このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

66.アンリミテッドラヴ(コールミーラヴの05)の近況

Posted at 07/11/23 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

66.アンリミテッドラヴ(コールミーラヴ)の05の近況

---------------------------------
07/11/20
グリーンW
先週末、飛節に腫れが出たため関節液を抜く治療をした。ウォーキングマシン調整。「先週から速いところを進めましたが、飛節に再度腫れが出てきました。大事には至っていませんが、今後のことを考えて治療を行いました。経過も順調なので、週末あたりからまた軽めを乗り出す予定です」(GW担当者)
---------------------------------
07/11/13
グリーンW
周回でハロン17秒程度のキャンター2000mの調整。今週から12-13を開始した。「今週からさらに速いところを始めました。順調に乗り込みを消化していますね。飛節の腫れは相変わらず残って見えますが、痛みも全くありませんし、このまま進めていきます」(GW担当者)
---------------------------------
07/11/6
グリーンW
周回でハロン17秒程度のキャンター2000mの調整。今週から15-15を開始した。「順調に乗り込みができているので、今週から15-15を乗り出しました。速いところをやると、飛節に少し腫れが出るように見えますが、調整する分には問題ないでしょう。この調子で進めていき、入厩に備えたいと思います」(GW担当者)
---------------------------------
07/10/30
グリーンW
周回でハロン17秒程度のキャンター2000mの調整。「左飛節の腫れはだいぶ引いてきた感じです。乗り込みも順調に行えていますよ。しばらくはこのペースで乗り込み、下地を作ったうえでペースアップをしていく予定です」(GW担当者)
---------------------------------
07/10/23
グリーンW
左トモ飛節の腫れも気にならない程度なので、さっそく20日から乗り出している。周回でハロン17秒程度のキャンター2000mの調整。「飛節に腫れがあるとのことでしたが、特に気にする程のものでもないでしょう。到着した翌日から早速乗り出しています。ゲートも合格してくれましたし、まずはじっくり乗り込んでいくことにします」(GW担当者)
---------------------------------
07/10/19
グリーンW
19日にグリーンウッドに移動。
---------------------------------
07/10/18
庄野厩舎
18日はゲート試験を受け、無事合格。19日にグリーンウッドへ放牧予定。「入り、駐立、出とも問題なく、合格してくれました。左飛節の腫れのこともありますし、なんとか合格して放牧に出したかったのでホッとしました。明日グリーンウッドに移動し、飛節のケアをしながら体を絞っていってもらいます」(庄野師)
---------------------------------
07/10/17
庄野厩舎
17日は調整程度。「飛節の腫れはだいぶおさまりました。元々ゲート合格後は放牧に出すつもりでしたし、なんとか試験まで進めたいと思っていましたが、このぶんなら受けられそうです。今のところ明日ゲート試験をうけるつもりです」(庄野師)
---------------------------------
07/10/11
庄野厩舎
ゲート練習をしているが、左飛節に腫れが出て小休止をしている。「ゲート試験を受けられるレベルまできているのですが、飛節の腫れが出ているので様子を見ています。1、2日状態を確認して、まだ痛みがあるようなら、一度放牧に出して休ませた方がいいかもしれません」(庄野師)
---------------------------------
07/10/4
庄野厩舎
3日と4日はゲート練習。「消音、音ありとゲート練習を進めています。かなり怖がりなタイプで、あまり追いつめると嫌気がさす可能性があるので、当初の予定よりジックリとゲート練習を進めることにしました。試験は来週以降に受験する予定です」(庄野師)
---------------------------------
07/9/26
庄野厩舎
26日は栗東坂路からゲート練習。「まだ体も太く、ゲートももっさりした感じですが、この時期の牝馬としては落ち着きがあり、特に問題はありません。来週あたりにゲート試験を受けられればと思っています」(庄野師)
---------------------------------
07/9/20
庄野厩舎
19日に栗東入厩。20日は栗東坂路で軽めの調整。「まずはゲート試験合格を目指し、その後いったん放牧に出したいと思っています」(庄野師)
---------------------------------
07/9/18
グリーンW
19日に栗東入厩予定。周回と坂路でハロン17秒のキャンター調整。週2回は15-15。「入厩までしっかりと乗り込むことができました。ゲートもすごく大人しくて良い感じなので、今後が楽しみですね」(GW担当者)
---------------------------------
07/9/11
グリーンW
来週中に栗東入厩予定。周回と坂路でハロン17秒のキャンター調整。週2回は15-15。「入厩が1週延びましたが、状態は変わりなく良いですよ。体調を維持しながら、同じ調教メニューで乗り込んでいます。好調のままトレセンに送り出したいですね」(GW担当者)
---------------------------------
07/9/10
グリーンW
今週中の入厩を予定していたが、もう少々牧場で乗り進めることになった。早ければ来週中に栗東入厩予定。
---------------------------------
07/9/5
グリーンW
今のところ来週中に栗東入厩予定。
---------------------------------
07/9/4
グリーンW
周回と坂路でハロン17秒のキャンター調整。週2回は15-15。「調教を積み重ねてもイライラするようなところも見せませんし、変わらず素直ですね。てこずることもないですし、乗り運動もゲート練習もスムーズに行えています。ゲートは週に1回の練習を行っていますが、性格も大いに影響しているのでしょう。まったく問題ありません。暑さに負けることもないですし、元気にしていますよ」(GW担当者)
---------------------------------
07/8/28
グリーンW
周回と坂路でハロン17秒のキャンター調整。週2回は15-15を行っている。「先週から継続して15-15とゲート練習を行っています。ゲートセンスも良さそうで、先々が楽しみですね。トレセンへ移動できる日取りが決まり次第、入厩となるでしょう」(GW担当者)


---------------------------------
07/8/21
グリーンW
周回と坂路でハロン17秒のキャンター調整。今週から週2回、15-15を取り入れ始めた。「今週から15-15を開始しましたが、順調にきています。ゲート練習も併行して行っていますが、ゲートを嫌がるそぶりも全く見せずこちらも順調そのものです。師も早めの入厩を考えていたようですが、トレセンとの移動が制限されている状況なので詳しい日程はわかりませんが、移動が可能になればすぐに入厩の声がかかると思います」(GW担当者)
---------------------------------
07/8/14
グリーンW
周回と坂路でハロン17~18秒のキャンター調整。「先週までは軽めの調整のみに留めていましたが、今週から坂路も併用し、コースでの乗り運動の距離も伸ばして、今まで以上の負荷を掛けた調教を行っています。暑さによって体調を崩すようなこともありませんし、調教量が増しても馬はへこたれず、黙々と調教に励んでいます。真面目でタフな子ですし、今後の更なる成長が楽しみですね」(GW担当者)
---------------------------------
07/8/7
グリーンW
6日から周回でハロン22~23秒程度のキャンター1000mの調整。「熱発なども全くなく、体調も良いので6日から乗り出しました。乗り役も『思ったよりも柔らかさがあって、評判どおりの良い馬ですね』と言っていました。体調管理をしっかりしながら、入厩に向けて調整していきたいと思います」(GW担当者)
---------------------------------
07/8/3
グリーンW
3日にグリーンウッドへ到着。「着いてすぐに飼葉をバリバリ食べているように輸送は難なくこなしてくれました。体調もすこぶる良さそうですね。様子を見た上で入厩へ向けた乗り込みを行っていこうと思います」(GW担当者)
---------------------------------
07/8/1
山元TC
坂路でハロン15秒のキャンター調整。2日にグリーンウッドへ移動し、入厩前の最終調整に入る予定。「体調面の変動もありませんし、脚元も含め不安もなく、いい形で調教を積み重ねることが出来ています。お母さんはどちらかというと煩い馬でしたが、この仔はおっとりとして若干異なるタイプのようです。入厩に向けて進めていきますが、今の雰囲気を保っていければいいですね」(山元担当者)
---------------------------------
07/7/24
山元TC
坂路で15-15程度のキャンターを2本。「いい意味で変わりなく乗れています。こちらに来てからは至って順調で、体調面の不安は感じられません。今の馬体重は480キロほどで、北海道からの輸送で減った分が回復し、その上に成長分が乗ってきた感じですね。見た目太い感じも全くありません。このまま乗り込んでいき、入厩へ向けて取り組んでいきます」(山元担当者)


---------------------------------
07/7/17
山元TC
坂路で15-15程度のキャンターを2本。「今週から15-15を2本、乗り始めました。2本目は16-15のペースでやっています。程よい気合も乗ってきて状態は良いですよ。グリーンウッドに送るまでさらに乗り込み、仕上げを進めていきます」(山元担当者)
---------------------------------
07/7/13
山元TC
坂路でハロン16~17秒のキャンター調整。今週から15-15を開始した。「今週から15-15を乗り出しました。順調にきていますよ。この調子で進めて、入厩まで体を造っていきます。体調も良く、夏負けの兆候も見られません。今のところ8月頭くらいにグリーンウッドへ送る予定でいます。馬体重は486キロです」(山元担当者)
---------------------------------
07/7/3
山元TC
坂路でハロン16~17秒のキャンター調整。「移動後、環境が変化したことで体調を崩すようなこともありませんし、すぐに乗り運動を行っています。今月一杯は乗り込む予定で、ハロン15秒前後の調教量をしっかり積んでいくことになるでしょう。北海道でもかなり乗り込んでいたようですし、さらに良化を促したいですね」(山元担当者)
---------------------------------
07/6/28
山元TC
「本格的に暑くなる前にこちらの気候に慣らす意味もあり、山元トレセンへ移動させました。すぐに栗東へ連れてきてゲートを行っていくことも検討しましたが、当初から秋競馬でのデビューを考えていましたので、当面は山元で乗り進めます。今のところ8月頭くらいにグリーンウッドへ移し、8月末くらいに栗東へ連れてくる予定です」(庄野師)


---------------------------------
07/6/26
山元TC
25日に山元トレセンへ移動。ウォーキングマシン調整。「当初は秋口からの始動を予定していましたが、かなり順調に来ているということで、庄野師が『まずはゲート合格を目標に進めていこうか』ということになり、今週山元に移動してきました。今は移動してきたばかりなのでマシンで様子を見ていますが、近いうちに乗り運動を行っていこうと考えています。入厩に関してはそう遠くないと思いますが、まずは状態を見つつ判断していこうと思います」(山元担当者)
---------------------------------
07/6/15
社台F
○直線ダートコースでハロン17~18秒のキャンター2本を行っている。
○この中間も余裕綽々でキャンターを消化しているが、終いで少々時計を出すとハミがかりが良過ぎる等、一生懸命に走り過ぎる面があるので、このあたりの成長が望まれる。
○仕上がりは進んでいるが、父の産駒傾向を考えると焦るよりは秋競馬を目標とした方が後々の好結果に繋がるのでは考えている。
---------------------------------
07/5/31
社台F
馬体重:479kg
○常歩4000m、周回コースでダク1200m、軽めのキャンター1200mの後、直線ダートコースでハロン17~18秒のキャンター2本を行っている。
○この中間も時計よりもトータルの運動量を増やしており、更にメリハリの利いた馬体造りとなってきた。
○手先の軽い、いかにも芝に向きそうな走りを見せており、日増しに期待が高まっている。


---------------------------------
07/5/15
社台F
○直線ダートコースを2本、ハロン17秒のキャンター調整を行っている。
○ダートコースで入念に乗り込んできたことから、週を追う毎に脚取りには力強さが出てきた。
○ここまでの過程から仕上がりも早そうで、今のところ移動の目処を夏過ぎくらいに置いている。
○速めに行くと若干力みが感じられるので、今後はそのあたりの解消が一つの課題となるだろう。
○今のところマイル~中距離くらいに適性がありそうな感じ。
---------------------------------
07/4/27
社台F
馬体重:475kg
○直線ダートコースを2本、ハロン17秒のキャンター調整を行っている。
○ダートコースでの17秒はウッドコースでの15秒にも匹敵する調教負荷がかかるが、馬体の細化は一切見られず、益々快調といった行きっぷりを見せている。
○ここ最近は馬体も成長を遂げており、いかにも父の産駒らしく背中や胴に伸びやかさが出てきた。


-----------------------------------
07/4/13
社台F
○周回コースでダク1200m、軽めのキャンター1200mを行った後、直線ダートコースや直線ウッドコースでハロン18秒のキャンターを行っている。
○この中間からハロンペースを上げたが、へこたれる様子は一切なく、飄々とした表情で難なくこなしている。
○負荷が随分と高まっている中で馬体重を増やしているように基礎体力が確実についてきているがありありと分かる。
---------------------------------
07/3/30
社台F
馬体重:483kg
○周回コースでダク1200m、軽めのキャンター1200mを行った後、直線ダートコースや直線ウッドコースでハロン20秒のキャンターを行っている。
○これまでの調教で着実に仕上がりは進んでおり、徐々に競走馬らしいフォルムになってきた。
○ダートコースでは身体の使い方を覚えさせているが、いい感じで会得できている。


---------------------------------
07/3/15
社台F
○周回コースでダク1200m、軽めのキャンター1200mの後、全長1000mの直線ダートコースでハロン20秒のキャンターを行っている。
○ダートコースで結構な負荷をかけている割には馬体を維持できており、いい筋肉が馬体全体についてきた感じ。
○精神面も安定していることから、今後も狙った通りの調教を行っていくことができそう。
---------------------------------
07/2/28
社台F
馬体重:465kg
○周回コースでダク1200m、軽めのキャンター1200mの後、全長1000mの直線ダートコースでハロン20秒のキャンターを行っている。
○仕上げるというよりは基礎体力の充実に重きを置いていることもあり、ハロンペースに変化はないが、こちらが思っている通りの調教を消化することができている。


---------------------------------
07/2/15
社台F
○周回コースでダクと軽めのキャンター1200mの後、直線ダートコースでハロン20秒のキャンターを行っている。
○砂の深いダートでは馬体全体をしっかりと使わないと前に進めない。そのコースで継続して乗り進めていることで馬体の使い方も随分と上手くなってきた。
○冬場は大きなペースアップは図らず、今春の本格的な調教開始に備えて、基礎体力を養っていきたい。
---------------------------------07/1/31
早来F
馬体重: 467kg
○周回コースでダクと軽めのキャンター1200mの後、直線ダートコースでハロン20秒のキャンターを行っている。
○休みなく乗り込んでいることがいい影響を与えており、いい基礎体力がついてきていることを証明するように馬体の細化は全く見られない。


---------------------------------
07/1/15
社台F
○周回コースでダク等の前運動を行った後、全長1000mの直線ダートコースでハロン20秒のキャンターを行っている。
○横見は徐々に競走馬らしい、いいラインが出てきているが、まだ全体的に薄い印象が残っているので、冬場は緩めのペースでしっかりと負荷をかけて、全体的な厚みを出すことに主眼を置いていく。
---------------------------------
06/12/27
社台F
馬体重: 458kg
○周回コースでダク等の前運動を行った後、全長1000mの直線ダートコースでハロン20秒のキャンターを行っている。
○背中を通して感じられるバネにはいいものがあり、乗り役からは「乗り味上々」と声が挙がっている。


---------------------------------
06/12/15
社台F
○放牧地での自由運動と周回コースでハッキング1500mを行っている。
○乗り運動開始後もナーバスにはならず、落ち着きをもって運動に取り組めている。
○与えられた課題を瞬時に理解する高い学習能力があり、1歳馬の中でも一際目立っている。
---------------------------------
06/11/30
社台F
馬体重: 455kg
○放牧地での自由運動と周回コースでハッキング1500mを行っている。
○今しばらくは放牧地に生える栄養価満点の青草をしっかりと食ませ、年末までには開始予定の直線ダートコースでの調整に向けた下地造りを行っていく。


---------------------------------
06/11/15
社台F
○初期馴致も難なくクリアし、現在は放牧地での自由運動と周回コースでハッキング1500mを行っている。
○乗り運動開始後もナーバスにはならず、落ち着きをもって運動に取り組めている。
---------------------------------
06/10/31
社台F
馬体重: 448kg
○現在は新しい環境に慣らすため、ウォーキングマシンのみを行っている。
○悪さをすることもなく従順で、ここ最近の様子を見ると落ち着き払っていることもあり、社台Fの環境にも慣れが出てきた感じ。
○日高でも飲み込みの早さに定評があった馬なので、これから開始する初期馴致もスムーズに進められそう。


---------------------------------
06/10/18
社台F
○17日に社台Fへ移動。
○今後は環境に慣らしつつ、初期馴致を行うことになる。
---------------------------------
06/10/13
社台ブルーグラスF
○放牧とサイドレーンを装着してのウォーキングマシン調整を行っている。
○人が背に跨り、常歩を行っているが、悪さをすることは一切なく、一度教えたことをすぐに吸収する賢さを垣間見ることができる。
---------------------------------
06/9/29
社台ブルーグラスF
馬体重: 476kg
○社台Fでの本格的な調教を開始する前に可能な限りの成長を促し、基礎体力を養うべく、夜間放牧を継続している。
○併行して日中は初期馴致を進めており、帯締めやサイドレーンを装着してのウォーキングマシン調整を行っている。
○今後は今秋まで日高に滞在し、放牧を重ねた上で社台Fに移動することになる。


---------------------------------
06/9/8
社台F
馬体重: 470kg
体高: 151cm
胸囲: 177cm
管囲: 20cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"66.アンリミテッドラヴ(コールミーラヴの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門