このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

72.ウィスパーカール(ミルズウィスパーの05)の近況

Posted at 07/11/23 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

72.ウィスパーカール(ミルズウィスパーの05)の近況

---------------------------------07/12/25
引退
「ここ最近は試しの意味もあり、軽めの調整で様子を見てきましたが、トモの筋肉の戻り具合も非常に遅く、歩様も良化してきません。問題がなければ乗り運動を行うことで状態の改善が見られるはずですが、これまでの経過、現状を過去の症例と照らし合わせると、骨盤骨折をしている疑いがあります。このままでは3歳未勝利戦が終わるまでに出走態勢を整えるのは難しいといわざるをえません」(空港担当者)現状と診断結果を元に協議を行った結果、現役続行を断念することになりました。会員の皆様へは追ってお手紙をもちましてご案内させていただきます。
---------------------------------
07/12/18
NF空港
周回でダク400m、ハロン22~23秒のキャンター2500m。「徐々に良くなっていますが、まだトモの左右の筋肉は均等になっていません。現状ではトモ脚に負担のかかる坂路入りは控えた方がよさそうです。今後も周回コースで丹念に乗り進め、筋肉の増強を図っていきたいと思います。馬体重は476キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/12/11
NF空港
1日30分程度のアエロホースと周回でダク800m、ハロン22~23秒のキャンター2500m。「良くなった感じはありませんが違和感もなく、日々の調教をこなせているので徐々に乗り込む距離を延ばしています。負荷を高めたことでトモ脚にしっかりとした筋肉がついてくればと思っています」(空港担当者)
---------------------------------
07/12/5
NF空港
1日30分程度のアエロホースと周回でダク800m、ハロン22~23秒のキャンター1200m。「まだトモ脚は万全の状態とは言えませんが、乗り運動を行える状態は維持できています。今後も少しずつ距離を延ばしたり、ペースを上げたりしてトモ脚の状態改善を図っていきます。馬体重は496キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/27
NF空港
1日30分程度のアエロホースと周回でダク800m、軽めのキャンター800m。「トモ脚の状態は万全ではありませんが、軽めの調整ということもあり、悪化することはありません。今後もゆったりとしたペースで進め、筋肉をつけながらトモ脚の状態を改善していければと思っています」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/20
NF空港
1日30分程度のアエロホースに加え、常歩を開始。「トモ脚の肉付きが左右均等になるまでの回復ではありませんが、ショックウェーブの効果もあり、以前よりも良化しています。この中間から人を背にする調整を開始しましたが、あくまでも試しの意味で跨っています。問題がなければ少しずつ進めますが、歩様に翳りが見られる場合は再度マシン調整に戻すことも念頭に置いています。馬体重は492キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/13
NF空港
ウォーキングマシン調整と1日30分程度のアエロホース。「9日に背腰へショックウェーブをあてました。効果は認められますが、まだトモ脚の肉付きに物足りないものがあります。今後も運動と併行して治療を行い、状態の改善を図っていきます」(空港担当者)
---------------------------------
07/11/6
NF空港
ウォーキングマシン調整と1日30分程度のアエロホース。「楽をさせて定期的に治療を行っていますが、トモの肉付きはなかなか良くなりません。成長途上ということも影響しているかもしれませんが、ちょっと回復が遅い感じです。この分だと乗り出しは来年にずれ込んでしまうかもしれません。馬体重は504キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/30
NF空港
ウォーキングマシン調整と1日30分程度のアエロホース。「トモ脚の肉付きは相変わらず左右均等のものではありません。原因は筋肉の損傷と思われます。今後もショックウェーブ等の治療を行い、時間をかけて回復させていきたいと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/23
NF空港
ウォーキングマシン調整と1日30分程度のアエロホース。「歩様は通常に近いものですが、トモの肉付きに物足りないところがあります。ここまでの経過や見た目の状態からしても、筋肉がやや傷んでいることは間違いないと思います。今後も歩かせる調整を行いつつ、左臀部のケアを欠かさず行っていきたいと思います。馬体重は506キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/16
NF空港
ウォーキングマシン調整と1日30分程度のアエロホース。「左臀部の状態は休ませている割には変化がありません。急激な良化を見せるケースもありますが、今のところあと1ヶ月程度は様子見が必要かと思います」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/9
NF空港
ウォーキングマシン調整と1日30分程度のアエロホース。「左臀部の状態は少しずつ良化傾向にありますが、まだ乗り運動を行うには心もとない状態です。この分だと今しばらくは楽をさせる必要があるでしょう。馬体重は500キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/10/2
NF空港
ウォーキングマシン調整と1日30分程度のアエロホース。「左臀部の状態に大きな変化はなく、この中間も歩くこと中心の調整です。今しばらくは治療と併行して、現状で行えるだけの運動を行っていくことになります」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/25
NF空港
ウォーキングマシン調整と1日30分程度のアエロホース。「脚元へ負担をかけず、いい負荷をかける意味でこの中間からアエロを開始しました。左臀部の状態からしても乗り運動の再開までにまだまだ時間がかかると思われるので、まずは現状でできる最大限の調整を行っていきたいと思います。馬体重は502キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/18
NF空港
ウォーキングマシン調整。「なかなか左臀部の状態が良化してきません。歩様も見た目に違和感があります。時間をかければ良化するものだと思いますが、当面は楽をさせて回復を促すしかないでしょう」(空港担当者)
---------------------------------
07/9/11
NF空港
ウォーキングマシン調整。「休ませていますが、左臀部の状態は平行線で歩様にもぎこちなさが残ります。これまでの良化スピードが遅いところを見ると、回復までに少々時間を要してしまうかもしれません。馬体重は500キロです」(空港担当者)
---------------------------------
07/8/30
NF空港
馬体重: 491kg
ウォーキングマシン調整を行っています。左臀部の状態が良化した感じを受けたので一度試し乗りの意味で跨ってみましたが、思ったほど馬体が回復している感触が得られませんでした。再度ウォーキングマシン調整に戻して様子を見ていますが、今後もケアを併行して調整していくことになりますし、もうしばらくは馬体の回復に専念していく必要があるでしょう。


---------------------------------
07/8/15
NF空港
ウォーキングマシンのみの調整を行っています。左トモ脚の歩様は幾分良化しているようで、近々試し乗りを行うプランももっています。ただし、打撲による影響が完全になくなったわけではないので、仮に乗り始めたとしても慎重に状態を観察していく必要があるでしょう。
---------------------------------
07/7/31
NF空港
馬体重: 476kg
この中間、左臀部の打撲箇所に良化が見られたため、試し乗りを行った時期もありましたが、歩様に違和感が出る等、完全な状態ではなかったので、再度乗り運動を休止し、ウォーキングマシンのみの調整を行っています。乗り運動の休止は残念ではありますが、ここ最近はつくべきところに筋肉がついてきたことから馬体を一回り大きく見せるようになっており、休養がいい作用をもたらせている感じもあります。


---------------------------------
07/7/13
NF空港
1日1回のウォーキングマシンを行っています。左臀部の腫れは当初から結構なものだったので、完全に引くまでにはまだ時間がかかりそうです。ただし、骨や腱などの重要な箇所の疾患ではないので、今しばらくは疲れを癒す期間と捉え、回復を待つことになります。
---------------------------------
07/6/29
NF空港
馬体重: 458kg
春を迎えてからはとても順調に調整が進み、屋内坂路で週2回、ハロン15秒のキャンターを消化できるまで進んでいましたが、左臀部に打撲を負ってしまい、腫れが生じたため、ウォーキングマシンのみにペースを落としています。結構な腫れが出ているので検査を行いましたが、特に異常は見られませんでした。今後しばらくの間はケアを施しながら、様子を見ていくことになりました。


---------------------------------
07/6/15
NF空港
○屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を行い、週2回はハロン15~16秒を計時している。
○速目を開始したことで心身ともに成長し、走りにも大人びたものを感じることができるようになってきた。
○脚元や健康状態に一点の曇りもないことから、今後もこの馬の成長度合に見合った調教負荷をかけていくことができるだろう。
---------------------------------
07/5/31
NF空港
馬体重:460kg
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○連日登坂していることもあり、走りに対する前向きさが随分出てきており、息遣いも日に日に良化傾向にある。
○血統的にもジワジワ成長を遂げるタイプであることに間違いはないので、今しばらくはゆったりとした上昇曲線を描いていくことになるだろう。


---------------------------------
07/5/15
NF空港
○屋内周回でキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○キャンター時は十分な手応えがあり、走りの質自体は着実に上向いているが、馬体は未完成で見た目にトモが薄く、物足りなさがある。
○父の産駒はゆったりとした成長曲線を辿った後に急激な成長を遂げるものが多く、徐々に幼さが解消されている現状を考えるとこれから夏場にかけて大きな変わり身があっても何らおかしくはないだろう。
---------------------------------
07/4/27
NF空港
馬体重:446kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○屋内坂路での登坂本数を増やしてきたことで、ここ最近はいい筋肉がついてきており、どの調教場で跨っても十分な手応えを感じることができる。
○集中力が高まってきていることで、積極的に乗り役をグイグイ引っ張ることができるようになった。


---------------------------------
07/4/13
NF空港
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○この中間からは毎日屋内坂路に入れるだけの体力がついてきており、登坂の際の手応えも日毎に良化している。
○今後も基礎体力の充実を第一に考え、15-15の開始に備えたいと思います。
---------------------------------
07/3/30
NF空港
馬体重:438kg
○屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター1600mを基調に、週3回は屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○調教時の手応えは登坂を繰り返すことで随分良化してきた。
○父の産駒はゆったりと成長する傾向にあり、本馬も見た目に成長途上といった感じですが、体質的なものはだいぶ強くなってきた感がある。


---------------------------------
07/3/15
NF空港
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン17秒のキャンター1本を行っている。
○多少の疲れは感じられるものの、実際に脚元はすっきりと見せており、ここを乗り切ってもう一つ大きくなってもらいたい。
○本馬の血筋は見た目にかかわらず走る傾向にあるので、外見にとらわれることなく、中身をしっかりと作っていきたい。
---------------------------------
07/2/28
NF空港
馬体重:436kg
○屋内周回コースでキャンター1600mの後、屋内坂路でハロン18秒のキャンター1本を行っている。
○ハロン17秒の調教を開始してからは多少疲れが溜まっている感じで動きに緩慢さが見られるが、飼い喰いは旺盛でそう気になるものではない。


---------------------------------
07/2/15
NF空港
○屋内周回コースでハロン25秒のキャンター1600mを行っている。
○徐々にペースアップできていることは喜ばしいことだが、馬体はまだ成長途上で、トモに力が付いて来るのはこれからといった段階。
○今後は屋内坂路での調教をゆったりと進め、理想的な馬体に仕上がるように工夫していきたい。
---------------------------------
07/1/31
NF空港
馬体重: 435kg
○屋内周回コースで軽めのキャンター1600mを行っている。
○継続して乗り込んでいることから、だいぶ調教環境にも慣れ、徐々に距離を延ばすことができている。
○ペースを上げた際に一時期、疲れが見えたが飼い食いは落ちず、今後も順当なペースアップを課していけそうだ。


---------------------------------
07/1/15
NF空港
○屋内周回コースでダクとハロン30秒の800mを行っている。
○馬体自体はまだまだな点があるが、じわじわ成長を遂げていく父の産駒ということを考えると、乗り込みを進める毎に逞しさが備わってくるだろう。
---------------------------------
06/12/27
NF空港
馬体重: 432kg
○屋内周回コースでダクとハッキング800mを行っている。
○馴致開始から一貫して類稀なる飲み込みの早さを随所に見せており、何事も真っ直ぐに教わった通りに会得している。
○乗り込みを進めても飄々としており、テンションが上がらない点は高く評価できる。


---------------------------------
06/12/15
NF空港
○この中間から馬場入りを開始し、現在は屋内周回コースでダク800mを行っている。
○しっかりとハミ受け練習を行ったことから、馬場でもスムーズに調整を進めることができている。
○運動を進める毎に落ち着きが増し、前向きな面が出ていたので、屋内坂路での調整もスムーズに行うことができるだろう。
---------------------------------
06/11/30
NF空港
馬体重: 440kg
○現在はウォーキングマシンでの常歩を行っている。
○またサイドレーンを装着しての馴致も行っているが、日に日にハミ受けが上手になっている。
○馴致を進める毎に落ち着きが増し、前向きな面が出ていたので、これから始める乗り運動へもスムーズに移行できるだろう。


---------------------------------
06/11/15
NF空港
○移動後、間もないことを考慮し、現在はウォーキングマシンとパドック放牧を行っている。
○NFイヤリングではサイドレーンを装着してハミ受け馴致を行っていたが、移動直前までには会得してくれた。
○環境への慣れが出次第、馴致調教を開始するが、これまでの経緯からスムーズにこなしてくれるだろう。
---------------------------------
06/11/9
NF空港
○この中間に空港牧場へ移動。今後は環境に慣らしつつ、初期馴致を行うことになる。
---------------------------------
06/10/31
NF-Y
馬体重: 439kg
○この中間も夜間放牧と1日30分のウォーキングマシン調整を行っている。
○放牧を積み重ねることで馬体にだいぶ実が入ってきたが、随所に若さが残っており、ステップアップを無理強いすると無駄な負担をかけることになってしまうので、まずは背慣らし等に留め、じっくり進めていくことになる。


---------------------------------
06/10/13
NF-Y
○鞍付け等の初歩的な馴致と日中放牧、ウォーキングマシン調整を行っている。
○まだ華奢に映るが、体高や馬体重は着実に右肩上がりを示しており、ゆっくりではあるものの確実な成長を見せている。
---------------------------------
06/9/29
NF-Y
馬体重: 433kg
○育成予定の空港牧場への移動に備え、現在は鞍付け等の初歩的な馴致と日中放牧、ウォーキングマシン調整を行っている。
○全体的に無駄の伸びやかさのある流線型の馬体造りだが、関節の造作や骨格の造りはとてもしっかりしており、鍛えられながら徐々に筋肉を纏っていくタイプと言えるだろう。
○馴致の初期は無理のないペースで進め、先々の良好な成長につなげたい。


---------------------------------
06/9/8
NF-Y
馬体重: 421kg
体高: 156cm
胸囲: 172cm
管囲: 19.5cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"72.ウィスパーカール(ミルズウィスパーの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門