このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

67.セマナサンタ(ダイナグロリアの05)の近況

Posted at 07/11/23 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

67.セマナサンタ(ダイナグロリアの05)の近況

---------------------------------
07/11/20
NF空港
屋内坂路で週2回の15-15を行い、21日に山元トレセンへ移動予定。早ければ今週末、遅くとも来週頭には栗東入厩予定。「15-15を取り入れたことでここ最近はいい感じに調子が上向いてきました。馬インフルエンザの騒動で入厩日ははっきり決まっていませんが、いい状態で入厩できることは間違いないでしょう。馬体重は454キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/13
NF空港
屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター2本。週2回はハロン15秒を計時。「馬体、動きともにグングン良化しています。毛ヅヤもこの時期としては冴えており、内面的な状態もよさそうです。あとは速めの本数をこなして入厩を待つのみです」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/6
NF空港
屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター2本。週2回はハロン15秒を計時。「速目を継続することで動きに冴えが見られるようになってきました。見た目にも体が出来上がってきている感じです。この分なら11月中の移動について検討してもいいでしょう。馬体重は459キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/30
NF空港
屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター2本。週2回はハロン15秒を計時。「実にいい感じになってきましたね。ハロン15秒でもしっかりとした脚取りを見せています。あと2週間程度今のペースを維持できれば、移動について検討できるようになるでしょう」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/23
NF空港
屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター2本。週2回はハロン15秒を計時。「先週は週1回の15-15で様子を見ていましたが、難なくこなしていたので更に調整を進めています。今週も堪えた様子はなくいい手応えで登坂できています。今後も移動に備え、速めを継続していくことになりますが、今の調子をキープできれば年内の移動は十分に可能でしょう。馬体重は474キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/16
NF空港
屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター2本。週1回はハロン15秒を計時。「この中間からハロン15秒を開始したことでグンと雰囲気が良化してきました。実際にキャンターでは手先の軽い、いい走りを見せています。このまま良化を辿って欲しいですね」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/9
NF空港
屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター2本。週1回はハロン15秒を計時。「週1回の速めも問題なく消化できています。今しばらくは現状の調整で下地を造り、速めのキャンターへつなげていきたいと思います。馬体重は478キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/2
NF空港
周回でキャンター1600mの後、屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター1本。週1回はハロン15秒を計時。「週1回ではありますが、速いところを取り入れるようになったことで徐々に良化気配が窺えます。今後もこの調子で乗り進めていきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/25
NF空港
周回でキャンター1600mの後、屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター1本。週1回はハロン15秒を計時。「この中間から週1回ではありますがハロン15秒を開始したように状態は確実に上向いています。夏を越えての良化具合にはいいものがあり、それは動きにもしっかり現れています。今後も継続して乗り進め、更なる良化を引き出していきたいと思います。馬体重は483キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/18
NF空港
周回でキャンター1600mの後、屋外直線坂路でハロン18秒のキャンター1本。「まだペースこそ遅いものの実にスムーズな歩様を見せています。太めだった馬体も徐々に絞れ、シャープさが出てきた感じがします」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/11
NF空港
周回でキャンター1600mの後、屋外直線坂路でハロン18秒のキャンター1本。「長い休養でヤキモキしましたが、結果的にいい方向へ出たようです。乗り運動を行った際も何の違和感を感じることはありません。ただし、太目がかなり残っているので、絞れ具合を見ながらペースを上げていきたいと思います。馬体重は490キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/30
NF空港
馬体重: 463kg
周回コースでキャンター1600mの後、屋外直線坂路でハロン18~20秒のキャンター1本を行っています。左トモ脚の歩様は安定してはいるものの、万全とはいえないため、今後もじっくり乗り込み、徐々にペースを上げていくことになります。調教面ではもう少し我慢させることを覚えさせ、乗り役の指示に従うことを身につけていく必要があります。乗り運動を再開した際にはチャカチャカしたところがありましたが、今では落ち着いており、暴れたりすることもなく調教に集中して臨んでいます。休養中に増加傾向にあった馬体重も絞れてきており、このまま元の体重に戻して行けたらと思っています。


---------------------------------
07/8/15
NF空港
乗り運動を再開した後は左トモ脚の歩様は安定しており、徐々にペースを上げています。現在は周回コースでキャンター1600mの後、屋外直線坂路でハロン18~20秒のキャンター1本を行っています。今後もペースアップできるくらいの状態ではありますが、念のため左トモの筋肉にはショックウェーブをあてて、更なる状態の改善を促していきます。
---------------------------------
07/7/31
NF空港
馬体重: 477kg
周回コースで常歩とダク程度を行っています。ここしばらくは様子を見る意味で軽めの調整に終始していますが、歩様もスムーズで状態も安定しているため、頃合いを見計らって軽めのキャンターを開始する予定です。ここまで休養期間が長かったことで馬体が少し緩んでいる印象を受けるので、少しずつ絞っていく必要があるでしょう。


---------------------------------
07/7/13
NF空港
1日1回のウォーキングマシンで様子を見てきた甲斐あって歩様は通常に戻りました。7月上旬から試し乗りの意味で厩舎周りでの常歩を行っています。今のところ歩様はいい意味で平行線といえます。ただし、ここまでの経緯もあるのでペースアップは慎重に、多少でも違和感が出た際はすぐにマシン調整に戻すことになります。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重: 465kg
ウォーキングマシン調整のみを行っています。気の勝った馬だけに馬房内では常にバンデージを巻き、無駄な怪我を防ぐ対策を取っていただけに残念でなりません。左トモのハ行の程度は徐々に収まってきていますが、清水師とも相談の上、今しばらくはマシン運動にとどめ、慎重に進めることになりました。尚、本馬は27日に行われた第2回産地馬体検査を受検しております。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○ウォーキングマシン調整のみを行っている。
○乗り運動を休止する原因となった左トモの歩様はだいぶ安定してきまたが、まだ完全ではない。
○ここまでの経過から長引く感じはなさそうで、6月中には乗り運動を再開できる見通しとなっている。
---------------------------------
07/6/7
NF空港
○ウォーキングマシンのみの調整。
○6月末に行われる第2回産地馬体検査を受検。
○「楽をさせることでだいぶ回復し、左トモのハ行は治まってきました。今では馬房から引き出す際に若干気になる程度でその後は通常歩様に戻っています。5日のハ行も朝、馬房から引き出す際に確認できたものなので、おそらく前回と同じ寝違いでしょう。調教でやったものではないので後には引きずらないと思います。今のところ1~2週間ウォーキングマシンで様子を見た後に乗り運動を再開する予定です。気性の勝ったタイプですし、この分なら大きな遅れにならないでしょう」(空港担当者)
---------------------------------
07/6/5
NF空港
○屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っていたが、5日に左トモ脚にハ行を発症。現在はウォーキングマシンで様子を見ている。
○「以前にも寝違いからトモ脚の歩様に乱れが生じましたが、今回も同じようなハ行を起こしてしまいました。おそらく筋肉痛から来る乱れだと思います。マシン程度の運動は問題なく、産地馬体検査受検にも影響はないと思いますが、乗り運動の再開は検査を行ってからと考えています。馬体重は456キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重: 455kg
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター1本を行い、週2回は15-15を行っている。
○トモの状態が急激に良化したことで動きに冴えが出て、速めのキャンター時もかなりの手応えを示している。
○気性面に幾らか若さが残るが、以前のように乗り役に反抗するシーンはなくなり、今では指示にしっかり従えている。
○ペースを抑えても折り合いを欠くことはなく、高い集中力をもって調教に臨めている。
○本馬は6月末に行われる第2回産地馬体を受検し、早期デビューに備えることになった。


---------------------------------
07/5/29
NF空港
○屋内周回でキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン16秒のキャンター調整。
○週2回はハロン15秒を計時。
○「とても気性が勝っているタイプでドンドン仕上がりが進んでいます。この分なら夏デビューも十分可能だと思うので、今のところ6月末の第2回産地馬体検査を受検予定です。血統的にも気性的にも短いところがよさそうで、芝・ダートは問わなそうな感じです」(空港担当者)
---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内周回でキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行い、週2回はハロン15秒を計時している。
○トモ脚の歩様の違和感は楽をさせたことですっかり解消し、速めを行うとスピード感溢れる、いいキャンターを披露している。
○仕上がりがだいぶ進んできたこともあり、今後は6月末に行われる第2回産地馬体検査を受検し、早期デビューも視野に入れて、調教を重ねていく。
---------------------------------
07/5/8
NF空港
○今のところ6月末に行われる第2回産地馬体検査を受検予定。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:451kg
○屋内周回コースでダク400m、ハロン25秒のキャンター1600mを行っている。
○まだ乗り始めて間もないこともあり、元気が有り余っている様子だが、ひとたびコースに入ると気配が一変し、とても集中して調教に臨めている。
○走り自体もこの馬本来の資質の高さを窺えるものとなってきており、スピードと瞬発力に満ちた、とても力強いダイナミックなキャンターを見せている。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○乗り運動を再開してからはとても順調に進み、現在は屋内周回コースでダク400m、ハロン25秒のキャンター1200mを行っている。
○まだ乗り始めて間もないため、煩い面も見せるが、コースに入るとしっかり集中している。
○走りも本来のキャンターに戻ってきており、とても力強くダイナミックな脚捌きを見せている。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:452kg
○馬房内で寝違えたことからトモ脚のハ行を起こし、暫くは様子を見てきたが、徐々に歩様も良化してきたこともあり、乗り運動を再開している。現在は屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター800mを行っている。乗り運動再開後も歩様は日に日に良化傾向にありますので、今後は問題なくペースアップを図れるだろう。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内坂路でハロン17秒のキャンターを行っていたが、馬房内で寝違えたことから、左トモ脚にハ行を起こしたため、現在は曳き運動程度で様子を見ている。
○まだ歩様に違和感が残るため、当面は乗り運動を行わず、経過を観察していく。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:456kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○乗り運動の開始から順調に推移してきたこともあり、随分と体力がついてきた感がある。
○実際に坂路では乗り役をグイグイ引っ張っており、集中力のある力強いキャンターができるようになった。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン20-18秒のキャンター1本を行っている。
○ハミ受けがだいぶ上達したことで動きに力強さが増してきた。
○このところの精神面の成長には目覚しいものがあり、人馬ともに安心して調教に臨むことができている。
○今後は早期入厩を目指し、基礎を積み重ねつつ、仕上げていきたい。
---------------------------------07/1/31
NF空港
馬体重: 458kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン20秒のキャンター1本を行っている。
○元から気の強さが目立っていましたが、調教中に暴れたり、悪さをすることは一切なく、とても前向きで常に一生懸命な走りを見せている。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン22秒程度のキャンター1本を行っている。
○寒い時期でもいい毛ヅヤを見せているように体調面は太鼓判を押せるほど良好で、また脚元もすっきり見せていることから、今後も屋内坂路でドンドン負荷をかけて成長を促していきたい。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 447kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン24秒程度のキャンター1本をいっている。
○以前は気難しさが目立った本馬だが、現在では落ち着きが増し、だいぶ乗り役の指示に素直に従うようになってきた。それとともに走りにも進展が見られ、無駄のない、スムーズなキャンターを繰り出せるようになった。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター1200mを行った後、屋内坂路で軽めのキャンター1本を行っている。
○馴致当初は気難しさを見せていたが、人の指示に従うということを覚えてきたこともあり、徐々に落ち着きが出てきた感じ。
○飼葉喰いのよさ、体調、脚元ともに高い次元で推移しており、この冬場もしっかり乗り込んでいけそうだ。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 437kg
○屋内周回コースでダク400m、軽めのキャンター1200mを行っている。
○まだ幼さは残るものの、調教を積み重ねている効果からハミ受けもだいぶ良化し、無駄のないいいフォームで走れるようになってきた。
○気難しい面は相変わらずですが、調教に支障をきたすほどのものではないことから、自然と大人になるのを待つつもり。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○屋内周回コースで軽めのキャンター1200mを行っている。
○気難しい面は相変わらずあるが、物覚えはとてもよく、この点は今後この馬の武器となることだろう。
---------------------------------
06/10/31
NF空港
馬体重: 430kg
○初期馴致も無難にこなし、現在は周回コースで軽めのキャンターを行っている。
○馬場入り後はやや気難しいところを見せているようにまだまだ幼さが残っているが、上手くコミュニケーションを取っていけば自然と解消していくだろう。


---------------------------------
06/10/13
NF空港
○1日1時間のウォーキングマシンと馬房内廊下での歩行練習を行っている。
○牝馬らしい気の勝ったタイプで時に気難しさを出すが、特段問題視するほどのものではなく、レースでは競走馬に必要不可欠な前向きな走りに繋がることだろう。
---------------------------------
06/9/29
NF空港
馬体重: 434kg
○初期馴致を順調に消化し、現在はウォーキングマシンと馬房内で背中に人が跨る背慣らしを行っている。
○体調も高い次元で安定しており、飼い葉喰いに困ることは一切ない。
○脚元はすっきりとしていることもあり仕上がりは早そうで、いかにも丈夫な競走馬へと成長してくれることだろう。


---------------------------------
06/9/8
NF空港
馬体重: 424kg
体高: 155cm
胸囲: 174cm
管囲: 20cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"67.セマナサンタ(ダイナグロリアの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門