このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

63.マルティンスターク(ラテルネの05)の近況

Posted at 07/11/23 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

63.マルティンスターク(ラテルネの05)の近況

---------------------------------
07/11/21
鶴留厩舎
微熱が出たため21日は舎飼。「馬インフルエンザの検査でも陰性でしたし、微熱なのでそれほど気を遣うこともありませんが、こういうときにガクッとくると立ち直るのに時間がかかるので、今週の出走はとりやめます。馬自体は元気なので来週以降は問題ないと思います」(牧野助手)23日の京都競馬(2歳未勝利牝馬限定・芝1600m)は回避。状態を見つつ来週以降に出走予定。
---------------------------------
07/11/14
鶴留厩舎
「勝てれば良かったのはもちろんですが、内容を考えても上々のスタートだったと思います。少しカイバ食いが落ちているのが心配ですが、馬自身は元気で問題ありません。中1週ですが牝馬限定戦があるので、そこを目標にします」(鶴留師)今のところ23日の京都競馬(2歳未勝利牝馬限定・芝1600m)に出走予定。
---------------------------------
07/11/12
鶴留厩舎
10日の京都競馬では好スタートから好位外目を追走。直線ではスムーズに抜け出しそのまま押し切るかと思われたが、勝ち馬に外から交わされ2着。「スタートは良かったし、いい位置で運べました。こちらはジリジリ伸びるのに対して、勝ち馬にはスパッと切れる脚がありました。その点が今日の結果の違いでしょう。走りからも分かる通り、素質のあるいい馬ですよ」(ルメール騎手)「勝ち馬に外から差された後、その後ろの馬に交わされそうになったけど、二の脚を使ってくれたし、最後まで渋とく伸びてくれました。デビュー戦を勝利で飾れませんでしたが、上々の内容でしょう。スタートも速かったですしね。今後はレース後の様子を見てから決めて行きます」(鶴留師)
---------------------------------
07/11/8
鶴留厩舎
7日は栗東坂路での追い切り(53秒1-38秒8-25秒6-12秒9)。「終いまでしっかりしていたし、なにより順調にここまできたのがいい。新馬だからやってみないと分からない部分は大きいけれど、なかなか楽しみだね。メンバーは強いようだけど、上手に走れれば差はないんじゃないかな」(鶴留師)10日の京都競馬(2歳新馬・牝馬限定・芝1600m)にルメール騎手で出走。
---------------------------------
07/11/1
鶴留厩舎
1日は栗東CWコースで併せ追い(86秒3-69秒9-54秒8-39秒8-11秒9)。「今日は併せて本格的な追い切りを行いました。同入でしたが手応えはまだ余裕がありました。これはちょっと走りそうですよ。メンバーは揃いそうですが、初戦から動ける態勢は整えられると思います」(山田助手)10日の京都競馬(2歳新馬・牝馬限定・芝1600m)に出走予定。
---------------------------------
07/10/31
鶴留厩舎
31日は調整程度。「ここまで順調に来ているね。明日かあさってに、併せる相手をみつけて追い切りたいと思っています」(鶴留師)今のところ11月10日の京都競馬(2歳新馬・牝馬限定・芝1600m)でのデビューを目標にしている。
---------------------------------
07/10/25
鶴留厩舎
25日は栗東CWコースで併せ追い(87秒7-68秒9-53秒1-39秒6-12秒8)。「初めて時計を出したけれど、これだけ出れば十分でしょう。動きも上々だったね。このまま進めて行ければ楽しみだよ」(牧野助手)
---------------------------------
07/10/24
鶴留厩舎
24日は調整程度。「馬場がよければ明日25日に追い切る予定です。あまりよくなければ、週末くらいに時計を出すことになるでしょう」(鶴留師)
---------------------------------
07/10/17
鶴留厩舎
17日はゲート試験を受け、無事合格。「ゲート内で多少モタれるような素振りは見せましたが、出もまずまずですし、出てからもまっすぐしっかり走っていました。とにかく合格できましたので、このままデビューに向けて進めていきます」(鶴留師)
---------------------------------
07/10/11
鶴留厩舎
11日はゲート試験を受けるも、不合格。「非常におとなしく、駐立などは問題ない のですが、出がいまひとつです。もう少し二の脚が速くなれば、と言われました。それでもやっていくうちに出るようになるでしょうし、ゲートの中ではとてもおとなしいので心配はしていません」(牧野助手)
---------------------------------
07/10/3
鶴留厩舎
3日は栗東坂路からゲート練習。「おとなしすぎるぐらいで、ゲートも自分から出るという感じではありません。ただ、出入りに関してはまったく問題ないので、今週いっぱい練習すれば、早ければ来週ぐらいに試験を受けられるかもしれません」(牧野助手)
---------------------------------
07/9/26
鶴留厩舎
26日は栗東坂路を1本。「長距離輸送も難なくこなしてくれて体調は良好です。非常におとなしく、扱いやすそうですね。昨日入厩してばかりなのでまだなんともいえませんが、明日かあさってあたりからゲート練習を取り入れていきたいと思います」(須崎助手)
---------------------------------
07/9/25
鶴留厩舎
山元トレセンでは周回と坂路でハロン16~17秒のキャンター調整。25日に栗東入厩。「予定どおり前日の24日に送り出しました。約2週間ほどの滞在でしたが問題なく調整出来ましたし、無事に送り出すことが出来たと思います」(山元担当者)
---------------------------------
07/9/20
山元TC
25日に栗東入厩予定。「空港で結構乗ってもらっているし、仕上がりはよさそう。まずはゲート合格を目標に進めていくことになります」(鶴留師)
---------------------------------
07/9/18
山元TC
周回と坂路でハロン16~17秒のキャンター調整。「先週移動してきましたが、輸送から体調を崩すようなこともありませんし、早速運動を開始しています。まだ具体的な移動プランを聞いていないので、馬の状態を見ながら進めていきたいと思います」(山元担当者)
---------------------------------
07/9/12
山元TC
11日に空港牧場を出発。12日に山元トレセンに到着。
---------------------------------
07/9/10
NF空港
11日に山元トレセンへ移動し、来週くらいの栗東入厩を予定している。「十分すぎるくらい乗り込んでいますし、仕上がりはいいですね。新馬3着の後に戻ってきた馬と併せましたが、手応えで勝っていました。能力もありそうなので初戦から楽しみにしています」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/30
NF空港
馬体重: 452kg
この中間は調教に変化を持たせるため、周回ダートコースや屋外直線坂路を用いてきました。現在は屋内坂路をメインコースにし、毎日ハロン15秒のキャンター2本を行っています。常に元気いっぱいで動きも良く、ハロン15秒の調教では物足りないといわんばかりです。幾分ゆとりの見られた体つきも心持ち引き締まってきた感じです。移動までにもう少し牧場の坂路で負荷を掛けた方がいい感じなので、今しばらくはこちらで乗り進め、更なる成長を促していきます。


---------------------------------
07/8/15
NF空港
屋外直線坂路でハロン15秒のキャンター2本を行っています。体調自体も高い次元で推移しており、まだはっきりとした目標は立っていないものの早めのデビューも視野に入れられるくらいです。ただし、まだ伸びしろは感じられるので今後も速めの調教を継続し、更に仕上げを進めていきたいと思います。
---------------------------------
07/7/31
NF空港
馬体重: 450kg
屋外直線坂路でハロン15秒のキャンター2本を行っています。これまでは休養を挟んだことで馬体に緩みが見られましたが、ここ最近は継続して速いところを行っていることでだいぶ引き締ってきており、馬体重の増加分は丸々成長分と捉えて良さそうです。ここにきての走りの力強さ、フォームの良化を見ると、これまで積み重ねてきた調教が確実に実になっています。


---------------------------------
07/7/13
NF空港
屋外直線坂路でハロン15~16秒のキャンター2本を行っています。まだ若干の太め感は残るものの、元から見せていたストライドの大きい、質の高い動きは健在で空港牧場の2歳で進んでいる馬たちとも一緒に調教を行えています。タイプ的にも早めから動けそうなタイプなので、今後も精力的に乗り込みを進め、仕上げていきたいと思います。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重: 438kg
屋外直線坂路でハロン15~16秒のキャンター2本を行っています。ハロンペースを徐々に上げていますが、以前見られた右前膝の打撲による腫れはぶり返すことはありません。馬体重の数値自体は減っていますが、少し楽をさせたことが影響しているのか、やや太め感のある馬体造りになっているので、今後は身体の絞り込みも必要となるでしょう。暑い時期になってくるので、新陳代謝も活発になり、さらなる良化が期待されます。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○屋外直線坂路でハロン15~16秒のキャンター2本を行っている。
○この中間は更にペースを上げて乗り進めているが、左前脚のソエは小康状態を保っており、気にする素振りは見られない。
○ストライドの大きな、安定した走りは健在で、スムーズな加速を行うことができている。
○乗り始め当初は幼さが残っていたが、ここ最近はいかにも良血馬といった良化を見せている。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:446kg
○右前脚に腫れたため、1日2回のウォーキングマシンにペースを落とした時期もある。
○念のためエコー検査を行ったが、腱には異常なく打撲による一過性の腫れで、すぐに状態は改善した。
○現在は屋外直線坂路でハロン16~17秒と大幅にペースを上げて乗り込んでいる。
○キャンター時の動きもよく、調教後の脚捌きもスムーズ。
○左前脚に出ているソエは軽度で気にならない程度なので、今後も順調にペースを上げていけるだろう。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内坂路と屋外直線坂路でハロン16秒のキャンターを1本ずつ行っている。
○ここまで周回で入念に乗り込んできたことで基礎体力もだいぶついてきており、走法もだいぶ安定してきた。
○左前脚にソエが出ているが、軽度のもので、症状も安定しているので、乗り運動に支障をきたすことはない。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:430kg
○屋内坂路でハロン15秒のキャンター2本を基調に、週2回は周回ダートコースでのキャンター1800mも織り交ぜ、調教を進めている。
○手脚が長めで、体型から見てもいかにも素軽そうな印象を受ける馬だが、キャンターに下ろすとストライドがとても大きい走りを見せ、速めの時計をマークした際も無理なくスピードに乗ることができており、手応えにも十分なものがある。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内坂路でハロン16秒のキャンター2本を行っている。
○気持ちのオンオフを上手く切り替えられる馬で、平素は大人しく、調教ではいい気合乗りを見せている。
○健康状態もいいことから、今後は早期入厩を目指し、順次ペースを上げていくことになる。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:435kg
○屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を行っている。
○順調なペースアップを図れていることから、調教負荷がしっかりと実になっている感じで、これまではどちらかというと頼りない脚捌きが目立っていたが、ここ最近は馬体もだいぶドッシリとしてきており、手綱を通してガツンとくるような手応えが感じられるようになった。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を行っている。
○現状、与えられたメニューをしっかりこなせているが、ここまでの過程から幼さが目立つ馬ということもあり、今しばらくは大きなペースアップを図ることなく、脚元の変化や疲れに注意していく。
○一つのステップをクリアした段階でピッチを上げるという風な方法を取っていきたいと思う。
○本馬は4月に行われる第一回産地馬体検査を受検する。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:435kg
○屋内周回コースでキャンター800mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○また週2回は登坂本数を2本とし、運動量を確保している。
○馬体重の数字を見てもまだまだ小柄な馬ではあるが、それでもこの馬なりに調教負荷がしっかりと実になって徐々にパワーがついてきた感じ。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○口向きの改善を意識して乗り進めてきたこともあり、まだ完璧とはいかないまでもなかなかの上達を見せている。
○徐々に体力をつけてきていることから、キャンターのフォームもだいぶ良化してきた。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重:442kg
○この中間、皮膚病を発症したことで乗り運動のペースを落とした時期もあったが、現在ではすっかり回復したこともあり、ペースアップして乗り進めている。
○現在は屋内坂路コースでハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○ペースを速めても気性は真っ直ぐなままで、乗り役の指示にも忠実に従い、毎日の調教に臨めている。


---------------------------------07/1/15
NF空港
○屋内坂路でハロン25秒のキャンターを行っている。
○現状のペースでは何ら問題ないが、ややハミ受けが上手くない面があるので、このあたりを今後の課題として取り上げ、調教に臨んでいきたいと思う。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 437kg
○屋内坂路でハロン25秒のキャンターを行っている。
○普段も運動の際も大人しく、素直な馬なので乗り役とのコミュニケーションもしっかり取れている。
○連日、乗り運動を行っていることで、馬自身が走り方を理解してきた感があり、徐々に全身を上手く使った上質の走りをするようになってきた。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内周回コースでダクと軽めのキャンターを行っている。
○徐々に調教自体に慣れは出てきているが、まだ随所に幼さが感じられることもあり、今後は十分な基礎体力を養うことと第一に考えた調教メニューを組んでいくことになるだろう。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 430kg
○屋内周回コースでダクと軽めのキャンターを行っている。
○まだ馬場での調教を開始して日が浅いこともあり、コースで走ることに慣れておらず、戸惑いが見られるが、日に日に慣れが出て、徐々にスムーズな走りができるようになってきている。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○空港牧場の環境にも慣れ、順調に調整を進めている。
○現在は厩舎内での馴致を終了し、屋内周回コースでダクを行っている。
○まだ馬場入りして間もないこともあり、戸惑いを隠しきれない面もあるが、継続して乗り運動を行っていけば、そういった面も解消してくるだろう。
---------------------------------
06/11/2
NF空港
○1日に空港牧場へ移動。今後は環境に慣らしつつ、初期馴致を行う予定。
---------------------------------
06/10/31
NF-Y
馬体重: 443kg
○この中間も夜間放牧と1日30分のウォーキングマシン調整を行っている。
○まだ空港牧場へ移動する予定は立っていないが、その前段階として背慣らし馴致を開始した。
○初めて鞍を背中に置いた時は戸惑いを隠せなかったが、順応性に富んでいることからすぐに人を乗せることができるようになった。


---------------------------------
06/10/13
NF-Y
○放牧とウォーキングマシン調整、背慣らしを行っている。
○頑固な一面があるが、基本的に独立心と前向きな学習能力を兼ね備えたタイプなので、今後の馴致調教にも難なくフィットしてくれるだろう。
---------------------------------
06/9/29
NF-Y
馬体重: 427kg
○空港牧場への移動に備え、現在は日中放牧とウォーキングマシン調整、背慣らしを行っている。
○今夏を順調に過ごせたことで馬体各所に期待通りの筋肉がつき、全体的にパワーアップしてきた感じ。
○以前からバランスの良さが目立っていたが、その馬体が繰り出す動きには競走馬に必要不可欠な柔軟さ、軽快さ、力強さを随所に垣間見ることができる。


---------------------------------
06/9/8
NF-Y
馬体重: 417kg
体高: 151cm
胸囲: 174cm
管囲: 19cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"63.マルティンスターク(ラテルネの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門