このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

65.アイスキャスケード(オーキッドオアシスの05)の近況

Posted at 07/11/23 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

65.アイスキャスケード(オーキッドオアシスの05)の近況

---------------------------------
07/11/20
NF空港
ウォーキングマシン調整。「14日に右飛節にショックウェーブをあてました。関節に幾分炎症は残りますが、良化傾向にあります。この分ならマシン調整を継続できそうですが、乗り運動を行うにはまだ早そうな感じがあります。馬体重は504キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/13
NF空港
ウォーキングマシンを開始。「右飛節の炎症は残りますが、少しずつ良化している感じです。この中間からマシンを開始しましたが、あくまでも様子見の意味を含めてのものです。今後も治療しつつ、慎重に状態を確認していきます」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/6
NF空港
曳き運動のみ。「右飛節の炎症は僅かに残るようで若干ではありますが、歩様にも出ています。今後も治療を行い、状態の良化を待ちたいと思います。馬体重は500キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/30
NF空港
曳き運動のみ。「24日に再度、右飛節のレントゲン検査を行いました。骨折はありませんでしたが、関節に若干の炎症が見られます。これが影響してハ行を発症していたようです。歩様にそう違和感はありませんが、このまま乗り出すと再度ハ行を起こす可能性があるので、しばらくは様子を見ていくことになります」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/23
NF空港
曳き運動にペースダウン。「ゆったりとしたペースで乗ってきましたが、先週半ばに右トモ脚のハ行を起こしてしまいました。すぐにレントゲンを撮りましたが骨等に異常はなく、現在ではほぼ通常歩様に戻っています。おそらく軽く捻ったか何かで、一過性の痛みが出たのでしょう。今の感じからしてそう遠くなくマシン~乗り運動を行えると思います。馬体重は497キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/16
NF空港
屋外直線坂路でハロン18~20秒のキャンター1本。「試し乗りでも不安はなく、この中間から坂路に入れています。乗り込み量が少ないので動きはまだまだですが、普通に乗れるのは何よりです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/9
NF空港
周回でダク400m、軽めのキャンター1200m。「試し乗りを行った後も歩様に異常は見られません。やはり左前のハ行は一過性のものだったようです。ただし用心するに越したことはないので、今週一杯は軽めで様子を見ることにします。馬体重は491キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/2
NF空港
常歩運動を開始した。「左前脚のハ行は短期間で治まりました。ただし、一気にペースを上げると再度出てしまう可能性もあるので、様子を見ながらじっくり進めていきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/25
NF空港
屋外直線坂路でハロン16秒のキャンター2本を行ってきたが、左前脚にハ行を発症したためウォーキングマシンにペースダウン。「調教後にスクミに近い症状が出てしまったため、乗り運動を休止することになりました。今回の歩様の悪化はどこが悪くてという感じではなく、ハロン16秒の調教に体全体が付いていかなかったことに原因があるように思えます。今後は歩様の良化を待つことになりますが、基礎的なものを再度鍛えなおしていく必要がありそうです。馬体重は498キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/18
NF空港
周回でキャンター1200mの後、屋外直線坂路でハロン16~18秒のキャンター2本。「続けて乗っていますが、トモ脚に違和感が出ないのは何よりです。まだ本格的な調教ではありませんが、まずまずの動きを示しています。これからも下地を作っていき、速目を行った際に望み通りの変わり身が見られるようにしていきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/11
NF空港
周回でキャンター1200mの後、屋外直線坂路でハロン16~18秒のキャンター2本。「ここ最近はトモ脚の違和感もなく、乗り込むことができています。単走でサッと行く程度ですが、いたって順調な課程を踏むことができています。馬体重は498キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/30
NF空港
馬体重: 497kg
屋外直線坂路でハロン16秒のキャンター2本を行っています。ハロン16秒のペースにもだいぶ慣れが出て、ここ最近は坂路のスタート地点から頂上まで16-16のペースを維持して駆け上がることができるようになりました。継続した運動を行っていますが、乗り運動を再開してからは懸念されたトモ脚の状態も良好です。ただし、休養期間があっただけに馬体にまだ緩さが残っているので、これからびっしり攻め馬を積み、絞り込んでいきたいと思います。ここ最近は気性面にも成長が見られ、いつでも落ち着いて走ることができるようになってきました。


---------------------------------
07/8/15
NF空港
屋外直線坂路でハロン16秒のキャンター2本を行っています。馬体は確実に成長を遂げており、特に臀部にだいぶ筋肉がつき、踏み込みに力強さが感じられるようになってきました。ここまでも段階を踏んだペースアップでいい成長を遂げてきた馬だけに、今後もゆったりとした調教メニューを組んでいきたいと思います。
---------------------------------
07/7/31
NF空港
馬体重: 494kg
屋外直線坂路でハロン16秒のキャンター2本を行っています。ハロン16秒にペースを上げた直後は登坂するのに精一杯な感じでしたが、継続して乗り込んでいることから身体全体をうまく使って走ることを会得したようで、現在ではかなり楽に登坂することができるようになってきました。ただし、時に気負いが見られ、緊張しながら走ることがあるため、普段の調教から無駄な力を抜くことを覚えさせています。


---------------------------------
07/7/13
NF空港
屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター2本を行っています。全身をいい意味でリラックスした状態で走れるようになったことが全体的な良化を呼び込んでおり、ここ最近はトモに張りが出て、力強い蹴りが実現できるようになりました。明らかに好循環に入っているので、今後もこの流れを崩すことなく、テンポのよい調教を行っていきたいと思います。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重: 478kg
屋外直線坂路でハロン17~18秒のキャンター2本を行っています。この中間は休みことなく乗り進めていますが、トモ脚に疲れが溜まることはなく、着実に調教負荷を増やすことができています。これまではキャンターに行くと首に力を入れて走る癖があり、それが手足の捌きの硬さに繋がっていましたが、じっくり乗り進めることで柔らか味のある走法を会得してきた感じです。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○屋外直線坂路でハロン17~18秒のキャンター2本を行っている。
○ここ最近は継続的に負荷をかけることでいい代謝が促されており、最近では以前悪かった箇所が再度悪化する様子は全くなくなった。ただし、用心するに越したことはないので、今後も慎重にペースを上げていく。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:465kg
○屋内坂路と屋外直線坂路でハロン18秒のキャンター1本ずつを行っている。
○以前はトモ脚の疲れ等で休養を余儀なくされたが、ここ最近は毎日乗れていることもあり、だいぶ馬体に引き締まりが出てきた。
○相変わらず出掛けの歩様に硬さは残るが、キャンターに行くと比較的滑らかな脚捌きを見せていることから、そう問題視はしていない。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内坂路と屋外直線坂路でハロン18~20秒のキャンターを1本ずつ行っている。
○トモ脚の疲れが徐々に抜けてきたこともあり、この中間から後肢に負担のかかる坂路に入れているが、気にする様子はなく、与えられたメニューを難なくこなしている。
○気性も安定しており、乗り役の指示に従っているので、今後も予定通りのペースアップができるだろう。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:466kg
○屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター800mを行っている。
○乗り始めた後も身体のコンディションは良好で、もう暫く周回コースで乗り進めた後、屋内坂路に入れる予定となっている。
○休養期間が長かった割に馬体は太くならず、外郭も崩れていない。
○歩様は常歩時にはやや硬めに映るもののダク~キャンターに行くと解消されるように問題ない。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○楽をさせてきたことでトモ脚の疲れも抜けてきた感じ。
○同時に歩様に安定感が出てきたため、この中間から屋内周回コースでダクを開始した。
○今しばらくは軽めの乗り込みを行い、問題がなければ順次屋内坂路に入れていくことになる。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:473kg
○依然としてトモ全体に疲れが残っている感じで歩様に安定感を欠くため、1日2回のウォーキングマシン調整のみを行っている。
○治療としてショックウェーブをトモ脚にあてており、その効果から前月よりは歩様自体も良化傾向にある。ただし、大きな進展が見られない現状を考えると、もうしばらくは楽をさせて様子を見た方が良さそう。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○1日2回のウォーキングマシンを行っている。
○この中間は楽をさせているが、トモ脚の歩様に目立った改善は見られない。
○ここまでの過程から近々の乗り込み開始は予定しておらず、あと1ヶ月程度は様子を見ていくことになりそうだ。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:464kg
○屋内坂路でハロン18秒のキャンターを入念に乗り込んできたが、トモ脚の踏み込みがやや浅くなってきた感じがあった。その後、経過を観察していましたが、トモ全体に乗り込みによる疲れが見られたため、現在は乗り運動を休止し、1日2回のウォーキングマシンで様子を見ている。
○治療としてショックウェーブを当てているが、まだ回復したとはいえない状態であるため、当面は無理をしないことにした。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っている。
○筋肉質の馬体から繰り出される脚捌きはとてもパワフルで、完歩の大きな走りが実現できている。
○乗り進める毎によさが出てくる現状から、今後が一層楽しみになってきた。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 461kg
○屋内坂路での登坂本数を1本から2本に増やし、ハロン18~20秒のキャンターを行っている。
○調教の密度が濃くなるに伴って、行きっぷりも良化し、見た目に筋肉質の馬体造りに変わってきた。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○普段は大人しく、余計な力を使わない賢い馬ですが、ひとたび人を背にすると積極的に自らハミを取り、乗り役をグイグイ引っ張っていくように、頼もしさ溢れる馬という印象が強くある。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 452kg
○屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○調教時に見せる集中力にはいいものがあり、屋内坂路での走行中は一切物見をしない。
○様々な状況に対応する能力にも優れたものがあり、集団の後方で控えることも、先頭に立って後続をドンドン引っ張っていくこともできる。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内坂路でハロン20秒程度のキャンター1本を行っている。
○ハロン20秒と比較的速めのキャンターを消化しているが、へこたれることはなく、基礎体力の高さには褒められるものがある。
○健康状態もいいことから、今後もビシビシ攻めていきたいと思う。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 440kg
○屋内坂路でハロン22秒程度のキャンター1本を行っている。
○乗り始め以降、至極順調に乗り進めていることもあり、付くべきところに良質の筋肉が付き始め、無駄のない締まった体型に変化を遂げてきた。
○気性面にも大きな変化が見え始めており、当初見られなかった競走馬らしいピリッとした気性を見せるようになってきた。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○屋内坂路で軽めのキャンターを行っている。400キロ台半ばの馬格がある割にまだ華奢に見えるが、乗り運動を重ねていけば見合った馬体つきになってくるだろう。
○今のところ年内にはもう少し強めの調教ができるように進めていく。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 465kg
○屋外直線坂路でダクを行っている。
○初めて行うことに対し、慎重になる一面があるので現状はスクーリング程度に留めているが、坂路の環境に慣れ次第、軽めのキャンターから始めていく予定。


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○屋外直線坂路でダクとハッキングキャンターを行っている。
○まだ筋肉が付ききっていないことから体高がある脚長な体型は一見華奢に映るが、乗り出し始めたばかりということを考えれば問題視することはない。
○これから心肺機能を鍛えていけば、父譲りの柔軟性溢れる走りを披露してくれることだろう。
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 461kg
○厩舎内や厩舎周りでの初期馴致を順調に消化し、現在は屋外直線坂路でハッキング程度を行っている。
○初めて見るもの、行うことに対して慎重になる面があるが、慣れてくるに連れて持ち前の冷静さが前面に出て、何事も無難にこなしている。


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 457kg
体高: 163cm
胸囲: 184cm
管囲: 19.8cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"65.アイスキャスケード(オーキッドオアシスの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門