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 432kg
○空港牧場に移動して間もないことを考慮し、ウォーキングマシンをメインとした調整を行っている。
○またサイドレーンを装着してハミ受けを覚えさせたり、背中にダルマを置いたりする初歩的な馴致も開始した。
○まだ完全に新しい環境に適応していない感じも見受けられるため、今しばらくは様子を見ながら馴致を進めていくことになる。


---------------------------------
06/10/23
NF空港
○23日に空港牧場へ移動。今後は環境に慣らしつつ、初期馴致を行うことになる。
---------------------------------
06/10/13
早来F
○放牧とウォーキングマシン調整を行っている。
○まだ成長途上で力強さに欠ける面はあるが、素軽い身のこなし、クッションの効いた質の高い脚の運び等は本馬の質の高さを物語るに十分なものがある。
---------------------------------
06/9/29
早来F
馬体重: 409kg
○ 今秋の空港牧場への移動に備え、現在は放牧とウォーキングマシン調整を連日行っている。
○馬体重が示す通り、常に軽い馬体を維持しながらここまで順調、かつなだらかな成長曲線を描いてきている。
○とても真面目な気性の持ち主で何事にも真剣に向き合えるだけに今後も競走馬としてのステップアップを着実に踏んでいくことだろう。


---------------------------------
06/9/8
早来F
馬体重: 409kg
体高: 151cm
胸囲: 173cm
管囲: 19.6cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"61.フィックルベリー(フィックルフレンズの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門