このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

70.シトリーン(シトローネの05)の近況

Posted at 07/11/23 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

70.シトリーン(シトローネの05)の近況

---------------------------------
07/11/20
NF空港
周回でダク400m、ハロン25秒のキャンター800m。「まだ弱いところが残るのか、両首と左モモに疲れから来る筋肉の張りが出て、歩様が小さくなってきました。状態の改善を促す意味でショックウェーブをあて、ペースを若干落としました。軽めで疲れが出る現状を考えると冬場は基礎固めに徹した方がいいかもしれません。馬体重は490キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/13
NF空港
周回でダク400m、ハロン22~23秒のキャンター1000m。「ショックウェーブの効果もあり、上腕骨膜と左トモの疲れはだいぶ良くなってきた感じです。状態の良化を受けてハロンペースを上げていますが、今のところ問題なく調教を消化しています。1週間程度は現状のペースで様子を見て、問題がなければ次のステップへ進めていきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/6
NF空港
周回でダク800m。「ショックウェーブをあてたことで上腕骨膜と左トモの疲れはだいぶ抜けてきました。そのため、この中間から試し乗りを開始しましたが、ダク程度では何ともいえない部分もあります。歩様の悪化は見られないのでスローキャンターまで行ってみて、再度様子を確認したいと思います。馬体重は490キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/30
NF空港
ウォーキングマシン調整。「休ませて両前上腕と左トモにショックウェーブをあてています。ただし、上腕の骨膜、左トモの疲れともまだ残っている感じです。現状で調教を再開するとクタッと来る可能性が高いので、もうしばらくは治療を行い状態の改善を最優先したいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/23
NF空港
ウォーキングマシン調整。「19日に両前上腕と左トモ脚にショックウェーブをあてました。上腕には骨膜による痛みが残り、左トモは疲れからか筋肉がクタッとしている感じです。全身に調教疲れが出ているように、まだまだ弱いところがあるのでしょう。程度は軽いものですが、現状で乗り運動を再開するとぶり返す可能性もあるので、しっかりと状態を改善させてから乗り運動を再開したいと思います。馬体重は499キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/16
NF空港
ウォーキングマシン調整。「ペースダウンの原因となった左前トウ骨にはまだ痛みと熱感が伴っています。程度は軽いものの実際に歩様にも出ているので、もう暫くは様子見が必要でしょう」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/9
NF空港
両前脚に違和感が出たため、ウォーキングマシンにペースダウン。「両前上腕部、特に左前トウ骨に腫れが出たのでマシンにペースダウンしました。ただし、程度は軽く、あくまでも大事を取ってのものです。すぐに引きそうな腫れですし、そう遠くなく跨ることができるでしょう。馬体重は487キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/2
NF空港
屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター2本。「体力面に物足りないところがあるので、これからしばらくは体力アップを主眼においた乗り込みを進めていくことになります。筋肉痛も影を潜めているので問題なく調教を消化することができるでしょう」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/25
NF空港
屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本。「筋肉痛の再発こそありませんが、フットワークには満足のいく力強さが見られません。全体的な乗り込み量が少ないことが影響しているのでしょう。随所に素質は感じられる馬なので、今後も継続して乗り進めていけば変わり身が見られるでしょう。馬体重は482キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/18
NF空港
屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本。「筋肉痛が見られないところを見ると現在の調教内容にも慣れが出てきたのでしょう。全体的な雰囲気もよくなってきました。今後も近々のペースアップを見据え、しっかりと基礎を築いていきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/11
NF空港
屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本。「ここ最近は継続して乗れていることもあり、筋肉痛は見られなくなりました。夏を越えたことで体質自体も強くなってきているのでしょう。この分なら今後は順調にペースを上げていくことできると思います。馬体重は479キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/30
NF空港
馬体重: 477kg
屋内坂路でハロン17~18秒のキャンター2本を行っています。一度緩めた調教ペースを再度上げた際は肩に筋肉痛が見られましたが、ここ最近は今の調教パターンに少しずつ慣れが出てきたのか、そういった症状を見せることも少なくなってきました。ようやく軌道に乗ってきた感があり、馬体も徐々に良質な筋肉が付いてきてはいますが、まだまだ成長して欲しいところが馬体面でも精神面の部分でも残っているので、今後もじっくり調整し競走馬としての土台となる部分を造って行きたいと思います。


---------------------------------
07/8/15
NF空港
屋内坂路でハロン17~18秒のキャンターを2本行っています。ペースを徐々に上げていることもあり、幾分テンションが高くなっています。現状では問題ない程度ですが、今以上にテンションが上がると調教に支障をきたしかねないので、今後はその点に注意しながら日々の調教にあたっていきたいと思います。乗り込めてはいるものの馬体はまだまだ物足りないものがあるので、夏を越えての充実に期待したいと思います。
---------------------------------
07/7/31
NF空港
馬体重: 474kg
これまでは左前脚深管に腫れと痛みがあったため、加減した調整を行ってきましたが乗り進めても悪化は見られず、状態は安定しています。現在は屋内坂路でハロン18~20秒のキャンターを1~2本行っています。調教量を増やすことでだいぶ元気のよいところが出てきましたが、これまで割と大人しい性格だったこともあり、いい傾向と捉えています。


---------------------------------
07/7/13
NF空港
屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行い、週2回は登坂本数を2本に増やしています。これまでの経緯からもやや基礎体力や芯からの強さに欠ける面があり、それが深管の痛みとして現れた可能性が強いので、今後はゆったりとした乗り込みで体力の向上を目指し、一歩一歩進めていくことになります。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重: 470kg
屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を行うまでに進んでいましたが、左前脚深管に腫れと痛みが出たため、1日2回のウォーキングマシンにペースを落としていました。負荷を減らし、併行して治療を行ったことで状態は良化の一途を辿り、6月中旬からは乗り運動を再開し、現在は屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行うまで持ち直しています。今後もゆったりとしたペースで調教を進めていく予定です。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○屋内周回コースでハロン18~20秒のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路に入り、ハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○継続して乗り進めることで手綱越しの手応えには相変わらずいいものがあるが、脚捌きに力強さが足りない感じで、頼りなさを感じることもある。
○気持ちの充実が物足りない面にも原因があると思われるので、今後もいい意味のプレッシャーをかけて前向きさを引き出していきたい。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:468kg
○屋内周回コースでハロン18~20秒のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路に入り、ハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○冬毛の抜け替わりがやや遅いように、本質的な代謝や体調面の安定に物足りないところは残るが、気温が上がるにつれて、だいぶ成長してきていることは間違いない。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内周回でのダク400m、ハロン20秒程度のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路に入り、ハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○徐々にペースを上げているが、へこたれることはなく、益々手応えが良化してきている感じ。
○腹回りのしっかりした筋肉量が多い体型ということもあり、一見重めに映るが、無駄なものは削げ落ちてきており、競走馬として理想的な造りに近くなってきた。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:458kg
○右前脚の歩様に疲れが感じられたことで、1週間ほどウォーキングマシンに落とした以外は順調に進んでいる。
○現在は屋内周回コースでダク400m、ハロン25秒のキャンター1600mを行っている。
○これまで気持ちがなかなか充実せず、物足りなさを感じる面が多々あったが、ここ最近は走りに対する前向きさが出てきており、手綱越しに力強い手応えを感じられるようになってきた。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○常に集中して調教に臨んでおり、乗れば乗るだけ手応えが増す感じ。
○今後は必然的にペースを上げていく時期に入りますので、同時に基礎体力の上積みも図っていきたい。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:451kg
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○ペースを上げても無駄に暴れたりせず、素直な性格を保っているが、気持ちが入ってこない部分がまだ残っている。
○脚元もスッキリとし、体調もキープできているが、いましばらくは現状のペースに留め、前向きな気性を引き出すことを主眼に置いていく。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mを行っている。また週3回は屋内坂路に入り、ハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○物見も全くしないように落ち着きがあり、乗り役が御しやすい馬ではあるが、調教に対する前向きさに欠ける面があるので、今後はそのあたりの改善が課題となってくるだろ。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:448kg
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mを行っている。
○また週3回は屋内坂路に入り、ハロン18秒のキャンター1本も取り入れている。
○順当にペースアップを図れているが、まだトモが緩く、乗り味には物足りないものがある。
○ただし、この面は継続した乗り込みで解消される部分なので、暫くは現状のペースで体力アップを狙っていく。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内周回コースでハロン22秒程度のキャンター1600mを行っている。
○徐々にペースを上げているが、常に気性は安定しており、乗り役との意思疎通もスムーズに行えている。
○乗り込み量が少ないことで全体的にひ弱に見えるが、パーツの容積自体は大きく、今後は自ずといい筋肉がついてくることだろう。
---------------------------------07/1/31
NF空港
馬体重: 450kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mを行っている。
○サイドレーンを装着して入念にハミ受けを覚えさせた甲斐あって、キャンター中も乗り役の指示にしっかりと従い、頭を上げることなくしっかりと走れている。
○間もなく屋内坂路入りを予定しているが、この冬場は基礎体力の向上を第一の目標に掲げていることもあり、今後暫くは焦らずゆったりとしたペースの中、進めていくことになる。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○この中間から馬場入りを果たし、現在は屋内周回コースでダク800mを行っている。
○まだ乗り始めて間もないこともあり、目立った動きは示していないが、入念に馴致を行ったことからスムーズに調整が進められている。
○体力的に堪えた様子も見られないことから、そう遠くなくキャンター調整に移行できるだろう。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 452kg
○厩舎内での帯締め、背慣らしを問題なくこなし、現在はロンギ場で人を背に乗せて、補助の人間が曳いて歩いている。
○ハミ受け練習のため、サイドレーンを装着した上でウォーキングマシンに入れているが、日々着実な進歩が見られることは喜ばしい限り。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○放牧と1日1時間のウォーキングマシン調整を行っている。
○馬体重自体にそう大きな変化は見られないが、筋肉量は明らかに増しており、いい雰囲気をもった馬体に変貌を遂げてきている。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 455kg
○放牧と1日1時間のウォーキングマシン調整を行っている。
○まだ1歳馬らしい若さはあるが、大人びた一面も見せていることから、そう遠くなく馴致調教を開始する予定。
○気性的にも非常に大人しく、乗り運動開始以降も順調に進められそう。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○空港牧場に入場して間もないことを考慮し、ウォーキングマシンとパドック放牧を行っている。
○環境の変化に対する適応力があり、落ち着きを見せているので、近々馴致調教を開始する予定でいる。
---------------------------------
06/11/8
NF空港
○8日に空港牧場へ移動。今後は環境に慣らしつつ、初期馴致を行うことになる。
---------------------------------
06/10/31
早来F
馬体重: 460kg
○放牧とウォーキングマシン調整を継続して行っている。
○元から筋肉量が豊富な逞しい馬体の持ち主だが、体重の増加具合が安定してきたように、この秋を迎えての充実ぶりが目立ち、また大人びた雰囲気も感じられるようになってきた。


---------------------------------
06/10/13
早来F
○放牧とウォーキングマシン調整を行っている。
○性格はこの牝系らしい気位の高さがあり負けず嫌いなことから、これからの調教で体が出来てくるにつれて、見るものを威圧するようなオーラを発する馬体に変身していくだろう。
○今後もゆったりとした成長を促し、持ち前のパワフルさにより磨きをかけていく。
---------------------------------
06/9/29
早来F
馬体重: 453kg
○今秋の空港牧場への移動に備え、現在は放牧とウォーキングマシン調整を精力的にこなしている。
○ファルブラヴ産駒の特徴でもある筋肉量の豊富な馬体、大きな腹袋には力強さが漲っており、牡馬と見間違えることもしばしば。


---------------------------------
06/9/8
早来F
馬体重: 458kg
体高: 156.5cm
胸囲: 179cm
管囲: 20cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"70.シトリーン(シトローネの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門