このサイトのTOPページへ
[キャロットクラブが一番]のTOPページへ
[キャロットクラブ2008年募集馬を診断せよ!]のTOPページへ
[キャロットクラブ2007年募集馬を調査せよ!]のTOPページへ

6.ボランス(エクソセットの05)の近況

Posted at 07/11/28 Comment(0)»

---------------------------------

『二十一世紀を支配する血脈』(著者:武市銀治郎)

【内容情報】競走、生産において生き残れるのは“逞しい血”を持ったサラブレッドである。産駒勝馬率、高齢生殖能力、異系超活性血統など、さまざまなデータを分析した「血の活性化論」をもって二十一世紀のサラブレッドの盛衰を予言する―。

『世界の逞しい血統』(著者:武市銀治郎)

【内容紹介】サンデーサイレンスやシガーの超活性源はどこから来たのか。いま、近未来の血統盛衰と活性化への扉を開く。

【内容情報】サラブレッドは、これまで父系中心に語られてきた。しかし、種牡馬のレベルが飛躍的に向上した現代において、母系を無視した血統論はもはや意味をなさなくなっている。名馬誕生の鍵を握るのは、実は「母の血」なのかもしれない。サラブレッドの血統を母系から読み解く初めての試み。

【目次】母のちから―母系血統の重要性/母の履歴書―ジェネラル・スタッド・ブック/母の記号―ファミリーナンバー/成功する母―データが語る名牝の条件/母の事情―牧場という生産現場/母の相性―ニックスと代用血統/日本の母系(スペシャルウィークへの道/トウカイテイオーへの道)/母の父―ブルードメアサイヤー

競馬の血統学

著者:吉沢譲治

【内容情報】カナダが送った革命の使者ノーザンダンサー。サラブレッドの進化と活性化に貢献した歴史的名種牡馬は、思いがけない国や血統から誕生してきた。そして、次なる国とは…。大胆な仮説を、緻密な取材と分析で考証した「JRA馬事文化賞」受賞作に、新たな流れに沿った終章を追録。

【内容情報】昔、神童。開成では劣等生。13回、調教師試験に失敗。ところが、開業以来、破竹の勢いで勝鞍を量産。その躍進の裏には確かな計算があった―。

【著者情報】矢作芳人(ヤハギヨシト)1961年3月20日生まれ。東京都出身。天下に名高い進学校である開成中学~高校を卒業後、父の反対を押し切り競馬の世界へ。オーストラリアでの修行後、1984年に栗東・工藤嘉見厩舎の厩務員に。調教助手などを経て、04年、14回目にして調教師試験を突破。翌年3月1日付けで開業し、以来、15勝、24勝、34勝と着実に勝ち星を伸ばす。地味な血統の馬を走らせることに定評があり、ロドリゴデトリアーノ産駒のスーパーホーネットが厩舎の看板馬として活躍中。また、かつての担当馬イワテニシキとの日々を描いた『ニシキ』で、00年の優駿エッセイ大賞次席を獲得するなど、マルチな才能を発揮している。07年、JRA優秀調教師賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

---------------------------------

6.ボランス(エクソセットの05)の近況

---------------------------------
07/11/27
NF早来
周回でハロン18秒のキャンター2000m。「しっかりした胸前になってきましたし、全体的にも更にがっちりしてきました。ここまでじっくりと来ただけに今後も状態を見極めつつ進めていくことになります。もう1~2週様子を見た上でハロン16~17秒まで行きたいと思います」(早来担当者)
---------------------------------
07/11/20
NF早来
周回でハロン18秒のキャンター2000m。「ハロンペースを上げたように悪いところは一切ありません。いい感じに身体も絞れてきましたし、軽めながらも非常にいい動きを見せています。これから大変貌を遂げそうな雰囲気があります。馬体重は497キロです」(早来担当者)
---------------------------------
07/11/13
NF早来
周回でハロン20秒のキャンター2000m。「体つきがドンドンいい感じに変化しています。9~10月も軽めに留め、ここ数週間もハロン20秒を継続していることがいい方向に出ているようです。あと1~2週間は同様の調整で基礎を固め、12月にはもう少々負荷を高めた調整を行いたいと思います。そうすれば更に良化していくことでしょう」(早来担当者)
---------------------------------
07/11/6
NF早来
周回でハロン20秒のキャンター2000m。「ペースこそ変わりませんが、いい具合に良化していますね。実際に厩舎長も『トモ、毛ヅヤ、動き、全てにおいて良化した。ゆっくりやってきてよかった』と話しています。完全に上昇気流に乗った感があるので、今後の変わり身がとても楽しみです。馬体重は502キロです」(早来担当者)
---------------------------------
07/10/30
NF早来
周回でハロン20秒のキャンター2000m。「丹念に軽めで乗ってきたことが功を奏し、全身の肉付きがよくなり、毛ヅヤにも冴えが出てきました。ようやく好循環に入った感じです。ハロン20秒にも到達できましたし、不安らしい不安はありません。今後も様子を見ながら負荷を高めていきたいと思います」(早来担当者)
---------------------------------
07/10/23
NF早来
周回で軽めのキャンター2000m。「トモ脚の状態は徐々に良化していますが、まだ完全に左右のトモの大きさが整うまでにはいきません。不完全な状態で坂路入りを開始すると逆戻りしてしまう可能性もあるので、当面は周回調教で回復を待ちたいと思います。馬体重は499キロです」(早来担当者)
---------------------------------
07/10/16
NF早来
周回で軽めのキャンター2000m。「トモ脚は徐々に良化していますが、見た目に張りがなく、いい頃と比べると見劣りします。今後も軽めの調整で良化を待ち、万全の態勢で速目へと進めていきたいと思います」(早来担当者)
---------------------------------
07/10/9
NF早来
周回で軽めのキャンター2000m。「トモ脚の状態は乗るには何ら問題ありませんが、まだ心もとないところがあるので軽めに終始しています。今しばらくは現状程度の調整を続けていく必要があるでしょう」(早来担当者)
---------------------------------
07/10/2
NF早来
周回で軽めのキャンター2000m。「背腰の状態はまだ万全ではありませんが、乗り進めることで徐々に良化している感じです。疲れもだいぶ抜けてきました。元の動きからも、厩舎期待の一頭なので、今後も大事にいきたいと思います。馬体重は502キロです」(早来担当者)
---------------------------------
07/9/25
NF早来
周回で軽めのキャンター2000m。「まだ背腰の力強さが足りず、軽めで様子を見る必要がありそうです。時間をかけて馬体を作っていったほうが後々のためにはいいと思います」(早来担当者)
---------------------------------
07/9/18
NF早来
周回で軽めのキャンター2000m。「乗り進めても左トモ脚に異常は見られません。ただし、休みが長かった分490キロと馬体も増えていますし、乗りながら絞っていく必要もあるでしょう。併せて基礎体力を養っていき、速目を行う日に備えていきたいと思います」(早来担当者)
---------------------------------
07/9/11
NF早来
周回で軽めのキャンター1200m。「9月に入ってから乗り運動を再開しました。以前は左トモ脚の肉付きに物足りなさがありましたが、じっくり時間をかけたことで左右均等のいい筋肉が戻ってきました。乗り運動を開始した後も歩様は安定しているので、今後は休みなく乗り進めることができるでしょう。ただし、用心する意味でもしばらくの間はゆったりとしたペースで進めていきたいと思います」(早来担当者)
---------------------------------
07/8/30
NF早来
馬体重: 481kg
この中間も1日2時間のウォーキングマシン調整を継続しています。これまでは左右でトモの肉付きが異なり、見た目にも順調さを欠いていましたが、ここ最近は疲れが溜まっている左トモに継続的にショックウェーブ治療を施していることで、だいぶ筋肉が戻ってきました。良化傾向にあることに間違いはありませんが、まだ完全に回復したとは言い切れない状態なので、乗り運動の再開は9月以降になりそうです。


---------------------------------
07/8/15
NF早来
ウォーキングマシンでの運動を1日2時間行っています。長めの時間を取り、運動を行っていることで、実際に見ただけでも分かるくらい身体全体が弾力性に富んだ造りに変わってきており、課題だったトモ脚の踏み込む力も好調時のものに戻ってきた感じです。長い休養を行っている割に精神面は落ち着いています。
---------------------------------
07/7/31
NF早来
馬体重: 474kg
乗り運動を休止する原因となった左トモ脚の状態は回復し、当初と比較すると明らかな良化を窺うことができます。現在はウォーキングマシンの時間を1日1時間から2時間に増やし、テンポの速い常歩を踏んでいます。乗り運動を行っていない分、馬体は太めに映りますが、全体的に成長してきていることも確かです。トモ脚の状態次第にはなりますが、近日中に乗り運動を再開することも検討しています。


---------------------------------
07/7/13
NF早来
1日1時間のウォーキングマシン調整を行っています。ここ最近は乗り運動を行わず楽をさせていることで、だいぶ左トモ脚の疲れは抜けてきており、本来の力強さがだいぶ戻ってきた感じなので、7月中に乗り運動を再開できそうな雰囲気があります。
---------------------------------
07/6/29
NF早来
馬体重:459kg
○1日1時間のウォーキングマシン調整を行っている。
○乗り運動の休止は残念だが、しっかりと歩かせていることで馬体は乗り運動を行っている馬と見間違うほどの張りを維持できている。
○実際に今回の休養が良好な成長を促しているようで、調教量は遅れをとっているが、馬体重の増加が示す通り、心身ともに大きな進展を見ることができる。


---------------------------------
07/6/15
NF早来
○1日60分のウォーキングマシン調整を行っている。
○楽をさせているが、若干ながら左トモ脚を中心に疲れが見られることもあり、乗り運動は控えている。
○ただし、馬体面には着実な成長が見られるので、先々のことも考慮し、いましばらくはマシン調整を継続し、芯が一本通ってくるのを待つことになる。
---------------------------------
07/5/31
NF早来
馬体重:444kg
○1日60分のウォーキングマシンで様子を見ている。
○日に日に疲労感は失せてきている感じだが、全体的な力強さが以前と比べて今ひとつでペースアップを図るには心もとない面がある。
○馬体自体は一回り身長が伸びる等、着実な成長を遂げているようにいい方向に向かっているので、芯がしっかりするまではマシン程度の運動に留め、体調の回復を待つことになる。


---------------------------------
07/5/15
NF早来
○軽めの乗り運動で様子を見てきたが、いまひとつトモ脚に力強さを欠くため、現在は再度乗り運動を休止し、ウォーキングマシンにペースを落としている。
○今回の休養は好調時と比較すると少々物足りない感があってのものなので、そう心配は要らないだろう。
---------------------------------
07/4/27
NF早来
馬体重:438kg
○背腰の疲れもだいぶ解消してきたことを受けて、現在はダク40分とウォーキングマシン調整を行っている。
○まだ軽めの運動ですが気配そのものは悪くなく、疲れが完全に抜け切るのを待っている。
○ひと息入れることがその後の成長に繋がる例がこれまでにも数多く見られるので、今後もじっくり進めていく。


---------------------------------
07/4/13
NF早来
○屋内坂路でハロン14~15秒を計時するまで進めてきたが、身体に疲れが溜まったことで、一時期ウォーキングマシンにペースダウンした。
○現在は回復を見せており、常歩運動を開始している。
○「まだ完全に疲れは抜けきっていませんが、だいぶ良化してきたので乗り運動を再開しました。この馬は頑張りすぎてしまうので、自分の体力以上の走りをしてしまい、それが疲れに繋がった感じです。疲れは一過性のものなので心配は要りません。実際に今回の休養は、いい頃の動きにないため意識的に乗り運動を取り止めたものです。いい意味でガス抜きになるでしょうし、今後は身体をふっくらさせた上で乗り進めていく方針を取ります」(早来担当者)
---------------------------------
07/3/30
NF早来
馬体重:433kg
○屋内坂路で週2回、ハロン14~15秒をこなしていましたが、ここまで休みなく乗り進めてきた疲れが全身に感じられるようになったため、この中間はウォーキングマシンにペースを落とし、様子を見ている。
○疲れ自体はそう酷いものはなく、心配に値するものではない。
○馬体も程よく締まり、とても見栄えがする馬体造りになってきただけに残念ではあるが、これからさらに速いところを開始することを考えるといいガス抜きになると思っている。


---------------------------------
07/3/15
NF早来
○屋内周回コースではハロン18~20秒のキャンター2000m、屋内坂路ではハロン16~17秒のキャンター1本を行っている。
○また週2回は屋内坂路でハロン15秒をマークしている。
○ペースを上げてもしっかりと対応できており、乗り役に対しても素直で、効率のよい負荷をかけることができている。
○父の産駒としてはシャープな体型が一際目を引いており、今後の成長がとても楽しみな一頭。
○本馬は4月に行われる第一回産地馬体検査を受検する。
---------------------------------
07/2/28
NF早来
馬体重:441kg
○屋内周回コースではダクやハロン18~20秒のキャンターを行い、屋内坂路ではハロン16~17秒のキャンター1本を行っている。
○週2回は屋内坂路でハロン15秒を計時する等、大幅なペースアップを図っている。
○ペースの強弱に影響されることなく、常に集中力のある力強い動きを見せている。


---------------------------------
07/2/15
NF早来
○屋内周回コースでダク600mの後、屋内坂路でハロン18-17秒のキャンター1本を行っている。
○まだ線が細く、馬体に幼さを感じるが、動きはしっかりとしており、常に力強いフットワークで坂路を駆け上がっている。
○現状においてもなかなかの仕上がりを見せているが、もう少し全体的な筋肉の増強が欲しいところなので、焦らずじっくり進めていく。
---------------------------------07/1/31
NF早来
馬体重: 443kg
○屋内周回コースでダク600mの後、屋内坂路でハロン19秒(終いハロン18秒)のキャンター1本を行っている。
○常に前向きな調教姿勢を示しており、また物見もないことから大人びた印象を受ける。


---------------------------------
07/1/15
NF早来
○屋外周回コースでダク300mの後、屋内坂路でハロン19~21秒のキャンター1本を行っている。
○これまではキャンター時に緊張が見られたが、乗り運動を継続することでそういった面も徐々にほぐれてきており、坂路では力強く、そして意欲的なフットワークを披露している。
○ここまで狙った通りの成長を遂げているので、冬場は基礎を鍛える調教を継続し、更なる変わり身を引き出していく。
---------------------------------
06/12/27
NF早来
馬体重: 450kg
○屋外周回コースでダク300mを行った後、屋内坂路でハロン21秒のキャンター1本を消化している。
○ペースを徐々に上げているが、落ち着いた雰囲気の中、とても真面目に調教に取り組んでいる。
○乗りながらここ2ヶ月で馬体重が15キロ増加したように、見た目にも成長を確認することができる。


---------------------------------
06/12/15
NF早来
○屋内周回コースでダク600mを行った後、屋内坂路でハロン23秒程度のキャンター1本を行っている。
○馬体もなだらかに増加傾向にあるように全体にいい張りが出て、丸みを帯びた柔らか味のある造りに変わってきた。
---------------------------------
06/11/30
NF早来
馬体重: 449kg
○屋内周回コースでダク600mを行った後、屋内坂路でハロン25秒悌度のキャンター1本を行っている。
○現時点でもかなりシャープな動きを示しており、素質の高さを随所に感じることができる。
○ただし、キャンター時は幾らか緊張が残っているので、この先リラックスして調教に臨めるようになれば更に良質の走りが実現できるだろう。


---------------------------------06/11/15
NF早来
○屋内周回コースでダク600m+屋内坂路で軽めのキャンター1本
○とてもしなやかな動き
---------------------------------
06/10/31
NF早来
馬体重: 436kg
○馴致調教クリア
○屋内周回コースでダク+軽めのキャンター
○物見をする等、やや敏感な面が見受けられる


---------------------------------
06/10/13
NF早来
○厩舎内廊下で常歩と1日1時間のウォーキングマシン調整
---------------------------------
06/9/29
NF早来
馬体重: 422kg
○鞍付け等の初期馴致を終了
○厩舎内廊下で常歩+1日1時間のウォーキングマシン調整
○胴回りのある、牝馬としては理想的な馬体
○柔らかな身のこなし一際目立つ


---------------------------------
06/9/8
NF早来
馬体重: 433kg
体高: 152.5cm
胸囲: 178cm
管囲: 19.2cm
---------------------------------

2006年の募集馬には、ディープインパクトの弟、キングカメハメハの弟などをはじめ、良血馬が多数集まっています。さて、クラシックに駒を進めるのはどの馬か。

---------------------------------

一口馬主って知ってますか?。競走馬育成シミュレーションゲームが好きな人ははまりますよ。今年のキャロットクラブはインテレットが皐月賞、菊花賞出走、ブルーメンブラットがオークス、秋華賞出走。アロンダイトがJCDを快勝

"6.ボランス(エクソセットの05)の近況"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

キャロットクラブ2006募集馬情報

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門